エポスカードは丸井で年4回のセール期間は10%割引!海外旅行保険も自動付帯

エポスカードはマルイはもちろん、Visaマークのあるお店で使える便利なクレジットカード。

エポスカードは、「赤いカード」として長年、幅広い層に親しまれてきました。とくに若い人からの支持は高く、今でも「生まれて初めて作ったクレジットカードはエポス」という女性はたくさんいます。

カード会員数は688万人(前年比31%増)。うち209万人がゴールドカード、7万人がプラチナカードを保有しています。プレミアムカード保有率は31.3%にのぼります。(2019年3月現在)

お申し込みはこちら

年4回の優待期間に10%オフ

エポスカードの魅力は、何といっても、マルイでの割引率の高さ。年4回の優待期間に10%オフで買い物ができます。優待期間は春・夏・秋・冬の各シーズンにあるので、季節のファッションアイテムをいちはやく取り入れることができます。マルイの通販サイト「マルイウェブチャンネル」でも、優待期間中は10%オフです。

割引だけではない!ポイントも充実

エポスカードの魅力は、割引だけではありません。ポイントもしっかりつきます。マルイでの買い物なら200円につき1ポイントつきます。エポスポイントの価値は、1ポイント1円ではありません。マルイで買い物するときには、1ポイントあたり1円として使えます。とてもお得なポイント制度です。

エポスカードのお申し込みはこちら

エポスカードは無印良品週間に奇跡の20%オフが起こるクレジットカードです。

会員限定セールで10%オフ

10代~30代向けのファッションビルとして人気の高い「マルイ」。

そのマルイの買い物をとことん楽しむのに欠かせないのが、マルイが発行するクレジットカード「エポスカード」です。

エポスカードは、マルイでの割引やポイントなどのサービスがとことん充実。年会費無料とは思えない特典の数々で、若い女性から圧倒的な支持を得ています。

マルコとマルオの7日間

エポスカードの会員が最もありがたみを実感できるのが、年4回(春・夏・秋・冬)開催される会員限定のセール。「マルコとマルオの7日間」と呼ばれ、7日間の期間中、マルイをでの買物が10%オフ。

「マルコとマルオの7日間」は、毎年3月、5月、9月、11月頃の開催です。全国のマルイ30店舗で、エポスカード会員だけが割引を受けられます。

カード会員以外も割引対象となる1月と7月の「スパークリングセール」も合わせると、年間を通じてセールを楽しめます。欲しいと思ったら待たずに割引価格で購入できるのが、エポスカードの魅力なのです。

ネット通販でも割引

カード会員向けセール「マルコとマルオの7日間」は、マルイの通販サイトや、マルイが展開する靴や時計などの各専門店も、セールの対象です。マルイの店舗と同じ10%オフでほぼ全商品が購入できます。

とくにオススメなのが、マルイの通販サイト「マルイウェブチャネル」です。

マルイウェブチャネルは、ネットでマルイの商品が購入できるサイトで、品ぞろえの多さが魅力。「店頭で売り切れになっていても在庫を探せる」「セールで混んでいるときに店舗に行かずに済む」と好評です。メンズ商品も充実しています。

エポスカード

マルイでどっさりポイント獲得

還元率1%、洋服が安く買える!

エポスカードを使ってマルイで買い物をすると、驚くようなスピードでポイント(エポスポイント)が貯まります。ポイント還元率は1%で、平均的なクレジットカードの2倍です。

1ポイントが1円の価値!

エポスカードは、マルイで買い物をするとポイントがたっぷりもらえます。1回払いの場合、200円の買い物で2ポイントが獲得できます。エポスカードで貯めたポイントは、1ポイント=1円として、マルイでの買い物に使えます。

たとえば、マルイで5万円の洋服を買うと、500ポイントがもらえます。500ポイントは、次の買い物で500円として使うことができます。

リボ払いにすると、ポイント還元はさらにお得です。マルイでの買い物200円につき3ポイントが獲得できます。1回払いで買い物をした後で、リボ払いに変更もできます。

ポイント還元率は1%

マルイでのエポスカードの還元率は、1回払いは1%、リボ払いなら1.5%です。クレジットカードの還元率の平均は0.5%なので、その2倍~3倍です。

現金払いでもポイント!

エポスカードは、現金払いでもポイントがつきます。レジでカードを提示するだけで、200円あたり1ポイントを獲得できます。ドラッグストアのポイントカードのような気軽な感覚で使えるのです。

現金払いでも特典がつくクレジットカードは、ファッションビル系カードでは珍しいです。たとえば、ルミネの「ルミネカード」やパルコの「パルコカード」の場合は、現金払いのときは割引などの特典はありません。

エポスカード

楽天Edyのチャージ&利用でポイント獲得

楽天Edyには最適のクレジットカード

エポスカードは、日本最大の電子マネー「楽天Edy」をお得に利用できるクレジットカードです。エポスカードは、楽天Edyへチャージ(入金)でも、楽天Edyでの買い物でも、両方ポイント(エポスポイント)が付くのです。楽天Edyのチャージと利用の双方でポイントがもらえるカードは珍しいです。

楽天Edyで2回ポイントが貯まる!

楽天Edyは、コンビニエンスストアなど全国で約60万か所以上のお店で使える日本最大の電子マネーです。プリペイド式なので、事前にクレジットカードなどでチャージをしておく必要があります。エポスカードの会員なら、携帯電話の「おサイフケータイ」を利用することで、楽天Edyにチャージできます。

ポイントがダブルで貯まる

エポスカードで楽天Edyを使うと、ポイントが貯まるチャンスは2回。1回目は、カードから電子マネーにチャージをしたときで、チャージ金額1,000円につき5エポスポイントが付与されます。さらに、Edyを使ったときにも、月間の利用額200円につき1エポスポイントがもらえます。

今どき貴重なカード

現在、楽天Edyへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードはたいへん少ないです。

アメックス、オリコ、三井住友カードなど、Edyに対応しているカードは20社以上ありますが、そのほとんどが、楽天Edyへのチャージでポイントが付きません。

以前は、楽天Edyでポイントがもらえるカードがたくさんありましたが、2007年以降、クレジットカード各社のサービスの改悪が相次ぎ、今では楽天Edyのチャージはポイント対象外のカードが大半です。たとえば、セゾンカードと三井住友カードは、それぞれ2008年から楽天Edyへのチャージの際のポイント付与サービスを終了しました。

楽天Edyをよく使う方には、エポスカードが絶対オススメです。コンビニエンスストアやドラッグストアなど楽天Edyが使えるところでは、少額の買い物でも現金を使わず、エポスカードに紐付けたおサイフケータイで支払うようにすれば、エポスポイントが効率良く貯まります。

<Edyの「チャージ時」「利用時」のポイントの付与>
  チャージ時 利用時
エポスカード
セゾンカード × ×
三井住友カード × ×
オリコカード × ×

Edyチャージでポイントが付くクレジットカード (クレジットカードDBまとめ)

エポスカード

ポイントたっぷりのリボ払い

後からリボへの変更もカンタン

マルイのエポスカードは、リボ払いにすると1回払いよりもポイントがたっぷりもらえます。

マルイでリボ払いなら

リボ払いとは、毎月の支払額をあらかじめ設定しておき、月々に一定金額を返済していく方法です。ある月にカードを使いすぎてしまった場合でも、設定した金額以上は翌月以降に持ち越しです。リボ払いは、毎月の返済負担額が安定するメリットがあります。

エポスカードを使ってマルイで買い物をしたとき、1回払いならもらえるポイントは200円で2ポイント。これが、リボ払いにすると200円につき3ポイント付与されます。リボ払いでの還元率は1.5%で、通常のクレジットカードのポイント還元率(0.5%程度)の3倍です。

ただし、ポイントがプラスされるのは、リボ払いの返済回数が3回以上になるときです。2回払いはポイントアップの対象にはなりません。

マルイ以外でのリボ払いも有利

マルイ以外のお店でカードを使った場合も、リボ払いならポイントアップ。リボ払いなら200円につき2ポイント付与され、1回払いの2倍のポイントが貯まります。

後からリボ払いに変更も

エポスカードは、精算時に「1回払いで」と指定したあとでも、リボ払いに変更ができます。手続きは、電話やネットで簡単にできます。利用明細書が届いたあとでも、変更可能です。「今月はお金がないので支払額を少なくしたい」という場合など、思い立ったときにすぐ変更できるので便利です。

後からリボ払いに変更するサービスは、とくに海外旅行の際に重宝します。エポスカードを海外で利用したときは、一回払いしか指定できません。しかし、帰国後にリボ払いに変更できるので、海外での買い物がかさんだときでも安心です。

リボ払いは賢く利用

リボ払いは、年率15%の金利がかかります。リボ払いを上手に活用するには、負担する手数料の額を抑えることが大切です。余裕ができたときに繰り上げ返済をするなどして、金利手数料の負担を抑えるように心がけましょう。

エポスカード

楽天、ヤフーでポイント2重取り

楽天、ヤフーで高還元率

エポスカードでポイントが貯まりやすいのは、マルイの店頭だけではありません。ネットショッピングでもポイントをたっぷり獲得できます。

マルイ楽天市場店

マルイは、自社のネット通販サイトとは別に、楽天市場でも独自のショップを運営しています。その名は「マルイ楽天市場店」。マルイのような大手の小売業者が楽天に出店しているのは、とても珍しいケースです。これは、2010年にマルイと楽天が業務提携をしたことで実現しました。

マルイ楽天市場店の魅力は、エポスカードで支払ったときに、エポスと楽天のポイントが2重にもらえることです。エポスポイントは0.5%、楽天スーパーポイントは1%の高還元率でポイントが獲得でき、あわせて1.5%の高還元率となります。

「たまるマーケット」でポイントアップ

エポスカードでは、ポイントアップサイト「たまるマーケット」を運営しています。「たまるマーケット」を経由して各オンライン通販サイトにアクセスし買い物をすると、エポスポイントが通常の2~39倍付与されます。

たまるマーケットには、Yahoo!ショッピング、ファンケル、ベルメゾンなど、主要なサイトが多数名を連ねています。Yahoo!ショッピングの場合、「たまるマーケット」を経由すると、エポスポイントが3倍付与されます。たとえば、5,000円の買い物なら、3倍の75ポイントが付与されます。エポスの75ポイントは75円の価値があります。

また、同時にショップ独自のポイントももらえるので、ここでもポイントが2重取りできます。

たまるマーケットには、450店以上のショップが集まっています。有名店舗も数多く参加しているので、ネットショッピングをするなら、まず「たまるマーケット」にアクセスし、そこから各ショップに行くのが断然お得です。

エポスカードのたまるマーケットでポイントアップ!

エポスカード

無料なのに海外旅行保険つき

年会費無料なのに旅行保険が自動付帯

エポスカードは、年会費無料でありながら、充実した海外旅行保険が自動的に付いてきます。海外旅行の際のさまざまなサポートも充実しています。海外旅行好きの方にオススメです。

充実した海外旅行保険

エポスカードの会員になると、海外旅行保険に自動的に加入できます。海外旅行保険の補償内容は、傷害死亡・後遺障害が500万円、傷害治療費用が最高200万円。海外で万一のことがあったときの備えです。

年会費無料で「自動付帯」の海外保険がつくのは珍しいです。自動付帯とは、航空チケットなどの旅行代金をそのカードで支払わなくても保険に加入できることです。

たとえば、セディナカードやJCB LINDAカードには海外旅行保険が付きません。楽天カードの場合は、海外旅行保険は付きますが、自動付帯ではなく、旅行代金のカード払いが条件となる「利用付帯」です。

<年会費無料のクレジットカードの海外旅行保険の有無>
  海外旅行保険
エポスカード 自動付帯
セゾンカード なし
セディナカード なし
オリコカード Upty なし
楽天カード 利用付帯

海外旅行サポートも充実

エポスカードは、海外旅行に役立つサービスが充実しています。その一つが、「海外サポート東京デスク」。海外サポート東京デスクは、旅行の際のホテルの予約、スポーツ観戦のチケットの手配を代行してくれるサービスです。

「欧州でサッカーの試合が見たい」「アメリカで大リーグを観戦したい」などの要望に対応してくれます。

旅行先でのサポートもあります。海外旅行中に、レストランやコンサートを予約したい場合や、パスポートの紛失、盗難などトラブルが発生したときに、日本語でサポートを受けられる現地デスクがあります。また、現地デスクの定休日や営業時間外に事故やトラブルが発生したときは、「海外緊急デスク」が24時間、通話料無料で対応してくれます。

どこでも使えるカード

エポスカードは、国際ブランドであるVisaがついています。Visaは、Mastercardと並ぶ世界の2大ブランドです。加盟店の数も圧倒的に多く、海外でもほとんどのお店で使えます。

エポスカード

審査が超カンタン

マルイ店頭なら即日発行、「初のカード」に最適

エポスカードは、女子大生や20代のオフィスワーカーなど若い女性に人気が高いカードです。その理由の一つは審査が簡単だから。「審査に通るか不安」な方でも、エポスカードを申請したら、すんなり通るケースはよくあります。クレジットカードを作ったことがない方でも、エポスカードなら自信を持って申請していいでしょう。

審査が簡単

原則18歳以上(高校生は除く)なら申請でき、大学生でも十分に入会可能です。専業主婦やアルバイトの方も入会できます。

「生まれて初めてのクレジットカードは、エポスカードだった」という女性は少なくありません。また「ほかのクレジットカードの審査に落ちたけど、エポスカードは通った」という人も多いです。

ただし、過去にカードの支払いが遅れたことがある方や、複数の借入がある方は、審査が通らないことがあります。

店頭申し込みで即日発行

エポスカードのもう一つの魅力は、カードの「即日発行」です。エポスカードは審査がスピーディなことで知られており、マルイの店頭で申し込むと、約30分の超スピードで発行されます。エポスカードの公式ホームページでも、「約30分でカード発行」をうたっています。

発行されたカードはもちろんその日から利用可能。「今すぐカードで買い物がしたい」方に便利です。

クレジットカードの中には、申し込みをしてからカードが届くまで1か月近くかかるカードもあります。その間「審査に落ちたのだろうか」と不安になりますし、すぐにカードが必要な方には不便です。「すぐにクレジットカードがカードが欲しい」方は、ぜひマルイに足を運び、エポスカードを申請しましょう。

また、ネットからの申し込みで2,000円相当のプレゼントがあります。郵送で受け取る場合は2,000円相当のエポスポイントを、マルイ店舗で受け取る場合はマルイ店舗で使える2,000円分のお買い物クーポンがもらえます。

エポスカード

クレジットカードの元祖だから…

多彩なデザインでさらに飛躍

若い人に絶大な支持を得ているマルイのエポスカードですが、その歴史は古く、実は日本で最も古いクレジットカードなのです。

【終了】デザインカード

2018年3月30日(金) エポスデザインカードの新規申し込み・再発行の受付が終了。

長年、「赤いカード」として親しまれてきたマルイのカードですが、現在、エポスカードには赤と白の2種類があります。さらに、オプションサービス「エポスデザインカード」あり、74種類から好きなデザインを選ぶことができます。

エポスデザインカードは、発行料500円です。カードフェイスになる74種類のデザインは、どれも国内・海外の一流デザイナーが手がけているだけあって、魅力あふれる絵柄ばかり。これだけ多くの種類からカードのデザインを選べるのはエポスカードだけです。

エポスカード

クレジットカードの元祖

マルイ(丸井)は、日本で最初に「クレジットカード」を発行した会社です。1960年、分割払いができる自社のカードに「クレジット」という名前をつけ、会員向けに発行を始めたのが、日本におけるクレジットカードの原点です。

それ以来、マルイのクレジットカードは「マルイの赤いカード」として、時代を超えて若い人たちに親しまれてきました。

マルイは、クレジットカードを常に会社の中核事業と位置付け、力を入れてきました。エポスカードのサービス内容や特典が充実しているのは、マルイの「元祖」としての意地が反映されているからです。

エポスカード

エポスカードは1ポイントが5円!

有効期限は実質4年

エポスカードは、ポイントが貯まりやすいだけでなく、ポイントの使い勝手についても、会員の満足度が高いことで知られています。

マルイで使う

エポスカードで貯めたポイントは、やはり、マルイで使うのが最もお得です。エポスポイントは、1ポイント=1円として、マルイの買い物代金に充てることができます。

ポイントの使い方は簡単です。500ポイント以上貯まったら、マルイでの買い物の精算時に「ポイントを使います」と伝えるだけ。マルイのオンラインサイト「マルイウェブチャネル」や通販カタログでの支払いでも、ポイントが使えます。

マルイ以外でも使える

エポスポイントは、マルイ以外でも使えます。ポイント交換の対象は、全国の百貨店やスーパーで利用できる「全国共通ギフト券」や、コンビニエンスストアで使える「クオ・カード」などです。また、ANAの航空マイルやドコモ、auのポイントへも移行できます。

有効期限の延長ができる

エポスポイントの基本的な有効期限は、ポイント加算日から2年間です。しかし、3か月以内に期限切れになるポイントは「有効期限延長」の申し込みができます。申し込みをすると有効期限は2年間延長できるので、実質的には4年が期限です。

クレジットカードの有効期限の平均は1年~2年間です。たとえば、タカシマヤカードは1年、JCBカードは2年です。エポスポイントは有効期限が長いので、より実用的です。

エポスカード

格安の会費でゴージャスな特典~ゴールドカード

「初のゴールド」に最適

エポスカードでクレジットカードデビューを果たした若い女性たちが、カード生活に慣れてきたころ、ぜひ考えたいのが、エポスのゴールドカードです。エポスゴールドカードは、年会費が5,000円(税別)と、ゴールドカードとしては格安。ところが、そのサービスの中身は、高級ゴールド顔負けです。20代でもスムーズに入会できるので、「初めてのゴールドカード」としてもオススメです。

 

年会費が安いのに豪華

一般的なゴールドカードの年会費は、平均1万円~3万円程度かかります。たとえば、アメックスのゴールドカードは2万9,000円(税別)、三井住友カード ゴールドは1万円(税別)です。

ところが、エポスゴールドカードは、年会費5,000円(税別)と、通常のゴールドカードの半分以下。しかも、他のゴールドカードに劣らないサービスを受けられます。利用可能枠の増額、空港ラウンジの無料利用、ホテルやレストランの優待など、エポスゴールドカードの特典はさまざま。バランスのとれたステータスカードです。

ボーナスポイント

エポスゴールドカードの魅力の一つが、ボーナスポイントがもらえることです。ゴールド会員になると、年間の利用金額に応じてボーナスポイントが付与されます。

年間利用額50万円以上で2,500ポイント、100万円以上で10,000ポイントが加算されます。エポスカードでは、1ポイント=1円なので、2,500ポイントは、2,500円相当になります。通常のポイントと加えると、かなりお得です。

たとえば、マルイで50万円の商品をカードで使った場合、獲得できるポイントは、ボーナスを合わせると7,500ポイントとなり、7,500円分の割引を受けることができます。

利用可能額がアップ

エポスゴールドカード会員になると、利用限度額がアップするのも大きなメリットです。エポスゴールドカードの利用状況によって、利用限度額が最高300万円まで上がる可能性があります。三井住友カード ゴールドやセディナゴールドカードの場合、限度額は最大で200万円です。カードの利用枠を重視する方にとって、エポスゴールドカードはとても魅力的です。

三井住友カード ゴールド 利用枠50万~200万

セディナゴールドカード 利用可能枠10万~200万円

エポスカード直撃インタビュー

エポスカードはマルイはもちろん、Visaマークのあるお店で使える便利なクレジットカード。

お申し込みはこちら

エポスカード EPOS CARD ユーザーレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

エポスカード EPOS CARD一覧

エポスカード

エポスカード 年会費永年無料のエポスカードは、丸井でのお買い物が大変お得になるカードです。マルイでのクレジット利用時10%優待(入会1ヶ月間)など、さまざまな特典を備えています。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
申込資格/入会資格
18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
エポスゴールドカード

エポスゴールドカード エポスゴールドカードは、有効期限のない永久ポイントや年間の利用金額に応じたボーナスポイントをはじめ、国内外の空港ラウンジが無料で利用でき、ゴールドカード専用のレストラン・ホテルの優待など、プレミアムなサービスを付加したワンランク上の特別なカードです。

  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
5,000円+税(年間ご利用金額50万円以上で翌年以降永年無料、インビテーションご郵送のかたは永年無料)
申込資格/入会資格
満20歳以上の方(学生を除く安定収入のある方)
エポスプラチナカード

エポスプラチナカード エポスプラチナカードは、使えば使うほどお得!誕生月ボーナスポイント2倍!期限なしでポイントがどんどん貯まる!空港ラウンジ無料で使い放題!旅行傷害保険も充実

  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
30,000円(年間ご利用金額100万円以上またはインビテーションからのご入会で翌年以降2万円)
申込資格/入会資格

特徴・機能別クレジットカード

  • スピード発行のクレジットカード。お急ぎの方へ!最短即日発行のカードも
  • 高還元率!お得なカードはこれだ!