ホーム > > ユーザーレビュー・評価 50代のカード利用者

50代のカード利用者のレビュー・評価

海外キャッシング用カードとしてベテラントラベラーは必ず持っています。セディナカードJiyu!da!

「セディナカードJiyu!da!」です。

申込みからカード受け取りまで8日間、ショッピング枠25万円、キャッシング枠25万円での発行でした。

このカードはリボ払い専用カードなのでショッピングには使わず、海外キャッシング専用カードとして使います(リボ払い額の調整も行いません)。

これまで海外でキャッシングしても、繰上げ返済は帰国後にしていましたが、セディナカードがあれば、Pay-easy(ペイジー)を使ってネットで返済を終わらせることができます。

他社のカードのように、電話で返済金額や振込口座を確認する必要がありません。つまり海外滞在中に一括返済ができます。
 
例えば1万円を年利18%でキャッシングしても3日で返済すれば、金利手数料はわずか15円です。

つまり両替所で替えるよりも圧倒的に低コストで現地通貨が調達できるカードです。

しいて難点を言えば、メンテナンス時間が多いことかな。

【メンテナンス時間】
23:00~翌0:15(毎日)
7日 23:00~9日 9:00(毎月)
※毎週日曜日は20:00~翌月曜日9:00
※6月、9月第3日曜日は前日23:00~9:00
※12月31日 23:00~1月4日 7:00

わずか12万の利用金額でインビテーションが届いた。エポスゴールドカード

エポスカードは4年ほど前(2015年8月)から保有していましたが、決済にはほとんど使っていない状況でした。

元々、ロイヤルホストの割引優待を受けるために作ったのですが、今ではそれもなくなってしまい休眠カードになっていました。。

このままレギュラーカードに甘んじていても面白くないので、エポスゴールドカードへのアップグレードを狙うことにしました。

エポスゴールドカードはウェブから直接申し込みができるため、必ずしもインビテーションは必要ではありません。

しかし、インビテーション無しで申し込む場合は年会費5,000円(税別)が必要になってしまいます。

申込みをせずにインビテーションが来る決済金額は、巷では30万とも50万ともいわれていますが、せっかくなのでインビテーションを受けて、はじめから年会費無料で持ちたいですよね。

そう思ってぼちぼち使い始めたのが今年の7月。

どれくらいの利用金額でインビテーションが来るのか知りたかったので、30万を目標に決済金額を少しずつ増やしていきました。

最終的にインビテーションは12万円ほど決済した時点と、予想していたよりも早く来ました。

インビテーションが来るまでの利用実績は以下の通りです。

2019年3月支払い分の7,850円はエポスカードの割引特典を使ったカラオケ店ビッグエコーの支払いです。

そのほかは、すべてKyash払いになっています。

エポスカード一般カードの還元率は0.5%とあまりにも頼りないので、Kyashの決済カードに登録して2%のキャッシュバック(2019年9月まで)と二重取りをしたのです。

主に飲食店で使っていましたが、明細上はKyashとしか書かれていません。

エポスVisaプリペイドカードは2017年10月に作りました。バーチャルカード、ETCカードは持っていません。

なお近所にマルイが無いので、マルイ店頭での決済実績はありません。海外で利用していません。家賃(RoomID)の利用もありません。リボ払いもありません。

一般カードのショッピング枠は50万、キャッシング枠はゼロでした。

そんな折、通販で買おうと思ったトートバックを、どこかポイントサイト経由で購入できないか調べたところ、マルイウェブチャンネルがありました。

マルイウェブチャンネルでエポスカードを使って購入手続きを済ませると、「特別ご招待 特別に年会費無料のエポスゴールドカードへご招待!」というメッセージが表示されました。

ゴールドカードのインビテーションは郵送で送られてくるものと思っていたので、意表を突かれました。

すかさず申込んだのは言うまでもありません。

もしかすると、マルイのECモール「マルイウェブチャンネル」が利用実績としてプラス評価になり、インビテーションが早まったのかもしれません。

インビテーションについて推測できることをまとめ

一般カード保有歴は4年
決済が無くても保有期間は関係しているかもしれない。
マルイの実店舗で買い物実績が無くてもいい
近所にマルイが無いので使う機会はありませんでした。
決済金額累計が30万円に満たなくてもインビテーションは来る
インビテーションが来るまでの累積決済金額は12万ほどでした。
ショッピング枠は50万円、キャッシング枠はゼロ
キャッシング枠が無い方が有利になるかは定かではない。

参考になれば幸いです。

「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」でくつろげます。ANAダイナース プレミアムカード

ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジは、銀座ダイナースクラブカード会員とダイナースクラブ プレミアムカード会員、ANAダイナース プレミアムカード会員だけが利用できる特別な空間だ。

2017年12月5日(火)に移転して広くなった。晴海通りに面したすずらん通りの入口、八宝ビル8階にある。

上記のカード会員本人と家族会員が無料で利用できる。

同伴者は1名、1回につき1,000円(税別)が必要だ。ただし18歳未満の同伴者は無料。

同伴者1名まで無料だったのが有料になったのは、移転前と変わったところだ。


すずらん通りのゲートが目印

東京メトロ 日比谷線、銀座線、丸ノ内線の銀座駅で下車した場合は、A1出口が近い

営業時間は11:30~19:00。定休日は毎週月曜(祝日の場合は営業)、12月31日~1月3日。

銀座ダイナースクラブカード会員とダイナースクラブ プレミアムカード会員で、利用できるスペースが分かれている。銀座ダイナース会員向けのエリアの方が席数は少ない。

(さらに…)

ダイヤモンド経営者倶楽部の「銀座サロン」がビジネス・アカウントカードで利用できる。ダイナースクラブカード

ダイヤモンド経営者倶楽部が運営する会員制ラウンジ「銀座サロン」が、ダイナースクラブ ビジネス・アカウントカードでも、カードと名刺を提示すれば利用可能になりました。

「銀座サロン」は基本的にダイヤモンド経営者倶楽部メンバー限定のラウンジです。

ダイヤモンド経営者倶楽部とは、ダイヤモンド社の80周年プロジェクトとして1993年に創設された日本有数の会員制倶楽部。

現在の会員数は600社強で、成長意欲の高い魅力的な経営者が多数集まる場を提供しています。

「銀座サロン」はダイナースクラブの会員には「ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジ」として、これまでダイナースクラブビジネスカードの会員しか利用できませんでしたが、2019年7月からビジネス・アカウントカード会員も利用できるようになりました。

静かで落ち着いた雰囲気のラウンジです。

ビジネス目的のために提供しているラウンジなので「サンダル、スニーカー、短パン、Tシャツなどの軽装での利用はご遠慮ください。」とあります。

ダイヤモンド社の各種ビジネス書籍や雑誌がずらり並んでいます。

スペースすべてを開放すると着席で80名ほどの収容が可能なようですが、配置されている座席の状況ではざっと40人といったところでしょうか。

飲み物は給茶器があります。セルフサービスです。電源も取れます。

オープンセミナーに、ダイナースクラブ ビジネスカード会員専用の優待価格で参加できるようです。

銀座サロンは土日祝日ならびに、10時から18時までの営業時間以外の利用はできません。

サロン貸切時、ダイヤモンド経営者倶楽部行事使用時は利用できません。利用状況は以下のページで確認できます。

アクセス地下鉄銀座線「銀座駅」B2出口から徒歩3分
地下鉄日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」A2出口から徒歩1分
住所東京都中央区銀座4-9-8
NMF銀座四丁目ビル3階
営業時間月~金 10:00~18:00
※土日祝日、夏季、冬季休業日、臨時休業日はご利用いただけません
電話番号03-6226-3223

銀座4丁目の交差点から徒歩数分と利便性が高い場所にあります。

銀座4丁目の交差点から来た場合、この角を左に曲がります。

エントランスの様子。このときは外壁工事中でした。

NMF銀座四丁目ビルの3階です。エレベーターで上がります。

入室時に「指紋認証システム」を導入しているので、ダイナースクラブカード会員はカードをかざしても入れません。

入室の際は、インターホンを押して係の人に開けていただきます。

受付でカードを提示すると認証後に利用できます。

入室後は、空いている席を自由に利用できます。

利用できるカードは3券種

ダイナースクラブ「ビジネスカード」及びダイナースクラブカード、並びにダイナースクラブ プレミアムカード会員の「ビジネスアカウントカード」の3券種が対象です。

利用するにあたっての注意事項

カード本人の利用に限ります。家族会員は利用できません。

同伴者がいる場合は、カードを持参の本会員と一緒に入室できます。

会場の貸切はできません。また、パーソナルオフィスとして長時間の利用もできません。

ダイヤモンド経営者倶楽部会合や、メンバーの貸切があるときは、利用時間にかかわらず退出することになるようです。

サロンは禁煙です。

飲食物の持込は出来ません。

飲み物は給茶器でセルフサービスとなっています。

ドアはセキュリティーがかかっておりますため、改めてインターホンを押してください。

ドレスコード指定:ビジネスシーンに相応しい服装

ビジネスラウンジに付、サンダル、スニーカー、短パン、ジーンズ, Tシャツ等の軽装は避けてください。同伴者も同様です。

サロンを利用してみた感想

部屋の奥の壁には、ダイヤモンド社の刊行物がずらり陳列されています。

なかでも目を引いたのは、地球の歩き方ガイドブックです。数えてみると114巻ありました。

「スペイン」「マドリードとアンダルシア&鉄道とバスで行く世界遺産」「バルセロナ&近郊の町とイビサ島・マヨルカ島」「シンガポール」「パキスタン」「リビア」は見当たりませんでしたが、ほぼ全巻揃っていました。

実は「地球の歩き方」はダイヤモンド社刊だったのですね。

お手洗いは室外にあるので、入室のたびに扉を開けてもらうのは申し訳ない気持ちになると思います。

同伴者OKとはいえオープンスペースで回りが静かなので、あまりプライベートな話はできない雰囲気はあります。

1時間くらいしか利用しなかったのですが、一人静かに過ごすのに向いているサロンではないでしょうか。

ソラチカカードが届いたらメトロポイントPlusの登録を忘れずに。ANA To Me CARD PASMO JCB

東京メトロの乗車ポイントを貯めるべく作ったカードです。

東京メトロの乗車1回ごとに獲得できるメトロポイントは、このソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の場合、平日は5ポイント、土日・祝日は15ポイントがもらえます。

たとえば、東京メトロの最低運賃(初乗り運賃)は160円ですが、平日に乗車して5ポイントもらった場合の還元率は3.125%、土日・祝日に乗車して15ポイントもらった場合は9.375%にもなります。

このようにTo Me CARD は乗車や買い物でメトロポイントを貯められます。

ただし、貯めるためには「メトロポイントPlus」の登録が必要です。

カードが手元に届いた時には、メトロポイントPlusの設定はされていないからです。

メトロポイントPlusの登録は、To Me CARD 会員専用サイトで行います。
(本サイトのサービスは、00:00~04:00の間は利用できません)

会員専用サイトでは、以下のサービスを利用することができます。

・メトロポイント照会・履歴表示
メトロポイントのご利用履歴を確認できます。

・メトロポイント移行申請
貯まったメトロポイントを提携先のポイントに移行できます。
*家族会員の方はお申込みいただけません。

・メトロポイントPlus設定
メトロポイントPlusのお申し込み、解約ができます。

・確認番号変更
確認番号の変更ができます。
*確認番号の定期的な変更が推奨されます。

登録の手順については「To Me CARD登録のススメ」で、わかりやすく説明されています。

ソラチカカードはPASMOオートチャージの設定が済んでいます。他のTo Me カードと違って、郵送で申し込みする必要はありません。

初期設定は、2,000円以下のときに改札に入場すると3,000円を自動的にチャージする設定になっています。

オートチャージ設定の変更は、東京メトロの券売機でできます。

オートチャージの紐づけをするPASMOは別カードにすることはできません。内蔵のPASMOだけです。

PASMOに現金チャージしてもポイントは付きませんが、オートチャージならチャージ時にポイントが付与されます。

もうひとつ忘れてはならないポイントプログラムがあります。それはメトロポイントクラブ「メトポ」です。

メトロポイントPlusとメトポの両方に登録することで、それぞれのポイントを二重取りすることができます。

メトポは手持ちのPASMOを利用して東京メトロに乗車すると、乗車日数・回数に応じて所定のポイントが貯まるサービスです。

メトポはクレジットカード To Me CARD を持っていなくても貯められるポイントです。

通常ポイントであるデイリーポイント、ホリデーポイントと1か月間に10回乗車するともらえるボーナスポイントがあります。

通常ポイントは、平日は3ポイント、土休日は7ポイントを1日1回だけもらうことができます。

メトポの使い道は、貯めたポイントを10ポイント=10円単位でPASMOにチャージするだけですが、忘れずに登録して取りこぼしなく獲得しておきたいポイントですね。

銀座の真ん中で「真夏の涼」を感じるミッドサマーラウンジに銀ぶら。ダイナースクラブカード

2019年7月29日(月)から8月4日(日)まで期間限定で「Diners Club Mid-Summer Lounge」がオープンしたので利用してきました。


のれんをくぐるとそこに受付が

ダイナースクラブ ミッドサマーラウンジ(Diners Club Mid-Summer Lounge)、またの名をポップアップラウンジといいます。

大正時代からの俗語で「銀座の街をぶらぶら散歩すること」を銀ぶらと言いますが、銀ぶらの合間に立ち寄れるラウンジがあることは、この暑い時期には重宝します。

ダイナースクラブの会員特典は、会員および家族会員と同伴者3名までとなっています。

50席ある会員専用エリアで、ウェルカムドリンクをおひとり様1杯と小菓子をおひとり様1つ頂けます。

ドリンクにはアルコール(生ビール等)も含まれます。2杯目から有料500円です。

お支払いはダイナースクラブカードのみとなっています。ここでもキャッシュレスですね。

キャッシュレスといってもPayPayとか使えるわけではないので、ハードルが少し高いようです・・・とはいえ銀座です。

さっそくメニューを見てみましょう。

アルコールは、
・ビール(サッポロ黒ラベル)
・かち割りスパークリングワイン

ソフトドリンクは、
・オレンジジュース
・アイスコーヒー
・アイスティー
・アイス緑茶
から選ぶことができます。

ほかに注意事項として、大声で会話するなど、他の会員の迷惑になる行為はご遠慮くださいと書かれています。

また、荷物の預かり、充電器の貸し出し、コンセント、WiFiは用意されていません。

電源や電波を求めて漂着しても、問題解決しないので、その点を理解した上で利用しましょう。

会員でない方も利用できます。アンケートに答えることでソフトドリンク1杯をいただくことができます。

ただし、入口付近の非会員エリアのみで席数は約10席です。


こちらが非会員エリアです。入室してすぐのところです。

制限事項としては、会員は1日1回、非会員は期間中1回、混雑時は1時間の利用時間制限があります。


テラスに出ると銀座四丁目の交差点を高いところから見下ろすことができます。

小菓子はかりんとう

昭和22年創業の東京下町湯島にある小さなかりんとう屋さん「ゆしま花月」を本店にもつ、「ぎんざ鏡花水月」のかりんとうをいただきました。GINZA SIXでしか手に入らないこだわりの逸品です。

それでは場所について説明します。


銀座四丁目の交差点です。


GINZA PLACE はひときわ目立つ建物です。


1階と2階は日産自動車のショールームになっています。


エレベーターもありますが、エスカレーターから上がった方が早いです。

開催場所 東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 3F
オープン時間 10:00~19:00

今年は終わってしまいましたが、来年も開催されます。

来年は2020年7月27日(月)~8月9日(日)の2週間を予定されていて今年より長めです。

少し気が早いですが、来年の開催までにダイナースクラブ会員になっておくと、こんなメリットがあります。

・毎日1回立ち寄れます
・同伴者3名まで入場できます
・アルコールを含むドリンクを一人一杯いただけます
・小菓子を一人一ついただけます
・フォトスポットのあるテラス席も利用できる会員専用エリアに入れます
・イベントに参加できます
 (2019年は7月31日(水)10時~「SAKE COMPETITION 2019」開催記念イベントがありました)
・銀座エリア加盟店での特別優待の案内があります

また利用したいと思います。

nanacoチャージでポイントが貯まるので作りました。TOKYU CARD ClubQ JMBカード PASMO


nanacoチャージでポイントが付くクレジットカードが少なくなった今、1%のポイントが貯まると聞いて作ったのが、TOKYU CARD ClubQ JMBカード PASMOです。

本当に付与されるのか確かめるべく、実際に発行されたカードからnanacoに1万円チャージしました。

その結果、プレミアムポイント 100ポイントが付与されていることを確認できました。

以下にWEB明細とポイント明細を貼り付けます。

東急グループ以外のお店やサービスの利用時に、TOKYU CARDで支払いをすると、プレミアムポイントが最大1%貯まります。

TOKYU POINT には3つの貯め方があって、

1.東急線の電車やバスに乗って貯める「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」
2.TOKYU POINT加盟店でのご利用で貯める「加盟店ポイント」
3.クレジットのご利用で貯める「プレミアムポイント」

貯め方によってポイントの名称が別れていますが、すべてTOKYU POINTです。

また、TOKYU CARD ClubQ JMBカードでプレミアムポイントの加算率を1%にするには、以下の表のように「ご利用代金Web明細サービス」への登録が必要になります。

利用している
クレジットカード
ご利用代金Web明細サービスへの登録プレミアムポイント加算率

東急カード発行の各種ゴールドカード


あり/なし1

TOKYU CARD ClubQ
JMB


あり
なし0.5

その他の東急カードが発行する
TOKYU CARD


あり/なし0.2

TOKYU CARDからnanacoへのチャージでポイントが付与されるのは、Mastercardブランドだけのようなので、これから申込みをされるのであれば、Mastercardを選ぶのが無難です。

なお、東急ホテルズの宿泊料金の割引やポイント獲得などの優待が受けられる付帯サービス「コンフォートメンバーズ機能」付きのカードはMastercardのみです。

日本一美味しいと評判のガトーショコラを3か月待ちの列に並ばずすぐ入手できた。ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードの特典の一つに「ケンズカフェ東京優待」があります。

店舗で毎日手作りしている焼きたてのガトーショコラは本店での予約は数ヶ月待ちとなっている人気の逸品。

それを Luxury Card が特別に1日5本取り置きしていて、会員は当日予約も可能になっています。(平日に限ります)

この特典はLuxury Cardのゴールド、チタン、ブラックいずれの会員でも利用できます。

注文は「テイクアウトご注文フォーム」が用意されているので、注文個数、来店希望日時、氏名、電話番号、メールアドレス、そしてご質問・ご要望欄に「Luxury Card優待」と記入します。

本店での受け取りのみで配送はできません。店頭で配送の手配は可能とのことです。

世界最高峰のチョコレートを使用した、グルテンフリーのガトーショコラ。

1本280gの特撰ガトーショコラが税込価格3,000円です。

松屋銀座「銘家逸品」、東武百貨店池袋店「全国銘菓撰」など一部百貨店では限定販売していますが、焼きたてが買えるのは、新宿本店での受け取りのみです。

(さらに…)

毎月無料で映画鑑賞三昧。ラグジュアリーカード

TOHOシネマズ

ららぽーと横浜のTOHOシネマズ

ラグジュアリーカード会員には、TOHOシネマズで映画鑑賞が無料でできる特典があります。

毎月、チタンは1回、ブラックは2回、ゴールドは3回観ることができます。予約はコンシェルジュデスクが電話で受付、発券は映画館のvit端末で行います。

現地で観る映画を決めるのもよし

その日は電話が混みあっていて、オペレーターにつながるまで1分ほど待ちました。電話がつながると本人確認のために、フルネーム、西暦で生年月日を聞かれます。カード番号は聞かれません。おそらく本人確認か登録電話番号から特定できていると思われます。カードを持ち歩いていなくてもこのサービスは使えます。

観る映画を決めずに映画館に来て、コンシェルジュデスクに電話。すぐ観られる映画を調べてもらいました。簡単な映画の説明を聞きながらでしたが、電話してから予約完了まで、10分とかかりません。

(制度改定があり予約方法が変わりました)

(さらに…)

Tポイントはガソリン代の支払いに使っています。ファミマTカード

ファミマTカード

ファミマTカードを作ったのは2013年の夏頃です。近所にファミリーマートがあり「買物をするたびにポイントがたまって得になる」と店長に勧められどうしようか迷ったのですが、年会費が無料だと聞いてその場で申込をしました。ファミマやTポイント提携ショップでの買物200円ごとに1ポイント=1円が付与されるのですが、店頭での買物はほとんど現金で払うようにしています。

クレジット機能を使うのは、ネットショッピングの決裁と、公共料金の支払いですね。月間の総額でおよそ5万円から6万円くらいの利用になります。ショッピングで2万円ほど、あとは公共料金の支払いです。ただ、公共料金の支払いに関しては、ポイント付与が目的なので、支払いから1週間後にはその料金分を返済してしまいます。店頭で自由に返済できるので便利です。少々の利息はつきますが、付与ポイントのほうが高いのでプラスになっています。

私はクレジットカードを2枚持ってますが、いずれも利用する毎にポイントがたまる種類です。ネットショッピングの利用頻度が高いので、カードを持つことは必須といえるのですが、ポイントがたまる付帯価値がないカードは使いたくないですね。ファミマカTードの利用でためたTポイントは、Tポイント提携のガソリンスタンドで、ガソリン代の支払いに使っています。

ポイントに有効期限がないのがありがたいです。セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

2001年にセゾンカードを作りました。当時、友人の彼女が西武関連の会社に勤めており、「カードの勧誘ノルマがあるので協力してくれ」と頼まれ、申込書をもらって自宅で記入した後に渡しました。

使うのは専らネットショッピングで、店頭で使うことはほとんどありません。使う金額は月に2万円くらいです。あまり大きな買物をすることはなく、通販でしか入手できないものや送料を含めても店頭で買うより安くなる物をネットで買っています。別のカードと併用しているため、それほど高額の利用にはなっていません。

セゾンカードには旅行関連をはじめいろいろと付帯サービスがあるようですが、それらを使うことはありません。純粋にカード決済にのみ利用しています。

カードに付いているサービスってあまり利用機会がないですね。旅行はほとんど行かないし、何か生活関連のサービスをつけてもらえると嬉しいですね。

カードを持つにあたっては、利用ポイントがもらえることはもちろん、そのポイントの有効期限が長いこと、または無期限であることを重視しています。セゾンカードのポイントは「永久不滅ポイント」で、その名のとおりポイントに有効期限がないのはありがたいですね。

今は月々の利用額がそれほど高くはないのでポイントのたまり方もゆっくりですが、たまったポイントはアマゾンのギフト券に交換しています。

ポイントは車の車検や修理、オイル交換に充てています。TS CUBIC CARD

TS CUBIC CARD

このカードはトヨタのディーラー店で作りました。作った理由は、トヨタのお店で車の購入や車検、修理などを行った場合にポイントが通常の2倍になるからです。

カードを作った当時は、弟と二人でトラックを3台所有して青果卸業を行っていたので、トヨタに払う金額は車検や修理などで年間100万円ほどでした。

一年間で貯まったポイントが約2万円分で、修理などの際の費用に充てることができました。

ただそのポイントは、現金に換えられないことや、ドコモやツタヤなど他のカードのポイントとの互換性がないことがすこし不満でした。

現在は青果卸業をやめており、カードを使って携帯電話料金の引き落とし、衛星放送の視聴料の引き落としや大型スーパーなどでの買い物に使っています。もちろんトヨタ店での車の車検などにも利用しています。

このカードにはクイックペイ機能が付いていて、大型スーパーなどのレジで専用の機器にカードをかざすだけで支払いができます。財布を取りだす必要がなく大変便利な機能です。

このカードに求めるメリットは、やはり車に関してのポイント還元率が高いことです。田舎で暮らしているために、買い物や行政施設での手続きなど車が必要なことが多くあります。車の使用の割合が高いことから車に関する支出が多く、ポイント還元によりその支出を少しでも抑えることができます。

ETC TS CUBIC CARDも合わせて使用しています

趣味でシーカヤック大会に出ていますが、そのレースの会場が自宅から400キロ以上離れていることが多いのです。そのため高速道路を使用することと週末に割引があることからETC機器を購入し、その取り付けをお店に頼みました。その際にETC機器に必要だったため、このカードを作りました。

早速使ってみると、高速道路の料金所でETC専用レーンに減速して入り、料金を払うために車の窓を開けることもなくゲートがあがり、スムーズに通過できました。また都市高速のように交通量が多いところでは、ETC専用レーンのほうが車の流れがよく、ストレスなく運転できました。

使用頻度が少ないので、期限切れに気づかないでそのカードを利用して、ETC専用レーンのゲートが開かない事があったので、それだけは注意したいです。

このカードは高速道路以外での使用は少なく、1年で6回くらい使って約6万円、月に平均すると5千円程度です。利用している付帯サービスはポイント還元だけです。

2枚を合わせて月々の支払いは平均2万5千円ほどです。貯まったポイントは、全部を車の車検や修理またはオイル交換の際に還元しています。

催事コーナーの物産展が魅力。年に数回のポイントアップ週間はポイントためやすい!タカシマヤカード

タカシマヤカード高島屋カードを作ったのは2年ぐらい前かと思います。もともとはクレジット機能無しのポイントカードを利用していましたが、高島屋をちょくちょく利用するようになり、ギフト券がもらえるキャンペーン開催時にクレジット機能付きカードに変えました。 

それほど頻繁には高島屋を利用しない人ならば、クレジット機能無しのポイントカードでもよいかと思います。私も最初はポイントカードでしたが、フルタイムで働くミセスなので仕事が忙しい時などに仕事帰りに地下のお惣菜コーナーをよく利用するようになり、少しでもポイント還元率の高いクレジットカードの方を作りました。

高島屋では物産展など催事コーナーが人気で魅力的で、利用する機会も多いのでクレジットカードを作ってよかったと思います。年に数回、ポイントアップ週間があります。食料品は除外なことが多いですが食料品も対象となることもあるので、そのポイントアップ週間にうまく買い物をすればポイントがためやすいと、意識的にそんなチャンスな時は買い物をします。

ポイントカードは、ポイント還元するのに上の方の階の窓口まで行かないと商品券に交換ができないけど、クレジット機能付きの高島屋カードは、下の方のフロアーに交換できる機械が設置してあるので、簡単に金券に交換できるので便利です。

主婦としては、やはりポイントアップ週間には時々ではなく、いつも食料品もポイントアップ対象としてほしいなーと思います。利用額は2~4万ぐらいと月により前後します。

イオンは年に何回か分割支払いが手数料無料でできる時があり便利に利用してます!イオンカードセレクト

イオンカードセレクト作ったのはおそらく10年以上前だと思います。イオンの店頭で作りました。ワオンは途中で付けたように思いますが、最初からだったのか記憶が定かではないです。

イオンはけっこうポイントの2倍や5倍、たまには10倍など、よくポイント還元倍増をやるので、ポイントがためやすいと感じます。普段の食料品はもちろんのこと、生活雑貨もイオンならば揃っているし、最近ではいくつかのイオンモールも併設している大きな規模のイオンもあるのでその中での買い物をすればけっこうポイントがたまります、重宝しています。

昨今ではイオン銀行もでき、そちらも利用すれば色々な特典などをうまく利用できてワオンも使うのでポイントがためやすく、便利と感じます。

また、イオンは時々家電など大きなものを買うときに便利なのが、3~10回ぐらいまで分割支払いが手数料無料でできる時があることです。限られた期間ではありますが、年に何回かやるので、家電など大きな買い物をするときにはこれもけっこう便利かと感じます。

たまったポイントはほとんどそのままカードに還元してイオンでの買い物に使用しています。利用額は月4~5万ぐらいです。

とにかくディズニーが大好きだから!ディズニーJCBカード

ディズニーJCBカード作った理由は、とにかくディズニーが大好きだからです。このディズニーJCBカードがスタートした際、ディズニーファンタジークラブメンバー限定で作ることができました、一番最初の限定デザインのカードです。

特典がディズニー関連でキャンペーンなど色々あるし、ポイントがもちろん通常の普段のお買い物でもたまるし、ディズニーリゾート内ではもちろんたまります。そして、そのポイントですが、通常のカードなどは確か事前に申し込みをして、そのポイントにより可能な物や金券などに交換をしておかないと使用ができないけど、このディズニーJCBカードは、ディズニーリゾート内ではカードを提示すれば、すぐにそのたまっているポイントをお買い物や食事で利用することができます。手間がなくレジでそのままたまっているポイントを使えるのがとても便利です。ディズニーファンにとってはうれしいことです。

また、子供のいるママにはちょっと素敵なこともあり、キッズポイントカードというのがあり申し込みをする必要がありますが、13歳未満の子供用のポイントカードを希望により作れます。たまったポイントをキッズカードへ移行することができますし、ディズニーカードクラブに登録すればマイページから可能なだけのポイントを移行できます。

作った年月は確かな年月が思い出せませんが8年以上ぐらい前だったと思います、ディズニーのJCBカードの一番始まりです。

年々ディズニーカードのデザインが増えていて変更も可能ではありますが、私はまだそのまま今では無き初期限定デザインなのでそのまま使用しています。

作ってよかったのは、普段ディズニーには関係のないお買い物でもポイントがたまるし、そのポイントを事前交換なくディズニーリゾート内で買い物や食事に当日すぐにレジ支払いに使用できることが便利なことです。

ディズニーリゾート内だけでなく、街にあるディズニーストアでもポイント使用ができます。ポイント利用以外での特典はメンバー限定のグリーティングやパーティもありますが、事前申し込みで抽選です。

利用額は月5~6万ぐらいです。月により前後します。

ビッグカメラユーザーであれば使い道は無限大のはずです。ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード仕事で毎日名古屋に出勤していますが、自宅への帰りによくビッグカメラに寄ります。クレジットカードで買い物をするとポイントが2%程度減らされますが、このカードで決済すればポイントの目減りがありません。

しかし、このカードはビッグカメラだけのために作ったわけではありません。東京に出張することが多く、電車に乗る際にこのカードがあれば、そのまま改札を通過することができます。小銭を出していちいち切符を買う手間が省けるのは、頻繁に乗り降りすることを考えると大変助かります。

そのため、このカードを利用する場所は限定されますが、家電製品はビッグカメラでしか買っていないので、月によっては利用額がかなり増加します。ビッグカメラのポイントカードを兼ねているため、貯まったポイントはそのまま次回のビッグカメラで利用することができます。ちなみに私はSUICAのチャージをしています。

クレジットカードに求めるものは人それぞれでしょうが、便利さという観点から考えると、地方都市から都心へ出張されることが多い人には、このカードはお勧めです。ポイント還元率についても、ビッグポイントが現金支払並みに付きますから、ビッグカメラユーザーであれば使い道は無限大のはずです。

(編集部注:原文をそのまま掲載しておりますが正しくはビッグカメラではなくビックカメラです。)

食べきれないほどの高級料理が半額ですからお得感コレ極まりというカードです。ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード現在は三井住友信託銀行系になりましたが、私が加入した時点ではダイナーズカードはシティバンク系のカードでした。年間30万円利用すれば年会費が無料になるという事で、5年前にカードを作りました。

使う事ができる店舗は案外多いので、スーパーの支払などもこのカードを使っています。ポイント還元率が低いのが欠点ですが、「ダイナーズ」という名前通り、グルメ系には非常に強いカードです。

中でも「エグゼクティブダイニング」は、お得の代表格で、二人以上の申込みで1名無料というプランです。つまり、二人で行けば半額なのです。家内と二人でたまに利用しますが、食べきれないほどの高級料理が半額ですから、お得感コレ極まりというカードです。

仕事の出張で、ちょっと早めにセントレアに行き、このカードの付帯サービスで空港ラウンジを使うことができます。コーヒーを飲んで、出発時間までパソコンでちょっとした確認作業などができますから、機内ではのんびりできます。

ポイント付与率は高くありませんが、シティバンク経由のダイナーズなのでキャッシュバックがあります。毎月使う金額は高くありませんが、その気になれば車が買えますから、ポイントがどっと付きますから、一万円単位のキャッシュバックを受ける事ができるのです。

公共料金の支払をこのカードに固めることで支払管理しています。オリコカード

オリコカード何かのキャンペーンでオリコカードを申し込み、公共料金の引落をするとボーナスポイントがあるとのことで、公共料金の引落をそのままこのカードにしました。それから3年経ち、ポイント還元率も0.5%と平均的という、それといった特徴のないこのカードをそのまま使い続けています。公共料金の支払をこのカードに固めることで、支払管理ができますから便利であることは間違いありません。

特に、公共料金の支払をこのカードにしなければいけないという理由は何処にもありません。しかし、一度設定すると変更するのが面倒なことも事実です。なかなかうまいキャンペーンじゃないかと感心しつつ、オリコカードの術中にハマってしまった自分が若干情けないです。

普段使いでこのカードを利用することは皆無ですが、私のカードはJCBブランドなので日本だけではなく、海外旅行でも使えるでしょう。最近のクレジットカード会社の流行であるポイントモールもありますが、使ったことはありません。

しかし、こうして「腐れ縁」のごとく続いているオリコカードを見ると、クレジットカードに求めるものはポイントだけではないと改めて思います。家計の見直しをする際、家計簿を特に作らなくても、このカードの利用明細を見れば一発で家計の無駄が見えてくるのです。

アメックスの「味見」をしてみたいのであれば丁度いいカードです。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードアメックスには一種の憧れがあり、一度作ってみたいと思っていたのですが、初年度年会費が無料とのことだったため申込をしてみました。発行しているのはセゾンカードのため、ネットで簡単に入会申し込みができましたし、審査も早いです。最近はゴールドでも年会費無料のキャンペーンをしていますが、審査に通るかどうかは別問題なのでこちらにしました。

セゾンカードの永久不滅ポイントは、どうもセゾンカード側で同一人だと判断すれば、複数のカードであってもポイントを合算してくれるようです。ポイント還元率は、0.3%程度と高くありませんが、アメックスの「味見」をしてみたいのであれば丁度いいカードです。

アメックスは、他のプレミアムブランドのカードに比べて利用できる店舗が多いため、普段使いのカードとして使う事も可能です。入会当初1か月このカードをメインカードにしてみましたが、特に不自由を感じることはありませんでした。最近は休日に一人で出かける際は、このカード一枚だけを持ってドライブに出かけることも少なくありません。

ポイント還元率を求める人には向かないカードでしょうが、利用シーン別にカードを使い分ける人にとっては、アメックスというブランドは大きな意味を持つのではないでしょうか。

航空券を買う際にANAカードを持っていると色々と有利なためこのカードを使い続けています。ANA JCB 一般カード

ANA JCB 一般カード仕事で出張が多いのですが、東京出張程度なら新幹線で行きますが、札幌や福岡はさすがに無理です。最近は新幹線が伸びているのですが、それでも飛行機の方が便利なことが多いです。

飛行機はマイルの関係もあり、ANAに固めています。航空券を買う際にANAカードを持っていると色々と有利なため、このカードを使い続けています。最近は都心部での移動に便利なSUICAなどをセットにしたカードが多いのですが、東京に飛行機で行くことはありませんから、私にはシンプルなこのカードが一番です。

ラウンジが使えるカードとこのカードの2枚を持っていくだけで、遠方の出張は用が足ります。荷物はできるだけ少なくしたいので、財布を薄くすることができるのは大助かりです。
年会費が必要なカードなので、万人にお勧めすることはできませんが、遠方の出張が重なる際は、このカードを利用することでかなりのコストを節約することができます。ポイントはマイルに移行しますが、頻繁にANAを利用するのであれば、かなりのマイルを貯めることができるはずです。

行先にもよりますが、1か月に一度ずつ往復するのであれば、ANAカードを作ることをお勧めします。特に地方都市から都心部へ出張することが多いのであれば、交通系のICカードがセットになったカードがあると、都内の移動が非常に便利です。


特選クレジットカード

楽天カード

楽天カード 年会費無料 / いつでもどこでも100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場でのお買い物は最強の還元率2~16% / 貯めたポイントは1ポイントから使える

JCBカード

JCBカード JCBカードは多彩な機能とサービスを兼ね備えた、日本発の国際ブランドカード。オンライン入会で初年度年会費無料 / 海外利用でポイント2倍 / スタバで10倍、セブンで3倍!

イオンカード

イオンカード すべて年会費無料 / 電子マネー「WAON」との相性もバツグン / イオンで豪華特典 / 割引&ポイント倍増のオンパレード / ETCカードも無料

三井住友VISAカード

三井住友カード 信頼と安心のブランド / オンライン入会で初年度年会費無料 / 安心の海外旅行傷害保険付き / デザインを全面刷新

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT 電子マネーiDとQUICPayをダブル搭載した便利な一枚! / 年会費無料 / いつでもどこでもポイント1%還元! / 入会後6ヶ月間はなんとポイントが2倍(2%)! / オリコモールを経由しての買い物でプラス0.5%分の特別加算

JRE CARD

ビューカード Suica へのチャージで「JRE POINT」1.5%還元 / Suicaチャージ・オートチャージ、きっぷや定期券の購入でもポイント3倍 / スピーディなSuica決済 / オートチャージにすれば改札で足止め無し!

Visa LINE Payクレジットカード

Visa LINE Payクレジットカード 2021年4月30日(金)まで3%還元 / 初年度年会費無料 条件クリアで翌年も無料 / カード利用でLINEポイントが貯まる / 事前チャージ不要でLINE Pay決済ができるチャージ&ペイ

dカード

dカード 年会費無料 / いつでもどこでも1%還元 / ローソンでのお買い物は5%お得 / ドコモユーザでなくても持てる / スマホ決済「d払い」との相性抜群

EPOSカード

エポスカード 入会金・年会費無料。最短即日発行 / 丸井で年4回のセール期間は10%割引! / 海外旅行保険が自動付帯でサポート充実 / おトクなネットショップや全国7,000店舗の優待 / ゴールドカードのインビテーションを目指そう

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード 空港ラウンジ / 手荷物無料宅配サービス / 貯めたポイントは15社のマイルに移行可能 旅行に行くならアメリカン・エキスプレス。

特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード