クレジットカードで新幹線のチケットや定期券を購入できることを知っている方は大勢いると思いますが、「普通乗車券」もクレジットカードで購入できることを知っている方はあまりいないような気がします。

普通乗車券は、その中のとおりJRなどの電車に乗るときに券売機で買う切符のことです。しかし普通乗車券をカード決済で購入する場合、通常の券売機は使えません。まずはJRのみどりの窓口まで行く必要があります。そして窓口にいる係員に「●●駅から○○駅までの普通乗車券を下さい。カード払いでお願いします」と伝えます。それだけでOKなので、とても簡単です。

また、みどりの窓口が混んでいるときは、ムラサキ色の「指定席券売機」を利用してもいいでしょう。指定席券売機は主な駅のみどりの窓口の中やきっぷうりばのそばに設置されています。券売機に近づくとメニューボタンが表示されるので、そこで「乗車券・普通回数券・変更・払い戻し」という文字の書かれたボタンを押しましょう。JR全線および一部の連絡会社線の乗車券の購入が可能です。画面支持にしたがって投入口にクレジットカードを入れ、暗証番号を入力すれば決済は完了です。

昔はビューカードでしかカード払いを受け付けてくれませんでしたが、今はそんなことはありません。JCB、VISA、Master,、ダイナース、アメックス、ほとんどのブランドが対応可能になっています。ただ、ビューカードならサインレスで定期券や乗車券を購入できるため、サインが面倒な方は窓口でビューカードを利用することをおすすめします。

130円の小額でもカード決済できる?

普通乗車券をカード決済で買うとき、小額だからといって支払いを拒否されるようなことはまずありません。最寄り駅までの130円切符でもちゃんとカード決済で購入することができます。なので、たとえば財布の中に現金が一切入っていないときでも、カードさえあればみどりの窓口で切符を買え、それほど焦らずに済みます。もれなくポイントを貯めていきたい方は、切符の購入でも極力カードを使うように心がけ、ポイントをこつこつ貯めていくのもいいでしょう。

なおどんなブランドのカードでも決済はできますが、JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、各種券売機などでビューカードを使って普通乗車券、定期券、回数券、新幹線チケットなどを購入すると、ポイントが通常の3倍になります。1,000円につき6ポイント(15円相当)が貯まりますので、普通乗車券とはいえ往復で1,000円以上かかる場合は、ビューカードで支払ったほうが現金よりお得です。

利用付帯の海外旅行傷害保険を適用させる裏技

実はクレジットカードで普通乗車券を購入するメリットは、ポイントが貯まるということ以外にもうひとつあります。それは「クレジットカードに利用付帯されている海外旅行傷害保険が適用される」ということです。

たとえば年会費無料の楽天カードは、日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

ここで言う「公共交通乗用具」とは航空法、鉄道事業法、道路運送法に基づいて運用される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどをいいます。タクシーで空港まで行かれる方は、そのタクシー代をカード払いにすればいいわけですが、距離によっては高額になってしまうので、タクシーじゃなく電車を利用したいという方もいるでしょう。そんな方は、タクシーより金額の安い普通乗車券をクレジットカードで購入すればいいわけです。楽天カードなら、それだけで死亡後遺障害最高2,000万円の海外旅行保険が適用されます。

さらに普通切符をクレジットカードで買えば、明細書に利用履歴がしっかりと残るので、後で交通費を確認したいときにとても便利です。券売機などで定期券や普通乗車券を購入するとき、領収書を発行するかしないかという選択肢が画面に出ますが、切符を買うごとに領収書を発行するのはとても面倒くさいですよね。しかしクレジットカード払いで購入すればWeb上もしくは書面でいつでもチェックできます。


楽天カードは顧客満足度 No.1!
年会費無料 / 100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場のお買い物はいつでもポイント2% / ためたポイントは1ポイントから使える


今なら最大5,000ポイントプレゼント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
楽天カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加