先日こちらの記事で「クレジットカードのデュアル発行」について紹介しました。デュアル発行とは、同一のクレジットカード会社で複数の国際ブランドのクレジットカードを発行してくれるサービスのことを指します。海外旅行によく行く方でVISAと一緒に他ブランドも持っておきたいという方や、家と仕事用などでカードを使い分けたい方にもおすすめの方法です。

MUFGカードでVISAとアメリカン・エキスプレスといったデュアル発行ができると紹介しましたが、実はVISAの老舗ともいえる三井住友カードでもデュアル発行をすることができます。通常カード、ゴールドカードのいずれも可能。とくにゴールドカードはお得です。一定の条件を満たせばかなり年会費が安くなり、ゴールドカード一枚の年会費でもう一枚のカードを所有することができます。

三井住友カードのデュアル発行

三井住友ゴールドカードの年会費は 10,000円+税 です。これをVISA&Masterのデュアル発行にすると12,000円+税 になります。しかし、ご存知のように三井住友ではある条件を満たした場合に年会費が割引されるサービスを用意しています。つまりマイ・ペイすリボに登録し、なおかつ年1回利用すると、年会費が半額の5,000円+税、web明細サービスに登録するとさらに割引が適用され、結果的にゴールドの年会費は4,000円+税にまで落とせます。三井住友ゴールドカード2枚をこの金額で持てるとなるとかなりお得な感じがします。三井住友ゴールドカードには、海外旅行傷害保険が自動付帯で1,000万、利用付帯で5,000万付帯されています。

なお三井住友カードのデュアル発行で注意しておきたい点があります。三井住友カードでは1,000円の利用につきワールドプレゼントのポイントが1ポイントたまるようになっていますが、これはカードごとにつくポイントです。なので、たとえばVISAで900円、マスターで300円を支払い、合計1,100円の月があったとしても、ポイントが1ポイントもらえるわけではありません。ポイントは個別のカードの利用額に対してそれぞれ付与されるので、それぞれのカードの利用額が1,000円以下の場合は0ポイントです。ただし利用金額のVステージ判定ではVISAとMasterの利用額が合算されて共通に適用されます。

年会費が無料のクレジットカードでもデュアル発行できるか調査しました

さて、デュアル発行についていろいろと説明してきましたが、今まで紹介してきたデュアル発行できるMUFGカードや三井住友カードは、年会費のかかるカードです。ゴールドといった上級カードをデュアルする方も多いようですが、はたして年会費が無料のクレジットカードはデュアル発行できるのか?という疑問がわいてきました。

たとえば年会費無料で人気の楽天カードですが、問い合わせたところやはり無理なようです。カードを発行するためにはカード会社の費用負担が相当あるので、年会費無料のクレジットカードでデュアル発行を許可していたら、そのぶんの費用が膨らんでしまい大変なのでしょうね。


VISAといえば三井住友VISAカード
セキュリティや保険が充実 / 信頼と安心のクレジットカード / 170ヵ国以上3,000万以上の店舗で使える / 電子マネー「iD」対応
今なら初年度年会費無料!もれなく・最大7,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
三井住友VISAカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加