法人や個人事業主の方でもお作りいただくことができるVISAデビットカードが「PayPay銀行 Visaデビットカード(旧JNB VISAデビットカード)」。

PayPay銀行 Visaデビットカードは、PayPay銀行が発行しているキャッシュカード一体型のデビットカードです。

新規法人など、なかなか法人名義のクレジットカードをお作りいただくことができない場合でも、PayPay銀行に法人口座をお作りいただくことで、デビットカードを発行していただくことができます。

デビットカードですので、お支払いは1回払いのみとなりますが、与信審査はありませんし、年会費、発行手数料ともに無料でお作りいただくことができます。

登記簿謄本や決算書の提出の必要もありません。

PayPay銀行 Visaデビットカードはデビットカードですので、法人口座から直接引き落としがされます。

デビットカードをご利用いただくことで、立て替え清算のように、後日領収書等で清算をしていただく必要もなくなります。

また、ご利用明細が14か月分保存されていますので、明細の確認も容易にしていただくことができますし、確定申告の際にもデータが見つからなくて困るといった心配がありません。

ご利用明細はオンライン上でいつでも確認をしていただくことができますし、PDFまたはCSV方式に出力してお使いいただくこともできるようになっています。

PayPay銀行 Visaデビットカードの1日での最大ご利用上限額は100万円までとなっていますが、オンライン上から最大100万円までで上限額の変更をしていただくことができるようになっています。

国内外のVISA加盟店でのショッピングや接待等でのお食事にもご利用いただけますし、VISAもしくはPLUSマーク付きの海外ATMをご利用いただくことで、海外の出張先で現地通貨を調達していただくこともできます。

PayPay銀行 Visaデビットカードには、カードレスの「カードレスVisaデビット」も用意されています。

カードレスのデビットカードは、実物のカードを発行せずにカード番号のみを発行するタイプのデビットカードになっています。

インターネット専用となっていますが、職場での備品の購入などVISA加盟店でのインターネットショッピングでご利用いただくことができるので非常に便利です。

カード番号は最大4つまで発行していただくことができるようになっていますので、いろいろと使い分けをしていただくこともできるようになっています。

カード番号の発行および変更は、インターネット上でしていただくことができるようになっています。番号の発行および変更は1日5回まで可能となっています。

また、第三者による不正利用がおきてしまった場合に被害額を補償する「第三者不正使用保険」も付帯していますので、安心してお使いいただけます。

他にも安全対策の一環として、カードの発行や変更、ご利用の停止や再開、VISAデビットによる入出金時、法人口座の残高不足時には、ご登録のメールアドレス宛てにメールが届くようになっています。

法人名義のクレジットカードを作るのはまだ難しいけれど、法人名義のカードが欲しいという方や、法人口座の預金残高内で使えるカードが欲しいという方に、法人もしくは個人事業主の方でも法人名義でお作りいただくことができるのがPayPay銀行 Visaデビットカードです。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

2015年8月6日 作成
2022年10月26日更新


メルマガカード選びは入口と出口と決済金額で決まります。

どこで使うか=入口、なにを求めるか=出口、いくら使うか=決済金額。
この3つのパラメータが揃って、はじめて有効なクレジットカードを選ぶことができます。最適な組み合わせが決まれば、よどみない決済フローが完成します。

ポイ活しないで大量にポイントを貯める秘訣は・・・

デビットカードの疑問を解決!

デビットカード解説

今週の人気記事TOP10

Comments

専門家に聞いたここだけの話

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード