Yahoo!カード

Yahoo! JAPANカードは、いつでも、どこでも買い物で1%のポイントが貯まる高還元のクレジットカードです。ヤフーが運営する通販サイト「Yahoo!ショッピング」においては、3%の超高還元となります。貯まるポイントは、全国の様々なお店で使える「Tポイント」。その還元率の高さから、「最強のTポイント獲得用カード」とも呼ばれるYahoo! JAPANカードの実像に迫ります。

Yahoo!カードのお申し込みはこちら

Yahoo! JAPANカード インタビュー

いつでも、どこでも高還元

実店舗でもネットでも「Tポイント」がどんどん貯まる

Yahoo! JAPANカードは、いつどこで使ってもカード利用額100円につきTポイントが1ポイント(1円相当)もらえます。さらに、Yahoo!ショッピングなどヤフーグループのサービスなら3%の超高還元率です。

いつでも、どこでも1%

Yahoo! JAPANカードは、「Yahoo!」という看板がついているだけに、「ネットに特化したクレジットカード」と思われがちですが、どのお店で使っても1%のポイントを獲得できます。電気やガスなど公共料金、携帯電話などの通信費、国民年金保険料の支払いでも1%還元されます。ネットと実店舗の両方でポイントが貯まりやすい一枚です。

ポイント付与は、カード利用1,000円ごとでなく、100円ごとに1ポイント(1円相当)です。コンビニなどでの小さな買い物の積み重ねでも、着実にポイントが増えていきます。

一般的なクレジットカードの2倍

一般的には、クレジットカードのポイント還元率は0.5%が多いです。たとえば、「JCB」ブランドで、日本で最もスタンダードなクレジットカードの一つとされる「JCB ORIGINAL(オリジナル)」の場合、還元率は0.5%です。つまり、Yahoo! JAPAN カードの半分です。より多くのポイントが欲しいなら年会費無料の Yahoo! JAPAN カードのほうが断然有利です。

<主要クレジットカードのポイント還元率>

カード名 基本還元率 年会費
Yahoo! JAPAN カード 1% 無料
JCB ORIGINAL(一般カード) 0.5% 1,250円+税
MUFGカード・ゴールド 0.4~0.5% 1,905円(税抜)

貯まるポイントは「Tポイント」

Yahoo! JAPANカードで貯まる「Tポイント」は日本最大のポイント・プログラムです。使い道に困ることがありません。

 Yahoo! JAPANカード

Yahoo!ショッピングで3%還元

他のYahoo! カードにはない魅力

高還元で知られるYahoo! JAPANカードがその本領をいかんなく発揮するのは、Yahoo! グループのサービスで使ったときです。通販サイト「Yahoo!ショッピング」などの支払いでYahoo! JAPANカードを使うと、還元率が3%になります。

カード利用1%+ショップ利用2%

まず、Yahoo!ショッピングの決済にYahoo! JAPANカードを利用すると、カードの利用分の1%に加えて、ショップからの付与分2%が加算されます。ただし、ショップ利用分のポイントについては、送料と税金を抜いた代金に対する2%となっています。

「Yahoo!ショッピング」だけでなく、Yahoo! JAPANのサービスや提携サイトのほぼすべてが、3%付与の対象となります。

Yahoo!ショッピングとLOHACOでは、Yahoo! JAPANカードに申し込みのYahoo! JAPAN IDでログインの上、Yahoo! JAPANカードでお買い物をすると、パソコン・スマートフォンを問わずいつでもTポイントが3倍たまります。

<Yahoo!ショッピングのポイント還元率>

場所 還元率
実店舗 1%
Yahoo!ショッピング 3%

Yahoo! JAPANカード独自の特典

Yahoo!ショッピング利用で還元率3%になるのは、Yahoo! JAPANカードならではの特典です。

Yahoo!ショッピングでたくさんポイントを獲得したいなら、Yahoo! JAPANカードがオススメです。

 Yahoo! JAPANカード

“最強”のTポイント獲得用カード

ポイント統合で注目度アップのYahoo! JAPANカード

2013年にTポイントとYahoo! ポイントが統合したことで、一躍脚光を浴びるようになりました。「Tポイント収集家にとって最強カード」とも言われ、利用者が増えています。

TポイントがYahoo! ポイントを吸収し、日本でダントツ1位に

2013年7月、日本のカード業界に地殻変動が起きました。日本最大規模の共通ポイントである「Tポイント」と、ヤフー独自のポイントである「Yahoo!ポイント」が統合したのです。

それぞれの会員数は、Tポイントが約4500万人、Yahoo! ポイントが約2700万人。統合後は、Yahoo! ポイントが廃止され、Tポイントに一本化されました。これにより、Tポイントは国民の半数近くが持っている“ダントツ日本一”のポイントとなりました。

統合で一躍脚光を浴びる

このポイント統合により、クローズアップされるようになったのが、Yahoo! JAPANカードです。Yahoo! JAPANカードは、「常に1%ポイント付与」という高還元カード。それまではカードの利用でYahoo! ポイントが付与されていましたが、それがTポイントに変わりました。その結果、「Tポイントが最も貯めやすいカード」として、注目されるようになったのです。

Tポイントが貯まるクレジットカードには、「Tカードプラス」や「ファミマTカード」などがありますが、いずれもTポイントに加盟していない一般の店だと、ポイント還元率が0.5%となっています。これは、Yahoo! JAPANカードの還元率1%の半分です。

いつでも、どこでもTポイントを貯めたいなら、Yahoo! JAPANカードが最強のカードとなるのです。

<Tポイントが貯まるカードの還元率>

カード名 ポイント還元率(一般の店舗)
Yahoo! JAPANカード 1%
Tカードプラス 0.5%
ファミマTカード 0.5%

ネットと実店舗の融合カード

Yahoo! JAPANカードは、Yahoo!のサービスの支払いに使うと還元率が原則2%以上になります。Yahoo! のサービスでTポイントを大量に貯めて、街ナカのTポイント加盟店で使うというパターンが成り立ちます。

このため、Yahoo! JAPANカードは、ネット上の店舗と実店舗へとつなげる「O2O」(オー・ツー・オー、Online to Offline)の最右翼カードとしても、注目を集めています。

 Yahoo! JAPANカード

Tポイント加盟店でさらにお得

カード利用分1%と、加盟店の付与分1%が同時にもらえる

Yahoo! JAPANカードは、Tカードと併用して使うとさらにお得になります。

Tポイント加盟店は5万8000店

Yahoo! JAPANカードで貯まるTポイントは、日本最大のポイント・プログラムです。

さまざまな業種の店が相乗りで参加しており、加盟店数は5万8000店(2013年4月末現在)にのぼります。総元締めであるTSUTAYAのほか、ファミリーマートやエネオス(ENEOS)、ドトールコーヒー、ガスト、マルエツ、ロッテリアなどの有名店が多数参加しています。

Yahoo! JAPANカードを提示し、支払いもYahoo! JAPANカード

Tポイント加盟店で最も賢くポイントを貯める方法は、支払いにYahoo! JAPANカードを使い、さらに、手持ちのTカードを提示することです。

Tカードとは、Tポイントの会員証のようなもので、Tポイント加盟店で提示することで、原則として100円あたり1ポイント(1円相当)が貯まります。年会費などは一切無料です。

Tポイントの加盟店で買い物をするときに、現金でなくYahoo! JAPANカードで支払うことでカードの利用分1%が獲得できます。さらに、Tポイントの提示により、1%がもらえます。合計2%のポイントが付与されることになります。これはたいへんお得です。

Tポイントの一本化を

Yahoo! JAPANカードで貯まるTポイントと、Tカードで貯まるTポイントは、一つのTポイント口座にまとめることができます。

Yahoo! JAPANのホームページにアクセスして、Tポイントの会員番号を「Yahoo! JAPAN ID」に登録することで、ポイントが一本化されます。

ポイントの口座をまとめておけば、貯まったポイントをネット上でも実店舗でも使えることができて便利です。Tカード加盟店でこつこつ貯めた「Tポイント」を、Yahoo! JAPANのサービスで使うこともできます。

他のポイントやマイルへの交換も

Yahoo! JAPANカードなどで貯めたTポイントは、他のポイントやマイルに交換することもできます。

TポイントとYahoo!ポイントが統合するまでは、Tポイントから交換できるマイルはANAマイルだけでした(Tポイント500ポイント=>ANAの250)。

しかし、Yahoo! ポイントとの統合により、ANAマイルだけでなく、Suicaポイントにも交換できるようになりました。100ポイントのTポイントを85円分のSuicaポイントに移行できます。

このほか、Tポイントをジャパンネット銀行のキャッシュバックにも使うこともできます。こちらも交換比率は100ポイント=85円相当となっています。

Tポイント「100円で1ポイント」は大きな魅力

Tポイントは、会員数や店舗数が日本最大級なだけでなく、「日本で最も使いやすいポイント」としても評価されています。

その理由の一つが、1円単位から使えることです。他のポイントのように、1,000円分や数万円分貯まらないと利用できないというようなことはありません。

さらに、1年間のうちで一回でもポイントの増減があれば有効期限が切れません。つまり、事実上、ほぼ有効期限がないも同然なのです。

ポイントの使い道に困らない!

クレジットカードで貯まるポイントの中には、せっかく貯めても使う機会が多いポイントが多いです。たとえば、リクルートカードで貯まる「リクルートポイント」は、リクルートのサービスでしか使えません。「じゃらん」などリクルートのサービスを利用しない人にとっては、価値が低いポイントです。

これに対して、Tポイントは様々な業種が加盟しているため、使い道に困ることがありません。

Yahoo!グループでも使える

また、Tポイントは「Yahoo! ショッピング」「ヤフオク!」「Yahoo! トラベル」など、Yahoo! でのサービスにも使えます。

たとえば、Yahoo! ショッピングで買い物をする際に、代金にTポイントを充当できます。また、ヤフー!トラベルの宿泊予約でTポイントを獲得・利用することもできます。

 Yahoo! JAPANカード

年会費無料なのに高還元!

家族カードも年会費無料

Yahoo! JAPANカードは、年会費永年無料です。カード利用があってもなくてもいつまでも無料です。年会費を気にする必要がありません。

無料化の条件があるカードより有利

クレジットカードの中には、初年度が無料で、一定金額を使えば翌年度も無料になるというものが多いです。

しかし、無料になる条件はまちまちです。Yahoo! JAPANカードは利用金額に関わらず無料です。しかし高還元なカードほど、無料になる条件として、年間の利用額を「30万円」や「50万円」に設定しているカードも多いです。

たとえば、高還元率カードとして知られるジャックスのリーダーズカードやREX CARDは、利用額が年間50万円以上でないと、翌年度に無料になりません。

<高還元のクレジットカードが年会費無料になる条件>

カード名 年会費無料になるためのカードの年間利用額
Yahoo! JAPANカード 永年無料
Pontaプレミアム・プラス 5万円
エクストリームカード 30万円
リーダーズカード 50万円
REX CARD
漢方スタイルクラブカード 無料にはならない

家族カードも年会費無料

Yahoo! JAPANカードは、家族カードが3枚まで作れます。Yahoo! JAPANカードは家族カードも年会費無料です。本人だけでなく、家族会員まで無料なのは他のカードと比べてもお得です。

 Yahoo! JAPANカード

“100万円補償”の買い物保険

盗難や破損などの損害を被ったときにその金額を補償

Yahoo! JAPANカードには、ショッピング保険がついています。カードで購入した商品について、購入日から90日間、補償されます。

ショッピングガード保険

クレジットカードのショッピング保険とは、カードで購入した商品が盗難や破損などの被害にあったときに、その金額を補償してくれるというものです。

Yahoo! JAPANカードのショッピング保険は、商品価格が10,000円(税込)以上のものを対象に100万円までの補償が付帯しています。1事故あたりの自己負担額も3,000円と少なめになっており、たいへんお得な内容です。

年会費が無料になるクレジットカードで年間補償100万円限度の大型ショッピング保険がついているのは、たいへん珍しいです。

自動的に補償

Yahoo! JAPANカードのショッピング保険は、Yahoo! JAPANカードで購入した商品については自動的に補償対象となります。事前に面倒な手続きをする必要はありません。

商品に損害が発生した場合には、会員本人が「Yahoo! JAPANカード ショッピングガード保険デスク」に事故の内容を連絡します。実店舗で購入した場合には「売上票(お客様控え)」が必要となります。

 Yahoo! JAPANカード

※Yahoo!カードは法人の申し込み(法人会員)は受け付けていません。

Yahoo!カードユーザーレビュー

買い物をすると同時にTポイントが貯まるので一石二鳥です。Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!JAPANカードを作成したきっかけは、ネットでTポイントについて調べたことでした。当時の僕はTポイントがなんなのか分からなくて、もちろんTポイントカードも持っていませんでした。ある時あるサイトでクレジットにTポイントの機能が付いていたYahoo!JAPANカードを見つけたんです。

クレジットカードのデザインはシンプルで黒と赤の2種類でした。僕はブラックのデザインが格好いいなと思いました。キャンペーンが開催されていてキャンペーンの内容が魅力的でした。Tポイントが2,000ポイント貰えたんです。

クレジットカードでやりたい事がありました。それは趣味の海外旅行でクレジットカードを使う事です。現金を持参するのも良いですが、盗難やスリが怖いのでYahoo!JAPANカードにしました。

Yahoo!JAPANカードで買い物をすると同時にTポイントが貯まるので一石二鳥です。海外でもTポイントを扱っている店が増えて助かってます。

台湾旅行の時にYahoo!JAPANカードを利用しました。Yahoo!JAPANカードが使える店はかなり限られてますが、安心して台湾旅行を楽しめました。

台湾のダンディホテル – 天母 の3日の宿泊費をネットの予約サイトでYahoo!JAPANカードを使って支払いしました。簡単に支払いが出来るので嬉しいです。台湾のホテルはYahoo!JAPANカードで支払いが可能でしたが、台湾のお店や屋台ではYahoo!JAPANカードで支払う事が不可能なので困ります。いちいち現金を出して支払うのは面倒です。クレジットカードで全ての支払いが出来たら、どんなに楽だろうと思います。

 

ポイントがたまりやすく使いやすいです。Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード JCBカード

Yahoo!のホームページ経由で作りました。それまでは1枚のクレジットカードのみの使用でしたが、各社がポイントサービスに力を入れる中で、より良いカードがないかと考えたのがきっかけです。数あるポイントサービスの中で、Tポイント+Yahoo! JAPANカードが私の使用状況に合った組み合わせであったため、このカードを選びました。

作って良かった点

まずは、入会特典でポイントがたくさん付くこと。私の場合は、初回3,000ポイント、使用状況に応じた2,000ポイントが貰えました。初回の3,000ポイントは、カードを作ってすぐに貰えるので、とてもお得感があります。また、Yahoo!ショッピングでは随時ポイント何倍!というキャンペーンを実施していますので、ポイントを貯めるという点においても優れていると思います。

作って悪かった点

強いて挙げるなら、便利が故に使う頻度が上がってしまうことでしょうか・・・ネットショッピングに使う頻度は確実に高くなりました。

利用している場所。毎月の利用額

ネットショッピング・実店舗など、メインのカードとして使っています。利用額は、月3.5万円程度です。

利用している付帯サービス

私の場合は、Yahoo!ショッピングで利用することで常に以下のサービスが付いています。

  • Yahoo! JAPANカードご利用で毎日Tポイント3倍
  • Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!

以前は、Amazonでの買い物がほとんどでしたが、価格+ポイントの比較をして買い物をするように
なりました。

主にカードに求めるメリット

私は、せっかくポイントが付加されるクレジットカードを作るのだから、徹底的に便利にお得に使ってやろうと思って、このカードを選びました。ポイント還元率・ポイントの使い勝手を重要視しました。

貯まったポイント・マイルの使い道

貯まったポイントの使い道は、何と言ってもウエルシアでの使用です。毎月20日は、ウエルシアでポイントを使用した買い物をする場合、ポイントが1.5倍の価値になるのです(最低使用ポイントが200ポイント)。200ポイントで300円分の買い物ができます。1000ポイントなら1500円分買えます。

ウエルシアは一般的なドラッグストアなので、市販薬から日用雑貨・食料品まで品揃えは豊富だと思います。お店や日にちの制限はあるにしろ、ここまでのサービスは私が調べた中では他にありません。他の方のサイトやブログで拝見して、このカードを作る理由にもなりました。

Tポイントの使い道が多いので気に入っています。Yahoo! JAPANカード

 Yahoo! JAPANカード

2015年の8月に、Tポイントが合計8,000ポイントもらえるキャンペーンをやっていたので、そのキャンペーンに応募して作りました。作った月に一回でもYAHOO!JAPANカード(VISA)を利用すれば追加で5,000ポイントがもらえるといったキャンペーンだったと思います。

作って良かった点、悪かった点

作ってよかった点は、Tポイントがたくさんもらえたことです。これがきっかけで、ヤフーショッピングをよく利用するようになりました。アマゾンや楽天市場も利用しますが、ポイントの溜まりやすさでは楽天市場より上だと思います。

ポイントを溜めるなら1つに統一したほうが溜まるのが早いと思って、水道光熱費の支払いもYahoo! JAPANカードを利用しています。作って悪かった点は特にありませんが、あえて言うなら、Yahoo! JAPANカードはTカードも兼ねているのですが、楽天カードについているEdy機能のほうが使いやすそうな点ですね。

クレジット機能のないEdyカードを持っているので、たまにEdyを利用しますが、ほとんどのコンビニ、スーパー、大手電気店、ドラッグストアなど、Edyが使えないお店のほうが少ないくらいです。それに対して、Tカードはコンビニではファミリーマートとスリーエフしか使えませんし、実店舗で利用できるお店は少ないと思います。

利用している場所。毎月の利用額

水道光熱費の支払い、インターネットプロバイダーの支払い、NTTフレッツ光の支払いなどに利用しています。合計すると、月に1万円から2万円程度です。
現実のショップではあまり利用しません。なぜかというと、auウォレットというプリペイドカードを主に使用しているからです。auウォレットにはじぶん銀行からチャージすると5%ポイントアップというキャンペーンがあるので、だいたいいつもキャンペーン中に満額までチャージしています。

利用している付帯サービス

特にありません。

主にカードに求めるメリット

Yahoo! JAPANカードの最大のメリットはポイント還元率にあると思います。ヤフーショッピングのほか、ヤフオクなどのヤフー関連のサービスでYahoo! JAPANカードで支払えば、ポイントが3倍になります。

消費税が5%から8%に上がった負担を相殺できていると思います。ただ1つ注意点があるのが、同じ商品をアマゾンや楽天市場で検索してみると、アマゾンや楽天市場のほうが安く売っていることがあるという点です。

いくらポイントがついてももともとの値段が高かったら損をしているので、買い物をする前にアマゾンや楽天市場などで同じ商品を検索してみることをおすすめします。

値段が同じならば、5のつく日はポイント5倍デー、Yahoo! JAPANカードでポイント3倍、ヤフーショッピングアプリでポイント3倍、プレミアム会員ポイント5倍などを併用して、最終的に17倍くらいまで倍率を増やせるヤフーショッピングがお得です。

貯まったポイント・マイルの使い道

ヤフーショッピング、ツタヤでのDVDレンタル、ソフトバンク携帯の支払いなど、Tポイントの使い道はとても多いので気に入っています。

レビューを全部読む(6件)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!カード一覧

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード Yahoo! JAPANカードはカードご利用代金100円につき1ポイント(1円相当)Tポイントを獲得できる。Yahoo!ショッピングとLOHACOならいつでもTポイント3倍!全国のTポイント提携先でTポイントがたまる・使える

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら
国際ブランド
年会費
無料
審査基準/入会条件

特徴・機能別クレジットカード

  • スピード発行のクレジットカード。お急ぎの方へ!最短即日発行のカードも
  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
Yahoo! JAPANカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加