ホーム > JCBカード > ユーザーレビュー・評価

JCBカードユーザーのレビュー・評価

舞台の観劇にプレミアム会員チケットサービスを利用しています。JCBゴールドカード

JCB

2003年、成人した頃に初めて作ったクレジットカードです。海外に行く機会が多かったため申し込みを決めました。初めて持つカードなので名前を知っていたJCBを選択しました。インターネットで入会案内を取り寄せて申込んだと記憶しています。入会当時は学生カードでしたが、数年利用して社会人になった頃にゴールドカードへの切り替え案内が届いたので手続きをしました。

舞台の観劇が趣味なので、ゴールドに切り替えてからはプレミアム会員に提供されるチケットサービスをよく利用しています。多種多様なジャンルの演目を取り扱っているので満足しています。また、毎月プレミアムカード会員に送付される情報誌で紹介されている旅行プランは上質なものが多く、こちらもよく利用しています。JCBカードで決済するとポイントも5倍になりますし、手配から決済まで手間もかかりませんので重宝しています。

しかしながらJCBは日本のカードブランドですので海外に行くと不便さを感じるシーンがよくあります。ホテルや空港では問題なく利用できても街のスーパー等ではそもそも利用できない場合や、他の国際ブランドとカードリーダーが違い店員も不慣れなために会計に時間がかかってしまう事も少なくありませんでした。そういったこともあり、今では専らチケットサービスや旅行代金の決済がメインになっています。決済額は月平均2万円程度、旅行を手配した場合は15~20万円といったところです。

JCBのポイントサービスは有効期限もあるため、交換できるポイントが貯まればすぐに商品券や電子マネーに交換するようにしています。年間利用額も50万弱ですのでポイントを貯めることはあまり重要視していません

とにかくディズニーが大好きだから!ディズニーJCBカード

1564作った理由は、とにかくディズニーが大好きだからです。このディズニーJCBカードがスタートした際、ディズニーファンタジークラブメンバー限定で作ることができました、一番最初の限定デザインのカードです。

特典がディズニー関連でキャンペーンなど色々あるし、ポイントがもちろん通常の普段のお買い物でもたまるし、ディズニーリゾート内ではもちろんたまります。そして、そのポイントですが、通常のカードなどは確か事前に申し込みをして、そのポイントにより可能な物や金券などに交換をしておかないと使用ができないけど、このディズニーJCBカードは、ディズニーリゾート内ではカードを提示すれば、すぐにそのたまっているポイントをお買い物や食事で利用することができます。手間がなくレジでそのままたまっているポイントを使えるのがとても便利です。ディズニーファンにとってはうれしいことです。

また、子供のいるママにはちょっと素敵なこともあり、キッズポイントカードというのがあり申し込みをする必要がありますが、13歳未満の子供用のポイントカードを希望により作れます。たまったポイントをキッズカードへ移行することができますし、ディズニーカードクラブに登録すればマイページから可能なだけのポイントを移行できます。

作った年月は確かな年月が思い出せませんが8年以上ぐらい前だったと思います、ディズニーのJCBカードの一番始まりです。

年々ディズニーカードのデザインが増えていて変更も可能ではありますが、私はまだそのまま今では無き初期限定デザインなのでそのまま使用しています。

作ってよかったのは、普段ディズニーには関係のないお買い物でもポイントがたまるし、そのポイントを事前交換なくディズニーリゾート内で買い物や食事に当日すぐにレジ支払いに使用できることが便利なことです。

ディズニーリゾート内だけでなく、街にあるディズニーストアでもポイント使用ができます。ポイント利用以外での特典はメンバー限定のグリーティングやパーティもありますが、事前申し込みで抽選です。

利用額は月5~6万ぐらいです。月により前後します。

このカードで気をつけないといけないのは支払い方法がリボルビング払いだけだということです。JCB EIT

1233ちょうどキャンペーンをやっていて、メールでその宣伝がきたので、それにつられて入りました。入会したのは2014年です。

カード発行日から4ヶ月間以内に10万円以上利用すれば3000円キャッシュバックというキャンペーンでした。車の保険料と電気製品の買い物でクリヤしました。

やはりこういう、買い物でカードを利用すれば何千円かもらえるというのは、やらないと損ですね。でもそのために無駄な買い物をするのは本末転倒なので、どうしても必要な多額の支出をやりくりして、こういうカードで払えばいいわけですから。

このカードで気をつけないといけないのは、支払い方法がリボルビング払いだけだということです。一括払いという選択肢はありません。したがって、何もしないとリボルビング手数料を取られます。

これを避けるには、リボルビング(分割)払いでなく1回で支払ってしまえばいいわけです。それには、リボルビング払いの元金を充分大きくしておきます。

たとえば利用額が5万円くらいだったら、元金を10万円にしておきます。もちろん預金残高がそれ以上ないといけませんが、私の場合は引き落とし口座に充分残高があったので、この方法が使えました。

カードをうまく使うには、こういう細かいこともいとわずにコツコツとやって、出て行く分をできるだけ押さえて、入る分を増やすことです。

小学生から好きなキャラクターデザインのクレジットカードがJCBカードであったので迷わず作ろうと思いました。

◎ クレジットカードをいつどこで作ったか。作った理由。

JCBカードを作ろうと思ったきっかけは社会人になり”クレジットカードの1枚くらいは持ってた方が良いかな…”という単純な思いからで、どこのクレジットカードを作ろうかと考えていたところ、私が小学生くらいから好きなキャラクターデザインのクレジットカードがJCBカードであったので迷わず作ろうと思いました。

絵柄は4パターンの中から選択できます。年会費は確か1312円かかるのですが貯まったポイントで市場では売られていないJCB○○○○会員のみの特典としてオリジナルグッズがポイントに応じて交換ができます。時には商品入替などで以前の必要ポイントより低めでお得に商品交換できたり福袋タイプの物もあります。

車に乗るようになってからはETCカードも作りました。これも同じくキャラクターの絵柄のETCカードが作れますがこちらの絵柄パターンは1つのみです。結婚したのを機に銀行の方に名義変更するよう言われ、言いなりに変更したら自宅に送られて来たETCカードは可愛げもなにも愛想のないカードに変更されていました。変更手続きの時に聞いて欲しかった…。

◎そのカードを作って良かった点

店舗で買い物した際は、このクレジットカードを出すと「かわいいクレジットカー
ドですね」と言われ承認待ちの話のきっかけ作りにもなったりしています。

◎悪かった点

今のご時世では”無料”でクレジットカードを作れるものもたくさんあります。年会費を払ってでも持ちたいクレジットカードというのは人それぞれだと思います。メインカードは、このJCBカードになるのですがクレジットカードの恐ろしいところはサインのみかサインレスで簡単に購入できるので毎月、月末あたりに明細請求書が届きビックリすることが多々あります。便利な反面、自分の生活基準も狂わすクレジットカード…使用にはくれぐれも気をつけなければなりません。結局クレジットカードは”借金”なのですから。

◎主に利用している場所、毎月の利用額

日々の食品購入などにも使用してネット購入にも使用するので毎月約10万円前後

欲を言えば年に一回程度で充分なのでポイント還元率を2倍や3倍にしてくれたら・・・JCBカード

職場に出入りしていた銀行の人が、キャンペーン中とのことで勧めてくれたカードがJCBでした。カード発行で5,000ポイントが付くと言われて、年会費と入会金も無料と勧められ、新入社員でカードを持っていなかったので言われるがままに作ることにしました。

初めは使い方が解らなくてお財布に入れていただけだったのですが、ネットショッピングをするようになって、支払いが代金引換では手数料が高額で勿体ないので初めてカードを使い、思っていたより手軽に使えて便利な物だと認識しました。

結婚してからは、このカードを家計簿代わりにメインに使おうと思い、光熱費や携帯電話代、NHKなど公共料金をすべてJCBで支払っています。

毎月100,000円程度の使用でETCサービスも使っているので、年間使用金額によるポイントアップ対象となり、かなりお得にポイントを溜めています。

欲を言えば年に一回程度で充分なのでポイント還元率を2倍や3倍にしてくれたら、計画的に大きな買い物が出来るのにと思います。

ポイントはJCBのサイトで交換手続きをして支払いへ充当したり、JCBギフトカードにして買い物に使っています。海外旅行などでもJCBはどこの国でも使えるので、現金を多く持ち歩く必要が無くて安全で助かりました。

これは無理かなと思ったときに審査が通ったのがJCBのプロパーカードでした

あれは、20歳前後の時でした、アルバイトもあまりしてなく、現金もなくて、けど遊びたいそんな気持ちがずっとありました。なんとか楽してお金を使いたいと考えていた私は、クレジットカードを作ってみようと思いました。

アルバイトもしてないのに、いろいろと携帯やwi-fiや新聞など固定費のかかるものを多く契約していたので、未払いが多くなかなかカード会社の審査に手こずりました。一気に何社も応募したともあって、なかなか審査がおりなかったのも、覚えています。もう、これは無理かなと思ったときに、審査が通ったのがJCBのプロパーカードでした。とても嬉しかったですね。

作った日に、いきなり10万円のパソコンを買ってしました笑。馬鹿です。

分割で買ったのですが、それが失敗でしたね。毎月毎月、分割の支払いにかなり困りました。いきなり返済も考えずにカードを使ってしまいました。支払日に引き落とせなかったら、カードは止まるし、家にも手紙がくるし冷や汗モノでしたね。

カードのいいポイントとしては、
・現金がなくても、買い物ができるのでいざって時に安心ができる。
・自分の使った額がはっきりわかるので、お金の管理をしやすい。
などがありますが、僕にとっては完全に裏目にでましたね。笑

結局、アホみたいにポンポンカードを使っていたので、支払いに困り、リボ払いになり、金銭感覚がなくなり、どんどんカードに依存していくようになりました。

コンビニなどでの、小口決済でも簡単にカードを使っていくようになり、いつもすぐに限度額がいっぱいになってしまいました。さすがに、このままではまずいと思い、なんとかしようと試みましたが、なかなかカードの癖は向けなかったですね。

荒治療としてカードのサービスを停止して、返済に一生懸命になり、一年がかりでなんとか返済はできました。もっとうまく使えば、ポイントを貯めて、そのポイントで旅行したり買い物できたんじゃないかと思います。カードのブランドももっとはじめから選べたらよかったなと思います。うまく使えば、幸せに付き合えると思います。しかし、カードに使われるとどんどん自分を負のスパイラスに追い込んでしまうと私は、思います。

海外旅行保険も付帯されてるので空港でわざわざ高いお金を払ってかけずに済みました。JCBゴールド

JCBゴールドは15年以上前に家族カードとして作りました。以前は普通のJCBカードでしたが、カード会社からの勧めでゴールドにアップしました。

年会費は本会員は1万円と結構高いので請求時にびっくりします。10年以上前は家族で頻繁に海外旅行に行っていたので、海外旅行保険も付帯されていたので、空港でわざわざ高いお金を払って海外旅行保険をかけずに済みました。海外で使っても保障がありますし、海外にはゴールドカードは必需品です。

このカードでは、家庭の光熱費や携帯代、プロバイダ代などを1年前からカード払いにするように切り替えました。口座振替よりも、OkiDokポイントも貯まりますし、ポイントステージも上がります。光熱費をカード払いにしてから月々の請求額は平均4万円ほどになっています。4万円×12か月=年間50万円ほどの使用額となり、ポイントステージがβとなります。

ポイントは常にJCBギフトカードに交換すると決めています。なかなか貯まらないのですが、年に数回ですがギフトカードに交換するとボーナスのような感じです。

JCBカードならではのキャンペーンも毎年楽しみに応募しています。東京ディズニーランドに行けるかもしれないJCBマジカルが応募できます。他にもキャンペーンが常に行われているので、ホームページを時々チェックして応募します。

安心感が大きいJCBグランデの保険

■安心な保険が備わっているJCBグランデ

JCBグランデというクレジットカードを活用しています。JCBという国際的なブランドのクレジットカードですので、非常に性能は高いと実際に利用して感じています。

■JCBグランデの入手方法

JCBグランデというクレジットカードですが、私が手に入れた方法は家族会員に申し込むという方法です。家族がもともとJCBグランデを利用していました、ですので、家族会員に申し込んだわけです。年会費のほうは、1,050円ということで本会員になるよりも安いという部分にもひかれました。

■JCBグランデの活用方法

JCBグランデの活用方法ですが、主にインターネットショッピングです。まずJCB系列のクレジットカードが使えないようなショッピングサイトはほとんどありませんので、買い物には欠かせないといった感じです。

また、JCBグランデのポイントもしっかりと活用させていただいています。家族カードですので、家族でポイントをためさせていただいています。そのポイントを、毎年1回ほどカタログを送っていただきまして商品と交換しています。“コップ”や“お皿”などと交換していることが多いです。日用必需品と交換できるのはうれしいものです。

■安心感が大きいJCBグランデの保険

うれしい事にいままでクレジットカードの保険というものを活用しなければいけない事になった事はありません。しかし、JCBグランデは手厚い保険が付いていますので、非常に安心して利用させていただいているという効果があると思います。

具体的には“海外旅行傷害保険”や“国内旅行傷害保険”などがあります。旅行時にいろいろと補償してくれるものです。何かあった時に助けてもらえると思いまして、旅行時には必ず持ち歩いています。また、“ショッピングガード保険”も付帯していますので、ショッピング等で気軽にカードを使っている一つの原因がこちらの保険にもあります。

これからも、いい保険が付いているJCBグランデを効果的に活用させていただこうと思っています。

利用できなくて困った、といったことが無いのがJCBカード!

私がJCBカードを作ったきっかけは、忘れもしない、社会人デビューの時でした。商業高校を卒業して、初めて正社員として一部上場企業に入社。最初の導入研修で、お給与振込口座として、会社のメインバンクだった銀行に口座開設手続きする際に、あわせて提携のJCBカードを作るように薦められ、言われるままに申し込んだのがきっかけです。

すでに40代となった私にとって、一番長い付き合いのクレジットカードとなりました。良かった点といえば、なにより、使用できるお店やネットショップなどが多いこと。今でこそ、どのクレジットカードも大体使用可能のお店が増えていますが、当時はまだカード会社によっては取り扱いしていないところも多かったので、その点、JCBを取り扱っていないお店に出会ったことがないくらいだった私にとって、非常に使い勝手の良い、助かるカードになりました。

悪かった点は特にはないのですが、あえて言うなら、リボ払いやキャッシングの金利を
もう少し下げてくれるとうれしいな、と思います。作ってから15年くらいは、街での買い物に利用することが多かったのですが、今はネットショッピングを多く利用するため、ネットでの利用が圧倒的に増えてます。一人暮らしを始めたこともあり、光熱費などの引き落としにも利用してます。利用額は、毎月2万円前後です。

付帯サービスについては、覚えきれないくらいに多いのですが、正直、付帯サービス目当てで利用していないため、把握してないです。ともかく、利用できなくて困った、といったことが無いのがJCB、という印象が強いのでしょう。

クレジットカードに求めるものは、ポイント還元率の良さ。ポイントを商品化して使うにおいての、選択商品の充実度です。できたら、ポイントを現金化できたらうれしいな、と思います。今までためたポイントは、その都度、商品に交換しています。今後、あらゆる使い道が増えるといいな、と期待しています。


ホーム > JCBカード > ユーザーレビュー・評価

特選クレジットカード

楽天カード

楽天カード 年会費無料 / いつでもどこでも100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場でのお買い物は最強の還元率2~7% / 貯めたポイントは1ポイントから使える

JCBカード

JCBカード JCBカードは多彩な機能とサービスを兼ね備えた、日本発の国際ブランドカード。オンライン入会で初年度年会費無料 / 海外利用でポイント2倍 / スタバでポイント5倍、セブンで3倍!

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード 信頼と安心のブランド / 初年度年会費無料 / VISAと言えば三井住友カード / 安心の海外旅行傷害保険付き / 最大10,000円分プレゼントキャンペーン!

イオンカード

イオンカード すべて年会費無料 / 電子マネー「WAON」との相性もバツグン / イオンで豪華特典 / 割引&ポイント倍増のオンパレード / ETCカードも無料 / WEB限定キャンペーン実施中

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード 空港ラウンジ / 手荷物無料宅配サービス / 海外用携帯電話レンタル割引など旅行に行くならアメリカン・エキスプレス。【初年度年会費無料キャンペーン実施中!】

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT 電子マネーiDとQUICPayをダブル搭載した便利な一枚! / 年会費無料 / いつでもどこでもポイント1%還元! / 入会後6ヶ月間はなんとポイントが2倍(2%)! / オリコモールを経由しての買い物でプラス0.5%分の特別加算

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 入会で自動的にSPGゴールド会員 / 継続で無料宿泊特典 / スターポイントは有利にマイルに移行可能 JAL・ANAもOK / 最高1億円の海外旅行傷害保険付帯 / 手荷物無料宅配サービスが復路で利用可能

VIASOカード

VIASOカード 年会費無料 / VIASO eショップ利用で最大10%のポイント還元 / 貯まったポイントは1ポイント1円で自動キャッシュバック / ETC、携帯料金、プロバイダー料金はポイント2倍 / 最高100万円のショッピング保険

MUFGカード

MUFGカード 年会費1,905円(税別)で持てるゴールド / 初年度年会費無料 / 海外旅行傷害保険自動付帯 / 最短翌営業日発行 / ショッピング保険付帯 / 今ならキャンペーン実施中

ライフカード

ライフカード 年会費永年無料 / 誕生月はポイント3倍 / 入会後1年間はポイント1.5倍 / ステージ制プログラムはポイント最大2倍 / 50万利用でスペシャルボーナス300ポイント / 最大12,000円分プレゼントキャンペーン!

特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード
JCBカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加