seven-urawaza

24時間営業で立ち寄りやすいコンビニエンスストア。数百円の商品でも毎日のように買い続けていれば、1年間で見るとかなりの額になりますね。小額決済だから…と思って現金で支払う方も多いと思いますが、現金ではポイントがもらえないので、ここはやはり現金払いを卒業し、クレジットカードを活用したいところです。そこで今回は、「セブン-イレブンでもっともお得な支払い方法は何か?」にスポットをあてました。

セブン-イレブンで利用できるクレジットカードの海外ブランドはJCB、Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースです。支払い回数は1回払いのみの受付で、1万円以下の会計はサインが不要なので、スムーズに会計ができます。またセブン-イレブンではクレジットカード以外にも電子マネーが利用できます。

seven-ic

セブン-イレブンといえば、電子マネーnanacoを思い浮かべますね。nanaco の還元率は100円=1ポイント(1%)。しかし nanaco以外で1%以上のポイントをもらえる方法もありますので、そちらを選んだほうがお得です。またnanacoの使い方を一工夫するだけで、驚くほど還元率が向上する裏技も存在します。頻繁にセブン-イレブンで買い物をする方は必見です。

200円利用で3ポイントもらえるセブンカード・プラス

seven-sevencard

株式会社セブン・カードサービスが発行するクレジットカード「セブンカード・プラス」。セブン-イレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループのお店で利用するとポイントがアップします。どちらもnanacoポイントを貯めて、貯めたポイントはnanacoに替えて nanaco加盟店で現金の代わりに使えます。

セブン-イレブンでは200円利用につき3ポイントたまりますので、還元率は1.5%ですね。ビックカメラSuicaと同じ還元率です。ただ、セブン&アイグループ以外のお店でセブンカード・プラスを使ってショッピングすると、還元率は0.5%まで下がります。普段使いは還元率1%以上のをクレカを利用し、セブンやヨーカドーで買い物をする時だけセブンカードを利用するなど「使い分け」をしたいところですね。

セブンカード・プラスがあると、イトーヨーカドーで毎月8のつく日に5%オフでお買い物ができます。年会費は500円で、年間のクレジットショッピング支払合計額が5万円以上の場合は、次の年の年会費が無料。セブンカード・プラスは、セブン-イレブンとヨーカドーでの買い物が多い方ならお財布に入れてほしいカードです。セブン&アイグループのお店にあまり行くことがなく、セブン-イレブンでたまに買い物をする方なら、SuicaにオートチャージできるビックカメラSuicaが向いているでしょう。

 セブンカード・プラス

セブン-イレブンでANAカード決済するとポイントと同時にマイルもらえる!

ANAカードをお持ちの方は、セブン-イレブンでANAカード決済をするとクレジットポイントとは別に200円ごとに1マイルがもらえます。

ANAカードには「ANAカードマイルプラス」というサービスがあり、ANAカードマイルプラス対象加盟店でANAカードを使ってお買い物をすると、クレジットでもらえるポイントとは別にマイルが加算されます。ポイントとマイルが同時に貯まるので、二重でお得です。

セブン-イレブンはANAカードマイルプラス対象店です。クレジット決済200円ごとに1マイル貯まります。つまり、1,000円分のお買い物をANAカードで決済すれば、1,000円でクレジットマイルが10マイル(ANAカードの10マイルコースを選んでいた場合)、更にANAカードマイルプラスのマイルが5マイル加算され、合計で15マイルもらえる計算。この場合、還元率は1.5%になりますね。ANAマイラーの方、またANAカードをお持ちの方は、セブン-イレブンのお買い物でマイルが加算されることを覚えておいてくださいね。

セブン-イレブンとヨーカードーはANAマイル陣営!

ちなみにセブン-イレブンで貯まるnanacoポイントは、「ANAマイレージ」と相互交換することもできます。以下が交換レートです。

ANA10,000マイル→nanaco 10,000ポイント
nanaco500ポイント→ANA 250マイル
nanaco500ポイント→400 ANA SKYコイン

マイルからnanacoに変えるのは少しもったいないですね。マイルはマイルで使う。nanaco は nanaco で使うのがベストですが、この相互交換システムはいざというときには重宝しそうです。

ANAカード お申込みの前に必見!カード比較

ビックカメラSuicaならセブンで1.5%還元!他コンビニでもSuica払い!

seven-suica

セブン-イレブンはもちろんのこと、コンビニ全般の決済に相性がいいのはSuicaが搭載されたビューカード、「ビックカメラSuicaカード」です。北海道から九州まで全国のセブン-イレブン店舗でSuicaが使えます。

セブン-イレブンでポイント還元率を1.5%にするには、ビックカメラSuicaに付いている 電子マネーSuica を使って決済します。ビックカメラSuicaはSuicaへのチャージでJRE POINTが3倍になります。

通常カード決済で1,000円=5ポイント付与のところ、Suicaにチャージすると1,000円=15ポイントにアップします。金額にして15円相当、つまり還元率は1.5%です!まず、コンビニで決済する前にビックカメラSuicaでSuicaにクレジットチャージをしてから、Suicaで支払います。 nanacoよりもお得な方法です。この方法は、セブン-イレブンだけでなく、電子マネーSuica決済ができるお店ならどこでも使えます。

またビックカメラSuicaは、定期券やきっぷの購入でもポイント3倍です。貯まったポイント(JRE POINT)は1ポイント1円単位でSuicaにチャージできます。駅構内やコンビニで現金代わりに使えるので、ポイントの使い道も自由度が高いです。

おまけにビックカメラのポイントカードとしても機能するので、JRE POINTと同時にビックポイントが貯まります。通常のショッピング利用では1,000円=5ポイント付与の0.5%還元ですが、クレジット利用ではなくSuicaチャージで利用するとかなりの高還元率になります。

なお、年会費は477円+税ですが、年に一回でもクレジットカード機能を利用すれば、次年度年会費が無料になります。
※ビューサンクスポイントは、2018年6月28日にJR東日本グループ共通ポイント「JRE POINT」として生まれ変わりました。

 ビックカメラSuicaカード

リクルートカード+nanaco払いが還元率最強3%!

nanaco-saikyou

「QUOカード(クオカード)」は、色々な店で現金の代わりに利用できるプリペイドカードです。セブン-イレブンで1万円券を買うと、180円のプレミアムが付いてきます。つまり10,000円券は10,180円まで使えるので還元率は1.8%!すでにこの時点でセブンカードよりもビックカメラSuicaよりも還元率が上です。

実はこのQUOカード、nanaco払いで購入できることはご存じですか?

QUOカードを購入する際に、クレジットカードからチャージしたnanacoで支払えば、さらに還元率が上がります。nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードからチャージするのです。

▼ nanacoチャージでポイントが貯まるカード
カード名 年会費 還元率
リクルートカード 無料 1.2%※
Yahoo! JAPANカード 無料 0.5%※
ファミマTカード 無料 0.5%
セブンカード・プラス 500円+税(初年度無料)
※年間5万円以上利用で次年度無料
0.5%
Tカードプラス 500円+税(初年度無料)
※年間5万円以上利用で次年度無料
0.5%
(JMB)ローソンPontaVISAカード 無料 0.5%
ライフカード 無料 0.25%
漢方スタイルクラブカード 1,500円+税(初年度無料) 0.25%

※2018年4月16日(月)より、リクルートカードの電子マネーチャージ利用分は、月間30,000円までがポイント加算の対象になります。詳しくは記事下をごらんください。

※Yahoo! JAPANカード(JCB)は2018年2月28日(水)より、nanacoチャージ時のポイント付与率が1.0%→0.5%に引き下げになりました。同じタイミングでVisa、Mastercardでもnanacoクレジットチャージが利用できるようになりました。ポイント付与率はJCBと同じです。
※(P-one WIZなど)ポケットカードの電子マネーチャージ利用分の1%OFF特典およびポケット・ポイント特典は2016年11月6日利用分をもって終了しました
※リーダーズカード・漢方スタイルクラブカード・エクストリームカードの新規入会受付は現在停止しています。
※楽天カードは2017年10月31日利用分をもってnanacoチャージでのポイント付与を終了しました。

ほとんどのカードが0.5%~1%付与の中、「リクルートカード」は、nanacoチャージ分に対して1.2%のポイントが付きます。リクルートカードはいつでもどこでも常に還元率が1.2%の高還元率カードなのです。つまりリクルートカードからnanacoにチャージし(+1.2%) 、セブン-イレブンで10,000円のQUOカードをnanacoで購入すると(+1.8%) 、還元率は合計3%まで跳ね上がります。

リクルートカードは常に1.2%還元なので、nanacoチャージだけでなく、メインカードとして利用するのにふさわしいカードです。日常でもセブン-イレブンでもリクルートカードを活用することをおすすめします。

 リクルートカード

結局セブン-イレブンで一番お得な支払い方法は?

以上がセブン-イレブンでのお得な支払い方法です。還元率的に見れば、「リクルートカードからチャージしたnanacoで購入したQUOカード払い」の3%が最強ですね。

「実質年会費無料のカードで買い物をして、セブン-イレブンでポイントもらいたい!」方は、ビックカメラSuica かセブンカードが1.5%です。ビックカメラSuica は年一回の利用があれば年会費無料。近所にイトーヨーカドーがある方で、年間5万円以上カードを利用して年会費を無料にできる方なら、セブンカードもよいでしょう。

※2018年4月16日(月)より、リクルートカードによるnanacoなどの電子マネーチャージ利用分は、家族カードを含む利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象になります。 合算で30,001円以上の利用分はポイント加算の対象外です。利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

対象となる電子マネーチャージ
【JCBブランド】nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

リクルートカードの月間集計期間は毎月16日~翌月15日。2018年4月15日(日)以前の電子マネーチャージ利用分も、2018年4月16日(月)以降に売上データがカード会社へ到着した場合、上記の対象です。

なおリクルートカードJCBとリクルートカードVisa/Mastercardの両方をお持ちならば、それぞれ月間30,000円+30,000円=60,000円までポイント獲得が可能です。

2013年6月21日 作成
2018年7月9日更新


リクルートカード
「リクルートカード」は年会費無料カードで業界最高水準の還元率1.2% / nanacoチャージでも Edy チャージでも 1.2%還元 / 「じゃらん」の旅行代にポイントが使える / 100ポイント単位でPontaポイントに交換可能! / Pontaポイントとの相互交換開始でPontaポイント貯める最有力カードに浮上!

ポイントのお得な貯め方・使い方

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!