JAL国内線やANA国内線の特典航空券をお得にゲットできる裏ワザをあなたは知っていますか?ずばり言います!それは外資系航空会社のマイルを利用する、という方法です。

外資系マイルは特定のクレジットカードを利用することで効率良く増やしていくことができます。

つまり、ANAの航空券をストレートにANAマイルで交換するよりも圧倒的にお得に交換できるのです!

まず「航空連合(エアライン・アライアンス)」について簡単に説明します

JALやANAの国内線をお得に利用できる具体的な方法の説明に入る前に、まずは航空業界の態様について簡単に説明します。

ご存知のとおり、国内外には大小さまざまな規模の航空会社が存在しています。

そして航空業界には、複数の航空会社が共同して運営している連合体が存在します。

この航空業界における連合体は、航空連合(エアライン・アライアンス)と呼ばれています。

「ワンワールド」「スターアライアンス」「スカイチーム」という三大航空連合!

現在、国際的な航空連合としては「ワンワールド」、「スターアライアンス」、「スカイチーム」の3つが存在します。

ワンワールドには、「JAL(日本航空)」、「ブリティッシュ・エアウェイズ」、「アメリカン航空」などが加盟しています。

一方でスターアライアンスには「ANA(全日空)」、「ユナイテッド航空」、「アシアナ航空」、「エア・カナダ」などの航空会社が名を連ねています。

またスカイチームに加盟している航空会社には、「大韓航空」、「デルタ航空」、「エールフランス」などがあります。

ワンワールド スターアライアンス スカイチーム
JAL
アメリカン航空
ブリティッシュ・エアライン
ほか14加盟国
ANA
タイ国際航空
シンガポール航空
ほか28加盟国
デルタ航空
チャイナエアライン
エールフランス
ほか19加盟国

それぞれの航空連合は、加盟する他の航空会社と協力しながらサービス品質の向上を図っています。

具体的には、乗り継ぎ空港での手続き簡略化、空港ラウンジサービスの共有、コードシェア便(1つの定期運航便に対して複数の航空会社の便名を付与して運行される便のこと)の相互乗り入れなどを行っています。

そして各航空連合は、加盟する航空会社どうしで「マイレージプログラムの相互利用」も行っているのです。

裏ワザのポイント!それは航空連合による「マイレージプログラムの相互利用」

そして今回のテーマである「JAL・ANAの国内線をお得に利用する方法」の肝となるのが、航空連合内での加盟航空会社同士の行う「マイレージプログラムの相互利用」なのです。

つまり、JALであればワンワールドに加盟する他の航空会社のマイレージプログラムを利用することで、JALマイルを利用するよりも少ないマイルで航空券を手に入れられる可能性があるということ。

同様にANAについても、スターアライアンスに加盟する他の航空会社のマイレージプログラムの必要マイル数が少なければ、ANAマイルよりもお得にフライトできるのです。

ANA国内線をお得に利用する方法

ユナイテッド航空「マイレージプラス」のメンバーになろう

ユナイテッド航空(United Airways)の「マイレージプラス(MileagePlus)」は、米国に拠点を構えるユナイテッド航空の行っているマイレージサービス。

そしてマイレージプラスのメンバーは、ユナイテッド航空でのフライトや提携会社のサービスを利用することでマイルを貯めることができます。

貯まったマイルはANA特典航空券の予約に利用可能

ユナイテッド航空は、世界的な航空連合であるスターアライアンスに加盟している航空会社のひとつ。

そしてマイレージプラスのメンバーは、貯めたマイルを使ってスターアライアンスに加盟する他の航空会社で利用できる特典航空券を取ることもできます

もちろん、スターアライアンス・メンバーであるANAの特典航空券も取得が可能です。

ANA国内線はANAマイルよりもユナイテッド航空のマイルを使った方がお得に利用できる

ANA国内線でのフライトは、ANAマイレージクラブのマイルを使うよりもユナイテッド航空のマイレージプラスで貯まったマイルを使った方がお得に利用できます。

たとえば東京-大阪間をANA国内線で往復する場合、ANAのマイルを使う場合にはシーズンによって10,000~15,000マイルが必要となります

しかしユナイテッド航空マイレージプラスのマイルであれば、10,000マイルでANA国内線特典航空券と交換することが可能

つまりANAのマイルと比べて、最大5,000マイルお得になるということです。

往復に必要なマイル数 ANA マイレージプラス
東京~大阪 10,000マイル(ローシーズン)
12,000(レギュラーシーズン)
15,000マイル(ハイシーズン)
10,000マイル(オールシーズン)
東京~福岡
東京~札幌
12,000マイル(ローシーズン)
15,000(レギュラーシーズン)
18,000マイル(ハイシーズン)
10,000マイル(オールシーズン)
東京~那覇 14,000マイル(ローシーズン)
18,000(レギュラーシーズン)
21,000マイル(ハイシーズン)
16,000マイル(オールシーズン)

 
また東京-福岡間や東京-札幌間をANA国内線で往復する場合、ANAマイルを使う場合には12,000~18,000マイルが必要となります。

しかしユナイテッド航空マイレージプラスのメンバーなら、10,000マイルでANA国内線特典航空券を取ることができます。

ANAマイルの利用時よりも、2,000~8,000マイル分お得にフライトすることができます。
 
さらにANA国内線での東京-沖縄間の往復を例に考えた場合、ANAマイルは14,000~21,000マイル必要となります。

しかしユナイテッド航空マイレージプラスのマイルなら、16,000マイルでANA国内線特典航空券を取得できます。

このように東京-沖縄間についても、フライトするシーズンしだいでANAマイルを利用した場合よりも少ないマイル数でANA国内線を利用できるのです

 MileagePlusセゾンカードでマイルを貯めよう

ANA国際線については、ANAマイルの方がお得

ANA国内線を利用する場合には、ANAマイルよりもユナイテッド航空のマイルを使ってANA国内線特典航空券を獲得した方がお得。

しかしANA国際線を利用する場合には、特典航空券の引き換えに必要となるユナイテッド航空のマイル数がANAマイル数を上回ってしまいます。

そのためANA国際線については、ユナイテッド航空のマイルよりもANAマイルを利用した方がお得と言えます。

マイレージプラス提携の「MileagePlusセゾンカード」がおすすめ

ユナイテッド航空のマイレージプラスを利用するなら、「MileagePlusセゾンカード」の利用がおすすめ。

MileagePlusセゾンカードは、ユナイテッド航空マイレージプラス提携のクレジットカード。

そのためユナイテッド航空のマイルを、効率良く増やしていくことができるのです。

なおMileagePlusセゾンカードを利用した場合には、1,000円利用ごとに5マイルが加算されます。

「マイルアップメンバーズ」になろう

MileagePlusセゾンカードでユナイテッド航空のマイルを貯めるなら、「マイルアップメンバーズ」に加入することでさらに効率良くマイルを増やすことができます。

なぜならMileagePlusセゾンカードのマイルアップメンバーズになれば、1,000円の利用ごとに15マイルが加算されるからです。

つまり、通常の3倍の速度でマイルを増やしていくことができるようになるということ。

なおMileagePlusセゾンカードのマイルアップメンバーズ年会費は、税抜5,000円となっています。

マイルアップの上限は年間30,000マイルまで

ユナイテッド航空のマイルを効率的に増やせる、MileagePlusセゾンカード。

しかし加算できるマイルには、上限が設定されています。

MileagePlusセゾンカードで1,000円の利用ごとに15マイルが加算されるマイルの上限は、年間(毎年3月4日から翌年2月4日引落分)で30,000マイルです。

超過分は1,000円につき5マイルになります。

 MileagePlusセゾンカード

年間200万円以上利用するな、「MileagePlusセゾンゴールドカード」

MileagePlusセゾンカードは、マイルアップメンバーズに加入すると、カードでの決済額に応じて1,000円の利用ごとに15マイル、ユナイテッド航空で利用できるマイルを貯めることができます。

マイルアップメンバーズに加入している場合は、年間2,000,000円以上MileagePlusセゾンカードを利用すると年間30,000マイルという上限を超えてしまうため、マイル加算率が下がってしまいます。

MileagePlusセゾンゴールドカードなら、年間75,000マイルまでユナイテッド航空で利用できるマイルを加算できるからです。

また75,000マイルを超えた場合でも、1,000マイルにつき5マイルという換算で引き続きマイルを加算することができます。

 MileagePlusセゾンゴールドカード

年間500万円以上利用するなら「MileagePlusセゾンプラチナカード」

MileagePlusセゾンカードには、年間での加算マイルの上限が決まっていない「MileagePlusセゾンプラチナカード」もあります。

そのため年間5,000,000円以上カードを利用するという方には、MileagePlusセゾンプラチナカードの利用がおすすめです。

 MileagePlusセゾンプラチナカード

JAL国内線をお得に利用する方法

まず「ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ」に登録しよう!

「ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブ・クラブ(British Airways Executive Club)」は、英国航空会社であるブリティッシュ・エアウェイズの行っているマイレージサービスです。

このサービスに登録しているメンバーは「Avios」と呼ばれているマイルを貯めることで、さまざまなリワード(特典やサービス)を獲得することができます。

ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)で、ロンドンやニューヨークをはじめ、世界各地のあらゆる旅行先へのフライトをご予約ください。BA.comでは、フライトはもちろんホテルやホリデー、レンタカー、その他もろもろのオファーをご用意しております。

 

貯まったAviosマイルでJAL特典航空券を予約できる

ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブ・クラブのメンバーは、貯まったAvios(マイル)を航空券で利用することができます。

ブリティッシュ・エアウェイズはワンワールドに加盟しているので、メンバーはブリティッシュ・エアウェイズだけではなく、ワンワールドに加盟する他の航空会社の特典航空券もAviosのマイルで取ることができます。

もちろん、同じワンワールドに加盟しているJALの国内線特典航空券についても、Aviosを使って予約可能です。

Aviosが貯まる提携カードは無いが、アメックスのポイントを移行できる

現在のところ、ブリティッシュ・エアウェイズのAvios(マイル)を直接貯めることのできる提携クレジットカードはありません。

しかしアメリカン・エキスプレス(American Express)であれば、クレジットカード利用で貯まったポイントを、ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブ・クラブのAviosへと移行することが可能です。

アメリカン・エキスプレス・カードのラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリのアメリカン・エキスプレス・カードが見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

 

アメックスのポイントをAvios(マイル)に移行しよう

アメックスは、ショッピングなどでクレジットカード払いを利用することで100円ごとに1ポイントが貯まります。

また「ボーナスポイント・パートナーズ」対象提携店で利用すれば、さらに多くのポイントを貯めることも可能です。

そしてショッピングなどで貯めたアメックスのポイントを、ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブ・クラブのAvios(マイル)に移行しましょう。

アメリカン・エキスプレス・カード(以下アメックス)やダイナースクラブカード(以下ダイナース)は、貯めたポイントを世界の主要航空会社のマイルに移行することができます。アメックスは15社、ダイナースは5社の移行先があります(ダイナースは2016年2月1日から5社)。しかし...

 

Avios(マイル)への交換で有効期限を自動延長できる!

ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブ・クラブのAvios(マイル)は、36ヶ月以内にAviosの増減があれば失効することはありません。

そしてAviosの増減には、アメックスで貯めたポイントをAviosへと移行することによるAvios増も含まれます。

そのためアメックスで貯めたポイントを定期的にAviosへと移行することで、Aviosの有効期間を自動延長することができるのです。

【国内線】JALマイルよりもAviosを使った方がお得なエリア

JAL国内線では、JALマイルを利用するよりも、ブリティッシュ・エアウェイズのAviosでJAL国内線特典航空券を予約した方がお得になる場合があります。

往復に必要なマイル数 JAL Avios
東京~大阪 9,500マイル(JALカード割引)
10,000マイル(ディスカウント)
12,000マイル(通常)
12,000マイル
東京~札幌
東京~福岡
11,500マイル(JALカード割引)
12,000マイル(ディスカウント)
15,000マイル(通常)
12,000マイル
東京~久米島
東京~宮古
東京~石垣
対象外路線(JALカード割引)
対象外路線(ディスカウント)
20,000マイル(通常)
18,000マイル

たとえば東京~大阪間でJAL国内線を利用する場合、JALマイル、ブリティッシュ・エアウェイズのAviosどちらも往復で通常12,000マイルですが、東京~札幌、福岡の場合は、Aviosの方が3,000マイル分お得です。

東京~久米島、宮古島、石垣島間については、JALマイルを利用すると往復20,000マイルが必要なところ、ブリティッシュ・エアウェイズのAviosなら、18,000マイル(2,000マイルお得)で交換可能です。

ブリティッシュ・エアウェイズ 片道 往復
国内線650マイル未満 6,000Avios 12,000Avios
国内線650マイル以上1,150マイル未満 9,000Avios 18,000Avios

行き先ごとの必要なJALマイル数は、下記にてご確認ください。
JALグループ国内線特典航空券 マイル早見表

予約ができるのは、出発の60日前~3日前までです。

オンラインチェックインもできません。当日空港でチェックイン手続きが必要です。

あと予約できるのはエコノミークラスのシートだけです。

クラスJは当日カウンターで申し込んでください。空きがあれば+1,000円でアップグレード、空きがない場合は空席待ちを入れましょう。

本人以外(2親等を超えてもOK)の特典航空券を取れることは、JALマイレージバンクにはないメリットです。

友人・知人のチケットも取れます。予約した本人が一緒に乗らなくてもOKです。

ただし、BA発券から座席指定、搭乗するまでの手続きはJAL発券とは違って若干癖があるので、初めて利用するときは、以下のサイトを参考にして準備しておきましょう。

BA特典の予約から搭乗まで全て説明します JAL国内線に片道4,500マイルでおトクに搭乗できるので人気なのが…
// 特典航空券やマイル、SFC修行に興味を持つきっかけとなったブリティッシュエアウェイズ(BA)のAviosポイント(マイル)でのJAL特典航空券発券。 出発地から到着地までの区間マイルが650マイル未満(東京からだと鹿児島まで)だと片道4500マイル、往復でも9000マイルで...

国際線の必要マイルは概ねJALよりも高い

ただしJAL国際線については、JALマイルで特典航空券を取得する必要マイル数より、Aviosのマイル数が上回ってしまいます。

そのためJAL国際線を利用する場合には、JALマイルを利用した方がお得だと言えます。

アジア路線では、一部Aviosの方が得な路線もあります。

 15社の航空会社のマイルに移行できる「アメリカン・エキスプレス・カード」

JAL国内線特典航空券はWebで予約がベスト!電話予約は手数料が発生!

ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブ・クラブのメンバーであれば、ブリティッシュ・エアウェイズの公式Webサイトから貯まったAviosを使って航空券を予約することができます。

またメンバーはWeb上から、ブリティッシュ・エアウェイズのみならずワンワールド加盟航空会社の特典航空券を予約することも可能。

JAL国内線特典航空券についても、座席に空きがあればWeb上から予約することが可能です。

なおJAL国内線特典航空券のWebでの予約は、搭乗日の3日前までの受け付けとなっています。

またWebでの申し込みだけではなく、ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブ・クラブのメンバーはコールセンターに電話をすることでAviosを利用してJAL国内線の特典航空券を予約することもできます。

ただしコールセンターを介して航空券を予約した場合には、別途コールセンター手数料が発生します。

しかしながら、時には座席に空きが生じている場合でも、公式Webサイトの航空券予約画面にはその情報が表示されないというケースもあります。

このような場合にはコールセンターに電話をしてその旨を伝えることで、手数料なしで予約をすることができます。

外資系航空会社のマイルでJAL・ANAの国内線をお得に利用できる

マイルの貯まるクレジットカードはJAL・ANA国内線ユーザーにとっての強力なアイテムです。

このように、JAL国内線はブリティッシュ・エアウェイズ、ANA国内線はユナイテッド航空のマイルを利用することによってお得に利用することができます。

そしてブリティッシュ・エアウェイズのAvios(マイル)は「アメックス」、ユナイテッド航空のマイルは「MileagePlusセゾンカード」を利用することで無理なく貯めることが可能。

そのためJALやANAの国内線を利用する機会の多いという方は、「アメックス」もしくは「MileagePlusセゾンカード」の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 ユナイテッド航空のマイルを貯めるなら「MileagePlusセゾンカード」

 15の航空会社のマイルに移行できる「アメリカン・エキスプレス・カード」

アメックスとダイナースの移行先が多くてわかりにくいので、マイル移行先の相関図を作成しました。

アメリカン・エキスプレス・カード(以下アメックス)やダイナースクラブカード(以下ダイナース)は、貯めたポイントを世界の主要航空会社のマイルに移行することができます。アメックスは15社、ダイナースは5社の移行先があります(ダイナースは2016年2月1日から5社)。しかし...

2015年11月22日 作成
2019年6月13日更新


アメリカン・エキスプレス・カード
旅行に行くならこのカード。最上級のサービスはアメリカン・エキスプレス。


<アメリカン・エキスプレス・カード> (グリーン)

<アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード> (ゴールド)


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

マイルのお得な貯め方・使い方 応用編

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第22回 三井住友VISAデビュープラスカード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!