せっかく審査に通ったクレジットカードでも、実際に利用することが少ないカードや、利用してみてあまり使い勝手がよくなかったもの、ライフスタイルに合わなかったものなどは、解約手続きをすることができます。では、クレジットカードの解約手続きとはどのようにすればよいか説明します。

クレジットカードの解約はとても簡単です。クレジットカードの解約手続きは、基本的に、解約したいクレジットカードの発行会社に連絡をしていただくことです。クレジットカードの裏面に記載されている電話番号に電話をかけて「カードを解約したい」と伝えるだけです。カード会社によっては、解約理由などを尋ねてくる場合もありますが、「年会費が負担だから」「あまり使わなかったから」「ポイントが思ったよりもたまらなかったから」など、簡単な理由をお話しいただくだけで問題なく解約していただくことができます。

クレジットカード会社によっては、自動音声が用意されていて、オペレーターとのやり取りもなく、音声にしたがうだけで解約手続きが済んでしまいます。

例外的に解約したクレジットカードを返送しなければならなかったり、解約手数料がかかる場合もありますので、解約の際には、一度ご確認ください。

不要になったクレジットカードを解約した方がいい理由は、利用しないカードを「使える状態」にしておくのは危険だからです。万が一盗まれて悪用されてもなかなか気づきにくいですし、知らずのうちに年会費を払い続けてしまう可能性もあります。

ただし解約に際しては以下の注意点があるので確認してください。

貯めたポイントが残っていないか

「貯めたポイントが無駄になる」という点です。解約してすぐに、そのカードに貯めたポイントが使えなくなります。解約前に使い切るか、他のサービスにポイント移行しておきましょう。

分割払い・リボ払いやキャッシングの残高が無いか

カードの解約に伴い「リボ払いやキャッシングの残高がある場合は返済を求められる」という点です。残高が多い場合には、家計を圧迫する程の出費にもなり得ますので、きちんと清算できるか確認してから解約してください。

加入してすぐの解約は控える

キャンペーンなどで初年度年会費無料のクレジットカードを作られた際も、実際に利用して使い勝手があまりよくなかった場合や、不要に感じた場合には、年会費がかかる前に解約しても問題ありません。ただし、入会特典目当てなどで故意に入会・解約を続けた場合には、新規のカードで審査が通りづらくなることもあるのでご注意ください。すくなくとも半年、できれば一年は時間を空けるべきです。

解約はタイミングに留意

年会費のかかるクレジットカードをお使いの場合は、次年度の年会費の請求がくる前に解約手続きをすることで、次年度分の年会費を支払わなくて済みます。

乗り換えは新しいカードが届いてから

また、解約するカードとは別に新しく作りたいクレジットカードがある場合に、先に希望のクレジットカードに申込み発行されてから、解約を希望するクレジットカードの解約手続きを進めてください。クレジットカードの解約情報は、信用情報機関に登録されるので、次に申込み希望のクレジットカードの審査の妨げにならないよう、先に希望のクレジットカードに申込みいただき、審査が通り、無事に新しいクレジットカードがお手元に届いてから解約の手続きに入っていただきたいと思います。

解約したカードは速やかに処分

解約したクレジットカードは、はさみを入れて、ICチップ内蔵のものは必ずICチップ部分を切断してから、ごみとして処分してください。できれば1つのごみ袋で処分するよりもいくつかに分けて処分することをおすすめします。

解約後のカードの処分について詳しくは、クレジットカードの安全な破棄の方法は?をご覧ください。


Orico Card THE POINT
電子マネーiDとQUICPayをダブル搭載した便利な一枚! / 年会費無料 / いつでもどこでもポイント1%還元! / 入会後6ヶ月間はなんとポイントが2倍(2%)! / オリコモールを経由しての買い物でプラス0.5%分の特別加算

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments


特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード

このエントリーをはてなブックマークに追加