ほとんどのクレジットカードに利用限度額があります。クレジットカードの利用限度額には、キャッシング枠とショッピング枠という2つの枠があります。

例えば、限度額50万円のクレジットカードの場合、「ショッピング枠50万円(内キャッシング枠20万円)」というようにクレジットカード会社によって個々に定められます。利用限度額の枠は、クレジットカードを利用する頻度や期間、過去の実績、利用者の属性などにより変わります。

「ショッピング枠50万円(内キャッシング枠20万円)」のクレジットカードの場合、そのクレジットカードで利用することができる最大の限度額は50万円となります。ショッピング枠で50万円をすべて使い切ってしまっている間は、キャッシング枠の20万円分は利用することができません。キャッシング枠20万円を限度額まで利用した場合には、ショッピング枠は30万円までしか利用できないことになります。

このクレジットカードの利用限度額は、クレジットカード会社に支払いが完了するまで利用分が差し引かれることになりますので、A店で15万円分のショッピングをし、キャッシングを15万円利用した場合、利用中の合計30万円を差し引いた残りの20万円分がそのクレジットカードのその時点での利用限度額となります。もちろん支払いが完了すれば、またもとの利用限度額である50万円分まで利用することができます。

リボ払いなどで利息がつく場合には、その利息分も差し引かれた金額がその時点での利用限度額になりますのでお気を付けください。

クレジットカードの利用限度額は事前にクレジットカード会社に連絡をし、審査を受けていただくことで一時的に増額してもらうこともできますが、クレジットカードの利用限度額を上げるためには、クレジットカード会社の信用を得る必要がありますので、利用された分の支払いが滞ったりされることのないよう気を付けながら利用することがとても大切です。

また、クレジットカードのキャッシング枠は0円に設定することもできますので、キャッシングは不要だと言う方は、クレジットカードを失くした場合などもしもの時の場合に備えてキャッシング枠を0円に設定しておくのもよいでしょう。

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments


特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード