クレジットカードの利用額に応じて貯まるマイルには、ポイントと同じように有効期限があります。

つまりどんなに必死になって貯めたマイルでも、有効期限がくればマイルとしての価値を失ってしまうのです。

ちなみにJALマイレージバンクとANAマイレージクラブでは、マイルの有効期限を36ヶ月(3年間)までと定めています。

つまり3年間のうちに特典航空券と交換できるマイル数に到達しないまま有効期限を迎えると、マイルは失効してしまいます。

それだけはなんとしても避けたいですね。

ただ、マイルの有効期限には例外もあります。

ANAの場合「ダイヤモンドサービス」メンバー期間中は、未使用マイルの有効期限が延長され、マイルが失効しません。

また、ANAマイレージクラブ入会からのANAグループ運航便での総飛行マイルが100万LTマイル以上に到達されたミリオンマイラーの方は、生涯マイルが失効しません。

JALの場合「JMBダイヤモンド会員」「JGCプレミア」期間中は、マイルが失効しません。

航空券との交換に利用できるマイルは、ANAの場合、最低でもローシーズンの片道で5,000マイル必要です。

頑張ってマイルを貯めてはみたものの、けっきょく航空券との交換に必要なマイル数まで貯められないまま数日後には有効期限が来てしまう。

そんな状況に陥っている方はいませんか?

せっかく貯めたマイルを、みすみす失効させてしまうのはあまりにももったいない。

ここは、航空券との交換以外の方法でマイルを活用するという方向に考えをシフトしなければなりません。

もちろん、航空券以外に交換するのは最終手段です。

マイルは航空券と交換したほうが一番お得です。ポイントと同じ使い方をすれば1マイルの価値が1円と同じになり、ある意味損をしてしまいます。

しかしすべてのマイルを失効することに比べれば、多少交換レートは悪くとも、別の使い道したほうが賢いといえます。

では特典航空券との交換に及ばない数のマイルは、どういった使い道があるのでしょうか?

ANAは1マイルから交換できる!

mile-tsukaimichi01

ANA国内線特典航空券

特典交換に必要なマイル数は、片道1区間5,000マイルからで利用するシーズンおよび区間によって異なります。

ANA国際線特典航空券

ANA・エアージャパン便が12,000マイルから利用できます。

ANA国際線アップグレード特典

特典交換に必要なマイル数は、片道 (1区間) 9,000マイルからで1区間(片道)の距離およびご利用クラスによって異なります。

提携航空会社特典航空券

貯まったマイルは携航空会社特典航空券に使うことができ、特典交換に必要なマイル数は、発着地の「ゾーン区分」、「搭乗クラス」によって異なります。

スターアライアンス加盟航空会社運航便であれば、各航空会社を自由に組み合わせた旅程が利用できます。

提携航空会社は、単一の提携航空会社運航便での旅程のみ利用できます。

スター アライアンスアップグレード特典

特典交換に必要なマイル数は、片道(1区間)12,000マイルからで1区間(片道)の距離およびご利用クラスによって異なります。

ANA SKY コイン

「ANA SKY コイン」は、ANAウェブサイトで航空券や旅行商品(国内ツアー・海外ツアー)の支払いに利用できる電子クーポンで、1マイルからANA SKY コインに交換できます。

対象商品はANAウェブサイトで購入可能なもので、国内線・国際線航空券やANAトラベラーズの国内・海外旅行商品となります。

交換した「ANA SKY コイン」は、対象商品の支払いに10円単位(10コイン=10円換算)で利用できるため、中途半端に残ったマイルを消化したいときにも便利なサービスです。

ただし有効期間が「交換月より12カ月目の末日」となるため、期限内に使い切らないと無効になってしまいます。

特典(プレゼント)ANA SKY コインは、通常の有効期限と異なる場合もあります。

利用できるのは、ANAマイレージクラブ会員本人のみとなっています。

ANAショッピング A-styleでマイルを使う

AMC(ANAマイレージクラブ)会員の方は、ANAショッピング A-styleで、1マイル=1円として直接お買い物の支払いに充てることができます。

直接マイルで買えるようになったので、ANAショッピングポイントへの交換は2019年6月30日をもって終了しました。

上記以外にも、貯まったマイルは「ANA国際線超過手荷物料金支払い」「10,000マイルから提携ポイントへの交換」「1,000マイルで1,000円分のクーポンに交換」「ホテル宿泊」など33通りの使い道があります。

メトロポイント経由で期限を延ばす方法

そしてマイルを使ってしまうのではなく、メトロポイントに交換して延命し、またマイルに戻すという方法もあります。

ただし、あらたにカードが必要になります。

JALの場合、1,000マイルから利用可能

mile-tsukaimichi02

JALグループ国内線特典航空券

通常期は12,000マイルから、ディスカウント期間中は10,000マイルからJALグループ国内線の特典航空券に交換ができます。

JAL国際線特典航空券

片道7,500マイル(往復15,000マイル)から、JAL国際線の特典航空券に交換ができます。

どこかにマイル

往復6,000マイルで国内のどこかに行ける特典航空券への交換ができます。

提携航空会社特典航空券

たまったマイルは、ワンワールドに加盟している提携航空会社の特典航空券に交換できます。

e JALポイント

「e JALポイント」は、JALホームページでの国内線・国際線航空券購入・ツアーに利用できるポイントです。

5,000マイルから交換可能で、5,000マイル=5,000ポイント(5,000円相当)、10,000マイル=15,000ポイント(15,000円相当)、1ポイント=1円相当です。

JMB会員になり、さらに「JMB旅プラス」に入会すると、1,000マイル=1,000円相当でツアー代金の一部に利用可能です。

JAL国際線アップグレード特典

ためたマイルは、JAL国際線で利用できます。

予約した航空券より一つ上のクラスに搭乗できます。

必要マイル数は、アップグレードのタイミングと行き先、クラスごとに異なります。

下記にて必要マイル数を確認できます。

JALミニマイル特典

提携企業のクーポン券に交換できる「JALミニマイル特典」というサービスがあります。

JALでは特典の交換は2,000マイルから受け付けています。

毎月更新される「期間限定商品」や家族で楽しめるチケット・クーポン、ショッピングやギフトで使える商品購入ポイント、JALオリジナル商品などと交換できます。

JALクーポン特典

JALクーポンは、JALグループ航空券・ツアー購入や機内販売・ホテルでの支払いなどに利用できるクーポン券です。

10,000マイル=12,000円相当で交換できます。

電子マネー・ポイントと交換

Pontaポイントには3,000マイルから、Suicaには10,000マイルから交換できます。

WAONへの交換は3,000マイルから。ただし、3,000マイルは1,500WAONと半減します。

多くが10,000マイルからの交換となり、ギフトカードやクーポンなど多数の交換アイテムが用意されています。

せっかく貯めたマイルをムダにしないためにも、以上の活用法を頭の片隅に置いてもらえればと思います。

2011年12月28日 作成
2020年5月8日更新


ANAカードの選び方
JCBカード、VISA/マスターカード、VISA Suicaカード、AMEXのどれを選びますか? 効率よくマイルが貯まるANAカード!利用シーン別に徹底調査。


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

マイルのお得な貯め方・使い方 応用編

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!