tsuika-seven1

OMCカードがリニューアルしてセブン-イレブンでなんとつねにポイント3倍(1.5%)になりました。
しかしセブンカード・プラスも同じポイント還元率です。

ここで素朴な疑問がひとつ沸きます。セブンを頻繁に使う人は、セブンカード・プラスとOMCカードどちらを持てばいいのでしょうか?

同じ還元率、しかし特典内容が微妙に違う2枚のカード。
こうなるとセブンでの還元率ではなく、どの特典を優先するかで持つカードは変わってきます。
セブンでの利用においてはどちらのカードを持ったほうがいいのか?今回はそんな疑問を解決するため、判断基準を明確にし、選びやすくしてみました。

セブンだけじゃなくイオンも還元率1.5%にしたいならOMCカード

seven-omc-osusume03

OMCカードはセブン-イレブンだけではなく、イオンとイトーヨーカドーでも1.5%還元になるという特徴があります。
セブンカード・プラスはイトーヨーカドーも1.5%還元対象ですが、イオンは対象ではありません。

イオンという大型スーパーでも1,5%還元にしているのはOMCカードだけなので、この2つのお店によく行く方にとってはOMCカードのほうが活用の幅が広がりますね。

買い物先が分散してもポイントを同じ倍率で貯められることはとても便利です。セブン、ヨーカドー、イオン、ダイエーというコンビニと3つの大型スーパーで1.5%還元で使えるとなれば、OMCカードは日用品の購入カードとしてかなり役立ってくれるはずです。

イトーヨーカドー5%割引デーを活用するならセブンカード・プラス

tsuika-seven2

OMCカードにもセブンカード・プラスにも加盟店で優待される機能が付いています。

セブンカード・プラスの割引優待
■毎月の8のつく日(8日、18日、28日)は、全国のイトーヨーカドーで、食料品・衣料品・住まいの品がカードご利用でほとんど全品5%オフ
■イトーヨーカドーで対象商品にボーナスポイント付与
■セブン-イレブンで対象商品にボーナスポイント付与
■オッシュマンズ 第3金曜日・翌土曜日の割引サービス
■カラオケ館・室料割引サービス

OMCカードの割引優待
■マルエツ、マルエツプチ、リンコスで毎週日曜に5%オフ
■棒二森屋、三春屋、中合福島十字屋山形、今治デパートグループ、東武イーストモール、東武サウスヒルズ、スーパーストアで毎月第2・第4日曜日に5%オフ

セブンカード・プラスのほうが優待の数は多いですね。
もちろんマルエツが近くにあって常に買い物をしている人はOMCカードが向いていますが、それ以外の人で特にマルエツに執着の無い人はセブンカード・プラスが良いと言えます。イトーヨーカドーで1万円の買い物をすれば500円も値引きされるんです。5%オフという数字はかなり大きいので、優待は積極的に使いたいところですね。

nanacoで税金を支払いたいなら迷わずセブンカード・プラス

seven-omc-osusume04

セブン-イレブンの最大の長所といえば「nanacoで税金を支払える」という点です。つまりクレジットカードと同じくらいnanacoの存在が重要です。

セブンカードプラスでnanacoにチャージすると200円ごとに1ポイントたまります。nanacoは利用するだけでも100円支払うたびに1ポイントもらえるので、nanacoチャージで0.5%、nanacoの支払いで1%、合計で1.5%のポイントをもらうことができます。クレジットカードでは支払いができない税金類もnanacoを使えば間接的にクレジットカードのポイントをゲットすることができます。

OMCカードはnanacoチャージに対するポイントを付与していないので、nanaco利用者には向いていないカードです。この点から、nanacoで税金を支払いたい方はOMCカードではなくセブンカード・プラスを持ってクレジットチャージを行ったほうがいいという結論になります。

また税金類ではなくパンや飲み物といった普通のお買物の支払いはセブンカードプラスのクレジット払い、チャージしたnanaco、どちらも還元率は1.5%と同じなので、どちらを使ってもいいでしょう。そこは好みの問題です。

 
OMCカード

セブンカード・プラス
初年度年会費 無料
年会費 1,000円 500円
年会費無料条件 年間でカードを60万円利用すれば翌年無料 年間でカードを5万円利用すれば翌年無料
ポイントサービス名 わくわくポイント nanacoポイント
ポイントサービス内容

0.5%(月間5万円利用で1%にアップ)

0.5%
セブンイレブン 1.5%
イトーヨーカドー
ダイエー 1.5% 0.5%
イオン
ヨークマート 0.5% 1.5%
デニーズ
国際ブランド VISA、JCB、Master VISA、JCB
ポイントレート 1ポイント=1円 1ポイント=1円
家族カード 年会費300円 年会費200円
申し込み資格 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方
ショッピング保険 50万円 100万円
ANAマイルへの交換単位 500ポイント→250マイル
JALマイルへの交換単位 1000ポイント→500マイル
セブン-イレブンでの対象商品クレジット決済ボーナスポイント
ヨーカドーのボーナスポイント付与

 

 OMCカード
 セブンカード・プラス

nanacoとイトーヨーカドーメインなら「セブンカード・プラス」、イオンによく行くならOMCカード

セブンカード・プラスもOMCカードもともに条件を満たさなければ年会費が無料にならない仕様になっています。

とはいえ、セブンカード・プラスは年間5万円利用なので簡単にクリアできるので実質無料とも言えますね。OMCカードの場合はカード利用年間60万円が条件ですが、月々5万円利用という計算になるので決してむずかしい数字ではありません。よって年会費条件で決めるというよりも、やはり自分がどこの店の優待を使いたいかという点で持つカードが決まるでしょう。

●イオン・ダイエーでの1.5%還元はあきらめて、イトーヨーカドーの5%オフデーとnanacoチャージでセブンで税金を支払いたい方→セブンカード・プラス
●イトーヨーカドー5%オフデーとnanacoチャージポイントはあきらめて、イオン・ダイエー1.5%還元とマルエツでの優待が欲しい方→OMCカード

seven-omc-osusume01

seven-omc-osusume02

という選択になります。

なお、ポイントアップする店以外での、普通のお買い物時の還元率ですが、これはどちらも0.5%。ただしOMCカードは月5万円利用すればつねに1%還元になります。そのためメインカードとして使うにあたってはOMCカードがおすすめです。
セブンカード・プラスを選んだ方は、条件無しで還元率1%にしているカード(楽天カードやリクルートカード)は多いので、別でそちらを持つという手もあります。優待やポイントアップする店だけセブンカード・プラスを使い、それ以外での買い物では1%還元以上の年会費無料カードを持つという使い分けでポイントを収集する方法です。

なお、OMCカードには年会費無料カードも存在します。「年間60万円はきびしいけどOMCカードを持ちたい…」という方はこちらのカードがおすすめです。

 OMCカード
 セブンカード・プラス


セブンカード
毎月8のつく日(8日、18日、28日)は、全国のイトーヨーカドー・エスパおよびネットスーパーで利用すると食料品・衣料品・住まいの品が5%割引

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
セブンカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加