24時間営業で立ち寄りやすいコンビニエンスストア。数百円の商品でも毎日のように買い続けていれば、1年間で見るとかなりの額を使っていますね。

1回の金額は少ないからと現金で支払う方も多いと思いますが、現金払いではポイントがもらえません。ここはやはり現金払いを卒業し、クレジットカードを活用したいところです。

そこで今回は、「セブン-イレブンでもっともお得な支払い方法は何か?」にスポットをあてました。

セブン-イレブンで使える決済方法は?

セブン-イレブンで利用できるクレジットカードの海外ブランドはJCB、Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブです。

支払い回数は1回払いのみの受付で、1万円以下の会計はサインが不要、スムーズに会計ができます。

またセブン-イレブンでは、クレジットカード以外にもスマホのQRコード決済や電子マネーなどが利用できます。

セブン-イレブンでできる支払方法

nanacoで払うよりもオトクな方法がある?

セブン-イレブンといえば、電子マネーnanacoを思い浮かべますね。

電子マネー「nanaco」の利用で貯まるポイントは200円=1ポイント。つまりnanacoの還元率は0.5%です。(2019年7月1日から)

しかし nanacoを使わずに1%以上のポイントをもらえる方法もあるので、そちらを選んだほうがお得です。

またnanacoの使い方を一工夫するだけで、還元率が上がります。セブン-イレブンの常連さんは必見ですよ。

まずはキャッシュレス・ポイント還元事業により2%還元

2019年10月1日から始まったキャッシュレス・ポイント還元事業により、対象のコンビニエンスストアでキャッシュレス決済をすると、2%分の即時充当(即時値引)が受けられます。

対象店舗か否かは経済産業省の特設ページやスマホ用の「ポイント還元対象店舗検索アプリ」で確認できます。

実際に購入するお店にポスターやステッカーなどが掲示されていますので、そちらで確認するのが確実です。

制度については以下の記事で説明しましたので、ここで詳しい説明は割愛いたします。

セブン-イレブンはJCBカード優待店⇒最大7%還元

JCBカードの基本ポイント還元率は0.5%ですが、セブン-イレブンは、JCBカードの優待店なので、ポイントが多く貯まります(一部対象外店舗あり)。

JCB ORIGINALシリーズのJCB CARD W または JCB CARD W plus L で支払うと、いつでもセブン-イレブンでポイント2%還元です。

JCBは2019年12月31日までの期間限定キャンペーンも実施しています。キャンペーン参加登録後のカード利用で、ポイントが合計10倍(ポイント還元率5%)貯まります。

クイックペイ(Apple PayやGoogle Payを含む)での支払いも対象です。

ポイント5%還元対象は下記のカードです。
(通常はセブン-イレブンでのポイント還元率は1.5%)

  • JCB CARD W/JCB CARD W plus L
  • JCB一般カード
  • JCBゴールド
  • JCBプラチナ

JCBカード

JCB CARD W / JCB CARD W plus L

手間をかけずにコンビニで2.5%還元のクレジットカード⇒4.5%

三井住友カードセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで、三井住友カードの対象カードで支払うと、ポイントが通常の5倍(ポイント還元率2.5%)になります。

通常のクレジットカード決済のほか、Visaのタッチ決済やiD支払いもポイント加算の対象となります。

キャッシュレス・ポイント還元の2%と、三井住友カードの2.5%分のポイントを合わせると、2%割引き+2.5%分=4.5%還元です。


 
 三井住友カード

セブン-イレブンでANAカード決済するとポイントと同時にマイルもらえる!⇒3.5%

ANAカードをお持ちの方は、セブン-イレブンでANAカード決済をするとクレジットポイントとは別に200円ごとに1マイルがもらえます。

ANAカードには「ANAカードマイルプラス」というサービスがあり、ANAカードマイルプラス対象加盟店でANAカードを使ってお買い物をすると、クレジットでもらえるポイントとは別にマイルが加算されます。

ポイントとマイルが同時に貯まるので、ダブルでお得です。

セブン-イレブンはANAカードマイルプラス対象店です。クレジット決済200円ごとに1マイル貯まります。

つまり1,000円分の買い物をANAカードで決済すれば、1,000円でクレジットマイルが10マイル(ANAカードの10マイルコースを選んでいた場合)、更にANAカードマイルプラスのマイルが5マイル加算され、合計で15マイルもらえる計算。

この場合、還元率は1.5%ですね。

マイルを貯めるというゴール設定している場合は、はじめからマイルを貯めることにフォーカスした方がいいです。1ポイントの価値より1マイルの価値の方が勝るからです。

ANAマイラーの方、またANAカードをお持ちの方は、セブン-イレブンでの買い物でマイルが加算されることを覚えておいてくださいね。

セブン-イレブンとヨーカドーはANAマイル陣営

ちなみにセブン-イレブンで貯まるnanacoポイントは、「ANAマイレージ」との相互交換もできます。

以下が交換レートです。

ANA10,000マイル→nanaco 10,000ポイント
nanaco500ポイント→ANA 250マイル
nanaco500ポイント→400 ANA SKYコイン

マイルからnanacoに変えるのは少しもったいないですね。

マイルはマイルで使う。nanaco は nanaco で使うのがベストですが、この相互交換システムはいざというときには重宝しそうです。

キャッシュレス・ポイント還元の2%と、ANAカードの1.5%分のマイルを合わせると、2%割引+1.5%マイルです。

ビックカメラSuicaならSuicaチャージで1.5%還元!他コンビニでも使えるSuica払い!⇒3.5%

セブン-イレブンはもちろんのこと、コンビニエンスストア全般の決済に相性がいいのはSuicaが搭載されたビューカード、「ビックカメラSuicaカード」です。

北海道から九州まで全国のセブン-イレブン店舗でSuicaが使えます。

セブン-イレブンでポイント還元率を1.5%にするには、ビックカメラSuicaに付いている 電子マネーSuica を使って決済します。

ビックカメラSuicaはSuicaへのチャージでJRE POINTが3倍になります。

通常カード決済で1,000円=5ポイント付与のところ、Suicaにチャージすると1,000円=15ポイントにアップします。

金額にして15円相当、つまり還元率は1.5%です!まずコンビニで決済する前にビックカメラSuicaでSuicaにクレジットチャージをしてから、Suicaで支払います。

nanacoよりもお得な方法です。

この方法は、セブン-イレブンだけでなく、電子マネーSuica決済ができるお店ならどこでも使えます。

またビックカメラSuicaは、定期券やきっぷの購入でもポイント3倍です。

貯まったポイント(JRE POINT)は1ポイント1円単位でSuicaにチャージできます。

駅構内やコンビニで現金代わりに使えるので、ポイントの使い道も自由度が高いです。

おまけにビックカメラのポイントカードとしても機能するので、JRE POINTと同時にビックポイントが貯まります。

通常のショッピング利用では1,000円=5ポイント付与の0.5%還元ですが、クレジット利用ではなくSuicaチャージで利用するとかなりの高還元率に。

なお年会費は477円(税別)ですが、年に一回でもクレジットカード機能を利用すれば、次年度年会費が無料。
※ビューサンクスポイントは、2018年6月28日にJR東日本グループ共通ポイント「JRE POINT」として生まれ変わりました。

キャッシュレス・ポイント還元の2%と、ビューカードのSuicaチャージのポイントの1.5%分を合わせると、2%割引+1.5%分のポイントになります。

 ビックカメラSuicaカード

200円利用で2ポイントもらえるセブンカード・プラス⇒3%

株式会社セブン・カードサービスが発行するクレジットカード「セブンカード・プラス」。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループのお店で利用するとポイントがアップします。

どちらもnanacoポイントを貯めて、貯めたポイントはnanacoに替えて nanaco加盟店で現金の代わりに使えます。

セブン-イレブンでは200円利用につき2ポイントたまりますので、還元率は1%ですね。

セブン&アイグループ以外のお店でセブンカード・プラスを使ってショッピングすると、還元率は0.5%まで下がります。

しかしセブンカード・プラスは、nanacoチャージでポイントが貯まる数少ないクレジットカードです。

またセブンカード・プラスがあると、イトーヨーカドーで毎月8のつく日に5%オフでお買い物ができます。
(ハッピーデー特典はセブンカード・プラスが無くてもnanaco単体でも受けられます)

年会費は500円で、年間のクレジットショッピング支払合計額が5万円以上の場合は、次の年の年会費が無料。

セブンカード・プラスは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイグループのお店で便利で得するクレジットカードです。

セブン&アイグループのお店での買い物はセブン-イレブンでたまに買い物をするくらいの方なら、SuicaにオートチャージできるビックカメラSuicaカードが向いているでしょう(理由は後述します)。

キャッシュレス・ポイント還元の2%と、セブンカード・プラスの1%を合わせると、3%還元です。

 セブンカード・プラス

リクルートカード+QUOカードのnanaco購入で二重取り⇒3%

「QUOカード(クオカード)」は、いろいろな店で現金の代わりに利用できるプリペイドカードです。

セブン-イレブンで1万円券を買うと、180円のプレミアムが付いてきます。

つまり10,000円券は10,180円まで使えるので還元率は1.8%!すでにこの時点でセブンカードよりもビックカメラSuicaよりも還元率が上です。

実はこのQUOカード、nanaco払いで購入できることはご存じですか?

QUOカードを購入する際に、クレジットカードからチャージしたnanacoで支払えば、さらに還元率が上がります。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードからチャージするのです。

▼ nanacoチャージでポイントが付与されるカード 【新規登録可能】 (2020年3月12日現在)
カード名 年会費 還元率
セブンカード・プラス 無料 0.5%


▼ nanacoチャージでポイントが付与されるカード【新規登録不可】 (2020年3月12日現在)
カード名 年会費 還元率
リクルートカード 無料 1.2%
TOKYU CARD ClubQ JMBカード
(Mastercardのみ)
1,000円+税 1%
ファミマTカード 無料 0.5%
(JMB)ローソンPontaVISAカード 無料 0.5%
ライフカード 無料 0.25%


※nanacoクレジットチャージサービスに関する改定

2020年3月12日から事前登録(新規登録)対象カードが「セブンカード」のみとなりました。

【事前登録(新規登録)対象カード】
・セブンカード・プラス【一体型・紐付型】
・セブンカード・プラス(ゴールド)【一体型・紐付型】
・セブンカード
・セブンカード(ゴールド)

すでに上記以外のクレジットカードを登録している場合は、これまで通り継続して利用できます。

店頭やセブン銀行ATMなどでの現金によるnanacoチャージも可能です。



※Yahoo! JAPANカード(JCB)は2018年2月28日(水)より、nanacoチャージ時のポイント付与率が1.0%→0.5%に引き下げになりました。同じタイミングでVisa、Mastercardでもnanacoクレジットチャージが利用できるようになりました。ポイント付与率はJCBと同じです。
※(P-one WIZなど)ポケットカードの電子マネーチャージ利用分の1%OFF特典およびポケット・ポイント特典は2016年11月6日利用分をもって終了しました
※リーダーズカード・漢方スタイルクラブカード・エクストリームカードの新規入会受付は現在停止しています。
※楽天カードは2017年10月31日利用分をもってnanacoチャージでのポイント付与を終了しました。

ほとんどのカードが0.5%~1%付与の中、「リクルートカード」は、nanacoチャージ分に対して1.2%のポイントが付きます。リクルートカードはいつでもどこでも常に還元率が1.2%の高還元率カードなのです。つまりリクルートカードからnanacoにチャージし(+1.2%) 、セブン-イレブンで10,000円のQUOカードをnanacoで購入すると(+1.8%) 、還元率は合計3%まで跳ね上がります。

たたし、QUOカードはキャッシュレス・ポイント還元の対象外の決済方法です。

トータルでQUOカードのプレミアム分1.8%相当と、リクルートカードからのnanacoチャージ分1.2%の計3%がコンビニで受けられる還元率になります。

リクルートカードは常に1.2%還元なので、nanacoチャージだけでなく、メインカードとして利用するのにふさわしいカードです。

日常でもセブン-イレブンでもリクルートカードを活用してみてください。

※リクルートカードは、2018年4月16日(月)よりnanaco等の電子マネーチャージ利用分は、すべての電子マネー利用金額合算で月間30,000円までがポイント加算の対象になりました。合算で30,001円以上の利用分はポイント加算の対象外です。利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。 なおリクルートカードJCBとリクルートカードVisa/Mastercardの2ブランドを持てば、それぞれ月間30,000円+30,000円=60,000円までポイント獲得が可能です

※リクルートカード対象となる電子マネーチャージ【JCBブランド】nanaco(ナナコ)、モバイルSuica【Mastercard(R) / Visaブランド】nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA です。リクルートカードの月間集計期間は毎月16日~翌月15日。

 リクルートカード

セブン-イレブンで一番お得な支払い方法まとめ

以上がセブン-イレブンでのお得な支払い方法です。

三井住友カード 2.5%

クレジットカード一枚で、なおかつセブン-イレブン以外のコンビニでもキャッシュレス・ポイント還元と合わせて4.5%還元になる三井住友カードが一番オトクです。

コンタクトレスのiD決済は、慣れるととっても早くて便利です。

JCBカード 1.5~2%

コンビニ以外でもポイントが貯まりやすいカードが欲しい方には、JCB ORIGINALシリーズのJCB CARD W または JCB CARD W plus L がオススメです。

申込は39歳以下限定ですが、39歳以降も解約しない限りずっと無料で持ちつづけられます。

QUICPayでの支払いも可能で、キャッシュレス・ポイント還元と合わせて4%還元です。

JCB ORIGINALシリーズであれば、セブン-イレブンでのポイント還元は常に1.5%、期間限定キャンペーンにエントリーすれば10倍(ポイント還元率5%)となり、キャッシュレス・ポイント還元と合わせると7%まで還元率が上がります。

ビックカメラSuicaカード 1.5%

ビックカメラSuicaカード は年一回の利用があれば年会費無料。実質年会費無料のカードでSuicaにチャージして、セブン-イレブンもSuicaで決済したいという方は、ビックカメラSuicaカードなら1.5%、キャッシュレス・ポイント還元と合わせて3.5%です。

ANAカード 1.5%(マイル)

なにがなんでもANAマイルを貯めたいと方はマイル還元率1.5%+キャッシュレス・ポイント還元の2%を二重取りのANAカード。

リクルートカード+QUOカード 3%

キャッシュレス・ポイント還元が始まる前は、「リクルートカードからチャージしたnanacoで購入したQUOカード払い」の3%が有力でしたが、QUOカードが還元対象外のため、相対的にお得度は下がりました。

nanacoにチャージしてQUOカードを購入するなど手間暇がかかることも減点ポイントです。

なおリクルートカードJCBとリクルートカードVisa/Mastercardの両方をお持ちならば、それぞれ月間30,000円+30,000円=60,000円までポイント獲得が可能です。

近所にイトーヨーカドーがあり、イトーヨーカドーでよく買い物する方にとって、セブンカードはポイント付与の上限を気にせずnanacoチャージできるオトクなカードですね。

▼ セブン-イレブンでのポイント還元比較表
カード名 セブン-イレブンでの還元率 キャッシュレス・ポイント還元を加味したトータル還元率
三井住友カード 2.5% 4.5%
JCBカード 1.5~2% 3.5~4%
ビックカメラSuicaカード 1.5% 3.5%
ANAカード 1.5%(マイル) 3.5%※1
リクルートカード 1.2%(nanacoチャージ)+1.8%(QUOカードプレミアム) 3.0%※2
セブンカード・プラス 1% 3.0%

※1 便宜上1ポイント1マイルで計算
※2 キャッシュレス・ポイント還元は無し

例外として、スマホ決済やクレジットカードのキャンペーンを上手にやりくりすれば、10%や20%の還元になる場合もあるので、最新情報はチェックしていきましょう。

2013年6月21日 作成
2019年10月20日更新

スマホ決済 7pay(セブンペイ)はサービス終了

2019年7月1日からスマホ決済 7pay(セブンペイ)が満を持して登場しましたが、サービス終了することになりました。

7payについて詳しくはこちらをご覧ください。


信頼と安心の三井住友カード
セキュリティや保険が充実 / コンビニ、マクドナルドなど対象店舗で還元率2.5% / Visaのタッチ決済やiD支払いも使える
今なら初年度年会費無料!もれなくご利用金額の20%最大8,000円プレゼントキャンペーン実施中!


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!