クレジットカードのように入会審査をされることがほとんどないデビットカード。

口座をお持ちの金融機関がデビットカードを発行していれば、デビットカードを利用いただく準備はほとんど整ったと言えます。

しかし、スルガ銀行が発行している「Visaデビットカード」および「FinancialPassカード(ANA)」等の場合、審査があるとは規定されていませんが、スルガ銀行が不適切と判断した場合、デビットカードが発行されないこともあるようです。

デビットカードの申し込み時に審査がないことを記載しているデビットカードとして、「楽天銀行デビットカード(VISA)」と「JNB VISAデビット(ジャパンネット銀行)」があります。

この2枚で考えるとすれば、楽天銀行デビットカードは、普通カード(1,029円)、ゴールドカード(3,086円)ともに年会費はかかるものの、ポイントをためていただくこともできるので、普段から楽天を利用になることが多ければ、楽天銀行デビットカードが良いでしょう。

また、年会費無料のデビットカードがよければ JNB VISAデビットをおすすめします。

ほかにも審査なしの記載がないものの、審査があることを明記していないデビットカードに「あおぞらキャッシュカード・プラス(VISA・あおぞら銀行)」「三菱UFJ-VISAデビット(三菱UFJ銀行)」「りそなVISAデビットカード(りそな銀行)」が挙げられます。

あおぞらキャッシュカード・プラスが年会費無料、三菱UFJ-VISAデビット、りそなVISAデビットカードは、初年度年会費無料となっています。

三菱UFJ-VISAデビットの場合、2年目以降の年会費も年間10万円以上のショッピング利用があれば通常1,080円(消費税込み)の年会費が翌年無料となります。

りそなVISAデビットカードは、年に1回でもショッピングの利用があれば、年会費をポイントとして戻してくれるようになっています。

りそなVISAデビットカードの場合、JALマイレージバンクと提携を結んでいるものもあるので、JALのマイルを貯めている方におすすめです。

まずは、既に口座をお持ちの金融機関がありましたら、その金融機関のデビットカードを作ることをおすすめしますが、もしスルガ銀行の口座をお持ちで、審査についてご不安があれば、スルガ銀行以外のデビットカードを一考されるのがよいでしょう。


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

デビットカードの疑問を解決!

デビットカード解説

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 TRUST CLUBカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!