ラスベガスで開催されたコンシューマーエレクトロニクス関連の展示会「CES 2018」で発表された「ロック付きクレジットカード」。実用化は近い。

バッテリー内蔵で、これまでの静的なプラスチックカードより、安全・安心な仕組みが実現できる。決済に利用するときだけ電源をオンにして、使わないときはオフにする。そんな使い方をする。紛失・盗難時など手を離れたときの悪用を防ぐ。

三井住友カードが発表したMAMOLEAD(マモリード)は、世界初のロック機能付きクレジットカード。本人が任意に設定したパスコードを、カード券面にあるボタンで入力してアクティベートする。パスコードは1~5の組み合わせで、4桁から8桁の番号を設定できる。券面には16桁のカード番号のうち、最初の4桁と最後の4桁のみが印字されている。その間の8桁は液晶表示になっている。

本人しか知らないパスコードを入力してアクティベートしないと、ICチップは停止、磁気情報も消え、カード番号は非表示なので、決済に使うことはできない。カード利用後は、液晶のカード番号が非表示となり安全だ。2018年中に日本で発行するという。

別の取り組みとして、数年前にMasterCardとZwipeが世界初の指紋センサーを搭載した生体認証機能付き非接触決済カードを発表している。発表によれば決済端末側の電源を使うことになっている。カードに電源を内蔵するタイプの方が、全世界にある既設の端末がそのまま使えて有用だ。

一枚に複数のクレジットカードを内蔵し、切り替えて使うことができる「Wallet Card」にも注目したい。ユニバーサルクレジットカードと呼ばれるこの仕組みは、Coin、Swyp、Plastcなど複数のプロジェクトが立ち上がっては立ち消えになった。Wallet Card はどのアーキテクチャを使っているのだろうか。

「Plastc」は資金が枯渇し、2017年12月14日 Edge Mobile Payments が買収、Edge Cardのリリースを進めている。このエッジカードは、複数の支払いカードの情報を1つのダイナミックカードに保存、ユーザーは3つの主要な支払い方法(magstripe、EMVチップ、NFC)に対応している。

いずれも端末側での対応は不要で、既存のインフラが使えるのが利点だ。ただし技術的に実現可能だとしても、製造コストが下がらなければ普及は難しい。すでにメタルカードが発行されているが、製造コストが高くなるため、年会費が高額なカードに限られる。カード発行時のオプションとしてユーザに負担を強いるか、年会費にコストを転嫁するか。カードの製造コストをカード会社が負担する限り、年会費無料カードがこれらのエレクトリックカードを採用することは当分無いと思われる。

厚さ0.76mmのカードに電源が入るテクノロジー

昨年10月Money20/20 USの展示会場のICK社のブースで、電源付きカードのデモを見せていただいた。厚さ0.76mmの中に電源が入るのはテクノロジーの賜物だ。電源があれば実現できることは増える。指紋認証付きカードはもちろんのこと、将来的にはカメラを内蔵して顔認証もすることも可能になるだろう。

プラスチックカードは近いうちになくなると予想していたが、テクノロジーが進化し、カードがデバイスとして機能するようになれば、まだまだ活用の幅は広がりそうだ。
 
 
 
 


今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments


特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード