いつでも無料で電話やメールができるコミュニケーションアプリLINE。

スマートフォンユーザーであれば、LINEを利用している方も多いのではないでしょうか。

スマートフォンアプリLINEでは、加盟店での決済や、友達への送金や友達との割り勘にLINE Payを利用することができます。

LINE PayといえばQRコード・バーコード決済だけだと思っていませんか?

実はクレジットカードと同様に使える「LINE Pay カード」というJCBプリペイドカードがあります。

LINE Pay カード(JCB)は、新規発行を終了しています。

LINE Pay カードは新規発行(紛失等の再発行の場合も含む)、Google Payへの登録(Androidのみ)を2020年12月に終了しました。

現在発行済みのLINE Pay カード、登録済みのGoogle Payは有効期限まで引き続き利用できます。(ただし有効期限が過ぎたカードは利用できません)

引き続きプリペイドカードの利用を希望される場合は、新サービスのVisa LINE Payプリペイドカードをご検討ください。

LINE Pay カードはJCB加盟店で使えるプリペイドカード

「LINE Pay カード」は、LINE Payと連動して実店舗でもご利用いただけるプリペイドカードになっています。

LINE Pay カードは、国内外のJCB加盟店でのショッピングやレストラン等でのお支払いにご利用いただくことができますし、インターネットショッピングでもクレジットカードやデビットカードと同じように、カード番号を入力してご利用いただくことができるようになっています。

入会金や年会費、チャージ手数料は無料でご利用いただけます。

またLINEユーザーの方ならどなたでもお申込みいただくことができます。

プリペイドカードですので、「チャージ」しなければなりませんが、クレジットカードのような審査はありません。(ただしLINEポイントは貯まりません)

チャージ金額を少なめに調整するなどして、不正利用時の損害を最小限に抑えることもできます。

なお万が一不正利用された場合も「補償制度」(上限額あり)がありますので、この点も安心材料でしょう。

またLINE Pay カードには、年齢制限がありません。スマートフォンをお持ちの中高生の方でもカードを作れます。

LINEアプリからのみ申し込み可能

LINE Pay カードをコンビニなどで購入することはできません。

お申込みは、LINEアプリ内のLINE Payをタップして必要事項をご記入いただき、送信するだけで完了します。

カードがご自宅に届くまで1週間から10日ほどとなっています。

カードがお手元に届きましたら、お手元に届いたカードに記載されているセキュリティコードを入力して、カードの利用開始手続きをLINE上でしていただく必要があります。

またLINE Pay カードは、前払い式のプリペイドカードにですので、ご利用には事前にLINE Pay残高へのチャージが必要です。

LINE Payのアカウントは2種類

本人確認の手続きなしで利用できるアカウントが「LINE Cashアカウント」です。

こちらは、カード残高上限額が10万円です。

銀行口座との連携、出金、LINEの友達へLINE Pay残高を送金することはできません(LINE Payポイントは送金可能)。

一方、本人確認の手続き行うことで利用できる「LINE Moneyアカウント」は、カード残高上限額が100万円と高額。

銀行口座との連携が可能になり、出金や送金も1日上限10万円までできます。

またLINE Pay カードは、JCBと提携して発行しているカードですので、国内外に3,000万店舗あるJCB加盟店で利用できます。

この点では、ほぼクレジットカードと変わらない便利さです。(一部JCBの加盟店では利用できないケースがありますので、ご注意ください)

LINE Payアカウントの比較や使い方はこちらの記事も参考にしてください。

貯まったLINEポイントはLINE Pay カード決済

LINEポイントで支払えるもの

  • コンビニ、ドラッグストア、家電量販店でのLINE Payコード支払い
  • LINEスタンプやLINEデリマなどLINEの各種サービス
  • 請求書支払い
  • LINE Payカード
  • QUICPay+(Google Pay)

貯めたLINEポイントは、LINE Payコード支払いや請求書支払いで使うことができます。

またLINE PayカードをJCB加盟店で決済に使うことができるので、LINE Payの加盟店以外に利用シーンが広がり使い道に困りません。

LINE Pay カードを持つ前に注意しておきたい点

LINEポイントは有効期限あり(最短で180日間で失効)

高い還元率が魅力的なLINE Payですが、ポイントには「有効期限」が設けられています。

一般的なクレジットカードより有効期限が短い場合もあるので注意が必要です。

具体的には一番短いもので「180日」(半年)でポイントは失効します(期間限定ポイントを除く)。

クレジットカードの中には、1年もしくは2年以上の有効期限や、ポイントが失効しない「永久不滅ポイント」などもあります。

この点は、LINE Pay カードのデメリットの1つに挙げられるでしょう。

LINE Pay カードを利用した場合、LINEポイントクラブに応じてLINE Payポイントが付与されます。

ポイントの種類 ポイントの有効期限
LINE Pay残高 最後に増減した日から5年
LINEポイント 最後にポイントを獲得した日から180日後
※期間限定ポイントあり

不正利用時の補償は10万円まで

「LINE Pay カード」のリスクとして考えられるのは、第三者が不正利用する可能性です。

このようなトラブルに際して、補償制度は設けられていますが、その金額が原則として10万円までなので注意が必要です。

一方クレジットカードの盗難補償・不正利用補償は、これよりも高額か、あるいはほぼ全額をカバーできることもほとんど。

クレジットカードよりも補償が弱い点は、デメリットのひとつといえるでしょう。

公共料金や携帯電話代などの固定費払いに未対応

LINE Pay カードは保険料や公共料金、携帯電話使用料ほか、ガソリンスタンドや高速道路などの「月々の支払い決済」には対応していません。

クレジットカードであれば、当たり前のように月々の支払いに利用して、ポイントを効率的に貯めることもできますので、プリペイドカードならではの制約があるのは、LINE Pay カードのデメリットと言えるでしょう。

LINE Pay カードへのチャージ方法

LINEアプリのLINE PayとLINE Pay カードは、残高が共通なのでチャージ方法はどちらも同じです。

登録した銀行口座やセブン銀行ATMなどからチャージが可能です。

チャージ方法について、詳しくは下記ページにて解説しています。

ポイント還元率はまさかの0%に

2020年5月1日からマイカラー制度が終了し、かわりにLINEポイントクラブが始まりました。

それに伴い、LINE Pay カードの利用でポイントが付かなくなりました。

LINE Pay カードの利用でLINEポイントが貯まらないため、どれだけ使ってもランクアップ条件につながりません。

LINE Pay残高、LINEポイントから支払いをすることはできますが、LINEポイントは付与されないことは覚えておいてください。


 

LINE Payに登録してLINE Pay残高にチャージできる銀行口座

LINEアプリからLINE Payを開き、銀行口座から利用したい銀行の口座を登録できます。

表示された銀行名から選んで登録しますので、登録可能な銀行も確認できます。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行

※登録可能な銀行から一部抜粋

ただし、LINE Pay残高からの支払い、LINE Payカードを使ったLINEポイントからの支払いのいずれもLINEポイントは付与されないので、銀行からチャージして使うことは、ポイント還元の観点からはメリットがありません。

LINE Pay カードは中学生・高校生でも使いやすい

ショッピング等でLINE Pay カードをご利用の際には、リアルタイムでLINEアプリのプッシュ通知でお知らせが届きますので、もしも不正利用に合ってしまわれた際にもすぐに気づくことができるようになっています。

LINE Payのチャージ上限は、本人確認処理を行っていない場合、10万円までとなっていますが、本人確認済みの場合、上限はありません。

また、決済の上限額は1回100万円までとなっています。

プリペイドカード券面は、4種類(キャラクターもの、シンプルなもの)からお好きなものをお選びいただけます。

口座維持手数料等もかかりませんので、LINEユーザーの方であれば、お好みのカードを1枚お持ちになり、LINE Pay残高やLINEポイントの使い道の一つとして持っておかれてはいかがでしょうか。

LINE Pay カードは、従来のプリペイドカードのチャージ残高上限では足りなくて、いつもチャージをしていなければいけなかったという方、年齢制限でプリペイドカードをお作りいただけなかった中高生の方、LINE Payでの決済を実際によくご利用になるという方に向いているプリペイドカードです。

 LINE Pay カード

LINE Pay カード(JCB)は、新規発行を終了しました

LINE Pay カードは新規発行(紛失等の再発行の場合も含む)、Google Payへの登録(Androidのみ)を2020年12月に終了しました。

現在発行済みのLINE Pay カード、登録済みのGoogle Pay™は有効期限まで引き続き利用できます。
(有効期限が過ぎたカードは利用できません)

引き続きプリペイドカードの利用を希望される場合は、新サービスのVisa LINE Payプリペイドカードをご検討ください。


 

プリペイドカードのいいところは、まだクレジットカードを持てない小学生でも、キャッシュレスに対応できることです。


 

2016年4月5日 作成
2021年1月29日更新


スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPG AMEX)
入会でもれなくMarriott Bonvoyゴールド会員 / 貯めたポイントで宿泊 / ポイントは有利にマイルに移行可能 / 有効期限がないポイント / 継続で毎年無料宿泊特典

 スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード


中小企業の経営者・個人事業主のための100万マイルの貯め方・使い方はメールマガジンで!


友だち追加キャッシュレスお得情報は「LINE@」で!
(スマホでタップ・クリックするとLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード