デュアル発行とは、同一のクレジットカード会社の同一のカードで、複数の国際ブランドのクレジットカードを発行してくれるサービスのことです。

海外旅行によく行く方でVISAと一緒に他ブランドも持っておきたいという方や、家と仕事用などでカードを使い分けたい方にもおすすめの方法です。

こちらの記事で「クレジットカードのデュアル発行」について紹介しました。

三菱UFJカードでVisaとアメリカン・エキスプレスといったデュアル発行ができると紹介しましたが、実はVisaの老舗ともいえる三井住友カードでもデュアル発行することができます。

一般カード、ゴールドカード、プラチナカードのいずれも可能です。

特にゴールドカードはお得です。

一定の条件を満たせばかなり年会費が安くなり、ゴールドカード一枚の年会費でもう一枚のカードを所有することができます。

三井住友カードのデュアル発行

「三井住友カード ゴールド」の年会費は 11,000円(税込) ですが、これを「Visa」と「Mastercard」のデュアル発行にすると2枚目の年会費は2,200円(税込)となり、合計年会費13,200円(税込) になります。

三井住友カード ゴールド2枚をこの金額で持てるとなるとかなりお得感があります。

三井住友ゴールドカードには、海外旅行傷害保険が自動付帯で1,000万、利用付帯で4,000万付帯されています。

なお三井住友カードのデュアル発行で注意しておきたい点があります。

三井住友カードでは200円(税込)ごとにVポイントが1ポイントたまるようになっていますが、これはカードごとにつくポイントです

たとえばVisaで900円、Mastercardで200円を支払い、合計1,100円の月があったとしたら、Visaで4ポイント、Mastercardで1ポイントとなります。

ポイントは個別のカードの利用額に対してそれぞれ付与されるため、それぞれのカードの利用額が200円以下の場合は0ポイントです。

年会費が無料のクレジットカードでもデュアル発行できるか調査しました

さて、デュアル発行についていろいろと説明してきましたが、今まで紹介してきたデュアル発行できる三菱UFJカードや三井住友カードは、年会費のかかるカードです。

ゴールドといった上級カードをデュアルで持たれる方も多いようですが、はたして年会費が無料のクレジットカードはデュアル発行できるのか?という疑問がわいてきました。

たとえば年会費無料で人気の楽天カードは、2枚目のカードが作れます。利用シーンによって使い分けたり、2枚共通でポイントが貯められたり、引き落とし口座をカードごとに分けたりすることも可能です。

三井住友カードとはまたサービス内容やカード特典なども異なるため、内容をよくご確認の上、検討されてみてはいかがでしょうか。

2011年11月17日 作成
2022年5月19日更新


三井住友カード(NL)
セキュリティや保険が充実 / セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなど対象店舗でVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスを利用すると最大5%還元(一部適用外あり) / Visaのタッチ決済やiD支払いも使える
オンライン入会で初年度年会費無料!新規入会&利用で最大8,000円プレゼントキャンペーン実施中!


メルマガカード選びは入口と出口と決済金額で決まります。

どこで使うか=入口、なにを求めるか=出口、いくら使うか=決済金額。
この3つのパラメータが揃って、はじめて有効なクレジットカードを選ぶことができます。最適な組み合わせが決まれば、よどみない決済フローが完成します。

ポイ活しないで大量にポイントを貯める秘訣は・・・

今週の人気記事TOP10

Comments

専門家にここだけの話を聞きました

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード