クレジットカードを利用すると、現金がなくても買い物が可能です。しかし、その利用額には「上限」が設けられています。上限がなければ「1億円分の買い物をして自己破産」というような、とんでもない使い方ができてしまい危険だからです。このようなクレジットカードの上限を「利用限度額」と言います。

さて、クレジットカードの「利用限度額」はカード1枚につき、10万円、30万円、50万円、100万円…というように設定されます。

クレジットカードの「利用限度額」は、カード申込みの審査で決まります。希望額を事前に伝えることは可能ですが、100%要望が通るとは限りません。つまり、自分でクレジットカードの上限額を決めることはできません。基本的に「利用限度額の範囲内でカードを使うこと」を心がけてください。逆にカード会社から与えられた限度額を下げてもらうことは可能です。

なお、クレジットカードの発行後は、決定した「利用限度額」の範囲内で買い物をすることができます。逆に「利用限度額」を超えて利用しようとすると、カードがストップして支払いができなくなります。どうしても枠が必要なときは、クレジットカード会社に連絡して増枠のお願いをしましょう。増枠には恒久増枠と一時増枠があります。

関連記事もお読みください。


今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments


特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード