メトロポイントを利用してANAマイルの有効期限を延ばす方法

せっかく貯めたマイルですから、できれば特典航空券や座席のアップグレードに利用したいと思う方が大半でしょう。

けれども、なかなか有効期限までにマイルを貯めることができない場合もあると思います。

そこで本コラムでは、メトロポイントを利用してANAマイルの有効期限を延ばす方法について解説します。

ANAマイルの貯め方と利用方法

ANAマイルは、ANAやスターアライアンス提携航空会社の利用、ANAカードでの支払いなど、さまざまな方法で貯めることができます。

【 貯める例 】

  • ANAへの搭乗
  • ANAカードの利用
  • スターアライアンスを含む提携航空会社の利用
  • ANAマイル提携クレジットカードの利用
  • 他社ポイントからの移行
  • ポイントサイトで貯めたポイントからの移行

貯めたマイルは特典航空券への交換や国際線でのアップグレード、ANA SKYコインへの交換、ANA ショッピングA-styleでのネットショッピングなどに利用できます。

特にANA SKYコインは、1マイルを1コインから交換でき、10コイン10円分から利用できますが、ANA航空券や海外及び国内ツアーの支払いにしか利用できません。

ANAショッピングA-styleでは、1マイル1円からネットショッピングに利用できます。

何か欲しい商品が見つかれば、期限が近いマイルをショッピングに使ったり、ANAグッズや食品などと交換するのもありです。

【 使う例 】

  • 特典航空券への交換
  • 国際線でのアップグレード
  • ANA SKYコインへの交換
  • ANA ショッピングA-style利用

ANAマイルの有効期限は3年

ANAマイルの有効期限は3年間となっており、期限内にマイルをすべて利用できれば問題ありませんが、数百マイル、数千マイルなど、細かなマイルがアカウントに残ってしまうことも多々あります。

特典航空券に交換したときに残ってしまったり、有効期限までにお手持ちのマイルが特典航空券へ交換するには少し足りない場合もあるかと思います。

このとき、クレジットカード会社やポイントサイトのポイントをマイルに換えることができるなど、何か方法があればよいのですが、実際にポイントがマイルに反映されるまで時間がかかったり、マイルに反映されても特典航空券の空席がなかったりなど、お手持ちのマイルの有効期限が短い場合、無駄にしてしまうこともあると思います。

メトロポイントでANAマイルの有効期限を延ばす

そこで、ANAマイルの失効を防ぎ、さらにマイルを貯めるための期間を確保するために、一旦「メトロポイント」と呼ばれるポイントにANAマイルを交換した後、メトロポイントからANAマイルに戻す方法があります。

ANAマイルとメトロポイントを相互交換するのに必要なのが、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)です。

ソラチカカードとは

ソラチカカードは、ANAマイル、メトロポイント、Oki Dokiポイントが貯められるJCBのクレジットカードで、18歳以上で本人もしくは配偶者に安定継続収入がある方、もしくは高校生を除く18歳以上の学生の方が申込みできます。

年会費は2,000円+税(初年度年会費無料)で、家族カード(年会費1,000+税、本会員と同時申し込みで初年度無料)も申込できます。

ソラチカカードには、最高1,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)、最高100万円の海外ショッピング保険も付帯しています。

すでにANA JCBカードをお持ちの方でもソラチカカードを併用して持つことができます。

通常の支払いに家族カードを利用できますが、メトロポイントからANAマイルへと交換できるのは、ANAマイレージクラブの登録情報と名義が一致している本会員のみとなりますので、お気をつけください。

ソラチカカード
国際ブランド JCB
年会費 2,000円+税(初年度年会費無料)
家族カード 年会費1,000円+税、本会員と同時申し込みで初年度無料
旅行傷害保険 最高1,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円(海外のみ)
ANAおよび提携航空会社のマイレージが貯まる「ANAカード」と、メトロポイントが貯まる PASMO機能付き「To Me CARD」の機能が一体化したソラチカカードがついに登場しました!マイル&ポイントが貯まりやすく、また相互交換もできるので非常に便利な一枚です!

ANAマイルからメトロポイントに交換

ANAマイルからメトロポイントへの交換は、ソラチカカードを通して等価交換でき、「10,000マイル」=「10,000メトロポイント」になります。

メトロポイントの有効期限は最長2年となっていますので、本来であれば有効期限が近く失効してしまうはずの「ANAマイル」を「メトロポイント」としてキープすることができます。

注意点としては、メトロポイントには有効期限があり、獲得した日から翌年度末までであることです。

例えば、「2020年4月中」に獲得されたメトロポイントは、翌年度末「2022年の3月末」までが有効期限となります。

しかし2020年3月に獲得されたメトロポイントは、2021年3月末までとなり、有効期限が非常に短くなります。

【 例 】

  • 2019年4月から2020年3月獲得 → 2021年3月末まで
  • 2020年4月から2021年3月獲得 → 2022年3月末まで

ANAマイルの有効期限が迫っている場合、移行時期をあまり自由に選べない状況になるかとは思いますが、メトロポイントの有効期限につきましても移行のタイミングをしっかりと把握しておく必要があります。

メトロポイントからANAマイルに交換

「ソラチカカード」でメトロポイントからもう一度ANAマイルに交換する場合、「10,000メトロポイント」=「9,000ANAマイル」となり、1割ほど目減りしてしまいます。

しかし、本来であれば期限が切れて消失してしまうはずだったマイルの期限を延長できるので、マイルの減少分を踏まえても十分に利用価値があります。

メトロポイントから交換されたANAマイルは、移行から3年の有効期限があります。

  • ANAマイル→メトロポイント(有効期限 最長2年)
  • メトロポイント→ANAマイル(有効期限 3年)

ポイントとマイルの移行で、期限が切れそうになっていたANAマイルの有効期限を4年〜5年延長できることになります。

ソラチカカードのメトロポイントを利用した期限延長には、メトロポイントの有効期限問題と、ANAマイルのマイル数が減ってしまうことのほかにも気を付けるべき点があります。

「メトロポイント」から「ANAマイル」への交換には、移行上限が設定されています。

最低交換ポイント数は100メトロポイント、1回に交換できるポイント数は20,000メトロポイント(18,000 ANAマイル)が上限となります。

また、交換できるのは月に1回までと制限があります。

毎月上限額20,000メトロポイントをマイルに移行すると、1年間で240,000メトロポイント(216,000 ANAマイル)となります。

例えば、1,000メトロポイントをすでにANAマイルに交換済みの場合、同じ月にもう一度ANAマイルに交換することはできないのでご注意ください。

交換をされた翌月の中旬以降になれば、またメトロポイントからANAマイルへと交換が可能です。

メトロポイントからANAマイルへの交換で手数料は発生せず、およそ1~2か月の移行期間がかかります。

移行される時期によっては1か月ほどで移行が完了するようですが、公式には上記の移行期間を要することになっていますので、メトロポイントからANAマイルへとポイント移行をされる際には、移行期間も含めて計画しましょう。

ANAマイルからメトロポイントへと移行された時期によっては、メトロポイントの有効期限は1年となります。

したがってメトロポイントへの交換は、安全策をとり240,000メトロポイントまでをひとつの目安にすることをおすすめいたします。

もちろん、メトロポイントへの移行時期が年度初めの4月からになる場合には、有効期限が2年近くあることになりますので、最大で480,000 ANAマイルまでならメトロポイントに移行されても、毎月20,000メトロポイントずつ18,000ANAマイルへと交換できます。

しかしそうしますと、交換された順にANAマイルとしての有効期限3年が始まりますので、両方の期限を気にしなければなりません。

端数分の残りのマイルなどをメトロポイントに移行される分には、それほどメトロポイント数も多くはならないとは思いますが、有効期限とお手持ちのポイント数によって移行することができる上限がありますので、念のため、お気をつけください。

東京メトロ To Me CARD Primeでもメトロポイントに移行できるが・・・

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)とよく似た名前のクレジットカードに東京メトロ To Me CARD Prime、To Me CARD Prime(PASMO)があります。

ANAマイルからメトロポイントに交換

「To Me CARD」は、ANAマイルからメトロポイントへの移行は等価交換になりますが、30,000マイル以降は交換レートが変わります。

ANAマイル → メトロポイント ソラチカカード To Me CARD(Primeカード、ゴールドカード、一般カード)
移行限度数 無し
移行単位 10,000ポイント
移行レート 10,000マイル → 10,000ポイント 10,000マイル → 10,000ポイント
3万マイル以降は10,000マイル → 5,000マイル※

※同一年度内(4月1日~翌年3月31日)での交換マイル数の累計

メトロポイントからANAマイルに交換

「To Me CARD」でメトロポイントからANAマイルに交換する場合、レートは「1,000メトロポイント=600マイル」です。

ソラチカカードに比べて交換レートが悪くなります。

To Me CARD Prime、To Me CARD Prime(PASMO)などをすでにお持ちの方で、マイルが大幅に目減りしてもマイルが失効するよりはいいとお考えになる場合には、こちらのカードでの移行もひとつの方法だと思います。

「To Me CARD」も、メトロポイントからANAマイルに交換していただくことができるのは、ANAマイレージクラブの登録情報と名義が一致している本会員のみとなります。

メトロポイント → ANAマイル ソラチカカード To Me CARD(Primeカード、ゴールドカード、一般カード)
交換ポイント数上限 1回の申込で20,000ポイントまで
交換回数上限 月に1回まで
移行単位 100ポイント 1,000ポイント
移行レート 100ポイント → 90マイル 1,000ポイント → 600マイル

有効期限が切れそうなANAマイルをソラチカカードを通してメトロポイントに交換することで、ANAマイルを貯める期間を延ばすこともできますし、ANAマイルの有効期限を延ばすこともできるようになります。

ANAマイルとして保有し続けて失効させてしまうよりも、メトロポイントへの交換によってマイル数は減ってしまいますが、有効期限を先延ばしにすることができますので、マイルの貯まり具合や有効期限までの期間によってソラチカカードを有効活用していただければと思います。

ANAおよび提携航空会社のマイレージが貯まる「ANAカード」と、メトロポイントが貯まる PASMO機能付き「To Me CARD」の機能が一体化したソラチカカードがついに登場しました!マイル&ポイントが貯まりやすく、また相互交換もできるので非常に便利な一枚です!

ANAカードの選び方
JCBカード、VISA/マスターカード、VISA Suicaカード、AMEXのどれを選びますか? 効率よくマイルが貯まるANAカード!利用シーン別に徹底調査。


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!