JCBカード

株式会社ジェーシービー発行のクレジットカードです。1961年に純日本生まれのクレジットカードとしてデビューしました。その歴史は50年の時を刻みます。1980年には汎用性のある商品券「JCBギフトカード」をクレジットカード業界として初めて発売。1981年には日本で最初の国際クレジットカードブランドとして、世界進出を果たします。1988年に東京ディズニーランド®とオフィシャルスポンサー契約を結び、以後、ディズニーといえばJCBのイメージを確立しました。2009年、JCBプロパーカードのラインアップを拡充し「JCB ORIGINALシリーズ」を発行開始しています。

JCBカードのお申し込みはこちら

ORIGINALは、海外でポイントが2倍

海外旅行や出張にぴったりの一枚

JCB ORIGINALシリーズは、他のJCBカードにはない魅力が盛りだくさんです。その一つは、海外で利用するとポイントが2倍貯まること。数あるJCBのクレジットカードの中でも、ORIGINALシリーズだけに認められた特典です。

海外加盟店でポイントが貯まる

海外のJCB加盟店で、ORIGINALシリーズのカードで支払えば、JCBのポイント「Oki Dokiポイント」が2倍もらえます。JCBカードは世界各地で通用する国際ブランドです。加盟店数は、世界1,800万店舗にのぼります。海外旅行や出張でJCB ORIGINALを使うと、面白いようにポイントが貯まります。

ネット通販も対象

海外でのポイント2倍の特典は、インターネットのオンラインショッピングも対象となります。海外で開設されているサイトであれば、日本から注文した場合でも、ポイントは2倍つきます。「日本では買えない商品は海外のサイトで買う」という人には、とても有り難い特典です。

手続きは簡単

海外で2倍のポイントを受けるのは簡単です。29歳以下向けの「EXTAGE(エクステージ)」なら、何の手続きもせずに、自動的に海外でのポイントが2倍になります。一方、「一般カード」と「ゴールドカード」の場合、毎月の利用明細書をJCBのホームページで確認する方式に切り替える必要があります。

旅行や出張にピッタリ

JCBは唯一の日本発国際クレジットブランド。海外で使えるお店の数が多いだけでなく、現地での日本人向けサービスも充実しています。ORIGINALシリーズは、海外旅行や出張によく行く人にぴったりのカードといえます。

 海外でポイントが2倍になるJCB ORIGINALシリーズ

スタバでポイント5倍、セブンで3倍

パートナー加盟店で特別優待

JCB ORIGINALシリーズは「ポイントの貯まりやすさ」を追求したカードです。JCBの提携カードにはないポイント優遇が最大の特徴です。その象徴が、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」という制度です。

JCB ORIGINAL シリーズの「パートナー」

「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」は、最大10倍のボーナスポイントがもらえるサービスです。パートナーに加盟している店でORIGINALシリーズのカードを使うと、JCBのポイントプログラム「Oki Dokiポイント」が通常よりも多く貯まります。

パートナーには、セブンイレブン、スターバックス、ZOZOTOWN、Amazon、ベルーナなど有名店が多く顔をそろえています。ジャンルも、ファッション、インテリア、音楽、トラベル、ショッピングと幅広いのが魅力。

スタバでポイント5倍!!

たとえば、セブンイレブンやイトーヨーカドーの場合、店舗で支払いをするときにORIGINALシリーズのカードを使うと、Oki Dokiポイントが通常の3倍もらえます。

また、スターバックスでは、なんと5倍です。一回の買い物が1,000円以上というのが条件ですが、プリペイドカード「スターバックスカード」への入金もポイント5倍の対象になります。

このほか、CD・DVDショップの「HMV オンライン」なら6倍となるなど、多数の有名店で驚異的なポイントを獲得できます。

<JCB ORIGINALのポイント優遇店舗>

 店舗名 ポイントの倍数
HMVオンライン 6倍
スターバックス 5倍
セブンイレブン 3倍
Amazon 3倍
ベルーナネット 2倍

スタバで1.5%還元

たとえば、スタバで、3,000円のタンブラーをJCB ORIGINALシリーズの一般カードで買った場合、Oki Dokiポイントは15ポイント貯まります。15ポイントは、Edyに交換すると45円です。このため、スタバでのポイント還元率は1.5%ということになります。たいへん有利なポイント還元率です。

 スタバでポイント5倍、セブンで3倍になるJCB ORIGINALシリーズ

会員資格のアップグレードで有利

提携カードの2倍以上のポイントアップ率

JCBのクレジットカードには、年間の利用額に応じて、翌年のポイント付与率がアップする制度があります。JCB ORIGINALシリーズなら、提携カードや他のJCBプロパーカードよりも、ポイントアップする比率が高いです。

利用額に応じてポイントアップ

JCBは、年間の利用額に応じて会員のグレードが変わる「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」という制度を設けています。グレードが上がれば、翌年のポイント付与率がアップする仕組みです。

このポイント付与のアップ率は、JCB ORIGINALシリーズと、他のJCBカードとで異なっています。ORIGINALシリーズの方が、アップ率が高いのです。

利用額50万円以上で20%アップ

ORIGINALシリーズ会員の場合、年間の利用額50万円以上で翌年20%アップ、100万円以上で50%アップになります。さらに、ゴールド会員の場合、300万円以上の利用なら60%アップします。

一方、提携カード会員の場合、利用額が年50万円以上で10%アップ、100万円以上で20%アップ、300万円以上で25%アップになります。

つまり、ORIGINALシリーズは、ポイントのアップ率が提携カードの2倍以上なのです。

JCBのポイント(Oki Dokiポイント)を効率よく貯めたいなら、ORIGINALシリーズを選ぶ方が断然お得です。

<JCBのポイント付与UP率>
利用額50万円以上 利用額100万円以上 利用額300万円以上
ORIGINALシリーズ 20%アップ 50%アップ 60%アップ
提携カード 10%アップ 20%アップ 25%アップ
 

 年間の利用額に応じて翌年のポイント付与率がアップするJCB ORIGINALシリーズ

「Oki Doki」派なら、ゼッタイORIGINAL

JCBのポイントが有無を言わさず貯まる

JCB ORIGINALシリーズは、JCBのポイントプログラム「Oki Dokiポイント」を貯めるのに最適なクレジットカードです。

幅広い交換対象

Oki Dokiポイントは、JCBのポイントプログラムです。その特徴は、「交換できる対象が豊富」ということです。日本最大のカード会社JCBが管理するだけあって、JAL、ANAのマイレージはもちろん、楽天スーパーポイントなど全部で18種類のポイントと交換することができます。オリコカードは9種類、ライフカードは7種類のポイントにしか移行できないのと比べると、移行対象がたいへん多いです。

また、商品と交換する場合でもジャンルが広く、たとえば、ディズニーランドのパスポートとも交換できます。

電子マネーや商品券への交換

Oki Dokiポイントは電子マネーとも交換できます。日本最大規模の電子マネー「Edy」の場合、Oki Dokiの1ポイントをEdyの3円分と交換することができます。全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーで利用できる電子マネー「nanaco」への移行も可能です。

お得なJCB商品券

また、Oki Dokiポイントは、全国共通商品券「JCBギフトカード」に交換することもできます。「JCBギフトカード」は、百貨店やレストランなど50万店以上で利用できる商品券で、Oki Dokiポイントが1,050ポイントあれば、5,000円券と交換できます。たいへんお得なポイント還元です。

ORIGINALなら必ずOki Dokiが貯まる

JCBは提携カードを数多く発行していますが、中にはOki Dokiポイントプログラムの対象にならないカードもあります。たとえば、「ディズニー★JCBカード」の場合、貯まるポイントは「ディズニーポイント」のみ。「JAL・JCBカード」も、貯まるのは「JALマイル」だけで、Oki Dokiポイントは貯まりません。

ポイントアップサイト

JCBは、サイトを経由するだけでポイントがもらえるポイントアップサイト「Oki Doki ランド」を運営しています。JCBのポイントアップサイトは、加盟店数も400店以上と非常に豊富。ポイントで商品の交換や移行を狙う人にはお得なポイントプログラムです。JCB ORIGINALの会員なら、ポイントアップの比率で優遇されます。

 ディズニーランドのパスポートとも交換できるJCB ORIGINALシリーズ

WEBの利用でさらにお得

提携カードにはない優遇をゲット

JCB ORIGINALシリーズは、インターネットを上手に活用することで、提携カードにはない様々な特典を得ることができます。

WEB明細で年会費が無料に

JCB ORIGINALシリーズの一般カードは、入会申請や利用明細のチェックをWEBで行うようにすれば、年会費を半永久的に無料にすることが可能です。

一般カードは年会費が1,250円(税抜)ですが、JCBのホームページから申し込みをすれば、初年度の年会費が無料になります。さらに、翌年以降も、利用明細をWEB上で確認する「MyJチェック」に登録したうえで、前年のカード利用額が年間50万円以上であれば、年会費が無料になります。家族会員の年会費400円(税抜)も本人と同様に無料になります。

WEB利用明細に登録するのは簡単。会員専用サイト「MyJCB」にログイン後、「MyJチェック 今すぐご登録」をクリックするだけです。

WEB明細で保険加入

JCB ORIGINALの一般カードは、WEB利用明細に登録すると、最高3,000万円の旅行保険が付帯されます。JCBの一般カードは、利用明細を紙で受け取る場合は旅行傷害保険が付きませんが、WEB明細に切り替えれば、旅行保険が適用されます。補償内容は、海外、国内ともに死亡・後遺障害時に最高3,000万円です。ただし、旅行代金を一般カードで支払うことが、保険適用の条件となります。

年会費1,000円台のカードで最高3,000万円の補償はお得です。たとえば、年会費が同じ1,250円(税抜)の「三井住友VISAクラシックカード」「ライフカード」の場合、死亡・後遺障害の場合の補償額は最高2,000万円です。

「Oki Doki ランド」で貯まる。

JCB ORIGINALシリーズは、JCBのポイントアップサイト「Oki Doki ランド」の利用で、ポイント付与が優遇されます。ポイントアップサイトとは、ポイント付与が優遇されるサイトのことです。

Oki Doki ランドには、楽天市場、Yahoo!ショッピング、セシールなどの人気店を中心に400店舗以上が参加しています。Oki Doki ランドを経由して各店舗を利用するだけで、Oki Dokiポイントが最大で20倍もらえます。

Oki Doki ランドのポイントアップは、ORIGINALカードのほうが提携カードよりも優遇率が高くなることがあります。たとえば、「JCB GOLD EXTAGE」「JCB CARD EXTAGE」会員は、Oki Doki ランドで「ポイント2倍」と表示されているお店でカードを利用すると、もれなくポイントが3倍になります。

 WEBの利用でさらにお得になるJCB ORIGINALシリーズ

ハワイなどの観光地で大活躍

ソツのなさで幅広い支持

2009年8月に誕生した「JCB ORIGINAL(オリジナル)」シリーズの最大の注目点は、JCBが1961年の創業以来はじめて、「一般カード」のサービス内容を大々的に見直したことです。JCBの一般カードといえば、日本のクレジットカードの代表格として、長年、幅広い層に親しまれてきました。ORIGINALシリーズになることで、その魅力に一段と磨きがかかり、カード界の”王者”としての地位を不動のものにしつつあります。

手堅さが魅力

JCBの一般カードはたいへん手堅いサービス内容が魅力です。「日本で最もスタンダードなカード」ともいわれるだけあって、特典やサービスにソツがありません。また、JCBの加盟店数は国内で最も多いため、使える範囲が非常に広いです。「VISAやMasterCardは持っているけど、JCBは持っていないので不安」という人は、とりあえず年会費の安い一般カードを持っておくのが得策。日本中どこに行っても安心です。

観光地ですごい威力

JCBは「日本で生まれた唯一の国際カードブランド」で、海外でも大きな威力を発揮します。よく「海外に行ったときは、VISAとMasterCardが最も便利」と言われますが、実は、日本人がよく訪れる観光地では、JCBのほうが圧倒的に便利です。「旅行先でJCBカードを持っていなくて後悔した」という声もよく聞きます。

大好評の「JCBプラザ ラウンジ」

JCBの海外での魅力は、なんといっても「JCBプラザ」と「JCBプラザ ラウンジ」です。

JCBプラザは、世界60か所にある日本語の海外サービス窓口です。ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケットなどの予約を日本語で代行してくれます。

一方、「JCBプラザ ラウンジ」はJCB会員専用の自由にくつろげるラウンジです。ハワイのホノルルや韓国のソウル、台北など、世界主要都市9か所に設置されています。ラウンジでは、日本語で旅行についての相談に乗ってくれ、観光施設などの割引券がもらえます。インターネットが閲覧できるため調べごとができるほか、マッサージチェアで、ドリンクサービスを受けながら、ゆっくりと休むこともできます。

年会費無料も

JCBの一般カードは、通常は、年会費1,250円(税抜)です。しかし、オンラインで入会申し込みをした場合は初年度の年会費が無料になります。さらに、前年度に年間50万円以上を利用し、ウェブ利用明細に登録すれば、翌年度以降も会費を無料にできます。

 ハワイなどの観光地で大活躍のJCB ORIGINALシリーズ

最強の20代向けカード

年会費無料なのに充実度バツグン

ORIGINALシリーズの立ち上げとともにJCBが新たに投入したクレジットカードが、29歳以下限定の「EXTAGE」シリーズです。「EXTAGE(エクステージ)」は、「広がる新しいステージ」と「特別な年代」を表す造語。初めてクレジットカードを作ることの多い層をターゲットに据え、特典をとことん充実させています。年会費が無料なのにもかかわらず、サービス内容は驚くほど魅力的。ファーストカードとしても最適の一枚です。

入会後3か月はポイント3倍!

カードの利用でポイントがどんどん貯まるJCB ORIGINALシリーズ。中でも、とくに優遇されているのが、EXTAGE会員です。

EXTAGEにはまず、「新規入会ボーナス」という制度があり、入会後3カ月間は、Oki Dokiポイントがなんと通常の3倍もらえます。さらに、4カ月目以降から入会後1年目までの9カ月間は、ポイントがいつでも1.5倍になります。入会して1年間の間に、ポイントをしっかり貯められるのが魅力です。

ネットでも優遇

さらに、JCBのポイントアップサイト「Oki Dokiランド」でも、EXTAGEは特別扱いされます。Oki Dokiランドはサイトを経由して買い物をすると、ポイントが上乗せされる会員限定サービスですが、EXTAGE会員なら、通常ポイントが2倍のお店で、ポイントが3倍もらえるのです。

デザインを選べる

JCB CARD EXTAGEは、カードのデザインを3種類の中から選ぶことができます。ラインナップは、シルバー、レッド、ブラックで、いずれもクールでおしゃれ度の高いカードフェイスです。

 最強の20代向けカードを揃えるJCB ORIGINALシリーズ

格安のゴールドカード

「最初のゴールドカード」に最適

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)」は、29歳以下限定のゴールドカードです。一般的に、ゴールドカードの年会費の平均は1万~3万円ですが、JCB GOLD EXTAGEの年会費はわずか3,000円+税(初年度無料)。格安でありながら、一流のゴールドカード並みの特典を網羅。「若手エリート」に最適な一枚です。

旅行関連サービスが充実

ゴールドカードの基本的な特典とも言えるのがトラベルサービス。JCB GOLD EXTAGEのトラベルサービスは、高額な年会費が必要な他のゴールドカードに引けを取らない充実ぶりです。

まず、空港ラウンジの無料利用サービスでは、国内27か所とホノルル国際空港のラウンジが無料で利用できます。また、海外旅行からの帰宅時には、空港から自宅に手荷物を無料で宅配してくれるサービスがつきます。

さらに、お得なのが、JCB会員専用の旅行会社「JCBトラベル」での買い物です。GOLD EXTAGE 会員がJCBトラベルを利用すれば、ポイントが通常の3倍~10倍もらえます。

保険

JCB GOLD EXTAGEは、手厚い旅行傷害保険も魅力的です。死亡・後遺障害の場合の補償額は、国内、海外ともに最高5,000万円です。旅行代金をJCB GOLD EXTAGEで支払うことが条件となる「利用付帯」ですが、最高5,000万円という補償額は、年会費が1万円以上かかる高額ゴールドカード並みの水準です。

たとえば、年会費1万円(税抜)の「三井住友VISAゴールドカード」や「楽天プレミアムカード」も、海外旅行保険の補償額は最高5,000万円で、GOLD EXTAGEと同じです。

ディズニーでもお得

さらに、JCB GOLD EXTAGEは、ディズニーのホテルの利用でもお得です。JCB会員専用の旅行会社「JCBトラベル」で、ディズニーのホテルに宿泊するプランを購入すれば、ポイントが最大で通常の10倍になります。

 最初のゴールドカードはJCB ORIGINALシリーズ

充実の保険、トラベルサービス

ゴールドカード界の”日本代表”

JCB ORIGINALのゴールドカード「JCBゴールド」は、日本を代表するゴールドカードの一つです。日本で唯一の国際ブランドであるJCBが発行するゴールドカードなだけに、日本人のニーズにぴったりの優れたサービスを満載。日本全国どこでも通用するステータス性も魅力です。

人気のチケットを優先的にゲット

ORIGINALシリーズには、2つのゴールドカードがあります。1つが29歳以下限定の「JCB GOLD EXTAGE」、もう一つが、「JCBゴールド」です。JCBゴールドには、EXTAGEにはない特典が盛りだくさんです。

その一つは、「JCBゴールド チケットサービス」。コンサートやスポーツ、演劇などのチケット先行販売や割引販売などを受けられるサービスです。人気のコンサートなども、良い席を優先的に確保してもらえることができます。

最大1億円の旅行保険

JCBゴールドは、海外旅行に役立つサービスが充実しています。

その1つが、旅行傷害保険です。海外旅行時の死亡・後遺障害に対して、最高1億円が補償される本格的な旅行保険が付いてきます。家族会員も同額で補償されるので、万が一の備えとして頼もしい特典です。ただし、旅行代金をJCBゴールドで支払わなかったときは、死亡・後遺障害時の補償額は最大で5,000万円です。

その他、JCBゴールドがあれば、世界最大のレンタカー会社「ハーツレンタカー」を割安で利用できます。さらに、海外での空港ラウンジが無料で利用できます。帰国時に空港から自宅まで無料で荷物を宅配してくれるなど、旅行中は「至れり尽くせり」のサービスを受けることができます。

家族が一人無料に

JCBゴールドは、年会費が1万円(税抜)です。家族会員は、本会員の口座から引き落とす「本会員支払い型」の場合、1名まで無料となります。

 充実の保険、トラベルサービスを備えるJCBゴールド

最高級のステータスへの登竜門

プラチナへの道

「JCBゴールド」は、ゴールドよりさらに上の最上級ステータスカードへの登竜門となります。準プラチナ級の「JCBゴールド ザ・プレミア」と、プラチナカードの「ザ・クラス」の資格を得るには、JCBのゴールド会員として実績を積むのが必須条件です。

ORIGINALシリーズの最高峰

「JCBゴールド ザ・プレミア」は、「JCBゴールド」会員の中で選ばれた人を対象としたゴールドの付帯サービスです。JCBの中で準プラチナ級カードとして位置付けられています。

入会は申し込み制ではなく、招待制です。招待されるための条件は、JCBゴールドのショッピング利用合計金額が2年連続100万円以上であること。そして、「MyJCB」にメールアドレスを登録することです。

プレミア会員になると、国内ホテルでの宿泊優待やショッピングガード保険の補償額アップなどの特典を受けることができます。

「ザ・クラス」

「ザ・クラス」はプラチナカードで、JCBで最上級のカードです。JCBカードの利用金額、使用年数などの実績のある会員のなから、特別に招待を受けた人のみが持つことができます。ただし、JCBカードであっても、航空系の提携カードや法人カードは、実績をカウントするうえでの対象にはなりません。JCBゴールドを多く利用していることが「ザ・クラス」入会への近道となります。

ザ・クラスの代表的なサービスは、「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」。航空券やゴルフ場を予約したいときに、要望を伝えるだけで希望にぴったりのチケットを予約してくれます。自分の秘書のように使えるクオリティの高いサービスです。

ステータス性も抜群です。最上級のサービスを受けられるというだけでなく、身分証代わりになったり、信用性がアップしたりというメリットがあります。

「ザ・クラス」(公式)

 「ザ・クラス」のインビテーションを狙うならJCBゴールド

JCBカード 人気記事ピックアップ

インタビュー 第6回 JCB EIT

JCBカードユーザーレビュー

舞台の観劇にプレミアム会員チケットサービスを利用しています。JCBゴールドカード

JCB

2003年、成人した頃に初めて作ったクレジットカードです。海外に行く機会が多かったため申し込みを決めました。初めて持つカードなので名前を知っていたJCBを選択しました。インターネットで入会案内を取り寄せて申込んだと記憶しています。入会当時は学生カードでしたが、数年利用して社会人になった頃にゴールドカードへの切り替え案内が届いたので手続きをしました。

舞台の観劇が趣味なので、ゴールドに切り替えてからはプレミアム会員に提供されるチケットサービスをよく利用しています。多種多様なジャンルの演目を取り扱っているので満足しています。また、毎月プレミアムカード会員に送付される情報誌で紹介されている旅行プランは上質なものが多く、こちらもよく利用しています。JCBカードで決済するとポイントも5倍になりますし、手配から決済まで手間もかかりませんので重宝しています。

しかしながらJCBは日本のカードブランドですので海外に行くと不便さを感じるシーンがよくあります。ホテルや空港では問題なく利用できても街のスーパー等ではそもそも利用できない場合や、他の国際ブランドとカードリーダーが違い店員も不慣れなために会計に時間がかかってしまう事も少なくありませんでした。そういったこともあり、今では専らチケットサービスや旅行代金の決済がメインになっています。決済額は月平均2万円程度、旅行を手配した場合は15~20万円といったところです。

JCBのポイントサービスは有効期限もあるため、交換できるポイントが貯まればすぐに商品券や電子マネーに交換するようにしています。年間利用額も50万弱ですのでポイントを貯めることはあまり重要視していません

とにかくディズニーが大好きだから!ディズニーJCBカード

1564作った理由は、とにかくディズニーが大好きだからです。このディズニーJCBカードがスタートした際、ディズニーファンタジークラブメンバー限定で作ることができました、一番最初の限定デザインのカードです。

特典がディズニー関連でキャンペーンなど色々あるし、ポイントがもちろん通常の普段のお買い物でもたまるし、ディズニーリゾート内ではもちろんたまります。そして、そのポイントですが、通常のカードなどは確か事前に申し込みをして、そのポイントにより可能な物や金券などに交換をしておかないと使用ができないけど、このディズニーJCBカードは、ディズニーリゾート内ではカードを提示すれば、すぐにそのたまっているポイントをお買い物や食事で利用することができます。手間がなくレジでそのままたまっているポイントを使えるのがとても便利です。ディズニーファンにとってはうれしいことです。

また、子供のいるママにはちょっと素敵なこともあり、キッズポイントカードというのがあり申し込みをする必要がありますが、13歳未満の子供用のポイントカードを希望により作れます。たまったポイントをキッズカードへ移行することができますし、ディズニーカードクラブに登録すればマイページから可能なだけのポイントを移行できます。

作った年月は確かな年月が思い出せませんが8年以上ぐらい前だったと思います、ディズニーのJCBカードの一番始まりです。

年々ディズニーカードのデザインが増えていて変更も可能ではありますが、私はまだそのまま今では無き初期限定デザインなのでそのまま使用しています。

作ってよかったのは、普段ディズニーには関係のないお買い物でもポイントがたまるし、そのポイントを事前交換なくディズニーリゾート内で買い物や食事に当日すぐにレジ支払いに使用できることが便利なことです。

ディズニーリゾート内だけでなく、街にあるディズニーストアでもポイント使用ができます。ポイント利用以外での特典はメンバー限定のグリーティングやパーティもありますが、事前申し込みで抽選です。

利用額は月5~6万ぐらいです。月により前後します。

このカードで気をつけないといけないのは支払い方法がリボルビング払いだけだということです。JCB EIT

1233ちょうどキャンペーンをやっていて、メールでその宣伝がきたので、それにつられて入りました。入会したのは2014年です。

カード発行日から4ヶ月間以内に10万円以上利用すれば3000円キャッシュバックというキャンペーンでした。車の保険料と電気製品の買い物でクリヤしました。

やはりこういう、買い物でカードを利用すれば何千円かもらえるというのは、やらないと損ですね。でもそのために無駄な買い物をするのは本末転倒なので、どうしても必要な多額の支出をやりくりして、こういうカードで払えばいいわけですから。

このカードで気をつけないといけないのは、支払い方法がリボルビング払いだけだということです。一括払いという選択肢はありません。したがって、何もしないとリボルビング手数料を取られます。

これを避けるには、リボルビング(分割)払いでなく1回で支払ってしまえばいいわけです。それには、リボルビング払いの元金を充分大きくしておきます。

たとえば利用額が5万円くらいだったら、元金を10万円にしておきます。もちろん預金残高がそれ以上ないといけませんが、私の場合は引き落とし口座に充分残高があったので、この方法が使えました。

カードをうまく使うには、こういう細かいこともいとわずにコツコツとやって、出て行く分をできるだけ押さえて、入る分を増やすことです。

レビューを全部読む(9件)

このエントリーをはてなブックマークに追加

JCBカード一覧

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGEは29歳以下しか持てない限定カード!、入会後3ヵ月間はポイント3倍、4ヵ月目以降も1.5倍、さらに海外でのご利用分は常にポイント2倍と、EXTAGEカードならではの充実したポイントサービスを備えています。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
原則として18歳以上29歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上29歳以下で学生の方。
JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE 通常のJCB CARD EXTAGEをさらにグレードアップさせたJCB GOLD EXTAGEは、国内旅行傷害保険や空港ラウンジ利用サービスが自動付帯します。通常版ではちょっと物足りない方にはこちらがお勧め!

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
3,000円+税 (家族会員1,000円+税)
審査基準/入会条件
原則として20歳以上29歳以下で、ご本人に安定継続収入のある方。
JCBゴールド

JCBゴールド ハイクオリティなサービスを兼ね備えるゴールドの名にふさわしい安心とゆとりのカード。ワンランク上の満足と充実の保険やサポートを備えた価値ある1枚。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
10,000円+税
審査基準/入会条件
JCB一般カード

JCB一般カード JCBカードはこれ1枚あれば全てOKと言う、多彩な機能とサービスを兼ね備えた、日本を代表するカードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,250円+税
審査基準/入会条件
JCB EIT(ジェーシービー エイト)

JCB EIT(ジェーシービー エイト) WEB入会限定!年会費無料なのにポイント2倍、海外旅行傷害保険が自動付帯!スタイリッシュでムダのないJCB EITカードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
JCB LINDA

JCB LINDA きれい発掘、女性を応援するカードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
原則として18歳以上のご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18 歳以上の学生の方で日本国内の金融機関に個人口座をお持ちの方。
JCB LINDAイマージュ

JCB LINDAイマージュ きれい発掘、女性を応援するカード、JCB LINDAイマージュです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
原則として18歳以上のご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18 歳以上の学生の方で日本国内の金融機関に個人口座をお持ちの方。
JCB LINDAストライプ

JCB LINDAストライプ きれい発掘、女性を応援するカード、JCB LINDAストライプです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
原則として18歳以上のご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18 歳以上の学生の方で日本国内の金融機関に個人口座をお持ちの方。
JCB LINDAポニーテール

JCB LINDAポニーテール きれい発掘、女性を応援するカード、JCB LINDAポニーテールです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
原則として18歳以上のご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18 歳以上の学生の方で日本国内の金融機関に個人口座をお持ちの方。
JCBカード/プラスANAマイレージクラブ

JCBカード/プラスANAマイレージクラブ JCBオリジナルシリーズのカードにANAマイレージの機能が搭載されました。これからはフライトマイルを貯めることも可能です!オリジナルを持ちながらANAマイルを貯めていきたい人におすすめです!

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,250円+税
審査基準/入会条件
18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
JCBカード/プラスANAマイレージクラブ ゴールド

JCBカード/プラスANAマイレージクラブ ゴールド JCBオリジナルシリーズのゴールドカードにANAマイレージの機能が搭載。これからはフライトマイルを貯めることも可能です!オリジナルを持ちながらANAマイルを貯めていきたい人におすすめです!

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
10,000円+税
審査基準/入会条件
20歳以上で、安定継続収入のある方、電話連絡可能な方。
JCBドライバーズプラスカード

JCBドライバーズプラスカード ETC機能の付いたJCBドライバーズプラスカード。ショッピング利用、高速道路、GS給油での利用でキャッシュバックもあります。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,250円+税
審査基準/入会条件
JCBドライバーズプラス・ゴールドカード

JCBドライバーズプラス・ゴールドカード ETC機能とゴールドカードの充実サービスが一体となったカードです。ショッピング利用、高速道路、GS給油での利用でキャッシュバックもあります。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
10,000円+税
審査基準/入会条件
JCB・JALカード

JCB・JALカード マイルのためやすさと使いやすさを実感いただける、JALのマイレージ・プログラムをよりおトクにするカード。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
2,000円+税
審査基準/入会条件
JCB・JAL CLUB-Aカード

JCB・JAL CLUB-Aカード マイルのためやすさと使いやすさを実感いただける、JALのマイレージ・プログラムをよりおトクにするカード。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
10,000円+税
審査基準/入会条件
JCB・JALゴールドカード

JCB・JALゴールドカード マイルが貯めやすいJALマイレージ・バンクに自動登録。JAL・提携航空便のご搭乗、各種ボーナスマイル、特約店でのお買物でもマイル獲得。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
16,000円+税
審査基準/入会条件
JALカード navi (JAL・JCBカード)

JALカード navi (JAL・JCBカード) JALカード naviは在学期間中年会費無料の学生用カードです。マイルも貯まる、お得なJALのマイレージカード。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
To Me CARD Prime

To Me CARD Prime 「To Me CARD Prime」は、PASMOオートチャージができ、東京メトロに乗るだけでポイントが貯まる大変オトクなカードです。東京メトロなら平日は乗車ポイントがなんと5倍になります!!貯まったポイントはPASMOにチャージして現金の代わりに使うことができます!

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
2,000円+税(JCB家族会員400円+税)
審査基準/入会条件
原則として年齢18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。
ETC/JCBカード

ETC/JCBカード 有料道路の料金所をノンストップで通行可能にするETC機能とJCBカードがひとつになったクレジットカードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,250円+税
審査基準/入会条件
ETC/JCBゴールドカード

ETC/JCBゴールドカード 有料道路の料金所をノンストップで通行可能にするETC機能とJCBゴールドカードがひとつになったクレジットカードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
10,000円+税
審査基準/入会条件

特徴・機能別クレジットカード

  • スピード発行のクレジットカード。お急ぎの方へ!最短即日発行のカードも
  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
JCB CARD EXTAGE
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加