ホーム > クレジットカードの基礎知識

インターネットショッピングを利用された経験のある方は「セキュリティコードの入力」を求められたことはありませんか?ネット上でのクレジットカード決済では多くの場合、クレジットカード番号に加えて「セキュリティコードの入力」が必要になります。 セキュリティコードはどこに書かれているものでしょうか? VISA、JCB、Diners Club、Mastercardなどのカードをお持ちの方は・・・・・

続きを読む

韓国では1997年のアジア通貨危機を機に政府が経済の立て直しに向け、クレジットカードの利用促進策を打ち出した。1999年には、クレジットカード利用額が年間給与所得の一定割合を超えた場合、その超過部分の一部が課税所得から控除される仕組みを導入した。このような施策により、GDPに占める民間消費支出の割合が、1998年の6割から4年後には7割まで高まり、クレジットカードが個人消費に占める割合が57%・・・・・

続きを読む

日本で暮らす外国人にとって、クレジットカードは必需品のひとつ。自国から持ち込んだカードは海外口座への送金の手間がかかるうえ、為替手数料の負担も重いです。とはいえ外国人がだれでも簡単に日本でカードを取得できるわけではありません。日本語での申請が面倒なうえ、審査に通らないケースもあります。中には何度申請しても落ちる方もいます。 しかしその一方で、日々大勢の外国人が難なくカードに入会できて・・・・・

続きを読む

日本クレジット協会(JCA)が2017年3月末のクレジットカード発行枚数を取りまとめ2017年11月30日に発表した。 クレジットカード発行枚数(調査回答者数260社)は、2億7,201万枚(前年比2.3%)で、成人人口比では1人当たり2.6枚所有していることになる。家族カードは1,893万枚(前年比5.5%増)、法人カードは923万枚(前年比3.9%増)であった。 クレジットカー・・・・・

続きを読む

銀行系クレジットカード会社で組織されている日本クレジットカード協会(JCCA)は、クレジットカードを保有する全国の消費者(20~69歳の男女)を対象にインターネットで「2017年度ICクレジットカードに関する消費者意識調査」を行った。 クレジットカード保有者のうち、ICクレジットカード保有率は71.8%。自身の暗証番号の認知率は86.6%。 ICクレジットカードの市場浸透度は、この・・・・・

続きを読む

新しくクレジットカードに申し込みをするとき、申し込み用紙に学校名や会社名、通学先、通勤先の住所や電話番号などを記入する必要がありますよね。そこで記入された学校や会社などに在籍確認という形で連絡が入ることはよくあります。学生の方であれば、学校以外に自宅の方に連絡がいき、保護者の方に確認が入ることもあります。 在籍確認の連絡は、そのほとんどが個人名での連絡になり、クレジットカード会社から・・・・・

続きを読む

信用情報機関のシー・アイ・シー(CIC、東京・新宿)が、クレジットカードの利用状況などの信用情報を本人にインターネット上で開示するサービスを行っています。 これまでは郵送や来社での開示しか受け付けていませんでしたが、改正貸金業法の完全施行などで信用情報への関心が高まり、開示件数が増えていることに対応。これにより利用者の利便性は格段に向上しました。 信用情報とは何?と疑問を抱く方にここで・・・・・

続きを読む

理論的には何枚でも持つことができます。気に入ったカードがあれば、制限無く申し込むことも可能です。実際に50枚以上持っている人もいます。もちろん審査に通ることが前提です。年会費がかかる場合にはその負担も気になるところです。 ただし現実には、所有するカードの枚数が増えると管理が大変。管理しきれなくなりうっかり延滞でもしようものなら、新規審査はどんどん厳しくなります。そのため、クレジットカ・・・・・

続きを読む

5種類あります。一括払い、2回払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いです。それぞれ「支払い時期、支払い回数、金利手数料」が異なります。 一括払い(1回払い)は文字通り「翌月に一括で支払う」方法。マンスリークリアといいます。こちらは、金利手数料がかかりません。つまり「完全に現金代わり」のカード利用方法と言えます。日本においては一回払いの利用率が一番高いです。 2回払いは、分割・・・・・

続きを読む

できます。むしろキャッシングを使わない方は、トラブル防止のために「キャッシング機能を無効」にしておいても良いでしょう。 そもそも「キャッシング機能」とは、クレジットカードに付帯した「ATMからお金を借りる機能」。よく分からないけれど、はじめから付いていたというケースも多いかもしれませんが、設定した「キャッシング枠」の上限まで、お金を借りることができます。 そんなカードをもしも落・・・・・

続きを読む

必要です。結婚により、姓(苗字・名字)に変更があった場合には、クレジットカード会社にすみやかに届け出ていただく必要があります。書類郵送ほかインターネットでの手続きも一般的なので、簡単に変更できます。 結婚による名義変更の場合、これまでお使いいただいていたクレジットカードではなく、新しいお名前が記載されている新しいクレジットカードの用意が必要となりますので、手続きから、新しいクレジ・・・・・

続きを読む

カードの表面には、カード名、有効期限(月/年)、氏名(ローマ字)、国際ブランドなどが刻印されています。そして必ず「0000-××××-○○○○-△△△△」といった数字の羅列も書かれているはずです。これが「クレジットカード番号」です。 一般的なイメージだと「カード番号は4×4で16ケタかな?」と思ってしまいがちですが、クレジットカードの番号の桁数は、VISA、JCB、MasterCar・・・・・

続きを読む

クレジットカードを利用すると、現金がなくても買い物が可能です。しかし、その利用額には「上限」が設けられています。上限がなければ「1億円分の買い物をして自己破産」というような、とんでもない使い方ができてしまい危険だからです。このようなクレジットカードの上限を「利用限度額」と言います。 さて、クレジットカードの「利用限度額」はカード1枚につき、10万円、30万円、50万円、100万円…と・・・・・

続きを読む

せっかく審査に通ったクレジットカードでも、実際に利用することが少ないカードや、利用してみてあまり使い勝手がよくなかったもの、ライフスタイルに合わなかったものなどは、解約手続きをすることができます。では、クレジットカードの解約手続きとはどのようにすればよいか説明します。 クレジットカードの解約はとても簡単です。クレジットカードの解約手続きは、基本的に、解約したいクレジットカードの発行会社に連絡・・・・・

続きを読む

ほとんどのクレジットカードに利用限度額があります。クレジットカードの利用限度額には、キャッシング枠とショッピング枠という2つの枠があります。 例えば、限度額50万円のクレジットカードの場合、「ショッピング枠50万円(内キャッシング枠20万円)」というようにクレジットカード会社によって個々に定められます。利用限度額の枠は、クレジットカードを利用する頻度や期間、過去の実績、利用者の属性な・・・・・

続きを読む

クレジットカードの説明としてよく「リボ払いでポイント倍増」というキャッチコピーを見かけます。ポイント収集に熱意のある方なら非常に気になるところですが、果たしてこのサービス、本当にお得なのでしょうか? リボ払いと分割払いは、請求額を分割して払う、という点では同じですが、毎月の支払額が異なります。分割払の場合、利用金額を支払回数で割り、それに手数料をプラスした金額が毎月の支払額に上乗せさ・・・・・

続きを読む

ショッピングやレストランでの支払いの際に、暗証番号の入力を求められる場合と、サインを求められる場合があります。暗証番号とサインのどちらを使うかは、お手持ちのクレジットカードがICチップ搭載のものであり、なおかつ決済端末がICチップに対応している場合は暗証番号の入力になり、そうでない場合はサインをすることになります。 ICチップとは、クレジットカード表面に付いている約1センチメートル・・・・・

続きを読む

誰でもついうっかりはあるものです。引き落とし日に口座残高不足で延滞してしまったことは一度はあるでしょう。もしそうなったときにどのようにすればいいでしょうか。そして、そうならないための予防策としてなにができるでしょうか。 延滞してしまったときに必要な対応 口座振替で引き落とし不能が起きるとカード会社から連絡が来ます。連絡の手段はカード会社によって違いますが、再振替の日時が書かれた・・・・・

続きを読む

審査はありますが基本的に可能です。一時増枠といいます。 大型家電やパソコンの購入や旅行費用の支払いの際に、ショッピング利用限度額がもう少し高ければ・・・・・・とお考えになられたことがある方もいると思います。そういった高額商品の購入の際に、一時的にクレジットカードのショッピング利用限度額の引き上げをしてもらうことができます。 一時的にショッピング利用限度額をアップしていただくに・・・・・

続きを読む

店頭での代金支払の内訳は柔軟に対応できます。 たとえば、3,000円の支払いのときに、半分の1.500円を現金で支払い、残り半分の1,500円をクレジットカードで支払うことができます。お手持ちの現金に合わせて残りをクレジットカード払いにしてください。 同様に、商品券が利用できるショップは、商品券での支払いとクレジットカード払いを併用することができます。この場合はお手持ちの商品券・・・・・

続きを読む

特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード