金融機関が発行しているデビットカードの場合、金融機関に口座があることが前提となり、口座の残高までが利用限度額となることが多くなっていますので、クレジットカードのようにカード保持者に対して収入を問うことはほとんどありません。そのため、デビットカードは、15~16歳から発行されることが多くなっています。

もっとも低年齢である15歳から発行されるデビットカードには、「あおぞらキャッシュカード・プラス(あおぞら銀行)」、「JNB VISAデビット(ジャパンネット銀行)」、「スルガ銀行VISAデビットカード」、「スルガ銀行 FinancialPassカード(ANA)」、「三菱UFJ-VISAデビット(三菱UFJ銀行)」、「りそなVISAデビットカード(りそな銀行)」があります。

この中で中学生を除く、という規定がないものは、あおぞらキャッシュカード・プラス、JNB VISAデビット、りそなVISAデビットカードになります。ただし、JNB VISAデビットとスルガ銀行 FinancialPassカード(ANA)につきましては、具体的に年齢について制限が明記されているわけではありません。しかし、他に条件がありませんので、口座開設可能年齢が15歳以上であることから、15歳からデビットカードをお作りいただくことができると考えられます。このため、中学生を除く、という記載がなく、15歳以上からご利用いただくことができると明記されているのは、りそなVISAデビットカードになります。

あおぞらキャッシュカード・プラスと三菱UFJ-VISAデビットは、日本に住んでいることも条件となりますし、りそなVISAデビットカードの場合、事業用口座では、デビットカードをお作りいただくことがはできませんので、お気を付けいただきたいと思います。

16歳から発行されるデビットカードには、「楽天銀行デビットカード(VISA)」があります。通常のカードおよびゴールドカードの場合もそれぞれ年会費はかかりますが、16歳から発行することができるようになっています。ただし既にイーバンクマネーカード及び楽天銀行デビットカード(通常およびゴールド)をお持ちの場合には、新規にデビットカードを発行することはできません。

デビットカードの場合、「中学生を除く」旨が記載されているものは多くありますが、高校生や大学生の場合、申し込み資格を満たしていることが多くなりますし、申し込み可能年齢以上の年齢の方であれば、収入の有無にかかわらずお申込みいただくことができるようになっています。大学生以上の場合、クレジットカードもお作りいただくことができますが、高校生など未成年の場合、年齢的にクレジットカードをお申込みいただくことが難しくなっていますので、高校生、未成年の方にもデビットカードがおすすめです。

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!