ホーム > クレジットカードの基礎知識

引用元:マイナポイント事業 マイナポイント第2弾は2022年1月1日にスタートしましたが、6月30日から健康保険証としての利用申込と公金受取口座の登録が始まっています。 第1弾が実施されたときにマイナポイントを受け取った方はご存じと思いますが、「マイナポイント」は総務省が実施するマイナンバーカード関連事業のひとつで、マイナポイントの目的は、消費の活性化や官民キャッシュレス決済基盤の・・・・・

続きを読む

みなさんはマイナポイントをどの決済事業者で受け取りましたか? 私はau PAYを選択しました。その理由は、au PAYで受け取ったポイントをauじぶん銀行に払出しすることで、現金で引き出しできるからです。 auじぶん銀行への払出しを自動払出に設定すれば、手数料無料で出金できます。 申し込んでから現金として受け取るまでにどれくらいの時間がかかったのか、気になる方もいると思う・・・・・

続きを読む

コインスターはたまった硬貨を手軽に換金できる米国生まれのサービス。コインスターマシンに大量の硬貨を投入すると、毎分600枚以上のスピードで枚数と金額を計算し、手数料を除いた金額の引換券を発行する。引換券は設置店舗で商品券や紙幣に交換できる。1回につき最大5万円まで投入できるというもの。 両替手数料は投入金額の9.9%だ。郵便局が硬貨の両替を何枚でも無料で引き受けていた頃は、コインスタ・・・・・

続きを読む

引用:3Dセキュア|決済代行のSBペイメントサービス 昨今、クレジットカードを安全に使う仕組みとして、3Dセキュアという言葉を耳にする機会が多いと思います。最近ではPayPayが3Dセキュアに対応するというニュースもありました。 クレジットカードはICかなどにより、対面販売での不正使用は減少しているものの、ネットショッピングなど非対面販売においては依然として不正使用が後を絶ちません・・・・・

続きを読む

一部の国へ渡航する際、入国時に保険加入を証明する「付保証明書」の提示を求められる場合があります。 クレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯されている場合でも証明書が必要になります。 「付保証明書」の提示が無いと、入国出来ない場合もあります。渡航先の付保証明書提示の有無は、各国の大使館などへ事前に確認してください。 付保証明書は保険会社から発行されます。 付保証明書発・・・・・

続きを読む

Android端末を買い替えたら、Google Payに入れた電子マネーを移行する必要があります。 初期セットアップの過程で新旧端末をケーブルで直結し、Googleアカウントを通してアプリやデータの移行はできますが、Google Payの中身までは移行されません。 電子マネーの残高は使い切ることができればいいのですがが、できるなら新しい端末へ移したいところ。 Suica、・・・・・

続きを読む

豚の貯金箱や500円玉貯金、神社の賽銭箱に貯まった小銭は従来であれば無料で銀行に預け、紙幣など額面の大きなお金に交換してもらうことができました。 しかし、近年では大量の小銭を銀行に預けたり、大きな紙幣に交換したりするだけでも手数料が発生するようになりつつあります。 せっかく貯めたお小遣いから手数料を持っていかれてしまうとなると、その額も気になるところですよね。 最近聞くこ・・・・・

続きを読む

NFCは Near Field Communication(近距離無線通信規格)の略です。 ソニーとフィリップスセミコンダクターズ(現NXPセミコンダクターズ)が共同開発した近距離無線通信の仕様・技術体系のことで、基本仕様は2002年に制定されました。 [blogcard url="https://www.sony.co.jp/Products/felica/NFC/"] ・・・・・

続きを読む

キャッシュレスへの道はコインレスから ゆうちょ銀行は来年から硬貨取扱料金を新設します。窓口での預け入れは硬貨51枚から、手数料がかかります。たとえば51枚〜100枚は550円です。 また、ATM硬貨預払料金が新設され、硬貨1枚から料金がかかります。ATMは預け入れ1回につき100枚までで、1〜25枚110円、26〜50枚220円、51〜100枚330円。 これは衝撃的な発・・・・・

続きを読む

1990年代後半にEMV規格が導入されて以来、現在、世界の対面式カード取引の86%にEMVチップが使われるようになりました。 そして2021年第2四半期には、対人レジ取引の45%が非接触型になりました。 このように磁気ストライプを使った決済は減少しています。 mastercardは2033年までに磁気ストライプを段階的に廃止し、チップを搭載したカードに移行すると発表しまし・・・・・

続きを読む

クレジットカードはサイン不要へと向かっています。サインパネルレスが進行しています。 エポスカードが2021年4月15日のデザイン刷新の際に、カードの裏面から署名欄(サインパネル)が無くなり話題になりました。 FAQには「署名を求められた場合は、ご署名ください」とありますが、署名欄が無いのだからサインの照合はできません。 これにより、サインそのものが有名無実化しました。もし・・・・・

続きを読む

クレジットカードを作りすぎて審査が通らなくなった話です。 クレジットカードを作ると、入会特典があります。時期にもよりますが、モッピー等のポイントサイト経由でカードを作成すると、1枚で5,000円~10,000円程度を稼ぐことができます。サイト経由でなくても、カード会社のキャンペーンで、発行と一定額の利用で特典がある場合が多いです。 2014年末にこの事実を知った私は、年末の休みを利用し・・・・・

続きを読む

日本で暮らす外国人にとって、クレジットカードは必需品のひとつ。 自国から持ち込んだカードは海外口座への送金の手間がかかるうえ、為替手数料の負担も重いです。 しかしながら外国人が誰でも簡単に日本でカードを取得できるわけではありません。 日本語での申請が面倒なうえ、審査に通らないケースもあります。中には何度申請しても落ちる方もいます。 しかしその一方で、多くの外国人が難・・・・・

続きを読む

マイナポイントの予約の手順を解説 マイキーID設定 マイナポイントを受け取るには、マイナンバーカード交付後に、「マイナポイントの予約」をする必要があります。マイナポイントの予約は、「マイキーID設定」をして完了します。 暗証番号を入力 マイナポイントの予約時にマイナンバーカードの交付時に設定した数字4桁の暗証番号が必要です。 マイナポイントの予約は、スマホやPCからで・・・・・

続きを読む

ファーストステップはマイナンバーカードの入手です マイナポイントの還元を受けるには、「マイナンバーカード」が必要です。 国から送付されている「マイナンバー通知カード」では、マイナポイントの還元を受けられません。 ご存知ないかもしれませんが、通知カードは令和2年5月25日をもって廃止されました。 通知カードそのものが無効になったわけではありませんが廃止により、通知カードの・・・・・

続きを読む

インターネットショッピングを利用された経験のある方は「セキュリティコードの入力」を求められたことはありませんか? ネット上でのクレジットカード決済では多くの場合、クレジットカード番号に加えて「セキュリティコードの入力」が必要になります。 セキュリティコードはどこに書かれているものでしょうか? Visa、JCB、Diners Club、Mastercardなどのカードをお持ちの方は・・・・・

続きを読む

プロパーカード(proper card) 自力で発行する自社ブランドのカード 代行カード(credit card issued by the agent) 百貨店等の小売業者が信販会社、銀行系クレジットカード会社に代行させる自社ブランドのクレジットカード。与信、回収などの一切のカード業務は代行発行者の責任で行われる。 ダブルカード(double-card、W-card)・・・・・

続きを読む

「キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)」は、二つの目的を持って実施される国(経済産業省)の政策です。 キャッシュレス・ポイント還元事業は2020年6月30日をもって予定通り終了しました。 一つは、2019年10月の消費税率引き上げ後の需要平準化対策、すなわち消費税増税に伴う消費の落ち込みを防ぐために、中小・小規模事業者を対象に、消費税率引き上げ後の・・・・・

続きを読む

  海外でクレジットカードを利用するシチュエーションは、ショッピングを利用される場合と、キャッシングを利用される場合があります。 ショッピングの際には、「海外事務手数料」「海外取引関係事務処理経費」といった名目の手数料、いわゆるマークアップフィーが請求金額に含まれます。 例えば、海外旅行先で、100ドルのバッグをひとつ、クレジットカード払いで購入したとします。 クレジットカ・・・・・

続きを読む

クレジットカード(Credit card)とは、商品を購入する際の決済手段の一つで、同封されている書類クレジットカード会社が会員を信用(credit)するという意味で「クレジット」を呼ばれます。 担保を取らずに会員を信用する信用取引で、あくまで会員の信用力の上に成り立っています。 クレジットカードの仕組み クレジットカードの利用できるお店(加盟店)で、ショッピングまたは食事、ある・・・・・

続きを読む

特徴・機能別クレジットカード