海外旅行保険に無料で入れるクレジットカード

もし海外で手術することになったら・・・

海外旅行に行く時に忘れてはならないのがパスポートと海外旅行保険と言うほど、海外旅行保険に加入せずに旅行に行くのはさすがに無謀です。なぜなら海外での医療費は日本と比べてかなり高額だからです。たとえば、サンフランシスコで盲腸手術を受け2~3日入院した場合にかかる医療費は250万円にものぼります

<医療費ランキング> ※盲腸手術で2~3日入院した場合を想定
旅行先都市名 医療費用
1 サンフランシスコ 2,500,000円
2 ニューヨーク 2,160,000円
3 ハワイ 1,950,000円
4 ロンドン 1,512,000円
5 バンクーバー 1,500,000円
6 パリ 1,134,000円
7 ローマ 1,100,000円
8 香港 900,000円
9 グアム 864,000円
10 上海 680,000円
11 ソウル 630,000円
12 バンコク 400,000円
13 北京 200,000円

海外旅行先で入院したらいくらかかる?都市別医療費ランキング! (2008年AIU調査)

 

旅行先では何が起こるかわかりません。軽い怪我や風邪で現地の病院に診察してもらいたくても、海外では日本の保険証が使えないので、予想外に高額な診察料を請求されることがあります。

数日間の旅行だから大丈夫だろうという淡い期待ではなく、万が一の時でも大丈夫という安心を持って、海外旅行に行ってください

海外旅行損害保険には損害保険会社が独自に提供する保険のほかに、クレジットカードに付帯するものがあります。年会費無料のクレジットカードに付帯する海外旅行保険を複数併用することで、高い保険料を支払った時と同等の補償を一円も払わずに受けることができます。

また、旅行保険が付帯するクレジットカードを複数枚作ることで補償を充実させることができます。疾病・傷害治療費用の補償額は合算できるからです。

EITカードの補償額は最高2,000万円、エポスカードの補償額は最高500万円です。しかし、海外旅行傷害保険で重視したいのは「傷害治療費用」にいくら割り当てられているかという点です。傷害治療費用は、怪我をしたときに払われる治療代金なので、ここが高額であればあるほど助かります。EITカードは傷害死亡・後遺障害費用が最高2,000万円ですが、傷害治療費用は100万円です。逆にエポスカードは傷害死亡・後遺障害費用500万円ですが、傷害治療費用は200万円です。傷害死亡・後遺障害費用は、死亡時に遺族などに渡される保険金のことを指していますが、恩恵を受ける確率が高いのは傷害治療費用の方です。

いくら無料で適用される保険でも、治療費用が100万円ほどでは心もとない・・・と不安になる方もいると思います。しかしここで覚えておいて欲しいのが、クレジットカードの海外旅行傷害保険は別カード会社であれば保険額が合算できるという事実です。つまり、EITカードとエポスカードを2枚持っている場合は、EIT治療費用100万円+エポス治療費用200万円で、合計で最高300万円の治療補償を受けることができます。

このように、1枚で不安な方は、海外旅行傷害保険が自動付帯されたクレジットカードを複数枚同時に持って、保険内容を充実させるのがいいでしょう。ただし、傷害死亡・後遺障害費用は合算されないのでご注意ください。傷害死亡・後遺障害費用は、その方の持っているクレジットカードの中でも一番金額の高いものだけが適用されます。つまりEITカードとエポスカードの両方持ってるなら、傷害死亡・後遺障害時はEITの2,000万円だけが補償されることになります。

またJCB EITカードは保険のほかに24時間・年中無休・通話料無料の電話相談サービス「JCBプラザコールセンター(海外)」が提供されています。旅行先で体調不良になっても英語が話せないとなかなか自分の状況を伝えにくいですよね、しかしこの通話相談サービスを使えば日本語で相談できますし、病院に行ったほうがいいのか、またその場合どうすればいいのかといった質問をして的確なアドバイスを受けることもできます。とても心強いですね。

自動付帯なら持っているだけで適用

もうひとつ覚えておいて欲しいのは、付帯条件には自動付帯と利用付帯があるということです。利用付帯は旅行代金を決済したときだけ付帯されるもので、自動付帯は持っているだけで付帯されるものです。つまり自動付帯であれば旅行代金をカードで決済しなくても保険が有効になるということです。

このように、できるだけお金をかけずに旅行保険に入りたい!という方は、海外旅行保険が自動付帯されている年会費無料クレジットカードを複数枚持つという賢い方法を実践して出費をカットしてください。

以下に年会費無料で自動付帯のクレジットカードをピックアップしました。特に疾病・傷害補償を手厚くしたい方に複数枚戦略が有効です。ただし多重申し込みには注意してください。短期間に複数のカードに申し込むと審査に通りにくくなるので、3枚以上申し込む場合は一度に申し込まず、間隔を空けた方が無難です。

海外旅行保険が自動付帯で年会費無料のカード

オリコカード iB オリコカード iBは、海外旅行障害保険は自動付帯。死亡・後遺障害が2,000万円に対して、傷害治療費用が200万円、疾病治療費用が200万円と、病気や怪我の補償がEITカードより高く、保険のお世話になる可能性が高い病気や怪我の補償が手厚くなっています。疾病補償は合算できるので、EITカードと併せて持てば、100万+200万で300万の補償を得ることができます。賠償責任2,000万円、救援者費用 200万円、携行品損害が20万円も付帯しています。初年度年会費無料。年に一回でもカードを利用すれば次年度も無料なので、実質年会費無料です。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

エポスカード エポスカードは、海外旅行障害保険は死亡・後遺障害が500万円に対して、傷害治療費用が200万円、疾病治療費用が270万円と、こちらも病気や怪我の補償がEITカードより高いのが特長。保険を使う可能性が高い病気や怪我の補償が手厚くなっています。疾病補償は合算できるので、EITカード、iB と併せて持てば、100万+200万+270万で570万の補償を得ることができます。賠償責任2,000万円、救援者費用 100万円、携行品損害が20万円も付帯しています。年会費永年無料

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

JCB EIT(ジェーシービー エイト) JCB EIT(ジェーシービー エイト)は、海外旅行障害保険は死亡・後遺障害が2,000万円、傷害治療費用が100万円、疾病治療費用が100万円が自動付帯します。そのほか賠償責任2,000万円、救援者費用 100万円、携行品損害が20万円と補償が充実しています。またショッピングガード保険が付帯しているので、JCB EITを利用して購入した物品で購入日から90日以内に、偶然な事故によって損害を被った場合に補償されます。

また、海外旅行中の万が一の事故や緊急トラブル時に電話で相談できるサービス「JCBプラザコールセンター(海外)」を利用すれば、ケガや病気の際の病院案内のほか、クレジットカード、パスポートの紛失・盗難など、海外での不慮の事故やトラブルに日本語でサポートしてくれるので安心です(24時間・年中無休)。年会費永年無料

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

REX CARD Lite REX CARD Lite は、海外旅行障害保険は死亡・後遺障害が最高2,000万円。傷害治療費用が最高200万円、疾病治療費用が最高200万円と、治療費用の補償額が充実。さらに賠償責任が最高2,000万円、救援者費用が年間最高200万円、携行品損害が1旅行かつ1年の限度額として最高20万円付帯しています。年会費永年無料。年会費無料カードとして最高水準の還元率1.25%です。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

横浜インビテーションカード(ハマカード) 横浜インビテーションカードは、海外旅行障害保険は死亡・後遺障害が2,000万円。傷害治療費用が200万円、疾病治療費用が200万円と、こちらも病気や怪我の補償が手厚くなっています。保険を使う可能性が高い病気や怪我の補償が手厚くなっています。疾病補償は合算できます。賠償責任2,000万円、救援者費用 200万円、携行品損害 20万円も付帯しています。カード名に「横浜」が入っていますが、横浜市民でない方でも申し込めます。2013年からVISAブランドが選べるようになりました。年会費永年無料

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

DCカードJizile(ジザイル) DCカードJizile(ジザイル)は、海外旅行障害保険は死亡・後遺障害が1,000万円。傷害治療費用が30万円、疾病治療費用が30万円と、治療費用の補償額は薄いものの賠償責任1,000万円、救援者費用 50万円、携行品損害が1旅行につき10万円付帯しています。年会費永年無料。リボ払い専用カードですが JCB EIT同様、初回のリボ手数料無料なので、毎月のリボ返済額(5万円まで設定可能)の範囲内で一括払いすれば手数料はかかりません。ポイント付与は1,000円に付き3ポイント(2013年8月16日よりUP!)で、年会費無料カードとして最高水準の還元率1.5%です。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

海外旅行保険が利用付帯で年会費無料のカード

楽天カード楽天カードはショッピング100円ごとに1ポイント付与される常時1%還元のカード。VISAブランドを選べば海外でも広く使える頼もしい味方になります。さらに楽天市場で買い物した場合はポイント2倍の2%還元も魅力のひとつです。

楽天カードは年会費永年無料。海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯します。

楽天カードは利用付帯です。旅行保険を有効にするためには、旅行代金をカードで払う必要があります。ただしちょっとした工夫で利用付帯の海外旅行保険を適用する方法もあるので、この手を使って疾病保障を上乗せしてみてはいかがでしょうか。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

高い補償は上位カードで備えよう

上記で紹介したカードは年会費が無料のカードですが、年会費の安さよりも補償の充実を求める方におすすめのカードを紹介します。

アメリカン・エキスプレス・カードは、最高5,000万の海外旅行保険が付帯しています。グリーンカードでもゴールドカード級に海外旅行サポートやサービスが充実しています。

例えば、海外旅行先でのレストランの予約や医療機関の紹介など、24時間日本語で対応してくれるオーバーシーズ・アシスト。世界140余ヶ国、2,200ヶ所以上で、各種旅行の手配やカード緊急再発行の手続きなど、カード会員の快適な旅をサポートするトラベル・サービス・オフィスなどが提供されます。

アメリカン・エキスプレス・カード 海外旅行の代金をアメリカン・エキスプレス・カードで支払うと、最高5,000万円までの補償が適用されます。さらに、カード会員の配偶者、カード会員と生計を共にする親族は最高1,000万円までの補償が付きます。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

1,000円につき15マイル貯まるトップレベルの換算率

マイレージ・プラスセゾンアメリカン・エキスプレス・カードユナイテッド航空のマイレージ・プラスセゾンアメリカン・エキスプレス・カードは、通常1,000円につき5マイルのところ、追加年会費5,000円(税抜)のマイルアップメンバーズに加入すると、10マイルが加算され 1,000円につき15マイル貯まる

一般カードにもかかわらず、最高3,000万の海外旅行保険が自動付帯しています。

ユナイテッド航空はもちろん、ANA、シンガポール航空、タイ国際航空などスターアライアンス各社の利用でもマイルが貯まります。貯めたマイルでスターアライアンス各社の特典チケット交換することも可能です。

ユナイテッド航空で貯めたマイルはANAの国内線特典航空券に交換できるので、ANAマイラーにも人気のカードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
  • 治療費に限っていえば、海外旅行保険が自動付帯するカードを複数枚合算して数百万。プラチナクラスのカードで一千万止まりです。しかし、一千万を超える高額支払い事例は少なくないという現状があります。万が一に備え、クレジットカード付帯保険よりもさらに高い補償を求めるとなると、追加で海外旅行保険に加入する必要があります。不足分をカバーする目的で加入するのに最適なのが、ネット専用旅行保険の「t@biho(たびほ)」です。

    インタビュー 第21回 t@biho たびほ

長期滞在時に使える裏技

海外旅行傷害保険を利用付帯にしているクレジットカードの、そのほとんどが、保険の適用条件として出国前に公共交通機関料金をカードで払った場合、また旅行代金をカード払いにした場合のみと定めています。なにもせずとも自動で保険が適用される自動付帯がやはりベストですが、しかし実は、カードによっては、利用付帯ならではの便利な裏技を使うことができます。

それは、旅行保険の無料延長です。

カードの海外旅行傷害保険の補償期間は、だいたい90日間と定められています。しかし、シティカードを使って、これを無料で伸ばすことができます。

シティカードでは、海外旅行傷害保険を利用付帯にしています。空港に行くまでのタクシー、リムジンバス、鉄道料金等、公共交通乗用具の料金や、宿泊を伴う募集型企画旅行の料金をシティカードで支払えば旅行保険が適用になるというシステムは他と同じです。しかし、シティカードは、海外に行ってから、公共交通乗用具の料金をシティカードで支払った場合にも、保険が適用されます。

つまり、90日間以上旅行に行く予定のある方は、出国前に別のカードの海外旅行傷害保険を利用して保険を適用させます。そして90日近くなり、そろそろ保険が終わるころに、現地で電車やバスの料金をシティカードを使って支払えば、そこからふたたび90日間の補償がつき保険は無料で延長されたことになります。

海外旅行保険の豆知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行保険に無料で入れるクレジットカード一覧

楽天カード

楽天カード いつでもどこでも楽天スーパーポイントが貯まる 楽天カード。楽天市場での獲得ポイントが『いつでも通常の4倍』入会金・年会費、永年無料です。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード 旅先でも日常の生活でも、アメリカン・エキスプレスならではの心強いサービスの数々が、このうえない心地よさをお届けします。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
12,000円+税
審査基準/入会条件
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはグローバルなあなたの行動力を支える、揺るぎない安心とステータス。ご旅行で、日常のお楽しみで、選ばれた方のためのひとつ上のサービス。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
29,000円+税
審査基準/入会条件
JCB一般カード

JCB一般カード JCBカードはこれ1枚あれば全てOKと言う、多彩な機能とサービスを兼ね備えた、日本を代表するカードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,250円+税
審査基準/入会条件
JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE JCB CARD EXTAGEは29歳以下しか持てない限定カード!、入会後3ヵ月間はポイント3倍、4ヵ月目以降も1.5倍、さらに海外でのご利用分は常にポイント2倍と、EXTAGEカードならではの充実したポイントサービスを備えています。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
原則として18歳以上29歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上29歳以下で学生の方。
JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE 通常のJCB CARD EXTAGEをさらにグレードアップさせたJCB GOLD EXTAGEは、国内旅行傷害保険や空港ラウンジ利用サービスが自動付帯します。通常版ではちょっと物足りない方にはこちらがお勧め!

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
3,000円+税 (家族会員1,000円+税)
審査基準/入会条件
原則として20歳以上29歳以下で、ご本人に安定継続収入のある方。
JCBゴールド

JCBゴールド JCBゴールドはハイクオリティなサービスを兼ね備えるゴールドの名にふさわしいカード。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
10,000円+税
審査基準/入会条件
ライフ(旅行傷害保険付き)

ライフ(旅行傷害保険付き) ライフカードMasterCard。初年度年会費無料で、海外(最高2000万円)、国内(最高1000万円)の旅行傷害保険も付帯します。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,250円+税
審査基準/入会条件
学生専用ライフカード

学生専用ライフカード なにかと支出の多い学生生活をばっちりサポートしてくれる学生専用カード!年会費無料なのに各種保険もばっちり!学生ならではのお得で安心なサポートが満載。はじめてのクレジットカードなら、ライフカードがおすすめです!

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方
MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールド MUFGカード ゴールドは年会費1,905円+税のゴールドカード。御手頃な価格でゴールドのステータスはそのままに。(初年度年会費無料)

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,905円+税
審査基準/入会条件
18才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方。 (学生を除く)
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは2000円の年会費でアメックス、しかもゴールドが持てる!海外での利用に強く、貯めたポイントをマイルに交換することもできます!(初年度年会費無料)

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,905円+税
審査基準/入会条件
18才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方。 (学生を除く)
三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAのラインナップの中でも、世界中でもっとも愛されている、スタンダードなカードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,250円+税
審査基準/入会条件
満18歳以上の方※高校生は除く
三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードA 三井住友VISAのラインナップの中でも、、スタンダードなカードです。海外・国内旅行傷害保険も付帯。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,500円+税
審査基準/入会条件
満18歳以上の方※高校生は除く
三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカード 三井住友VISAアミティエカードは最高2,500万円の海外旅行傷害保険・最高2,000万円国内旅行傷害保険が付いたお得な女性専用カードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,250円+税
審査基準/入会条件
満18歳以上の女性の方※高校生は除く
三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード 世界が認めるステータス高い三井住友VISAゴールドカード。付帯保険、宿泊・施設優待など充実サービスのカード。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
10,000円+税
審査基準/入会条件
原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
三井住友VISAアミティエカード(学生専用)

三井住友VISAアミティエカード(学生専用) 最高2,500万円の海外旅行傷害保険・最高2,000万円国内旅行傷害保険が付いたお得な女性専用(学生)カードです。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件
満18歳以上の女性の方※高校生は除く
iB (アイビー アイディ クイックペイ)

iB (アイビー アイディ クイックペイ) iB(アイビー)は、iDとクイックペイを同時搭載した便利な一枚!最初の一年は年会費無料、海外旅行傷害保険も最高2,000万円まで自動付帯されているiBは、入会後4ヶ月間はなんとポイントが3倍になります。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
1,250円+税 (ただし年1回の利用で次年度も無料)
審査基準/入会条件
三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード 20代専用カード「三井住友VISAプライムゴールドカード」空港ラウンジサービス、専用デスク、カード付帯保険はもちろんのこと、国内空港ラウンジも利用できます。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
5,000円+税
審査基準/入会条件
原則として満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続収入のある方
三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカード 三井住友VISAプラチナカードは、あらゆるシーンで活躍できるハイクオリティなサービスを備えたプラチナカード!

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
50,000円+税
審査基準/入会条件
原則として満30才以上で、ご本人に安定継続収入のある方
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは最高スペックのアメックス提携カード!旅行は勿論のこと、エンターテイメント方面のサービスも豊富なとっておきの一枚です。

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
20,000円+税
審査基準/入会条件
20才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方。 (学生を除く)

特徴・機能別クレジットカード

  • スピード発行のクレジットカード。お急ぎの方へ!最短即日発行のカードも
  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
楽天カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加