24時間営業で立ち寄りやすいコンビニエンスストア。数百円の商品でも毎日のように買い続けていれば、1年間で見るとかなりの額を使っていますね。

1回の金額は少ないからと現金で支払う方も多いと思います。しかし現金払いでは、ポイントがもらえません。ここはやはり現金払いを卒業し、クレジットカードを活用したいところです。

そこで今回は「ファミリーマートでもっともお得な支払い方法」をお教えします。

ファミリーマートで使える決済方法は?

ファミリーマートで利用できるクレジットカードの海外ブランドはJCB、Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、UnionPay(銀聯)、DISCOVERです。

支払い回数は1回払いのみの受付で、4千円未満の会計はサインが不要、スムーズに会計ができます。

またファミリーマートでは、クレジットカード以外にもスマホのQRコード決済や電子マネーなどが利用できます。

このページでは、ファミリーマートでお買い物を楽しみながら、賢く1%以上のポイントをもらえる方法も紹介します。

ファミリーマートの常連さんは必見ですよ。

ポイント還元率の高いクレジットカードは?

ファミリーマートでいち早くポイントが貯まる方法を還元率順で紹介します。

Visa LINE Payクレジットカード これ1枚でお得! ⇒ 3.0%

Visa LINE Payクレジットカードは、初年度年会費無料の上、還元率3.0%※の最高にお得な一枚です。

一般的なクレジットカードは0.5%や1%還元が多いなか、かなり高水準であることがわかりますね。

さらにVisa LINE PayクレジットカードはLINE Payだけでなく、PayPayやd払いと連携できます。

ポイントを集約でき、かつ高い還元率でお買い物するにはもってこいの方法ですね!

※)ただしVisa LINE Payクレジットカードは2021年5月より1%還元

三井住友カード 手間をかけずに3大コンビニでポイント5倍 ⇒ 2.5%

三井住友カードセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで、三井住友カードの対象カードで支払うと、ポイントが通常の5倍(ポイント還元率2.5%)です。

通常のクレジットカード決済のほか、Visaのタッチ決済やiD支払いもポイント加算の対象です。

 三井住友カード

リクルートカード+Kyash Cardの合わせ技 ⇒ 2.2%

還元率1%のプリペイドカード Kyash Cardは、レジでのチャージだと一手間がかかる上に還元がつきません。

そこで、クレジットカードからのチャージを強くおススメします。

チャージ用カードは、還元率1.2%のリクルートカードが有力な一枚です。

リクルートカードからKyash Cardへチャージで1.2% + Kyash Cardでの支払い1.0% = 合計2.2%の還元を得られます。

しかもKyashアプリでリンク設定をしておけば、決済の度に残高を確認する必要もなくとても便利です。

ファミマといったらやっぱりファミマTカード! ⇒ 2.0%

ポケットカード株式会社が発行するクレジットカード「ファミマTカード」。

ファミリーマートやイオンや西友をはじめるJCB加盟店のさまざまお店で利用するとポイントがもらえます。

どちらでもTポイントが貯まり、貯めたポイントはTポイント提携先で1ポイント=1円として支払いに使えます。

特にファミリーマートではクレジット払いで200円利用につき4ポイント貯まるので、還元率は2%!

(※JCBの加盟店でファミマTカードを使ってショッピングの場合、還元率は1%)


また現在、「ファミペイ」チャージ用カードとして新規登録できるクレジットカードはこのファミマTカードのみです。

ファミマTカードから「ファミペイ」へチャージすると、チャージ金額の0.5%がボーナスポイントとして還元されます。

ファミマTカードからファミペイへチャージ(0.5%ファミペイボーナス)、店頭でファミペイ決済(ファミペイボーナス0.5%)、同時ポイント連携(0.5%)で、合計1.5%還元です。

還元率でみると、ファミマTカードがオススメです。

 ファミマTカード

ビックカメラSuicaカードならSuicaにチャージしてから使う!他のコンビニでも使える! ⇒ 1.5%

ファミリーマートはもちろんのこと、コンビニエンスストア全般の決済に相性がいいのはSuicaが搭載されたビューカード「ビックカメラSuicaカード」です。

ファミリーマートでポイント還元率を1.5%にするには、ビックカメラSuicaに内蔵している電子マネーSuica かモバイルSuicaを使って決済します。

ビックカメラSuicaカードはSuicaへのチャージでJRE POINTが3倍です。

通常カード決済で1,000円=5ポイント付与のところ、Suicaにチャージすると1,000円=15ポイントにアップします。

金額にして15円相当、つまり還元率は1.5%です!

ビックカメラSuicaカードコンビニで決済する前にビックカメラSuicaカードでSuicaにクレジットチャージをしてから、Suicaで支払います。

この方法はファミリーマートだけでなく、電子マネーSuica決済ができるお店ならどこでも同じです。

またビックカメラSuicaは、定期券やきっぷの購入でもポイント3倍です。

貯まったポイント(JRE POINT)は1ポイント1円単位でSuicaにチャージできます。

Suicaは駅構内やコンビニで現金代わりに使えるので、ポイントの使い道も自由度が高いです。

おまけにビックカメラのポイントカードとしても機能するので、一枚でビックポイントも貯まります。

通常のショッピング利用では1,000円=5ポイント付与ですが、クレジット利用ではなくSuicaチャージで利用するとかなりの高還元率に。

なお年会費は477円(税別)です。ただし年に一回でもクレジットカード機能を利用すれば、次年度年会費が無料になるので年会費無料で持ち続けることができます。

 ビックカメラSuicaカード

ファミリーマートでマイルを貯める方法

ファミリーマートはJAL特約店

ファミリーマートは、JAL特約店であり、JALマイルととても相性のいいコンビニです。JALカードをお持ちの方は、ファミリーマートでJALカードを使って決済をすると200円ごとに2マイルがもらえます。

※さらに、JALカード年会費に3,300円(税込)をプラスして「ショッピングマイル・プレミアム」に入会し、JALカードマイルプラス対象加盟店でJALカードを使ってお買い物をすると、日常でのカードご利用分はもちろん、月々の定期的なお支払いでもショッピングマイルが2倍たまります!

マイルを貯めるというゴール設定している場合は、はじめからマイルを貯めることにフォーカスした方がいいです。

1マイルの価値は1ポイントの価値に勝ります。

また、dポイントもJALマイルに交換できます。(5000dポイント=2500JALマイル)※期間限定ポイントは対象外
マイルはマイルで使う。dポイント は dポイント で使うことがベストですが、この相互交換システムはいざというときには重宝しそうです。

JALマイラーの方、ファミリーマートでの買い物でマイルが加算されることを覚えておいてください。

ファミリーマートでANAマイルも貯められる

ファミリーマートではもちろん、ANAマイルも貯まります。ANA優待店ではないため、ANAカードを使う方法ではなく、ANAマイルへ交換できるポイントを効率的に貯める方法です。

最もお勧めしたいのはTポイントからANAマイルを交換する方法です。※期間限定ポイントは対象外

ファミリーマートはTポイントカードを掲示するだけでお買い物の0.5%がポイントとして付与されます。

ここで先ほどのおさらいです。ファミリーマートは「ファミマTカード」を発行しており、クレジット決済をすれば最大2%付与されます。

貯めたTポイントは、500ポイント=250マイルで交換可能です。

また、ANAマイレージクラブモバイルプラス(月額税込み324円)に入会し、楽天Edyで決済し直接マイルを貯める方法もあります。

ANAマイレージクラブモバイルプラスへ入会すると、楽天Edy利用で通常200円につき1マイルのところ、3マイル貯まります!

さらに、楽天Edy支払時にTカードを提示すれば効率的にポイントが貯まりますね。

ちなみに、楽天ポイントもANAマイルへ交換が可能です。(2楽天ポイント=1ANAマイル ※期間限定ポイントは対象外)

このように、ファミリーマートではJALマイル・ANAマイルのどちらを貯めるにもメリットがあります。

QUOカード支払いで還元率最大2.8%!

「QUOカード(クオカード)」は、いろいろな店で現金の代わりに利用できるプリペイドカードです。

セブン-イレブンやファミリーマートのQUOカード加盟店で1万円券を買うと、+180円のプレミアムが付いてきます。

つまり10,000円券は10,180円まで使えるので還元率は1.8%!すでにこの時点でセブンカードよりもビックカメラSuicaよりも還元率が上です。

そしてこのQUOカードを購入する際に、ファミマTカードでクレジット支払いをし購入すると+0.5%還元。

さらにQUOカードで支払時に貯めたいポイントカードを掲示すれば、+0.5%獲得できます!

つまり、
ファミリーマートで10,000円のQUOカード(+1.8%)をファミマTカードクレジット払いで購入(0.5%) 、QUOカードで支払いをする際にポイントカードを掲示すると(0.5%)、還元率は合計2.8%!

 ファミマTカード


実はこのQUOカード、セブン-イレブンでnanaco払いでも同じ還元率で購入できることはご存じですか?

QUOカードを購入する際に、クレジットカードからチャージしたnanacoで支払えば、さらに還元率が上がります。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードからチャージするのです。

※nanacoクレジットチャージサービスに関する改定

2020年3月12日から事前登録(新規登録)対象カードが「セブンカード」のみとなりました。

【事前登録(新規登録)対象カード】
・セブンカード・プラス【一体型・紐付型】
・セブンカード・プラス(ゴールド)【一体型・紐付型】
・セブンカード
・セブンカード(ゴールド)

すでに上記以外のクレジットカードを登録している場合は、これまで通り継続して利用できます。

店頭やセブン銀行ATMなどでの現金によるnanacoチャージも可能です。



「セブンカード・プラス」は、nanacoチャージ分に対して0.5%のポイントが付きます。つまりセブンカード・プラスからnanacoにチャージし(+0.5%) 、セブン-イレブンで10,000円のQUOカード(+1.8%)をnanacoで購入、さらにファミリーマートでQUOカードで支払時にポイントカードを掲示すると(+0.5%)還元率は合計2.8%まで跳ね上がります。

ただし、セブン-イレブンとファミリーマートをハシゴする手間が発生するので、同じ還元率ならファミリーマートで完結させる方法がシンプルでオススメです。

 セブンカード・プラス

ファミリーマートでお得に使えるコード決済は?

スマホ決済アプリ 共通ポイントカード提示
(重複不可)
付与ポイント
ファミペイ 0.5%
(Tポイント)
ファミマTカードチャージで+0.5%
5と0のつく日は対象商品購入で+0.5%
PayPay
(PayPay残高払い)
0.5% 0.5~1.5%
(PayPayボーナス)
Visa LINE Payクレジットカード紐づけで3%
d払い 0.5%
(dポイント)
dカード紐づけで+1%
Visa LINE Payクレジットカード紐づけで3%
au PAY 0.5%
(Pontaポイント)
auスマートパスプレミアム会員1.5%
LINE Pay 1~3%
(LINE Payボーナス)
Visa LINE Payクレジットカードから
チャージ&ペイで支払いの場合
楽天ペイ 0.5%
楽天ポイント以外
1%※
(楽天ポイント)
※2020年7月1日より
楽天カードからのチャージで+0.5%

ファミリーマートで使えるスマホ決済でポイント還元率が一番高いのは、d払い(+Visa LINE Payクレジットカード紐づけ)の3.5%です。

共通ポイント(Tポイント/楽天ポイント)提示分と合わせると、ポイント還元率は4.0%です。

また、楽天ペイは2020年7月1日から還元率が最大1.5%までアップしました。

2020年2月1日よりPayPayはヤフーカードチャージのTポイント付与サービスが終了し、PayPay残高払いのPayPayボーナス付与のみとなりました。

一見基本還元率が低いように見えても、クレジットカードとの連携で還元率がグッと上がる組み合わせもあるので確認しましょう。

ファミリーマートで還元率が高くなる支払い方法

決済方法 還元率ポイントカード提示
※重複不可
還元率合計
d払い+Visa LINE Payクレジットカードコード決済3.5%Tポイント/dポイント/楽天ポイント0.5%4%
PayPay+Visa LINE Payクレジットカードコード決済3%3.5%
楽天ペイ+Visa LINE Payクレジットカードコード決済3%3.5%
三井住友カードカード決済2.5%3%
ファミマTカード+QUOカードギフトカード
(ファミマTカードでQUOカードを購入)
2.3%2.8%
nanacoカード+QUOカードギフトカード
(セブン-イレブンでQUOカードをnanacoで購入)
2.3%2.8%
リクルートカード+Kyash Cardカード決済
(リクルートカードからチャージ)
2.2%2.7%
ビックカメラSuicaカードSuica払い
(ビックカメラSuicaカードでSuicaにチャージ)
1.5%2%

目的別オススメ決済方法

ポイント還元率で得したい!

とにかく高還元率でお得にポイントを獲得したい方は、「d払い+Visa LINE Payクレジットカード+共通ポイントカード」をおススメします。

d払いと共通ポイントカードの掲示だけでも還元率は1%です。ここにVisa LINE Payクレジットカードの3%還元という破格なスペックが加わるだけで、素早くポイントを貯めることができて嬉しいですよね。

この3%の高還元率には2021年4月30日までの期限があるので(2021年5月1日からは1%)、少しでも多くのポイントが欲しい方は早めに利用しましょう。

2021年5月以降もお得なキャンペーンを予定しているとのこと!

Visa LINE Payクレジットカードを持っていない方は、三井住友カードを使うか、Kyash Card+ポイントカードで3重取りを実践しましょう。

特に、Kyash Cardは、常に1%の還元+リンクするクレジットカードのポイント還元で、マクドナルドでなくても簡単にポイントの2重取りできるお得な1枚です。

利用登録に年齢制限がなく、カードを紛失してもアプリからロック(使用制限)ができるので、クレジットカードが持てない中学生や高校生も安心して使うことができます。

ポイントもカードもひとつにまとめたい!


ポイントをひとつにまとめて簡単に使いたい方は、ファミマTカードでクレジット支払いをしましょう。

提示時のポイント付与と、支払時のポイント付与で最大2.0%の還元率です。

面倒な連携設定などなくカード1枚で高い還元率を得ることができるのは大きなメリットです。

マイル還元率で得したい!

ファミリーマートでは、JALマイルにはJALカード決済、ANAマイルには楽天Edy支払いが味方です。

JALマイルはdポイント、ANAマイルはTポイントや楽天ポイントから交換できるので、

支払時にポイントカードを掲示して効率よく同時にポイントを貯めていくのもお勧めです。

手間なくポイントを獲得したい!

すでにクレジットカードを持っていて、新しいカードを作ることも考えていない方でも、Tポイント、楽天ポイントカードまたはdカードはかなり重宝すべきカードです。

現金払いでも支払い前に提示するだけで、100円につき1ポイント貯まります。

自分にぴったりな決済方法を見つけて、ファミリーマートでお得にポイントを獲得しましょう。

例外として、スマホ決済やクレジットカードのキャンペーンを上手にやりくりすれば、10%や20%の還元になる場合もあるので、最新情報はチェックしていきましょう。

2013年6月21日 作成
2020年7月18日更新


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!