アクワイアラー(加盟店契約会社)とイシュアー(カード発行会社)が同一会社である場合の取引。自社加盟店取引。(on-us transaction)

例えば、Aカードの会員が、Aカードが開拓した加盟店で買い物をする場合がこれに相当する。

ブランドを経由しない取引でもある。海外ではオンアス取引が基本。

オンアス取引:オフアス取引
出典:クレジットカードと消費者トラブルの法的分析

オフアス取引は、国際ブランドを通して提携関係にあるものと、国際ブランドを通さずにイシュア―とアクワイアラー間で提携関係にあるものとがある。

⇔ノンオンアス取引(non-on-us)、オフアス取引(off-us)、他社加盟店取引

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments


クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第22回 三井住友VISAデビュープラスカード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード