楽天カード

楽天カード株式会社発行のクレジットカードで2005年7月に誕生。楽天市場での獲得ポイントが『いつでも通常の3倍』になるなど、ポイントが貯まりやすいカードです。楽天カードは顧客満足度No.1!サービス産業生産性協議会が行っている「JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」で、9年連続でクレジットカード部門の顧客満足度第1位に選ばれました(2009年~2017年)。 楽天会員数は2017年12月末時点で9,000万人を超えうなぎのぼり。楽天カードの会員数も1,500万人(2018年1月時点)を突破!その人気は衰え知らずです。

楽天カードのお申し込みはこちら

ポイント“貯まり度”ナンバー1

楽天市場で100円ごとに3円分のポイント

無料カードでダントツの還元率

楽天グループの楽天カード株式会社が発行する「楽天カード」は、年会費無料のクレジットカードの中では、ダントツのポイント還元率の高さです。国内最大のネット通販「楽天市場」で楽天カードを使うと、100円ごとに3ポイントが貯まります。

楽天カードの魅力は何といっても楽天スーパーポイントの貯まりやすさ。楽天市場で買い物をすると楽天カード以外のカードでも100円につき1ポイントもらえますが、楽天カードなら、100円につき3ポイントがもらえます。楽天市場で買い物分+楽天カード利用でポイント還元率は合計3%です。

rakuten-7bai-01

スーパーポイントアッププログラム(SPU)」は、エントリー不要、全会員・全ショップが対象です。2018年3月から楽天ブランドアベニューと楽天TV NBA Specialが、2018年9月から楽天証券が加わり、毎日いつでも最大15倍になりました。

ポイントを最大15倍にする方法や、条件などを解説します。まずはスーパーポイントアッププログラム(SPU)について確認しましょう。

楽天市場の「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」とは?

rakuten-7bai-02

楽天市場で買い物をする場合、利用条件に応じてポイント還元率が上がります。「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」は、12個のポイントアップ条件を組み合わせ、付与ポイントが最大15倍になるキャンペーンです。以下、ポイントアップ条件一覧です。

1.楽天会員で1倍
2.楽天カード利用で2倍
3.楽天アプリを利用して当月1回以上の買い物で1倍
4.楽天プレミアムカードまたは楽天ゴールドカード利用で2倍
5.楽天モバイル利用で2倍
6.楽天ブックス利用で1倍
7.楽天ブランドアベニュー利用で1倍
8.楽天TV利用で1倍
9.楽天トラベル 対象期間利用で1倍
10.楽天ビューティで1倍
11.楽天証券で1倍
12.楽天銀行+楽天カードで1倍

1.「楽天会員で1倍」は、楽天市場での買い物で貯まるポイント。会員なら誰でもももらえる「お買い物通常ポイント」です。

2.「楽天カード利用で2倍」は、楽天カードで決済をすると、楽天スーパーポイントが2倍付与です。楽天カードはどこで利用しても1%の通常ポイントがつきます。楽天市場で利用するとポイントが2%追加になるので、合計3%のポイントが貯まります。

3.「楽天アプリを利用して当月1回以上のお買い物で1倍」は、楽天が提供する「楽天市場アプリ」を利用して、当月1回以上のお買い物で1倍のポイントが貯まります。アプリは無料で、Google PlayとApp Storeからダウンロードできます。

4.「楽天プレミアムカードまたは楽天ゴールドカードで1倍」は、楽天カードの上位版クレジットカードである楽天ゴールドカードか楽天プレミアムカードを使うと貯まります。ライフスタイルに合わせたコースがあり、ポイントを効率よく貯めるコースもあります。

5.「楽天モバイル利用で2倍」は楽天が提供する格安スマホ「楽天モバイル」を利用している場合に貯まるものです。通話SIMプランが対象です。

6.「楽天ブックス利用で1倍」は、月1回税込2,000円以上の購入で貯まります。電子書籍(楽天Kobo)とダウンロード版(楽天ダウンロード)は、対象外なのでご注意ください。

7.「楽天ブランドアベニュー利用で1倍」は、人気ブランド500以上を取扱う楽天公式のファッション通販サイト「楽天ブランドアベニュー」および「楽天ブランドアベニューFLAGSHIP STORE」で月1回以上の商品購入で貯まります。

8.「楽天TV利用で1倍」は、楽天TVのNBAまたはパ・リーグSpecial加入・契約更新で貯まります。

9.「楽天トラベルで1倍」は、対象サービス・対象期間の利用で貯まります。

10.「楽天ビューティで1倍」は、月1回以上1,500円以上の利用で貯まります。

11.「楽天証券で1倍」は、月1回500円以上のポイント投資(楽天スーパーポイントへの設定・再設定が必要)で貯まります。

12.「楽天銀行+楽天カードで1倍」は、楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落としにすると貯まります。

上記のポイント付与条件を組み合わせ、最大15倍のポイントをもらえるのが、スーパーポイントアッププログラム(SPU)なのです。スーパーポイントアッププログラムは、条件に適した場合は自動的に適用されます。全会員、全ショップが対象で、エントリー不要のキャンペーンです

期間限定なの?常時開催だからいつでも大丈夫なの?

rakuten-7bai-03

スーパーポイントアッププログラムが始まったのは、2016年1月18日13時。現在もスーパーポイントアッププログラムは継続されており、楽天市場の公式ホームページには、「常時開催」記載されています。このことについて、楽天市場に問い合わせたところ、終わる予定はないとの回答を得ましたが、予告無しで変更・中止になる場合があります。つまり常時開催とは言われていますが、いつキャンペーンが終了しても不思議ではありません。

楽天市場には、多くのネットショップがあり、ショップ限定のキャンペーンを開催していることがあります。スーパーポイントアッププログラムとの併用も可能なので、さらに楽天スーパーポイントが貯まります。対象ショップは定期的に更新されています。楽天市場で買い物をする時は、チェックしてみてください。

楽天アプリをダウンロードすれば、なにかと便利な機能も!

rakuten-7bai-04

楽天アプリは、楽天市場を便利に活用するためのアプリです。Android端末とiPhoneでは、利用できる機能が異なります。楽天市場アプリを活用すれば、スマホからのお買い物がスムーズです。スマホのSafariやGoogle chromeなどのブラウザから商品を検索するよりも、高い利便性を持つ楽天市場アプリを活用してみてはいかがでしょうか。楽天アプリの利用でスーパーポイントアッププログラムが自動適用になり、ポイント1倍分が追加されます。

ポイント最大15倍の対象商品は?全商品が対象?

rakuten-7bai-05

スーパーポイントアッププログラムは、楽天市場の販売商品すべてが対象です。ポイントアップキャンペーンの対象ショップや開催期間は、楽天市場の対象ショップページで確認できます。

たとえば2万円のタブレットを購入したら、通常なら200ポイントもらえるところを、スーパーポイントアッププログラムで15倍の条件をクリアしていると、3,000ポイントが獲得できます。

楽天スーパーポイントは、1ポイントを1円分として使用できます。楽天Edyや楽天ペイと併用すれば、楽天スーパーポイントを現金感覚で使えますよ。※楽天Edyは10ポイントからチャージできます。期間限定ポイントや提携サービス会社から交換されたポイントはチャージ対象外です。楽天ペイは50ポイントから使え、期間限定ポイントから優先して消費されます。

楽天市場のポイントキャンペーンと合わせると最大43倍に!

楽天市場のポイントキャンペーンと合わせるとさらにお得になります。

楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日は最大+3倍・・SPU最大15倍と合わせると最大18倍になります。
お買い物マラソン楽天スーパーSALEは最大+28倍・・SPU最大15倍と合わせると最大43倍に!
5の倍数の日に楽天カード決済で+2倍・・SPU最大15倍と合わせると最大17倍になります。

貯まったポイントは、1ポイント=1円相当として楽天市場だけでなく他の楽天サービスや街なかでも利用できます。

スーパーポイントアッププログラムでもらえるポイントは期間限定ポイント?

rakuten-7bai-06

スーパーポイントアッププログラムで貯まるポイントは、項目ごとに有効期限と付与されるタイミングが異なります。たとえば楽天市場でお買い物をした際に付与される、「お買い物通常ポイント」は、お買い物した翌日にポイント付与され、有効期限は1年です。また、前回のお買い物より1年以内に、再び楽天市場でお買い物をすれば、ポイントの有効期限は1年延長になります。つまり楽天市場で定期的にお買い物をすれば、ポイントは失効しないのです。以下、項目ごとのポイント付与タイミングと有効期限です。

ポイント内訳 倍率 ポイント付与日 有効期限 月間獲得ポイント上限
楽天市場 お買い物通常ポイント 1倍 翌日 1年間 なし
楽天カード 利用通常ポイント 翌月15日頃
利用特典ポイント 翌月15日頃 または 翌々月15日頃 付与翌月末日 楽天カード:5,000ポイント
楽天ゴールドカード:5,000ポイント
楽天プレミアムカード:15,000ポイント
楽天ブラックカード:15,000ポイント
楽天ビジネスカード:15,000ポイント
※注1)
※注1)楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード特典との合計に対しての上限。

なおプレミアム・ゴールドカード利用特典、楽天市場アプリは、月額獲得ポイントに上限が設定されています。ダイヤモンド会員の場合、プレミアム・ゴールドカードの月額獲得上限ポイントは15,000ポイント。プレミアム・ゴールドカード利用時にポイント付与される項目は、「利用通常ポイント」「利用特典ポイント」「プレミアム・ゴールドカード利用特典ポイント」の3つ。この3つの内、月額獲得上限ポイントが定められているのは、「利用特典ポイント」と「ゴールド・プレミアムカード利用特典ポイント」のみ。利用通常ポイントに獲得上限ポイントは設けられていません。

また楽天会員ランクとは、お買い物金額に応じて、レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドの会員ランクを与えられ、シルバー以降の会員ランクから、ランク特典を受けることができる仕組みのことです。以下、楽天会員ランクのランクアップの仕組みです。

会員ランク ランクアップ条件
レギュラー ポイント対象の楽天サービス利用でポイントを獲得
シルバー 過去6か月で200ポイント以上 2回以上ポイントを獲得
ゴールド 過去6か月で700ポイント以上 7回以上ポイントを獲得
プラチナ 過去6か月で2,000ポイント以上15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンド 過去6か月で4,000ポイント以上、30回以上ポイント獲得、楽天カードを保有

 

ポイント15倍にするには楽天カードが必要!楽天カードの魅力とは?

rakuten-7bai-07

ポイント最大15倍を獲得するには、楽天カードが必須。楽天カードには、楽天カード、楽天PINKカード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天カードアカデミー(学生専用)、楽天銀行カード(キャッシュカード一体型)、楽天ビジネスカード、楽天ブラックカードの計9種類に加え、楽天ETCカードがあります。

1.年会費無料
2.クレジットカード+電子マネー+ポイントカードが1枚になり使いやすい
3.ポイントを貯めやすい
4.ポイントをANAマイルに交換可能
5.楽天ポイントカード加盟店でポイント支払いができる

楽天カードは、満足度ナンバーワンを9年連続獲得しています。申し込みやすさ、利便性、加盟店の多さなど、さまざまな点がユーザーから高い評価を受けています。クレジットカードと、電子マネー、ポイントカードの機能が楽天カード1枚に集約されています。楽天カードアプリを併用すれば、いつでも利用明細の確認や支払い方法の変更などをスマホから行えます。

6000店以上の楽天ポイントカード加盟店を利用するだけで、楽天スーパーポイントが貯まっていきます。楽天ポイントカード加盟店には、マクドナルドやミスタードーナツ、出光のガソリンスタンド、大丸、松坂屋などの百貨店があります。生活に密着した有名店舗が多いので、ムリなくポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントは、10,000ポイント単位でANAマイルと相互交換可能です。年間3万マイル以下ならANAマイルから楽天スーパーポイントに同じレートで交換できますが、年間3万マイル以上交換する場合と、楽天スーパーポイントからANAマイルに交換する場合は、「ANAマイレージクラブ10,000マイルから楽天スーパーポイント5,000ポイント」です。

楽天ポイントカード加盟店で楽天スーパーポイントを貯めて、楽天スーパーポイントで商品代金の支払いができます。※一部ポイント支払い未対応の加盟店もあるので、利用できるかどうかは、お店にご確認ください。

楽天カードは、生活に密着した加盟店が多いので、利用者満足度の高さに直結しているようです。年会費無料のクレジットカードの中でも、ユーザー数が多いのもうなずけます。

楽天モバイルとは?

楽天モバイルとは、楽天が提供する格安スマホ(スマートフォン)です。一般的なスマホの月額平均使用料金は、およそ7,000円から8,000円と言われています。対して楽天モバイルの月額平均使用料金は3,000円程度で済むので、楽天モバイルに換えるだけで約60%もコストダウンします。

ドコモやau、ソフトバンクから乗り換えた場合、月額使用料金が4,000円から5,000円程度浮く計算です。年間48,000円から60,000円も減額が期待できます。

楽天モバイルでも、スマホ利用料金100円につき1ポイントもらえます。楽天市場の買い物や楽天カード利用で貯まった楽天スーパーポイントから楽天モバイルの利用料金・端末料金の支払いも可能で、期間限定ポイントから優先的に消費されます。

ポイントアッププログラムを使えば楽天カードが楽天市場での最強カードになる?

rakuten-7bai-08

高還元率クレジットカードとして有名な、リクルートカードとREXカードをご存知でしょうか。オンラインモール「もらえるモール」を利用すれば、リクルートカードで2.2%、REXカードで2.25%の付与ポイントがあります。これらの高還元クレジットカードを上回るのが楽天カードなのです。楽天カードは、もらえるモールを経由しなくても、「お買い物通常ポイント1%」「カード利用特典ポイント2%」を合わせて、還元ポイントは3%です。さらに月に1度楽天市場アプリを利用すれば、その月はさらに1%追加され、楽天カードと楽天市場アプリを併用するだけで、4%のポイント付与があります。楽天市場の最強クレジットカードは、やはり、楽天カードということです。

クレジットカード名 もらえるモール経由ポイント還元率
楽天カード 楽天スーパーポイント5%(楽天カードと楽天市場アプリ利用時)
REXカード Jデポ1.25%+楽天スーパーポイント1%
リクルートカード リクルートポイント1.2%+楽天スーパーポイント1%

 

さらに、楽天モバイル、楽天プレミアム・ゴールドカード、楽天ブックス、新しくスーパーポイントアッププログラムに加わった楽天ブランドアベニューと楽天TV NBA Special、楽天証券などを併用すれば、最大15%分ものポイントがたまります。

楽天あんしんショッピングサービスは無料で楽天市場のお買い物時のトラブルを補償!

rakuten-7bai-10

楽天市場には、全会員を対象にした無料補償サービス「楽天あんしんショッピングサービス」があります。 代金を支払ったのに商品が届かない…。商品ページと異なる商品が届いた、または欠陥品が届いた…。このようなケースに対応してくれるのが、楽天あんしんショッピングサービスです。

1.代金支払い後、商品が届かない
2.商品ページと異なる商品が届く、または欠陥品が届く
3.ショップが返品に対応してくれない
4.ブランド品を購入したら模倣品だった
5.到着予定日を超えた商品到着

上記5つのケースが起きた場合、商品購入日より90日以内に楽天市場のお客様サポートセンターに連絡をしましょう。最大30万円まで補償してくれます。なお2.3.5番のケースは、楽天市場返品センターに商品を返品する必要があります。詳しくは、楽天市場お客様サポートセンターにお問い合わせください。

クレジットカード会社に払い戻し申請をしてしまうと、楽天市場の補償を受けることはできません。すぐにクレジットカード会社に連絡をする方が多いそうなので、楽天市場とクレジットカード会社、どちらの補償を利用するか、検討してから申請しましょう。

カードやアプリの組み合わせによって最大15倍になるのでぜひ活用を!

スーパーポイントアッププログラムは、組み合わせ自由で、ポイント最大15倍になるキャンペーンです。楽天カードユーザーの方は、たくさんのポイントを得られるチャンスです。ぜひご活用ください。

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天市場で1ポイントを1円として使えます。楽天市場は、国内最大のネット通販です。店舗数は約4万5000店舗、商品数2億5,664万点超で、ありとあらゆる商品が買えます。楽天スーパーポイントなら使い道に困ることはなく、現金感覚で使えます。

1回の購入時に利用できるのは楽天のサービスで最高30,000ポイント、楽天ポイントカード加盟店では5,000ポイントまで、1カ月に利用できるポイントは、「ポイント利用可能サービス」での利用額を合算して、ダイヤモンドランクの会員様は500,000ポイントまで、それ以外のランクの会員様は100,000ポイントまでと利用上限額などの条件はありますが、普段の買い物に使う分には困らないでしょう。

旅行や銀行でも貯まる

楽天カード会員なら、楽天市場以外の楽天グループの各サービスを利用して楽天スーパーポイントが貯まります。楽天グループは、旅行会社の「楽天トラベル」、楽天銀行、楽天証券など幅広い業種をカバーしています。たとえば楽天トラベルの場合、国内・海外のホテルや航空券、レンタカーなどの利用でもポイントが貯まります。

100円刻みだから貯まりやすい

楽天カードは100円の買い物ごとにポイントがつきます。クレジットカードのポイントの付与は、1,000円未満は切り捨てられる場合が多いですが、楽天カードなら100円ごとにポイントが貯まるので、ポイントの取りこぼしが少なくすみます。

 ポイント“貯まり度”ナンバー1の楽天カード

楽天ポイント加盟店で100円ごとに2~3円分

加盟店以外でもポイント還元率は1%

楽天カードは楽天グループ内だけではなく、楽天のポイント加盟店でもポイントがもらえるのも魅力です。ポイント還元率はお店によって異なります。

<楽天カードまたはそれ以外のカードで買い物したときの楽天スーパーポイントの獲得数>

ショップ 支払い方法
楽天カード 楽天カード以外
楽天市場 100円につき3ポイント 100円につき1ポイント
楽天ブックス 100円につき4ポイント 100円につき1ポイント
楽天ポイント加盟店 100円につき最大3ポイント ポイント無し
楽天ペイ提携サイト ポイント還元率1.5%または2% ポイント還元率0.5%または1%
楽天と無関係のお店 100円につき1ポイント ポイント無し

楽天カードの場合、上記ポイントのほかに、利用状況に応じてスーパーポイントアッププログラムが適用されます。

コナカで100円ごとに1円分獲得

全国約1万5000店舗が加盟する「楽天ポイント加盟店」での買い物で楽天ポイントカードを提示すると、楽天スーパーポイントが(還元率0.5%~)たまります。

楽天ポイント加盟店には、さまざまな店舗が加盟しています。マクドナルド、ミスタードーナツなどの大手チェーン店もあります。たとえば国内ガソリンスタンド「出光サービスステーション」で、楽天カードで支払うと、2リットルにつき1ポイント(1円相当)が貯まります。

<楽天ポイント加盟店での獲得ポイント数>

楽天ポイント加盟店 ポイント数
コナカ 100円につき1ポイント
マクドナルド 100円につき1ポイント
アリさんマークの引越社 100円につき4~8ポイント
出光サービスステーション 2リットルにつき1ポイント
ツルハドラッグ 200円につき1ポイント

ENEOSでポイント2倍(2%)

楽天カードはENEOS利用でポイント2倍(2%)!

全国のENEOSサービスステーションで楽天カード払いにすると、楽天スーパーポイントが通常の2倍、100円につき2ポイント貯まります。つまりレギュラーガソリン1L=150円の場合、3円分のポイント還元です。ガソリン給油だけでなく、カーケア商品、オイル交換、バッテリー交換も対象です。ENEOS以外のスタンドでも通常の1%のポイントはもらえる、オールマイティーなガソリンカードです。
(ガソリンが安くなるクレジットカード徹底検証もご覧ください。)

楽天の決済サービスでポイント獲得

楽天カード会員は決済サービス「楽天ペイ」を利用したときに、楽天スーパーポイントが通常の1.5~2倍獲得できます。

楽天ペイとは、楽天が提供する決済サービスです。スマートフォンに無料の「楽天ペイ」アプリをダウンロードして利用できます。実店舗ではローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100含む)など、ネット決済ではTOHOシネマズのオンライン予約、無印良品ネットストア、ドミノ・ピザ(ネット注文)などが加盟しています。支払い元を楽天カードにして楽天ペイを利用すると、ポイント還元率は、ローソンなどの街なかでは合計1.5%、ネット支払いでは合計2%です。

楽天以外の店舗でも100円で1ポイント

また、楽天カードは、楽天以外の店舗でも100円で1ポイントが獲得できます。つまり楽天カードは、いつでもどこでもポイント還元率が最低1%なのです。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度なので、楽天カードのお得さは際立っています。

 加盟店以外でもポイント還元率は1%の楽天カード

一部店舗では月2回のポイント優待も

楽天カードのすごいところは、普段からポイント還元率が高いことに加えて、ポイントが多く獲得できるキャンペーンの多さにあります。キャンペーンの豊富さでも、クレジットカード業界ナンバー1です。しかもそれぞれのキャンペーンの対象になるうえでのハードルが低く、カンタンに恩恵を受けられます。

キャンペーンが重なったら合算!

特別ポイントは有効期限が短い

楽天カードでは、楽天スーパーポイントが何倍も貯まるキャンペーンを常時行っています。これほどポイント倍増キャンペーンが多いカードは他にはないでしょう。しかも複数のキャンペーンで得たポイントが合算できる場合が多いのも、楽天カードの魅力です。

楽天は太っ腹!キャンペーンが重複適用

楽天市場では、同時に複数のポイントアップキャンペーンに参加できます。たとえば購入商品がポイント2倍キャンペーンと5倍キャンペーンの対象ならば、2∔5=7で、通常の7倍のポイントがもらえます。

通常、クレジットカードでは、複数のキャンペーンが重なった場合、どちらかだけが適用される場合が多いです。その点で楽天カードは太っ腹だといえます。キャンペーン登録は無料なので、全部登録しておけばお得です。

特典でもらったポイントは有効期限が短い!

楽天カードでは、さまざまなキャンペーンで通常の何倍もの楽天スーパーポイントがもらえます。

しかし、キャンペーンで獲得できるポイントは、通常のポイントよりも有効期限が短く設定されている場合が多いです。通常の楽天スーパーポイントは、年に一回でもポイントが増えれば延期されるため、実質的に無期限ですが、キャンペーンで得た楽天スーパーポイントは扱いが異なります。

有効期限をすぎると自動的にポイントが消滅します。

キャンペーンごとに事前登録が必要

楽天は、非常に多くのキャンペーンを開催していますが、キャンペーンでポイントを獲得するためには、キャンペーンへの登録を忘れてはなりません。

キャンペーンに参加するためには、それぞれのキャンペーンごとに事前に登録をする必要があります。楽天のホームページ内にあるそれぞれのキャンペーン用ページから楽天会員のID、パスワードでログインすれば、手続きは完了します。

 キャンペーンが重なったら合算の楽天カード

複数の楽天サービス利用でポイント倍増

上級会員向けの優遇も充実

楽天カードは、楽天グループでカードを利用すればするほど、ポイントがどんどん貯まりやすくなります。

上級会員になるとさらにお得

楽天会員は、獲得した楽天スーパーポイント数と買い物回数によって、会員のランクがアップします。高いランクの会員になると、誕生日の月にボーナスポイントがもらえるほか、楽天市場の一部の店が行う優待キャンペーンで獲得できるポイントが上積みされます。

<楽天会員の会員ランク別「条件」「誕生月の特典」「優待キャンペーン倍率」>

会員ランク 条件 誕生月のポイント付与数 優待キャンペーン倍率
レギュラー ポイント対象の楽天サービス利用で、ポイントを獲得 なし 3倍
シルバー 過去6か月で200 ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得 100 5倍
ゴールド 過去6か月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得 300 10倍
プラチナ 過去6か月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得 500
ダイヤモンド 過去6か月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有 700 10倍以上

楽天銀行でもポイントが貯まる

楽天カードには、カード代金の引き落としを楽天銀行の口座で行うと、引き落とし1回につき3ポイント(3円相当)がもらえる特典があります。カードの代金の指定口座を楽天銀行に設定するだけなので、手続きは簡単です。

 複数の楽天サービス利用でポイント倍増の楽天カード

マイルにも好条件で交換できる

有効期限は実質なし

楽天カードで貯まる「楽天スーパーポイント」は、使い勝手の良さで定評のあるポイント・プログラムです。1ポイントは1円相当として楽天グループや楽天ポイント加盟店で利用できます。ほとんど現金感覚で、ムダなく使えるのが特徴です。

マイルが貯めやすい!

楽天スーパーポイントは、日本でもっとも支持されているといっても過言ではないポイント・プログラムです。その理由は、貯まりやすい上に、使い勝手がいいからです。

楽天スーパーポイントは使い道が豊富にあり、楽天グループ以外でも使えます。たとえば航空マイルへ交換できます。楽天スーパーポイント2ポイントを1マイルに交換できるので、たいへんお得。しかもポイントからマイルへの移行手数料は無料です。

さらに、いろいろな工夫で、マイルが効率よく貯められます。たとえばANAのマイルを貯めている場合、ANAのポイントアップモール「ANAマイレージモール」を経由して、楽天市場で買い物をすると、200円で1マイル獲得できます。これに、楽天カード会員向けのポイント倍増キャンペーンを組み合わせてポイントを獲得し、ANAマイルに交換すれば、ANAカードで買い物をする以上の高還元率でマイルを獲得することが可能です。

有効期限が長い

ポイントの有効期限は実質無期限であることも、楽天スーパーポイントの人気が高い理由です。ポイントの有効期限は1年ですが、ポイントの獲得があれば有効期限が更新されるので、ポイントの失効を気にする心配がありません。

ただし、各種キャンペーンで獲得するポイントは有効期限が短いので、早めに使わなければなりません。

totoなどの「くじ」にも使える

楽天カードがあれば、サッカーのtotoなど「くじ」をカード払いで簡単に購入できます。当選金は、自動的に楽天カードの引き落し口座に入金されるので、たいへん便利です。購入金額に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。

 マイルにも好条件で交換できる楽天カード

カードの利用をその都度メールで通知

楽天カードのあんしんサービス

ネットショッピングを安心して利用できる3つの制度(「あんしん機能」)がついているのが楽天カードの特徴です。ネットで買い物をする時の不安を解消してくれる、嬉しいサービスです。

不正利用をメールで発見できる

楽天カードの「あんしん機能サービス」の一つは、「カード利用お知らせメール」。カードの利用があるたびに、メールで知らせてくれます。カードの利用状況がすぐにかるので、万が一、カードを不正に使われた場合でも早めに発見できます。

ただし、お知らせメールのサービスを受けるには、楽天カード会員専用のホームページ「楽天e-NAVI」から申し込み手続きをする必要があります。

注文した商品が届かないとき

楽天カードには、「商品未着あんしん制度」もあります。楽天市場で注文した商品が届かず、購入先の店舗との連絡も取れない場合、楽天カードが所定の調査を行った上で請求を取り消してくれます。

商品未着あんしん制度を利用するには、楽天カードで支払いを行っていることが条件です。利用明細書を受け取ってから60日以内に楽天カードに申し出れば、対応してくれます。

このほか、楽天カードには、ネットで第三者に楽天カードが不正利用された場合の被害を補償してくれる「ネット不正あんしん制度」もあります。

海外旅行保険は利用付帯

楽天カードには、海外旅行保険がついています。死亡・後遺障害時などの補償額は最高2,000万円。傷害・疾病治療費用のほか、賠償責任、持ち物が盗難、破損、火災にあったときに補償してくれる「携行品損害」など、幅広くカバーしてくれます。ただし保険は「利用付帯」なので、旅行の航空チケットを楽天カードで購入することが、保険適用の条件です。

なお、楽天カードに国内旅行保険はついていません。

 カードの利用をその都度メールで通知してくれる楽天カード

楽天の会員IDだけで簡単にお買いもの

Edyの利用でポイント獲得も

楽天カードの便利な機能として、最近注目を集めているのが「楽天ペイ」。街なかや、楽天以外のネットショップ、オンラインサービスでも、簡単にクレジットカードや楽天ポイントでの支払いができるサービスです。さらにお支払金額に応じて楽天スーパーポイントも貯まります。(「楽天あんしん支払いサービス」は2017年2月13日から「楽天ペイ」に名称が変わりました)

楽天カードで簡単に映画のチケットを購入

楽天ペイでは、対象となるサイトで商品やサービスを購入する際に、楽天の会員IDとパスワードを入力するだけで、手続きできます。対象サイトは、ローソン、映画館大手「TOHOシネマズ」ネット予約のほか、無印良品ネットストア、ドミノ・ピザ(ネット注文)などです。

楽天のポイントが使える

楽天ペイを使って楽天カードで買い物をすると、楽天カード決済で貯まる100円につき1ポイントにプラスして、ローソンなどの街なかでは200円につき1ポイント、無印良品ネットストアなどインターネットでの支払いでは利用額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

また、貯まった楽天スーパーポイントを「楽天ペイ」の加盟サイトで使えます。1ポイント1円として50ポイントから1ポイント単位で支払金額に充当できます。

Edyの利用でポイントがつく

Edy機能付き楽天カードでチャージ時、Edyで買い物時に、それぞれ200円につき1ポイント楽天スーパーポイントが貯まります。楽天カードでチャージして使うと合計1%ポイント還元です。

 Edyの利用でポイント獲得もできる楽天カード

楽天ポイントは実店舗でも使える

楽天スーパーポイントは、楽天グループ内だけにとどまらず、新しい共通ポイントとしての使い道が増えてきています。楽天カードには楽天ポイントカードの機能が内蔵されています。楽天IDと紐づけすることで、楽天カードで貯めたポイントを実店舗で使うことができます。

また、楽天ポイント加盟店利用時に提示すれば、実店舗でも楽天ポイントが貯まります。TポイントやPontaポイントと同様な使い方です。加盟店はマクドナルド、ミスタードーナツ、出光のサービスステーション、百貨店の大丸・松坂屋、カフェ&バーのPRONTOなどがあります。

たとえばマクドナルドで貯めた楽天スーパーポイントをミスタードーナツで使う。そんな使い方ができます。以前は楽天市場での買い物でしか使えませんでしたが、利用範囲が格段に広がりました。

 楽天ポイントは実店舗でも使える!楽天カード

ムダなく使える!1ポイントから使える!

最低交換単位があるカードが多い中、楽天カードは貯めたポイントを1ポイント1円として、楽天市場だけでなく楽天ブックス・楽天トラベルなどのショッピングに利用できます。貯めたポイントが 1ポイントから使えるのは、楽天カードの魅力です。

いつまでも年会費無料

もちろん年会費はかかりません。持っていて損は無いカードです。ネットで簡単に申し込みできます。面倒な申込書の記入は必要ありません(※プレミアムカードは年会費10,000円+税、ゴールドカードは年会費2,000円+税)。支払日は27日なので、25日が給料日の方にうれしい設定です。

楽天カード4つの欠点

ここまで読むといいことばかりのように思うかもしれませんが、楽天カードにも欠点はあります。1.ETCカード発行が有料(条件により無料あり)、2.利用明細書の発行が有料、3.旅行傷害保険が利用付帯、4.期間限定ポイントの有効期限が短いなど、「申し込む前に必読!楽天カード、4つの欠点。」こちらで解説しています。気になる方は一読ください。また楽天Edyもらえるモール経由で楽天市場決済した場合の合計還元率の比較や、高還元カードと2枚持ちで使い分ける方法については以下の「楽天カードは楽天市場で買い物するのに一番得するクレジットカードなのか?」で解説しています。そういったデメリットや弱点も気にならない、年会費無料の万能カードが楽天カードです。

 ムダなく使える!1ポイントから使える!楽天カード

本当に楽天市場で買い物するのに一番得するカードなのか?

楽天が運営している巨大オンラインショッピングサイト「楽天市場」。登録すれば誰でも簡単に楽天ポイントを貯めることができるサービスです。この楽天市場での決済に皆さん主にクレジットカードを利用していると思いますが、楽天市場での利用で一番お得なカードとは一体どのカードなのでしょうか?

楽天といえばやはり「楽天カード」の名前をよく耳にしますよね。楽天カードは年会費無料で常に還元率1%のカードで、筆者も楽天市場で買物をするときに利用しています。 しかし、まだ楽天カードを持っていない方にとっては「本当にそんなにお得なの?」と疑問に思う方もいるでしょう。なぜ楽天カードは、楽天市場で最強のカードと呼ばれているのでしょうか。

楽天市場ではつねに3ポイント還元、最高で11ポイント還元!?

2016年から、楽天では「スーパーポイントアッププログラム」を実施しています。エントリー不要で、全会員・全ショップが対象です。2018年9月現在、最大15倍の楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天カードをお持ちの方はポイント+2倍なので、つねに3%還元です。 還元率1%のカードで支払った場合は、カードのポイント(1%と仮定)と楽天市場のポイントが二重でもらえますが、それとくらべても、やはり楽天カードでもらえるポイントの量の差は歴然です。

さらに、楽天アプリをダウンロードして、アプリ経由で買い物をすれば+1倍(4%還元)、楽天モバイルを利用しているなら+2%(6%還元)、楽天プレミアム・ゴールドカード会員は+2%、楽天ブックス当月1回に1,000円以上の利用で+1%、楽天ブランドアベニューの利用で+1%、楽天TVNBA Specialの利用で+1%、トータル最大11%還元までアップします。

このことから、楽天市場内や楽天系列での決済においては楽天カードの右に出るものはない、まさに最強のカードだと断言できます。

SPUについてはこちらでも詳しく触れていますので、最高11%還元についてもっと詳しく知りたい方はこちら(楽天市場では最低でも3%還元になる楽天カードがやはり最強です)をどうぞ。

楽天カードはこういう時に使おう!

rakuten-04

楽天カードの魅力は楽天市場内でのポイント還元率が高いという点だけではありません。楽天カードがあれば、楽天カード会員限定の特典を受けられるのです。以下に、楽天カード会員しか使えない楽天のサービスを紹介します。

楽天カードの「ポイント加盟店サービス」が利用できる!

楽天では楽天カード会員向けに用意されたポイント加盟店サービスがあります。ここに記載されているポイント加盟店で楽天カードを利用すれば最大でポイントが3倍貯まります。加盟店数はそれほど多くありませんが、大きな所だとエネオス、コナカ、アリさんマークの引越しセンターなどでこの特典を活用できます。エントリーなども不要です。

ダイヤモンド会員になる権利は楽天カード保有者のみ

楽天カードを保有していて、なおかつ楽天市場でのランク制度における条件を満たしていれば「ダイヤモンド会員」になれます。シルバー、ゴールド、プラチナランクには楽天カードを持っていなくてもなれますが、ダイヤモンド会員だけは楽天カードを持っていなければなれないランクです。

ちなみにダイヤモンド会員になるには過去6カ月の獲得ポイント数が4,000ポイント、かつカード利用回数30回という条件を満たすことが必要です。しかしダイヤモンド会員になれば、誕生月に700ポイントがもらえたり、ダイヤモンド会員専用の優待クーポンが毎月配布されたりします。ダイヤモンドランクを一年キープすれば、抽選でプレゼントが当たる企画もあります。

このように、楽天カードを持っていれば楽天カード会員限定の特典を利用できるので、楽天市場利用者はやはり楽天カードがあるとお得です。

楽天カードと高還元カードを2枚持ちで使い分ける

rakuten-05

楽天カードは楽天内で使うなら間違いなく最強です。しかし楽天以外でのお買い物では最強というわけではありません。基本1%還元なので決して低くありませんのでメインカードとして使ってもなんら問題はありませんが、楽天市場以外での決済は楽天カードにこだわらず他の還元率1%以上のクレカで行ったほうがお得な面もあります。使い方としては「楽天市場などの楽天系列では楽天カードで決済し、それ以外の時は還元率1%以上のカードで決済する」のが一番効率的です。

また楽天カードはETCカードの年会費が有料(525円)なので、ETCを利用するなら年会費のかからないETCカードをおすすめします。

楽天市場以外での利用におすすめ還元率1%以上のカード

楽天市場以外での利用におすすめの高還元率カードを紹介します。持ちやすいカードはやはり年会費無料のカードですが、年間利用額によっては有料を選んだほうがお得なケースもあります。

年会費無料で1.2%還元!リクルートカード

リクルートカードは年会費無料で常に1.2%還元の高還元率カードです。それだけでも充分魅力的ですが、さらにその魅力を倍増させる素晴らしい特長があります。それは、nanacoチャージ(JCB、VISA、MasterCard)とEdyチャージ(VISA、MasterCard)ににもポイントを満額付与している点です。またリクルートポイントはPonta(ポンタ)ポイントに移行できるので、ローソンなどで現金代わりに使うこともできます。

「リクルートカード(Visa)」の場合は、「nanaco」「楽天Edy」「モバイルSuica」「SMART ICOCA」へのチャージでポイントが貯まり、「リクルートカード(JCB)」の場合は、「nanaco」「モバイルSuica」へのチャージでポイントが貯まる。  新しく発行された「リクルートカード(Mastercard)」の場合は、「リクルートカード(Visa)」と同様に、「nanaco」「楽天Edy」「モバイルSuica」「SMART ICOCA」へのチャージでポイントが貯まる。
  • 年会費無料でいつでもどこでも1.2%還元。
  • 貯まるのはリクルートポイントだが、Ponta(ポンタ)ポイントなどに移行できる。
  • nanacoチャージポイントは、VISAとMasterCard、JCBで貯まり、EdyチャージポイントはVISAとMasterCardで貯まる。
  • 最高2,000万円の海外旅行障害保険、最高1,000万の国内旅行傷害保険が付く。
  • 最高200万円のショッピング保険が付く。
リクルートカード

1.25%還元!年会費無料のREX CARD

REX CARDはいつでもどこでも基本還元率1.25%。年会費は無料です。REX CARDでは「2,000円の利用ごとに30ポイント付与」なので、1,500ポイント貯めるには、有効期限2年以内に10万円分のカード利用をすればいいという計算です。

  • 年会費無料でいつでもどこでも1.25%還元。
  • 1,500ポイントごとに1,500円のキャッシュバック。
  • 最高2,000万円の海外旅行障害保険、最高1,000万の国内旅行傷害保険が付く。
  • カード到着後3か月内の利用額に合わせて最高3,000円分のJデポがプレゼントされる。

 REX CARD

リクルートカードとREX CARDはともに年会費無料なので持ちやすく、さらに還元率は楽天カード以上です。ポイントは沢山欲しいけどカードに年会費は払いたくない方向けです。

楽天では楽天カード、それ以外は還元率1%以上のカードと使い分けて、できるだけ多くのポイントを貯めましょう。

スマホで支出管理 iPhone、Androidに対応

知る人ぞ知る会員特典

楽天カードのお申し込みはこちら

ゴールドカードは一般カードより還元率が高い

楽天市場で5%還元と空港ラウンジ付きが魅力

楽天ゴールドカードは、年会費2,000円(税別)。月あたり200円弱を支払えば、楽天市場利用時の還元率が2%アップして最大5%になります。また国内28空港と海外2空港のラウンジを年2回無料で利用できるのは、一般カードとの大きな違いです。

一般カードとゴールドカードのボーダーラインはどこにあるのでしょうか? どちらを作るか迷われた方は楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを徹底解説している記事をご覧ください。

 年会費2,000円で還元率がアップし空港ラウンジが利用可能になる楽天ゴールドカード

プレミアムカードはプライオリティ・パスの上級会員に

充実のトラベル関連サービス

楽天プレミアムカードは、他社のゴールドカードに相当するカードです。年会費1万円(税別)。無料の楽天カードに比べてコストはかかりますが、そのお得ぶりは評価が高いです。とくに海外のサービスが充実しており、年会費3万~5万クラスの高級クレジットカード並みのサービスが受けられます。

ただし上級カードだからといって基本的なポイント還元率が高くなるというわけではありません。普通にショッピングをしてポイントを貯めるだけなら楽天カードで充分です。

プライオリティ・パス

楽天プレミアムカードのメリットの一つは、プライオリティ・パスが付帯されている点です。「プライオリティ・パス」とは、世界1500以上の都市に1000カ所以上の空港ラウンジを提供するサービスです。ラウンジでは、無料の飲み物や軽食はもちろん、電話、ネット設備から会議室まで備えたビジネス環境を提供しています。

楽天プレミアムカードに入会すると、プライオリティ・パスの上級会員である「プレステージ会員」の資格を獲得できます。プレステージ会員は、プライオリティ・パスの中の3段階のランクのうち、最上位の会員ランクです。本来なら日本円で4万円弱の年会費がかかるので、年会費1万円(税別)の楽天カードでその資格が得られるのは、たいへんお得です。

最安値でプライオリティ・パスを獲得

プライオリティ・パスの会員になれるクレジットカードは、年会費が2万円以上する場合が多いです。たとえばプライオリティ・パス無料特典付きカードとして人気の「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」は、年会費が2万円(税別)です。

このほか、プライオリティ・パスを付帯しているクレジットカードは「JCBザ・クラス」「三井住友VISAプラチナカード」「シティ セレクトVISA プラチナカード」「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」など、いずれも、ゴールドカードよりもランクが上です。

これらのカードに比べて、楽天プレミアムカードは年会費が断然安く、審査の条件も厳しくないので、「プライオリティ・パスを安く手軽に手に入れたい」方には、ぴったりのカードです。

<その他の楽天プレミアムカードの旅行サービス>

楽天プレミアムカードは、海外旅行にがお好きな方にとても役立つカードです。プライオリティ・パス以外にも、さまざまなトラベル関連サービスが充実しています。

旅行保険

国内、海外ともに最高5,000万円の旅行保険が自動付帯です。年に1回でも海外旅行する方なら、とってもお得!

空港ラウンジ

国内主要28空港、海外2空港(ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国・仁川国際空港)のラウンジが利用可能です。

海外でレンタカー

世界最大のレンタカー会社「ハーツレンタカー」のレンタカーをお得な料金で利用できます。ハーツは世界140か国以上、7,000か所の拠点があります。

トラベルデスク

プレミアム会員専用の「トラベルデスク」で、旅行先の病気やケガに、パスポートやカードの紛失・盗難時のサポートをしてくれます。

ご自身のライフスタイルに合わせて選べるサービス

楽天プレミアムカード会員は、ライフスタイルに合わせて「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」3つのご優待サービスから1つ選べます。新規ご入会時にコースを選びますが、入会後にコース変更も可能です。(変更内容はすぐには反映されず、変更確定までにお時間がかかる場合があります。)

 最安値でプライオリティ・パスを獲得できる楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード徹底解説

楽天カードユーザーレビュー

ポイントがどんどん貯まるのが楽しみです。楽天カード

楽天カード

私が10年以上前から楽天カードを愛用しています。当時はまだ楽天カードが今ほど認知度は高くなくYahoo!に追いつけ追い越せといった感じでした。

楽天カードを作ったきっかけは、カードを作成すると8,000円分ものポイントがもらえたからでした。当時の認知度はヤフーの方が断然上でしたが、私は品ぞろえや同じ商品でも買い物をするとポイントが5倍、10倍付与される楽天ショップを頻繁に利用していました。その最中にカードを作ると大きなポイントが貰えるとの事で飛びつきました。

いざカードを作ってみると、買い物をしてそれをカード支払いにするとポイントが倍付与されたり、毎月カードの引き落とし額分のポイントが付いたりとポイントがどんどん貯まっていきました。

それからというものの出来る限りの支払いを楽天カードの切り替えていきました。電気代や携帯代、普段の食料品や日用品の買い物もすべて楽天カードで支払うと

(100円につき1ポイントなので)毎月500ポイント以上は貯まります。高額の買い物をした時や買い物ポイント10倍の商品を購入することも度々あるので数カ月で1万円分以上の買い物が出来る位のポイントが貯まっていました。

その貯まったポイントで、欲しい商品をかなり安く購入したり、時には全くお金を掛けずに購入できるのが楽しみで現在でも頻繁に利用しています。

ANAマイルコースを選び 毎月200~300マイル貯めています。楽天ANAマイレージクラブカード

raana

私は4枚クレジットカードを持っていますが、主に使うのは2枚。そのうち1枚が楽天ANAマイレージクラブカードです。

ANAのマイルを今までより多く貯める方法として、このカードを選びました。年会費無料の楽天カードを3年ほど使っていましたが、新たに楽天ANAマイレージクラブカードが発行されると聞いて変更することにしました。

今まではEdyの付いたANAマイレージクラブカードと楽天カードを別々に持っていました。その他のカードやポイントカードもあり、財布の中を整理するつもりで変更しました。新規の場合は初年度無料ですが、切り替えのため手数料1,080円がかかってしまいました。年会費は540円ですが、年1回でもカードを利用すれば無料です。海外旅行傷害保険も付帯しているので便利です。使い方は今までと変わらず、楽天市場での買い物や月々の支払などに利用しています。

このカードの特徴は、ライフスタイルに合わせて「楽天スーパーポイントコース」と「ANAマイルコース」を選べること。カードの毎月の利用金額によって、ポイントを貯めるかマイルを貯めるかを決めることができます。しかも、登録コースは楽天E-naviからいつでも変更可能です。

私は「ANAマイルコース」を選択していますが、200円で1マイル貯まります。楽天市場での買い物は5,000円程度ですが、公共料金などもカード払いにしているので毎月30,000円程になります。なので、Edyでの支払い分と合わせて毎月200~300マイルくらいは貯めることができます。購入金額や店舗によって違いますが、楽天市場での買い物には楽天スーパーポイントが付きます。この先はわかりませんが、

しばらくはこのカードでANAのマイルを貯めていくつもりです。特典航空券への道は遠いですが、普段の生活でいつの間にかマイルが貯まっていたらいいなと思っています。

キャンペーンを利用するとどんどんポイントが貯まります。楽天カード

楽天カード

楽天カードを作ったきっかけは、ちょうど楽天市場でほしい商品を検索中、「エントリー&新規入会&利用でもれなく10,000ポイントプレゼント!」のキャンペーン広告を見たことです。オンラインで申し込みをし、当時ほしかった商品をキャンペーンのキャッシュバックポイントを利用して購入しました。

「楽天市場でのお買い物はいつでもポイント2倍」のため、それからは、インターネットでの買い物は出来るだけ楽天市場で見つけるようにし、ポイントを集中して貯めています。また「街のポイント加盟店ならポイント3倍」や、楽天スーパーポイント倍付けのキャンペーンなども定期的に開催されるので、キャンペーンはまめにチェックしエントリーしています。

貯まった楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として使えるので、楽天市場でのお買い物の際に還元して使うことでお得に利用しています。

以前は他の大手のクレジットカードを利用していたこともあるのですが、ポイント交換はある程度まとまったら景品に交換というスタイルでしたので、この楽天カードはポイントを無駄に失効することもなく有効に還元出来ています。

通常の街のショッピングで利用時でもお得にポイントがたまる「おトクなキャンペーン」実施中の際は楽天グループ以外のお店でも利用しています。このようにキャンペーンをチェックしエントリー後お買い物することでポイント還元率もアップしてお得です。

ただ期間限定ポイント等もあるので、有効期限をチェックしながらたびたび楽天グループ等でポイントを使用しないと、スーパーポイントが失効してしまうこともあるので、時々やむを得ずポイントが無駄になってしますこともあるところが私にとっては唯一のマイナスポイントです。しかし、還元率に関しては本当に満足しています。

レビューを全部読む(44件)

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天カード一覧

楽天カード

楽天カード いつでもどこでも楽天スーパーポイントが貯まる 楽天カード。楽天市場での獲得ポイントが『いつでも通常の4倍』入会金・年会費、永年無料です。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
申込資格/入会資格
楽天PINKカード(楽天ピンクカード)

楽天PINKカード(楽天ピンクカード) 女性向け楽天カード、その名も楽天PINKカード!ショッピング面でのサービスが普通の楽天カードよりも充実しており、小額で女性向けの保険に加入できたりと女性のライフスタイルを充実させるための特典が山ほど盛り込んであります。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
申込資格/入会資格
楽天会員登録している満18歳以上で安定した収入のある方および学生の方(高校生は除く)
楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード 楽天市場でいつでもポイント5倍でお買い物ができる楽天ゴールドカード。国内空港ラウンジも無料で利用できます。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
2,000円+税
申込資格/入会資格
原則として20歳以上の安定収入のある方
楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード 楽天プレミアムカード 海外空港ラウンジが利用できるプライオリティパス付カード、さらに海外トラベルデスクと海外旅行保険で旅をサポート。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
本会員10,000円+税、家族会員1名につき5,000円+税
申込資格/入会資格
楽天会員かつ、原則として20歳以上の安定収入のある方
楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード 楽天カードにANAマイレージクラブ機能が付いた楽天ANAマイレージクラブカード!楽天市場での利用でポイントが加算されてお得になる特典や、ポイントではなくANAマイルが貯まる仕組みに切り替えることもできるので、提携カードならではの利便性を持っています。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
500円+税 (前年に一回でもカードを利用すれば翌年年会費無料)
申込資格/入会資格
楽天会員登録している満18歳以上で安定した収入のある方および学生の方(高校生は除く)
楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード 楽天ビジネスカードは経費の決済に使えば100円で1ポイント貯まります。楽天プレミアムカードと紐付けして利用するカードなので、まずは楽天プレミアムにお申し込みください。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
2,000円+税
申込資格/入会資格
20歳以上で安定した収入のある法人代表者様(会社登記上、代表権を有する方)、及び個人事業主の方

特徴・機能別クレジットカード