Suicaは関西でもお得に使える

関西に住んでいる方にとってメジャーな電子マネーは「Suica」よりも、やはり「ICOCA」ですよね。

しかし実は、関西でもSuicaは充分に使える電子マネーなのです。

今回は関西に住んでいる方が「Suica」と「ICOCA」のどちらを使ったほうがお得なのか?

また、2つを使い分ける方法はあるのか?について検証しました。

「SuicaとICOCAの違いがそもそもよく分からない」という方にもわかりやすく解説していきます。

「Suica」と「ICOCA」の違い

SuicaはJR東日本、ICOCAはJR西日本が発行するICカードです。

これらは相互利用が可能で、「ICOCAエリアでSuica」、「SuicaエリアでICOCA」を使って電車に乗ることができます。

また、コンビニなど交通系電子マネーでの支払いが可能な店舗では、SuicaとICOCAのどちらでも支払いが可能となっています。

「Suica」と「ICOCA」が大きく異なる点は、スマートフォンで利用できるかどうかです。

Suica ICOCA
ICOCAエリアでの利用
Suicaエリアでの利用
コンビニなどでの利用
スマートフォンでの利用 ×

Suicaは「Suicaカード」と「モバイルSuica」があり、モバイルSuicaはSuicaアプリからスマートフォンにカード情報を取り入れ、Suicaカード同様に改札やお店のレジでかざして支払いができます。

Suicaカードがなくても、直接スマートフォンの中でモバイルSuicaを発行することも可能です。

モバイルSuicaは、スマートフォンの「Suicaアプリ」「Apple Pay(アップルペイ)」「Google Pay(グーグルペイ)」から新規発行ができます。

モバイルSuicaに対応したiPhone7以降の機種であれば「Apple Pay(アップルペイ)」に、Android 5.0以上のバージョンでFelica搭載のおサイフケータイ機能がついたスマートフォンは「Google Pay(グーグルペイ)」にSuicaを登録し使うことができます。

Apple Pay(アップルペイ)という名前のアプリは存在せず、iPhoneにある「Wallet」アプリからお手持ちのSuicaカードを追加または新規発行します。

「Suicaアプリ」は、iPhoneとAndroidスマホに対応しています。

iPhone Android
Suicaアプリ
Apple Pay(アップルペイ) ×
Google Pay(グーグルペイ) ×

Suicaカードを購入できるのは、JR東日本エリアに限定されるため、関西圏のかたがSuicaを利用したい場合は、モバイルSuicaの方が使いやすいでしょう。

Suicaカードは、ビューカードなどクレジットカードに付帯したタイプもあります。

ICOCAには「ICOCAカード」と「SMART ICOCAカード」の2種類が用意されており、「ICOCAカード」は現金のみ、「SMART ICOCAカード」は現金またはクレジットカードからチャージできます。

モバイルSuicaはスマホがあれば電車に乗れる

改札での利用においてSuicaが便利な最大の理由は「モバイルSuica(スマホ)で改札が通れる」という点です。

ICカードと同じように、改札の読み取り部にスマホをかざすだけで支払いができます。

モバイルSuicaが使えるスマホさえあれば、電車に乗ったり買い物をすることができるので、ICカードを持ち歩く必要がなくなったということです。

モバイルSuica以外にも、スマホで決済できる電子マネーに「nanacoモバイル」「モバイルWAON」などがありますが、モバイルSuicaのように電車に乗ることはできません。

また、使えるのは「おサイフケータイ機能が付いたスマホ」のみで、iPhoneには対応していません。

一方、ICOCAは、改札でカードをかざして電車に乗れますが、モバイルSuicaと違いスマートフォンで使える機能はありません。

スマホからチャージできる利便性バツグンなモバイルSuica

関西 Suicaチャージ

「Apple Pay」「Google Pay」「Suicaアプリ」に登録したモバイルSuicaをクレジットカードと紐づければ、「いつでもどこでもスマホからSuicaにチャージができる」ようになります。

Android搭載スマホも、「Google Pay」や「Suicaアプリ」からクレジットカードで簡単にSuicaへチャージができます。

Apple Payでは国際ブランドがVISAのカードはモバイルSuicaにチャージできませんが、Suicaアプリに決済用カードとして登録すればモバイルSuicaにチャージができます。

モバイルSuicaはスマホからチャージできるため、指定の場所まで行ってチャージをしたり、チャージのための現金を持ち歩く必要もなくなるわけです。

一方、ICOCAはスマートフォンに対応していません。

SMART ICOCAは、クレジットカードでチャージできますが、クイックチャージのみとなっています。

クイックチャージは、「ICOCAマークのある自動券売機もしくは入金機」でクレジットカードからチャージができるものです。

コンビニなど、駅以外にチャージできる場所もありますが、現金のみになります。

しかしモバイルSuicaがあれば、電車に乗ったり買い物をする直前や、自宅などでも登録したカードでチャージが可能です。

ICOCAとSuica

電車でポイントを貯めやすいのはSuicaよりICOCA

乗車ポイントICOCA

チャージの利便性では、モバイル対応のSuicaに軍配が上がります。

しかし「実際に電車に乗ってポイントを貯める」ならば、SMART ICOCAに軍配が上がります。

Suicaにも電車の乗車によるポイント付与サービスはありますが、JR東日本の在来線を利用した場合のみ対象になります。

また、ビューカードでSuicaチャージ設定をしておくとオートチャージもできますが、首都圏、仙台、新潟のSuicaエリアとPasmoエリアの自動改札機のみで、エリア外での乗車やSuicaでの買い物、バス利用時にはオートチャージできません。

つまり、関東圏外や対象エリア外では、乗車ポイントが付与されず、オートチャージも使えません。

一方「ICOCAポイントサービス」は、JR西日本のICOCAエリア内での電車の利用、一部のICOCA加盟店での電子マネー利用でポイントが貯まります。

貯まったポイントはICOCAにチャージして利用できます。

ICOCAはクレジットカードでのチャージは可能ですが、オートチャージやオンラインチャージなどには対応していません。

エリア外での乗車ではポイントが貯まらない点は、Suicaと共通しています。

ICOCAエリア内でSuicaやモバイルSuicaで乗車しても、乗車ポイントは貯まらず、オートチャージ機能も使えません。

電車に乗る機会が多く、ポイントを少しでも貯めたいというかたは、ICOCAの方がポイント還元分お得になる場合もあります。

ICOCAエリア内の乗車で、どれくらいICOCAにポイントが貯まるのか確認しておくと良いでしょう。

ICOCAはパスケースに入れたままタッチするだけで自動改札が通れる、JR西日本の便利なICカードです。

ICOCAポイントサービスを利用するためには、「ICOCA」は利用登録(無料)が必要ですが、「SMART ICOCA」は登録不要です。

SMART ICOCAは、チャージ場所は限られていますが、クレジットカードでチャージができるので、チャージ金額に応じてクレジットカードのポイントが付きます。

ただし、ICOCAへチャージはできてもポイント付与対象外のカードもありますのでご注意ください。

Suica ICOCA
発行元 JR東日本 JR西日本
スマートフォンでの利用 モバイルSuicaとして可能 できない
チャージできる場所 モバイルSuicaならスマホでできる 駅など限定的
クレジットカードでのチャージ
関西圏での乗車ポイント ×
関西圏でのオートチャージ ×

SMART ICOCAのチャージにおすすめの高還元カード

SMART ICOCAにチャージできるクレジットカードにJ-WESTカードがありますが、ポイント還元率は0.5%です。

還元率の高さで選ぶなら、J-WESTカードよりも高還元率カードがあります。

年会費無料の「リクルートカード」は、どこで利用しても1.2%と高還元なので、SMART ICOCAとの紐づけにおすすめです。

SMART ICOCAへのチャージでも1.2%分のポイントが付与されますが、国際ブランドがMastercard、VISAのみです。

JCBでもSMART ICOCAにチャージできますが、ポイントは付きません。

リクルートカードは、「VISAとJCB」または「MastercardとJCB」の2枚持ちが可能です。

すでにリクルートカードのJCBをお持ちの方でも、VISAまたはMastercardブランドのリクルートカードに申し込むことができます。

ただし、リクルートカードから電子マネーにチャージする場合、ポイント付与の制限があるのでご注意ください。

※リクルートカードは、2018年4月16日(月)よりnanaco等の電子マネーチャージ利用分は、すべての電子マネー利用金額合算で月間30,000円までがポイント加算の対象になりました。合算で30,001円以上の利用分はポイント加算の対象外です。利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。 なおリクルートカードJCBとリクルートカードVisa/Mastercardの2ブランドを持てば、それぞれ月間30,000円+30,000円=60,000円までポイント獲得が可能です

※リクルートカード対象となる電子マネーチャージ【JCBブランド】nanaco(ナナコ)、モバイルSuica【Mastercard(R) / Visaブランド】nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA です。リクルートカードの月間集計期間は毎月16日~翌月15日。

カード利用で貯まるリクルートポイントは、ホテル宿泊予約サイト「じゃらん」やポンパレモールなどリクルートグループサイトで使えます。

1ポイント1円としてPontaポイントに交換すれば、ローソンなどPontaポイント加盟店で商品の購入に充てることもできます。

リクルートカード

ジャックスが発行しているREX CARDは、年会費無料にも関わらず常に還元率1.25%という、たいへんポイントが貯まりやすいカードです。

貯まったポイントは、Jデポでカード請求額から差し引くことができます。

REX CARD

リクルートカードとREX CARDは、Suicaへのチャージでも同じようにポイントが貯まります。

このように、チャージしてポイントが貯まる高還元カードを使えばお得になります。

ビューカードでチャージしたSuicaを関西で使っても常に1.5%還元

Suicaへのチャージで還元率の高いカードとして、代表的なのは「ビューカード」です。

ビューカードはSuicaが便利に使えるJR東日本グループのクレジットカードです。

ビューカードから「Suicaカード」「モバイルSuica」へのチャージで「1.5%のポイント還元」が実現します。

しかしそれら以外では、ポイント還元率が0.5%となっています。

ビューカードの特典は、関西圏で利用できるものがほとんどありませんので、Suicaチャージ専用にするか、月数万円のSuica利用程度であれば、他の利用での還元率も高いリクルートカードやREX CARDの方が使い勝手が良いでしょう。

ビューカードの中でも、ビックカメラSuicaカードは、Suicaチャージで1.5%ポイント還元、実質どこで利用してもポイント還元率1%です。

関東圏以外でビューカードを作るなら、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。

ビックカメラSuicaカード

貯まったポイントはICOCAもSuicaも再チャージできる

貯めたポイントは、ICOCAもSuicaも「再チャージ」ができます。

Suicaの利用などで貯まったJRE POINTは、まずJRE POINT WEBサイト上でSuicaチャージの申し込みをし、Suicaアプリから受け取ることが可能です。

どこにいてもスマホからすぐに再チャージができるので、ポイントを確認して思い立ったらすぐに交換できるのが良い点です。

ICOCAで貯めたポイントは、改札のチャージ機でICOCAにチャージできます。

駅まで行く必要があるため、この点は少々不便かも知れません。

1ポイント1円として1回ですべての貯まったポイントが10ポイント単位、一部の機械では1,000ポイント単位でチャージされます。

モバイルSuicaにできないこと

スマホからいつでもチャージができたり、カードを持ち歩く必要がなく便利なモバイルSuicaですが、できないこともあります。

きっぷが買えない

モバイルSuicaは、駅できっぷを買うことができません。

カード型のICOCAやSuicaは、ICカード対応の券売機できっぷを買うことができます。

ひとりで電車に乗る場合は、モバイルSuicaにチャージしておけば改札が通れるので問題ありませんが、子どものきっぷなどを購入する場合は、現金か交通系ICカードが必要です。

モバイルSuicaは小児運賃に対応していないため、利用できるのは12歳以上(小学生除く)となっています。

12歳以上でクレジットカードが持てない子どもは「EASYモバイルSuica」が利用でき、Suicaが使えるコンビニやセブン銀行ATMから現金チャージできます。

「EASYモバイルSuica」は、本人名義のクレジットカードを登録することで「モバイルSuica」として使えるようになります。

一部のバスで使えない

関西エリアのバスで、一部Suicaが使えない場合があります。

Suicaが使える場合、モバイルSuicaも同じように使えます。

Suica ICOCA
大阪市営バス
南海バス
水間鉄道
神戸市交通局
岡山電気軌道バス
下津井電鉄バス
神戸交通振興
中鉄バス
両備バス
山陽バス ×
伊丹市交通局 ×

2020年1月現在

カードがいらないモバイルSuicaが便利

  モバイルSuica SMART ICOCA
デポジット(預かり金) 500円
乗車ポイント ポイント付与利用条件あり
関西圏でのオートチャージ
スマホ手動チャージ
アプリ残高確認
チャージポイント 貯まる
(紐づけしたカードによって還元率は変わる)
ポイントの使い道 Suicaに再チャージ SMART ICOCAに再チャージ
一日のチャージ上限 20,000円
月のチャージ上限 総額40,000円(カード内残額の設定は上限2万円)

モバイルSuicaは、カードを持ち歩く必要がなく、スマホからいつでも残高確認やチャージができる点がメリットといえます。

関西エリアでSuicaが使えないバスを利用される方や、電車の利用でポイントを貯めたい方は、SMART ICOCAが必要となるでしょう。

Suicaでバスに乗れたり、電車での利用ポイントは重視しないのであれば、モバイルSuicaだけで足りるのではないでしょうか。

さて、結論です。

両者ともにメリット・デメリットがあり、それぞれいいとこ取りで使い分けするか、それともどちらかに絞るかは何を重要視するかによります。

Suica ICOCA
メリット スマホでチャージができる
カードを持ち歩く必要がない
Suicaが使えないバスでも使える
電車利用でポイントが貯まる
デメリット 関西圏で使えないバスがある
関西圏の電車利用でポイントが貯まらない
チャージできる場所が限定的
カードを持ち歩く必要がある
基本還元率 Suica・ICOCAチャージ還元率
リクルートカード 1.2% 1.2%
REX CARD 1.25% 1.25%
ビューカード※ 0.5% 1.5%(Suicaのみ)

※ビューカードの中でも「ビックカメラSuica」は、基本還元率1%(JRE POINT0.5%+ビックポイント0.5%)

●券売機でいちいちチャージするのが面倒な方 → スマホでチャージできるSuica

●列車利用ポイントも獲得し、Suicaの1.5%還元も欲しい方 → SuicaとSMART ICOCAの2枚持ち

後者はICOCA圏内の電車に乗るときはSMART ICOCAを利用し、それ以外のコンビニや他の店でのお買い物にはモバイルSuicaを使えば、無駄なくポイントを獲得できます。

なお、Suicaのチャージに使うクレジットカード(ビューカード)は、前年1年間でのクレジット利用があれば年会費無料になる「ビックカメラSuica」が人気です。

ビューカードとビックカメラが発行する「ビックポイントカード」が合体した便利なカードです。貯まったビックポイントをSuicaにチャージすることもできます。
JRE POINT (旧 ビューサンクス ポイント プログラム)のラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリのJRE POINT (旧 ビューサンクス ポイント プログラム)が見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

2017年8月10日 作成
2020年1月8日更新


「ビュー・スイカ」カード
Suica チャージで1.5%のポイント付与 / 500円のデポジット不要でSuicaが作れる / 貯めたポイントはSuicaチャージに変換可 / オートチャージ(Suica・PASMOエリア)にすれば改札で足止めナシ


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

鉄道を便利でお得に利用するノウハウ

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!