楽天ペイはアプリや楽天IDで簡単に支払いができるサービス。街でのお買い物はスマホひとつで、ネットショッピングは楽天IDで、簡単にお支払い。もちろん楽天ポイントも使えます。期間限定ポイントも使えます。

iPhone7以降のユーザーしか使えないApple Payとは違い、幅広い機種で利用できます。

楽天ペイは3ステップで利用開始できる

楽天の決済システム「楽天ペイ」。カード払いをアプリひとつで済ませる仕組みです。
スマートフォンがあればたった3ステップで使えます。

ステップ1.クレジットカード登録

楽天会員情報にクレジットカードを登録します。登録したカードの中から楽天ペイで利用するカードを選びます。

楽天ペイで決済できるクレジットカードは、国際ブランド「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」マークのついたカードです。

カード登録後も、楽天ペイのアプリを開き、設定→お支払元の設定から、いつでもクレジットカードの変更ができます。

ステップ2.楽天ペイアプリのダウンロード

楽天ペイアプリをapp storeからダウンロードしてください。

ステップ3 アプリ起動&楽天IDでログイン

楽天ペイアプリを起動し、楽天IDでログインをしてください。

たったこれだけで楽天ペイを使う準備は完了、楽天に加盟している実店舗での支払いが可能です。

楽天ペイはiPhoneでも機種に関係なく使える!

楽天ペイは「iPhoneユーザーが使いやすいサービス」です。

iPhoneといえば「Apple Pay」がすぐに思い浮かびますが、実はiPhone7以降の「Felicaチップが搭載された機種(いわゆるおサイフケータイ)」でしかApple Payは使えません。

一方、楽天ペイは「お店が提示してくれるQRコード」をスマホで読み込んで楽天IDで支払いをします。

つまりiPhone6以前のiPhoneユーザーでも気軽に楽天ペイが使えるのです。もちろん、Androidユーザーでも問題なく使えます。

楽天ペイの支払い方法は3通り、QRを活用

楽天ペイの加盟店で支払いをする際は、まず「楽天ペイでの支払い」であることを伝え、その上で「コード表示」「QRペイ」「セルフペイ」のいずれかを選択します。

「コード表示」は現在、全国のローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100含む)で利用できます。

会計時にバーコードを提示し、スキャンしてもらうだけで支払いが完了します。

「QR読み取り」は、お店が提示するQRコードをスマホで読み込んで支払う方法です。

QRコードが読み込まれると「決済画面」に移動しますので、支払いを完了させてください。

「セルフ」はアプリ内の「セルフペイ・ボタン」から、利用したお店を探して支払いを行います。

該当店が見つかったら、金額を入力して「決済画面」に移動し、支払いが完了します。

最初は多少戸惑うかもしれませんが、慣れればスムーズに会計を済ませることが期待できるでしょう。

今は1%還元以上のクレジットカードがたくさんあります。

用途やポイントの使い道に合わせて選ぶことが大事ですが、リクルートカードや楽天カード、Yahoo!JAPANカードなどはとても使いやすいカードとして名があがることが多いカードです。

この3枚のメリットを詳しく比較した記事もありますので比較検討にご利用ください。

 リクルートカード

楽天ペイなら【期間限定ポイント】も使える!

楽天ペイでの支払いに楽天ポイントが利用できます。

楽天Edyの支払いでは利用不可の期間限定ポイントも、楽天ペイなら使えます。

楽天ペイ、実際に決済できる加盟実店舗はどれくらいある?

大手チェーン店だけでなく、個人店・ローカル店の加盟実店舗も増えてきていますので、近所にあるお店でも使用できる可能性があります。

気になる方は公式サイトの「使えるお店」からチェックしてみましょう。

一応、札幌から沖縄までの各主要都市(仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡)にはそれなりの数の加盟店があるので、機会があればぜひ利用してみてください。

楽天ペイアプリからも、簡単にお店の検索ができます。

楽天ペイでオンライン決済もできる

楽天ペイで支払えるオンラインショップも増えてきています。

たとえばドミノピザ、TOHOシネマズ、無印良品ネットストア、バイマ、UNITED ARROWS オンラインストア、ANAP、SANYOiStore、109シネマズ、ユナイテッドシネマなど多数あります。

ネットで買い物するときに、支払い方法が楽天ペイに対応しているかチェックしてみるといいですよ。

店員にクレカを渡さずにクレカ決済できるので、楽天ペイの安心度が高い

新しいサービスでは安全性やセキュリティも気になるところです。その点楽天ペイは大変良くできたサービスと言えます。

楽天ペイは「店員さんにはQRコードを見せてもらい、カード決済はアプリ内で完了」します。

クレジットカードをレジスタッフに渡さないので、スキミングの心配はいりません。

誰かがカード情報をメモしたり、こっそり撮ったりもできません。

楽天会員ランクにより上限金額は異なりますが、利用1回あたり最大50万円まで(コード表示での支払いは1日2万円まで)使えますので、日常的なお買い物や食事であれば、クレジットカードとほとんど変わらず使用できるでしょう。

Apple Payと楽天ペイの違い

まずApple PayはiPhoneユーザーしか使えません。

実はiPhone6から搭載はスタートしていますが、「Felicaチップの搭載」がiPhone7以降なので、おサイフケータイのような使い方(スマホをかざして支払う方法)は不可能です。

https://support.apple.com/ja-jp/HT208531

一方、楽天ペイはiPhone、Androidで利用でき、古い機種でも使えます。
(*iOS 8.0以上、Android 4.3以上を推奨しているようです)

iPhone7以前の機種のiPhoneユーザーで、なおかつ楽天ユーザー(楽天ポイントを貯めている方など)であれば、アプリをダウンロードしておけば、いつでも利用開始ができます。。

※楽天ペイが使える店で使える、他の決済方法

店頭の楽天ペイ端末および店舗用アプリは、以下の決済方法に対応しています。なので楽天ペイが利用できるお店では、これらの決済方法が使えます(※タクシー・ハイヤーでの電子マネー決済は除く)

楽天ペイアプリの他、クレジットカード(楽天カード、Visa、Mastercard)、楽天Edy、Suica、nanaco、PASMO、iD、QUICPayなどの各種電子マネーおよびGoogle Pay、Apple Pay、WAON。

「楽天ペイ」は機種に関係なく使える

Apple Pay登場のインパクトは大きいものでしたが、古い機種のiPhoneではApple Payが使えません。「楽天ペイ」ならば、機種に関係なく使えます。

「楽天ペイ」の対応店舗数は2019年6月現在で120万店超、これからも大きく増えていくことが予想されます。

アプリダウンロード・カード登録・利用まですべてが無料なので、ぜひ1度その利便性を体験してみてください。

こちらの関連記事もご覧ください

Androidユーザなら Google Pay も使えます。


2019年2月17日 作成
2020年8月6日更新

「楽天カード」は顧客満足度No.1の年会費無料カード

楽天カード楽天市場で一度でも買い物するなら必携のカード。

還元率はいつでもどこでも常時1%、楽天市場でポイント最大16倍も狙える楽天市場のスーパーポイントアッププログラムも実施中! 入会後にエントリーして利用するだけで、ポイントがもらえるキャンペーンも見逃せません。

JCSI調査で12年連続クレジットカード部門の顧客満足度第一位()。カード会員数は2,000万人を突破。その人気は衰え知らずです

期間限定キャンペーン特典はもれなく5,000ポイントプレゼント!

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

中小企業の経営者・個人事業主のための100万マイルの貯め方・使い方はメールマガジンで!


友だち追加キャッシュレスお得情報は「LINE@」で!
(スマホでタップ・クリックするとLINEアプリが開きます)

知って得するカードの豆知識

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード