Shiodome Media Tower / d’n’c

CIC、JICC、KSCなどといった信用情報機関があります。こうした信用情報機関は、全国のクレジットカードや信販、ローンなどに関する個人情報を管理、提供しています。

クレジットカードの審査についてお調べになられたことがある方なら、一度は「信用情報機関」といった言葉を耳にされたことがあるかと思います。しかし、なんとなく意味はわかるものの、実際に何をしているところで、クレジットカードの審査にどういった影響を与えるものなのか、はっきりとわからないという方も多いことでしょう。では、信用情報機関とは、どういったことをしている組織なのでしょうか?

一般的に、信用情報機関と呼ばれている機関として、CIC、JICC、KSCなどといった組織を挙げることができます。CICは、指定信用情報機関(Credit Informarion Center)、JICCは、日本信用情報機構(Japan Credit Information Reference Center Corp.)、KSCは、全国銀行協会、全国銀行個人信用情報センターのことを指します。

CICでは、クレジットやローンに関する情報、電話帳掲載情報、本人申告情報等を保有しています。クレジットカードの申し込みやクレジットカードの発行(契約成立情報として)などが情報として保有されています。あくまで客観的な取引事実のみが記載されている情報機関になっていますので、都市伝説のように語られているブラックリストのような存在はありません。

CICの保有情報は、CICに加盟している加盟会員であれば、与信調査を行うためにCICの保有情報を開示することができますし、一般の人であってもご自分に関する情報を所定の手続きを経れば開示してもらうことができるようになっています。CICには、多くのクレジットカード会社などが加盟しています。

JICCでは、会員会社向けに個人の借入れ等に関する情報、法人の借入れ情報等を保有し、与信調査の参考資料として開示しています。また、一般の消費者に向けても、JICCが保有している信用情報を開示するとともに、「本人申告コメント情報登録制度」としまして、会員会社が情報を開示した際に、本人が申告したコメントを回答してくれるサービスも提供しています。JICCでは、信販会社、クレジットカード会社に加えて消費者金融会社、金融機関などが会員会社として加盟しています。

KSCは、農協など銀行系の金融機関を中心に一部のクレジットカード会社などが加盟しているもので、クレジットカードやローンの契約内容や、返済状況、官報情報に加えて、本人申告情報等が登録情報として保有されています。所定の手続きを経れば本人への情報開示や登録内容に関する苦情受付、本人申告などをしていただくこともできるようになっています。

どの信用情報機関を通して実際に与信調査をしているのかはクレジットカード会社の担当の方にしかわかりませんが、それぞれの信用情報機関では、加盟会社の一覧を開示していますので、ご自分が申し込まれるクレジットカード会社がどの信用情報機関に加盟しているのかはインターネット上から簡単にお調べいただくことができます。気になる方はまずご利用になりたいクレジットカード会社がどの信用情報機関に加盟しているのかということをお調べになられるとよいでしょう。

また、既にクレジットカードをお持ちの方の場合、お手持ちのクレジットカードの発行会社が加盟している信用情報機関に、基本的にご利用のクレジットカードの利用歴が情報としてご利用のクレジットカード発行会社によって登録されていることになります。一度ご自分の信用情報を開示してみたいとお考えの場合には、お手持ちのクレジットカードの発行会社が加盟している信用情報機関を選ばれまして、開示手続きをされるとよいでしょう。

クレジットカード審査の基礎知識


審査に通るか自信が無いという方にこっそり教えたいのが、知る人ぞ知るこのACマスターカードだ。
アコムマスターカード

年会費無料 / デザインでアコムのカードだとわからない / パート・アルバイトや派遣社員・主婦でもOK / クレジット利用明細が自宅ではなくATMで受け取れる / 返し方(分割)が自由(お金がある時に払える) / 利用明細は送られてこない / 発行が即日可能(郵送は2~3日)

まずアコムのキャッシングサービスに申し込みをして審査を受け、審査通過後はクレジットカードのみ利用すればよい。キャッシングは利用しなくてもかまわない。ネットで事前申込、夜9時迄全国のむじんくんで最短30分のスピード発行。土日もカード発行可能だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
アコムマスターカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加