ホーム > セゾンカード > MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカード

カードフェイス

MileagePlusセゾンカード(マイレージプラスセゾンカード)なら、ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」が1,000円につき5~15マイル貯まる。

MileagePlusセゾンカードは年会費1,500円(税別)。カード利用1,000円ごとに5マイルが貯まります。さらに追加年会費5,000円(税別)で「マイルアップメンバーズ」に登録すると、1,000円につき10マイル追加、合計で15マイルに。コスモ石油利用時には20マイルが貯まります。

カードを使うたびにマイルの有効期限が延びる

ANAやJALのクレジットカードをお持ちの方は、マイルが貯まりにくかったり、マイルを使う前に有効期限が切れてしまったりしたことはありませんか?MileagePlusセゾンカードはカード利用のたびにマイル有効期限が延びるので、カードを使い続ければ実質無期限。貯めたマイルは、スターアライアンス各社の特典航空券への交換が可能です。

足りない補償はセゾンの300円保険「Super Value Plus」で

「いま加入している保険あるけれど、この補償がたりないなあ、でも保険を乗り換えるのは大変だし」と悩んだことはありませんか?MileagePlusセゾンカードなら、必要な補償が選べるセゾンの300円保険「Super Value Plus」に加入できます。

インタビュー 第23回 MileagePlusセゾンカード

1,000円のカード利用で15マイル獲得!

追加負担5,000円(税別)(年間)のマイルアップメンバーズで

クレディセゾンとユナイテッド航空の提携カード「MileagePlusセゾンカード(マイレージプラス・セゾンカード)」は、マイルの還元率が他の航空系カードと比べて圧倒的に高いクレジットカードです。

1,000円利用で5マイル、基本還元率は1%

マイレージプラス・セゾンカードは、カードを1,000円利用するごとに、ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」(MileagePlus)が5マイル貯まります。1マイルの価値を1円と仮定すると、マイル還元率は0.5%です。

「マイルアップメンバーズ」で業界最高の還元率に!

カードの年会費1,500円(税別)とは別に、年5,000円(税別)を支払いマイルアップメンバーズに登録すると、カード利用1,000円ごとに獲得できるマイルが10マイル増えて、15マイルにUP。マイル還元率は1.5%に上がります。マイル還元率1.5%は、JAL系やANA系のクレジットカードでもプラチナクラスの水準です。

種類 カード名 マイル還元率 年会費 年会費以外の手数料(年間)
海外 マイレージプラス・セゾンカード(マイルアップメンバーズ非加入) 0.5% 1,500円(税別) なし
マイレージプラス・セゾンカード(マイルアップメンバーズ加入) 1.5% 1,500円(税別) 5,000円(税別)=マイルアップメンバーズ参加費
デルタ スカイマイルJCB一般カード 1% 1万円(税別) なし
国内 ANA Vsaカード
(一般)
1%※ 2,000円(税別) 6,000円(税別)=マイル移行手数料
JALカード
(ショッピングマイルプレミアム非加入)
0.5% 2,000円(税別) なし
※還元率は、1マイル=1円として計算
※「ANA Vsaカード」のマイル還元率は、「10マイルコース」を選んだ場合

移行手数料は無料

セゾンカードといえばポイントプログラム「永久不滅ポイント」が有名ですが、マイレージプラス・セゾンカードで貯まるのは、永久不滅ポイントではなく、ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」です。このためマイレージプラス・セゾンカードでは、ポイントをマイルに変えるための「マイル移行手数料」がかかりません。

 マイレージ・プラスセゾンカード

ANAでも貯まる。ANAにも使える。

スターアライアンスだから、アジア旅行にも使える

マイレージプラス・セゾンカードで貯めることができるユナイテッド航空のマイル・プログラム「マイレージプラス」(MileagePlus)は、ANAに搭乗しても貯まります。

スターアライアンスだからメリット大

ユナイテッド航空は、世界最大の航空アライアンス「スターアライアンス」に加盟しています。スターアライアンスには、日本のANAも参加しています。

このため、ユナイテッド航空のマイレージプラスは、ANAをはじめとするスターアライアンス各社の利用でも貯めることができます。国内の旅行や出張でANA便を使ったら、その分のマイルをマイレージプラスに振り向ければ、マイルを効率良く貯めることができます。これは、日本の航空会社と未提携の米デルタ航空などにはないメリットです。

また、ユナイテッド航空のマイルは、ANA便を利用する際に使うことができます。このためユナイテッド航空のマイレージプラスを貯めた後に、海外旅行の予定がなくなった場合でも、ANAの国内便に利用できます

スターアライアンスは世界の航空会社28社が加盟しています。タイ国際航空、シンガポール航空、アシアナ航空(韓国)など、アジアの航空会社も参加しています。このためユナイテッド航空のマイレージプラスは、アジアを旅行する際にも使い勝手のいいマイルとして人気です。

片道航空券にも交換できる

<航空会社別の特典航空券の交換に最低限必要なマイル数>
航空会社 最低必要なマイル数
ユナイテッド航空 5,000(片道)
ANA 5,000(片道)
JAL 5,000(片道)
デルタ航空 10,000(片道)

ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」は、片道航空券とも交換できます。ユナイテッド航空では、2010年2月以降、片道だけの交換ができるようになりました。最低5,000マイルから航空券と交換できます

ユナイテッド航空のマイルは、ANAの国内線特典航空券に片道5,000マイルから交換可能です。ピーク期に旅行する際に、ANAマイレージクラブから取得するより得する場合があります。

 マイレージ・プラスセゾンカード

ユナイテッドなら有効期限が実質なし

「燃油サーチャージ」がかからない

ANAやJALのマイルを貯めていて、途中で挫折した方は世の中に数えきれないほどいます。ANAとJALのマイルには、「有効期限が短い」「格安チケットだと獲得できるマイル数が少なくなる」といった致命的な弱点があるからです。ユナイテッド航空のマイレージプラスは、こうした弱点がありません。「ANAやJALのマイル収集で痛い目にあった」方も、ユナイテッドのマイルで再挑戦してみるといいでしょう。

マイルの有効期限は実質無期限

「マイレージプラス・セゾンカード」で貯まるユナイテッド航空のマイレージプラスは、実質的にマイルの有効期限がありません

有効期限は基本的には1年半(18か月)ですが、この間に一度でもマイルを獲得したり、利用したりすれば、自動的に期限が1年半延長になります。延長回数に制限はなく、いつまでも延長できます。

これに対して、JALとANAは、マイルの有効期限が3年間です。3年以内にマイルを使いきれないと、せっかく貯めたマイルがムダになってしまいます

<主要航空会社のマイルの有効期限>
マイル名 有効期限
ユナイテッドの「マイレージプラス」 実質無期限※
デルタの「スカイマイル」 無期限
JALマイル 3年
ANAマイル 3年
※ユナイテッドのマイルは、1年半以内のうちに1回でもマイルの獲得または利用があることが条件

燃油代も無料!

「苦労してANAやJALでマイルを貯めて、やっと無料で海外旅行に行けると思ったら、実は無料ではなかった」という声をよく耳にします

ANAやJALでは、無料で航空券を獲得しても、「燃油サーチャージ」がかかります。燃油サーチャージは、航空券の代金に上乗せされる燃料代です。原油価格に連動して料金は変わりますが、海外便なら往復で数万円かかることが多いです。無料だと思っていた渡航費用が数万円以上になれば、かなりのショックですし、旅行プランの見直しが必要になる可能性もあります。

ところが、ユナイテッド航空では、特典航空券利用者は燃油サーチャージも無料です。燃油サーチャージの代金もユナイテッドが負担してくれるからです

ANAやJALの国内航空会社だけでなく、外資系航空会社でもマイル利用時の燃油サーチャージは有料のことが多いです。たとえば韓国の大韓航空やオーストラリアのカンタス航空では、燃油サーチャージを支払う必要があります。

<マイルで航空券を買ったときの燃油サーチャージの負担>

航空会社(国名) 燃油サーチャージの無料化
ユナイテッド(米国) ○(例外あり)
ANA ×
JAL ×
デルタ(米国) ○(例外あり)
アリタリア(イタリア) ×
大韓航空(韓国) ×
カンタス航空(オーストラリア) ×
「○」は燃油サーチャージが無料、×は有料(自己負担)2018年7月現在

 マイレージ・プラスセゾンカード

オススメはアメックス版

アメックスなら500マイルを毎年上乗せ

マイレージプラス・セゾンカードは、国際ブランドをVsa、Mastercard、アメックスの3つの中から選べます。年会費はいずれも1,500円(税別)です。このうち、お得さで際立っているのが、アメックスブランドの「マイレージプラス・セゾン・アメックス」です。アメックスを選ぶと、年に1回、年会費を払うだけで500マイルを獲得できるからです

1年半以内のうちに1回でもマイルの獲得または利用があることで有効期限がなくなるMileagePlusは、毎年のボーナスマイルがあれば、ついうっかりマイルが失効してしまうことがありません。

最強のユナイテッド提携カード

ユナイテッド航空の提携カードには、「マイレージプラス・セゾンカード」以外にも、いくつかの種類があります。このうち、マイレージプラス・セゾンカードと並んで人気が高いのが、JCBとユナイテッドの提携カードです。

マイレージプラス・セゾンカードとJCB系のユナイテッド提携カードを比較した場合、マイルの獲得などの面でマイレージプラス・セゾンカードがお得です。とくにアメックスブランドのマイレージプラス・セゾンカード・アメックスは、マイルの貯まりやすさでJCB系を大きく引き離しています。

マイレージプラス・セゾンカード・アメックスなら、マイルアップメンバーズに登録した場合、1,000円使うごとに15マイル貯まります。さらにアメックスなら年会費を払うたびに「サンクスマイル」と称して500マイルがもらえます。仮に1年間で60万円使った場合、獲得できるマイル数は9,500マイル(サンクスマイルを含む)です

これに対して、JCB系の「マイレージプラスJCBクラシックカード」は、年間で60万円使ったとしても、獲得できるマイル数は3,000マイルだけです。「マイレージプラスJCB一般カード」も、60万円の利用でもらえるのは6,000マイルです。

<マイレージプラスが貯まるカードでもらえるマイルと手数料>

カード名 利用金額ごとにもらえるマイル 毎年もらえるマイル カードを年間60万円利用した場合の獲得マイル数 年会費 年会費以外の手数料(年間)
マイレージプラス・セゾン・アメックス 1,000円で15マイル 500 9,500 1,500円(税別) 5,000円(税別)(マイルアップメンバーズ)
マイレージプラス・JCBクラシックカード 200円で1マイル なし 3,000 1,250円(税別) なし
マイレージプラス・JCB一般カード 100円1マイル なし 6,000 5,000円(税別) なし
※期間限定のキャンペーンは除く

ANAカードより割安

マイレージプラス・セゾンカードは、ANAカードと比べても、費用やマイル獲得などの点で有利です

ANAカードの年間費用は、年会費が2,000円(税別)、マイル移行手数料が6,000円(税別)(年間)で、計8,000円(税別)です。いっぽうでマイレージプラス・セゾンカードは年会費1,500円(税別)、マイルアップメンバーズ参加費5,000円(税別)(年間)で、計6,500円(税別)です。1年間にかかる負担は、マイレージプラス・セゾンカードのほうが1,500円(税別)安いとのです

また、マイルの貯まりやすさもマイレージプラス・セゾンカードのほうが上です。マイレージプラス・セゾンカードはマイルアップメンバーズに参加した場合、1,000円あたり15マイル貯まります。これに対して、ANAカードは1,000円で10マイルだけです。

 マイレージ・プラスセゾンカード

コスモ石油で1,000円利用ごとに最大20マイル

西友での5%割引も

マイレージプラス・セゾンカードは、コスモ石油や西友でのカード利用でお得な特典が用意されています。

コスモ石油ならマイルがさらにアップ

マイレージプラス・セゾンカードは、コスモ石油系のガソリンスタンドで1,000円使うごとにマイレージプラスが10マイル貯まります。通常は1,000円につき5マイルですが、その2倍もらえる計算です。

さらに、マイルアップメンバーズに参加していれば、1,000円ごとに20マイル貯まります。

西友・リヴィン・サニーで毎月5・20日に5%割引

マイレージプラス・セゾンカードなら大手スーパー、西友とリヴィン(LIVIN)、サニーでの買い物が月2回、5%割引です。割引日は、毎月5日と20日です。割引になる商品は、食料品から衣料品まですべてが対象です。提携カード並みの充実した割引です。このほか、月1~2回くらいの頻度で、特別の割引日が設定されます。

 マイレージ・プラスセゾンカード

マイレージプラス・セゾンカード解説いかがでしたか?

マイレージプラス・セゾンカードは、クレディセゾン発行カードの中でもトップクラスの人気を誇る、ユナイテッド航空とセゾンの提携カードです。

追加年会費5,000円(税別)でマイルアップメンバーズになれば1,000円につき15マイル。ショッピングでより多くのマイルを獲得できます。マイルアップメンバーズになればマイル付与率でANAカードを上回ります。貯めたマイルはユナイテッド航空の特典航空券や、スターアライアンス各社の特典航空券に交換可能です。

さらに毎月マイル加算していれば実質有効期限なし(マイル加算または特典への交換等、マイル口座に変動があるたびに自動的に18か月延長)。有効期限3年のJALやANAのマイルよりもじっくり貯められます。とくにスターアライアンス系列でマイルを貯めたい方にオススメです。

  • 1,000円利用につき5マイル貯まる!
    追加年会費5,000円(税別)のマイルアップメンバーズ利用時、1,000円につき15マイル
  • 最高3,000万円補償の海外旅行傷害保険が付帯!
  • コスモ石油利用時、1,000円利用につき10マイル貯まる!
    追加年会費5,000円(税別)のマイルアップメンバーズ利用時、1,000円につき10マイル加算
  • ETCカードの同時申込および追加申込が可能
  • 全国の西友・リヴィン・サニーで5%OFF
  • 以下の特典があるアメリカン・エキスプレス提携カードがオススメ
    毎年、年会費請求の2か月後にサンクスマイルとして500マイルをプレゼント、永久不滅マイルに!
  • H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
    世界中のH.I.S海外支店ネットワークが旅行プランの提案から現地での困りごとまで幅広くサポート。

MileagePlusセゾンカード(マイレージプラスセゾンカード)なら、ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」が1,000円につき5~15マイル貯まる。

MileagePlusセゾンカードは年会費1,500円(税別)。カード利用1,000円ごとに5マイルが貯まります。さらに追加年会費5,000円(税別)で「マイルアップメンバーズ」に登録すると、1,000円につき10マイル追加、合計で15マイルに。コスモ石油利用時には20マイルが貯まります。

カードを使うたびにマイルの有効期限が延びる

ANAやJALのクレジットカードをお持ちの方は、マイルが貯まりにくかったり、マイルを使う前に有効期限が切れてしまったりしたことはありませんか?MileagePlusセゾンカードはカード利用のたびにマイル有効期限が延びるので、カードを使い続ければ実質無期限。マイルは、スターアライアンス各社の特典航空券への交換が可能です。

足りない補償はセゾンの300円保険「Super Value Plus」で

「いま加入している保険あるけれど、この補償がたりないなあ、でも保険を乗り換えるのは大変だし」と悩んだことはありませんか?MileagePlusセゾンカードなら、必要な補償が選べるセゾンの300円保険「Super Value Plus」に加入できます。

インタビュー 第23回 MileagePlusセゾンカード

1,000円のカード利用で15マイル獲得!

追加負担5,000円(税別)(年間)のマイルアップメンバーズで

クレディセゾンとユナイテッド航空の提携カード「MileagePlusセゾンカード マイレージプラス・セゾンカード」は、マイルの還元率が他の航空系カードと比べて圧倒的に高いクレジットカードです。

1,000円利用で5マイル、基本還元率は1%

マイレージプラス・セゾンカードは、カードを1,000円利用するごとに、ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」(MileagePlus)が5マイル貯まります。1マイルの価値を1円と仮定すると、マイル還元率は0.5%です。

「マイルアップメンバーズ」で業界最高の還元率に!

。カードの年会費1,500円(税別)とは別に、年5,000円(税別)を支払いマイルアップメンバーズに登録すると、カード利用1,000円ごとに獲得できるマイルが10マイル増えて、15マイルにUP。マイル還元率は1.5%に上がります。マイル還元率1.5%は、JAL系やANA系のクレジットカードでもプラチナクラスの水準です。

種類 カード名 マイル還元率 年会費 年会費以外の手数料(年間)
海外 マイレージプラス・セゾンカード(マイルアップメンバーズ非加入) 0.5% 1,500円(税別) なし
マイレージプラス・セゾンカード(マイルアップメンバーズ加入) 1.5% 1,500円(税別) 5,000円(税別)=マイルアップメンバーズ参加費
デルタ スカイマイルJCB一般カード 1% 1万円(税別) なし
国内 ANA Vsaカード
(一般)
1%※ 2,000円(税別) 6,000円(税別)=マイル移行手数料
JALカード
(ショッピングマイルプレミアム非加入)
0.5% 2,000円(税別) なし
※還元率は、1マイル=1円として計算
※「ANA Vsaカード」のマイル還元率は、「10マイルコース」を選んだ場合

移行手数料は無料

セゾンカードといえばポイントプログラム「永久不滅ポイント」が有名ですが、マイレージプラス・セゾンカードで貯まるのは、永久不滅ポイントではなく、ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」です。このためマイレージプラス・セゾンカードでは、ポイントをマイルに変えるための「マイル移行手数料」がかかりません。

 マイレージ・プラスセゾンカード

ANAでも貯まる。ANAにも使える。

スターアライアンスだから、アジア旅行にも使える

マイレージプラス・セゾンカードで貯めることができるユナイテッド航空のマイル・プログラム「マイレージプラス」(MileagePlus)は、ANAに搭乗しても貯まります。

スターアライアンスだからメリット大

ユナイテッド航空は、世界最大の航空アライアンス「スターアライアンス」に加盟しています。スターアライアンスには、日本のANAも参加しています。

このため、ユナイテッド航空のマイレージプラスは、ANAをはじめとするスターアライアンス各社の利用でも貯めることができます。国内の旅行や出張でANA便を使ったら、その分のマイルをマイレージプラスに振り向ければ、マイルを効率良く貯めることができます。これは、日本の航空会社と未提携の米デルタ航空などにはないメリットです。

また、ユナイテッド航空のマイルは、ANA便を利用する際に使うことができます。このためユナイテッド航空のマイレージプラスを貯めた後に、海外旅行の予定がなくなった場合でも、ANAの国内便に利用できます

スターアライアンスは世界の航空会社28社が加盟しています。タイ国際航空、シンガポール航空、アシアナ航空(韓国)など、アジアの航空会社も参加しています。このためユナイテッド航空のマイレージプラスは、アジアを旅行する際にも使い勝手のいいマイルとして人気です。

片道航空券にも交換できる

<航空会社別の特典航空券の交換に最低限必要なマイル数>
航空会社 最低必要なマイル数
ユナイテッド航空 5,000(片道)
ANA 5,000(片道)
JAL 5,000(片道)
デルタ航空 10,000(片道)

ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」は、片道航空券とも交換できます。ユナイテッド航空では、2010年2月以降、片道だけの交換ができるようになりました。最低5,000マイルから航空券と交換できます

ユナイテッド航空のマイルは、ANAの国内線特典航空券に片道5,000マイルから交換可能です。ピーク期に旅行する際に、ANAマイレージクラブから取得するより得する場合があります。

 マイレージ・プラスセゾンカード

ユナイテッドなら有効期限が実質なし

「燃油サーチャージ」がかからない

ANAやJALのマイルを貯めていて、途中で挫折した方は世の中に数えきれないほどいます。ANAとJALのマイルには、「有効期限が短い」「格安チケットだと獲得できるマイル数が少なくなる」といった致命的な弱点があるからです。ユナイテッド航空のマイレージプラスは、こうした弱点がありません。「ANAやJALのマイル収集で痛い目にあった」方も、ユナイテッドのマイルで再挑戦してみるといいでしょう。

マイルの有効期限は実質無期限

「マイレージプラス・セゾンカード」で貯まるユナイテッド航空のマイレージプラスは、実質的にマイルの有効期限がありません

有効期限は基本的には1年半(18か月)ですが、この間に一度でもマイルを獲得したり、利用したりすれば、自動的に期限が1年半延長になります。延長回数に制限はなく、いつまでも延長できます。

これに対して、JALとANAは、マイルの有効期限が3年間です。3年以内にマイルを使いきれないと、せっかく貯めたマイルがムダになってしまいます

<主要航空会社のマイルの有効期限>
マイル名 有効期限
ユナイテッドの「マイレージプラス」 実質無期限※
デルタの「スカイマイル」 無期限
JALマイル 3年
ANAマイル 3年
※ユナイテッドのマイルは、1年半以内のうちに1回でもマイルの獲得または利用があることが条件

燃油代も無料!

「苦労してANAやJALでマイルを貯めて、やっと無料で海外旅行に行けると思ったら、実は無料ではなかった」という声をよく耳にします

ANAやJALでは、無料で航空券を獲得しても、「燃油サーチャージ」がかかります。燃油サーチャージは、航空券の代金に上乗せされる燃料代です。原油価格に連動して料金は変わりますが、海外便なら往復で数万円かかることが多いです。無料だと思っていた渡航費用が数万円以上になれば、かなりのショックですし、旅行プランの見直しが必要になる可能性もあります。

ところが、ユナイテッド航空では、特典航空券利用者は燃油サーチャージも無料です。燃油サーチャージの代金もユナイテッドが負担してくれるからです

ANAやJALの国内航空会社だけでなく、外資系航空会社でもマイル利用時の燃油サーチャージは有料のことが多いです。たとえば韓国の大韓航空やオーストラリアのカンタス航空では、燃油サーチャージを支払う必要があります。

<マイルで航空券を買ったときの燃油サーチャージの負担>

航空会社(国名) 燃油サーチャージの無料化
ユナイテッド(米国) ○(例外あり)
ANA ×
JAL ×
デルタ(米国) ○(例外あり)
アリタリア(イタリア) ×
大韓航空(韓国) ×
カンタス航空(オーストラリア) ×
「○」は燃油サーチャージが無料、×は有料(自己負担)2018年7月現在

 マイレージ・プラスセゾンカード

オススメはアメックス版

アメックスなら500マイルを毎年上乗せ

マイレージプラス・セゾンカードは、国際ブランドをVsa、Mastercard、アメックスの3つの中から選べます。年会費はいずれも1,500円(税別)です。このうち、お得さで際立っているのが、アメックスブランドの「マイレージプラス・セゾン・アメックス」です。アメックスを選ぶと、年に1回、年会費を払うだけで500マイルを獲得できるからです

1年半以内のうちに1回でもマイルの獲得または利用があることで有効期限がなくなるMileagePlusは、毎年のボーナスマイルがあれば、ついうっかりマイルが失効してしまうことがありません。

最強のユナイテッド提携カード

ユナイテッド航空の提携カードには、「マイレージプラス・セゾンカード」以外にも、いくつかの種類があります。このうち、マイレージプラス・セゾンカードと並んで人気が高いのが、JCBとユナイテッドの提携カードです。

マイレージプラス・セゾンカードとJCB系のユナイテッド提携カードを比較した場合、マイルの獲得などの面でマイレージプラス・セゾンカードがお得です。とくにアメックスブランドのマイレージプラス・セゾンカード・アメックスは、マイルの貯まりやすさでJCB系を大きく引き離しています。

マイレージプラス・セゾンカード・アメックスなら、マイルアップメンバーズに登録した場合、1,000円使うごとに15マイル貯まります。さらにアメックスなら年会費を払うたびに「サンクスマイル」と称して500マイルがもらえます。仮に1年間で60万円使った場合、獲得できるマイル数は9,500マイル(サンクスマイルを含む)です

これに対して、JCB系の「マイレージプラスJCBクラシックカード」は、年間で60万円使ったとしても、獲得できるマイル数は3,000マイルだけです。「マイレージプラスJCB一般カード」も、60万円の利用でもらえるのは6,000マイルです。

<マイレージプラスが貯まるカードでもらえるマイルと手数料>

カード名 利用金額ごとにもらえるマイル 毎年もらえるマイル カードを年間60万円利用した場合の獲得マイル数 年会費 年会費以外の手数料(年間)
マイレージプラス・セゾン・アメックス 1,000円で15マイル 500 9,500 1,500円(税別) 5,000円(税別)(マイルアップメンバーズ)
マイレージプラス・JCBクラシックカード 200円で1マイル なし 3,000 1,250円(税別) なし
マイレージプラス・JCB一般カード 100円1マイル なし 6,000 5,000円(税別) なし
※期間限定のキャンペーンは除く

ANAカードより割安

マイレージプラス・セゾンカードは、ANAカードと比べても、費用やマイル獲得などの点で有利です

ANAカードの年間費用は、年会費が2,000円(税別)、マイル移行手数料が6,000円(税別)(年間)で、計8,000円(税別)です。いっぽうでマイレージプラス・セゾンカードは年会費1,500円(税別)、マイルアップメンバーズ参加費5,000円(税別)(年間)で、計6,500円(税別)です。1年間にかかる負担は、マイレージプラス・セゾンカードのほうが1,500円(税別)安いとのです

また、マイルの貯まりやすさもマイレージプラス・セゾンカードのほうが上です。マイレージプラス・セゾンカードはマイルアップメンバーズに参加した場合、1,000円あたり15マイル貯まります。これに対して、ANAカードは1,000円で10マイルだけです。

 マイレージ・プラスセゾンカード

コスモ石油で1,000円利用ごとに最大20マイル

西友での5%割引も

マイレージプラス・セゾンカードは、コスモ石油や西友でのカード利用でお得な特典が用意されています。

コスモ石油ならマイルがさらにアップ

マイレージプラス・セゾンカードは、コスモ石油系のガソリンスタンドで1,000円使うごとにマイレージプラスが10マイル貯まります。通常は1,000円につき5マイルですが、その2倍もらえる計算です。

さらに、マイルアップメンバーズに参加していれば、1,000円ごとに20マイル貯まります。

西友・リヴィン・サニーで毎月5・20日に5%割引

マイレージプラス・セゾンカードなら大手スーパー、西友とリヴィン(LIVIN)、サニーでの買い物が月2回、5%割引です。割引日は、毎月5日と20日です。割引になる商品は、食料品から衣料品まですべてが対象です。提携カード並みの充実した割引です。このほか、月1~2回くらいの頻度で、特別の割引日が設定されます。

 マイレージ・プラスセゾンカード

マイレージプラス・セゾンカード解説いかがでしたか?

マイレージプラス・セゾンカードは、クレディセゾン発行カードの中でもトップクラスの人気を誇る、ユナイテッド航空とセゾンの提携カードです。

追加年会費5,000円(税別)でマイルアップメンバーズになれば1,000円につき15マイル。ショッピングでより多くのマイルを獲得できます。マイルアップメンバーズになればマイル付与率でANAカードを上回ります。貯めたマイルはユナイテッド航空の特典航空券や、スターアライアンス各社の特典航空券に交換可能です。

さらに毎月マイル加算していれば実質有効期限なし(マイル加算または特典への交換等、マイル口座に変動があるたびに自動的に18か月延長)。有効期限3年のJALやANAのマイルよりもじっくり貯められます。とくにスターアライアンス系列でマイルを貯めたい方にオススメです。

  • 1,000円利用につき5マイル貯まる!
    追加年会費5,000円(税別)のマイルアップメンバーズ利用時、1,000円につき15マイル
  • 最高3,000万円補償の海外旅行傷害保険が付帯!
  • コスモ石油利用時、1,000円利用につき10マイル貯まる!
    追加年会費5,000円(税別)のマイルアップメンバーズ利用時、1,000円につき10マイル加算
  • ETCカードの同時申込および追加申込が可能
  • 全国の西友・リヴィン・サニーで5%OFF
  • 以下の特典があるアメリカン・エキスプレス提携カードがオススメ
    毎年、年会費請求の2か月後にサンクスマイルとして500マイルをプレゼント、永久不滅マイルに!
  • H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
    世界中のH.I.S海外支店ネットワークが旅行プランの提案から現地での困りごとまで幅広くサポート。

カード詳細

カード名称
MileagePlusセゾンカード
ポイントサービス/還元
(還元率の高いカード)
マイレージプラス
1,000円につき5マイル。
追加年会費5,000円(税抜)のマイルアップメンバーズ利用時、1,000円につき10マイル加算
※このカードは永久不滅ポイント対象外です。
初年度年会費
1,500円+税
年会費
1,500円+税
国際ブランド
VISAMasterCardAmerican Express
利用限度額
個別に設定
支払方法
一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い
締め日、支払日
カード会社別の一覧表をご参照ください
国内旅行傷害保険
-
海外旅行傷害保険
(自動付帯がおすすめ)
最高3,000万(自動付帯)
ショッピング保険
(ショッピング保険とは)
-
紛失盗難補償制度
あり
申込資格/入会資格
(審査基準Q&A)
18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
カード発行元会社商号
株式会社クレディセゾン
所在地
〒170-6073 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
電話番号
0570-064-133
お申込みはこちら
日本国内の特典旅行に必要なマイルが半分に
国内の特典旅行が10,000マイルから5,000マイルで可能になりました。

2018年9月19日現在の情報です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく比較検討されるカード

ANA JCB 一般カード ANAのフライトで、暮らしで、あらゆるシーンでマイルが貯まるANAマイレージクラブ。ANAカードは「ANAマイレージカード」にクレジットの機能をプラスしたおトクなメリットがいっぱいの会員カードです。

ANA JCBカード プレミアム ANA JCBカード プレミアムは、カードを継続するたびにボーナスマイル10,000マイル!国内ラウンジも付帯、おまけに提携店ならマイルが2倍貯まる、マイラーなら生唾もののANA JCBカードプレミアムです。

ANA JCB ワイドカード ANA JCB ワイドカードは日常のショッピングでもマイルがたまり、JCBのサービスにANAのサービスも加わったマイラー必須の一枚!旅の楽しみがふくらむ一枚です。

ホーム > セゾンカード > MileagePlusセゾンカード

特徴・機能別クレジットカード

  • スピード発行のクレジットカード。お急ぎの方へ!最短即日発行のカードも
  • 高還元率!お得なカードはこれだ!