すぐに始められる! 現金を持ってなくても割り勘ができる便利アプリ

交通系ICカードや決済機能付きのスマートフォンの普及によって、移動や買い物の際に財布を出して現金で支払いをする機会は減ってきています。

しかし飲み会や食事会などで割り勘をする時は、交通系ICカードを使って友人にお金を渡すことはできませんので、どうしても現金に頼ってしまいがちです。

今回は、そんな割り勘をキャッシュレスで済ませられる、「割り勘アプリ」を紹介します。

割り勘アプリで会計時の不便を解消!

飲み会や食事会で仲間と過ごす時間は楽しいものですね。しかし、人数が増えるほど大変なのが会計です。

スムーズに間違いなく会計できる「割り勘アプリ」は、幹事さん・参加者の両方にとって利用するメリットがあります。

その場に現金がなくても、スマホで飲食代のやり取りができるようになります。

割り勘アプリ利用で参加者のメリットは?

割り勘アプリを利用することで、支払いをする方にも下記のようなメリットがあります。

・現金を準備する必要がないため、ATM引き出し手数料の節約になる
・参加者もカード支払いができるため、クレジットカード決済ポイントがつく

たとえば飲み会に向かう途中、財布を忘れたことに気付いたとしても、スマートフォンを持っていれば大丈夫。あわててATMを探して現金を引き出す必要はありません。ATM手数料の節約にもつながります。

幹事が会計をまとめてクレジットカードで支払う場合、ポイントはすべて幹事のもの。なんだか損した気分になりますよね。ところが割り勘アプリは、参加者も割り勘分をクレジットカードで支払えたりするのでカード決済分のポイントを受け取れるのです。

会計に手間がかからず、参加者にもメリットがあることから、みんなで集まって食事などをするときは、割り勘アプリの利用をおすすめします。

割り勘アプリ利用で幹事さんにもうれしいメリット!

割り勘アプリのメリット

幹事さんにとっても、下記のような割り勘アプリを利用するメリットがあります。

・アプリに記録が残るため、飲食代のもらい忘れ・計算ミスがない
・アプリから会費の事前回収で、ドタキャンを減らす効果が期待できる
・後払いでも会費を個人の口座に振込む必要がないため、参加者に口座番号を教えずに済む

幹事さんでこんな経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば・・
「割り勘で一人ひとりの代金を集めているうちに、会計と集めた金額が合わなくなった」
「財布の中をみたらお金が足りないと言われ、その場で代金をもらえなかった」

ドタキャン予防にも!
同窓会のように人数分の予約を取って会費制で行う食事会の場合、直前になって受けるキャンセル、いわゆるドタキャンは、幹事の悩みのタネ。

次にいつ会うかわからない人に「かかったキャンセル料は次に会った時に支払うから」と言われても困りますよね。かといって会費回収のためだけに時間を作って2人で会うのも大変です。

レシート不要の割り勘アプリなら、事前に会費を回収することもできます。

会費の事前回収はドタキャンを減らす効果があります。先に会費を払うと「もう会費を払ったのだから行かないと損」と考えるからです。

「とりあえず支払は幹事が済ませて、会費の回収は後日」の場合でも、アプリに送金してもらうので、銀行の口座番号を教える手間もありません。

割り勘アプリのデメリット

メリットの多い割り勘アプリですが、デメリット(※アプリの種類による)もあります。

・幹事・支払う人全員がスマホにアプリをダウンロードする必要がある
・レシート、領収書などが必要
・出金するときに手数料がかかる

各アプリによって仕様が違うので一概には言えないのですが、アプリによっては送金する人(飲食代を払う人)、される人(幹事)がそれぞれ割り勘アプリをスマートフォンにダウンロードしておく必要があります。

アプリ自体は容量の大きいものではないのですが、Wi-Fi環境のない場所ではダウンロードに時間がかかる場合があり、格安SIMなどは使用可能な容量を圧迫する可能性もあります。

レシートを無くしてしまうと手続きが面倒になることもあるので、後日清算する場合は、必ずレシートは捨てずに取っておきましょう。
※条件付きで領収書やクレジットカードの利用明細で代用できます。

集金したらアプリからそのまま支払いに使えます。買い物などに使えば手数料がかかりませんが、「どうしても出金したい」場合には、アプリの種類によっては出金手数料がかかります。
おおよそ200円と考えておけば間違いありません。この手数料もデメリットのひとつといえます。

割り勘アプリと特徴を一挙紹介!

ここからは、代表的な割り勘アプリとその特徴を紹介していきます。
アプリは、App Store、GooglePlayでダウンロードできます。

ウォレットアプリ Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)は、登録時の本人確認やレシートが不要な割り勘アプリ。
Kyash(キャッシュ)は、送金や受け取り時に手数料は一切かかりません。アプリも無料です。

支払い(送金)する人は事前にアプリをダウンロードする必要がなく、幹事(請求する人)だけがスマートフォンにアプリを入れておけば準備はOKです。

もちろん、お互いにアプリをダウンロードしIDを知らせておけば最もスムーズに請求・送金ができます。

幹事(請求する人)は、Kyash(キャッシュ)アプリを入れていない人にもSNSや電話番号経由で相手先に請求リンクを送ることができます。電話番号(SMS)、メールアドレス、LINE、Skype、インスタグラム、フェイスブック、ツイッターなどが利用できます。Kyash(キャッシュ)ID・メール・電話番号・SNSの中から、どれか1つ分かれば良いのですが、連絡先が全く分からない人には請求できません。

例えば、幹事さんが参加者に割り勘請求する場合は下記のような流れになります。

<幹事さん(請求する人)>
Kyash(キャッシュ)アプリをダウンロード
Kyash(キャッシュ)アプリを開いて請求ボタンを押す

●金額を入力する 請求画面で¥0をクリックすると請求金額の入力画面になります。

●メッセージを入力(レシートなど画像アップロード可能)

●相手を選ぶ

●請求リンクを作成

●シェアする

<参加者(請求された人)>
請求リンクをクリック
請求者の名前と金額、メッセージなどが表示される
Kyash(キャッシュ)アプリで支払うorアプリをダウンロードして送金する

Kyash(キャッシュ)の注意点
送金・受け取りをするには、お互いにKyash(キャッシュ)アプリが必要
送金額に制限あり(1回あたりの限度額が100,000円まで。1か月の送金上限金額は100,000円)
銀行口座への送金やATMからの出金は不可

 
Kyash(キャッシュ)アプリを使って請求・送金リンクを作り、Kyash(キャッシュ)アプリを入れていない相手に送ることはできます。

しかし、リンクを送られた方からの送金や受け取りにはアプリが必要です。最終的には、お互いにKyash(キャッシュ)アプリが必要ということになります。

請求先から送金されたお金は、アプリ内にチャージされます。

チャージされたお金は、バーチャルカードを通じてAmazonやZOZOTOWN、楽天市場など提携ショッピングサイトで支払いができます。

Kyash Cardは2020年4月7日、Apple Pay(QUICPay+)に対応しました。日経の記事でApple Payと連携すると報道されていました(2017/12/13付)がそれが実現した形です。Google Payにも対応しているので QUICPay+を通して実店舗での決済が可能になっています。

リアルカードの「Kyash Carp」を発行することもできます。バーチャルカードに送金されたKyash残高はもちろん、クレジットカード・コンビニ・銀行ATMでチャージして、コンビニや飲食店などの実店舗でプリペイドカードとして使えます。発行手数料・年会費は無料、年齢制限や本人確認なしで利用可能です。

アプリからバーチャルカードのKyashを登録した後、リアルカードの申し込みをした場合、バーチャルカードの情報はリアルカードの情報に上書きされます。アカウント情報や残高はそのまま引き継がれます。

バーチャルとリアルでカード情報(番号や有効期限)が新しいものに統一されるということです。リアルカードが届いたら、Kyashアプリからリアルカードの有効化をするだけで簡単に切り替えができます。

カード番号が変わるので、オンラインショッピングなどでKyashバーチャルカードの情報を登録していた場合は、新しいカード情報に変更する必要があります。

Kyash Card(バーチャル・リアルどちらも)で決済した金額の1%分がKyash残高にキャッシュバックされます(送金、電子マネーチャージなど一部対象外あり)。

クレカチャージはVisaまたはMastercardクレジットカード、デビットカードが使え、オートチャージ(自動チャージ)または金額指定チャージが可能です。

オートチャージは事前チャージではなく、送金時・決済時に残高不足分が登録カードに請求される仕組みです。

金額指定チャージは、登録カードから1,000円以上1,000円単位でチャージができます。

事前チャージすることで、使い過ぎ防止や残高管理がしやすくなります。

Kyash(キャッシュ)は、使い勝手のよい割り勘アプリですが、Kyash残高にあるお金を「現金として引き出す」ことはできません。

受け取ったお金は「Kyash Card」での支払いやKyash間送金に使えます。Kyashのリアルカードはプリペイド式のVisaカードとして使えるので便利ですが、現金で引き出したい方には向きません。


 

LINE Pay(ライン ペイ)

もはやコミュニケーションツールとして欠かせない存在の「LINE」が送り出した割り勘アプリ。

LINE Pay(ライン ペイ)を利用するには、送金する側と受け取る側のいずれもLINEアプリをダウンロードし、LINE上で友達登録をしておく必要があります。

しかし、国内で7,000万人以上のアクティブユーザー数を誇るLINEは、飲み会・食事会の参加者がすでにダウンロードしている可能性が高いため、それほど大きなデメリットではないでしょう。

利用方法は、割り勘をするメンバーでグループを作り、その中で幹事が参加者に割り勘したい金額を入力し請求します。受け取ったお金は、バーチャルカードの「LINE Payカード」に移して利用できます。

●LINE ウォレット画面

●LINE Pay画面

グループを作らなくても割り勘請求はできます。LINE Payから割り勘アイコンをタップして、友達2人以上選択し、合計金額を入力すると、1人あたりの金額が自動表示されます。金額は10円・100円・1000円単位で入力可能。1円単位は入力できません。メッセージ(画像添付可能)を記入して、割り勘をタップすれば請求できます。

同じやり方で、LINE Payの「送金依頼」から請求ができます。こちらは友達一人でもOKです。

LINE Payカードは提携先のネットショップだけでなく、コンビニエンスストアやスーパーなど、実店舗でも利用でき便利です。また216円の手数料を支払えば、銀行へ出金できます。

デメリットとしては、前述した参加者全員のLINEアプリのダウンロードと、LINE友達登録が必要になるところ。他のアプリと比べて、スタートするまでに若干の手間がかかる場合も。

送金・出金には本人確認が必要です。銀行口座を登録すれば、本人確認済みとなります。身分証のアップロードによる本人確認は行っていません。

レシート不要で送金・請求ができるアプリに「LINE Pay(ラインペイ)」があります。メッセージツールとして利用者の多いLINEだけにはじめやすく、手数料216円を支払えば銀行経由で出金することも可能です。

しかしLINE Payは、クレジットカードからのチャージができません。したがって

・チャージには銀行口座やコンビニエンスストアなどを利用しなければならない
・送金・請求にあたって本人確認が必要

ですが、送金上限は1日100,000円と使い勝手がいいです。


 

pring(プリン)

pring(プリン)は、2018年3月8日に正式リリースされたお金コミュニケーションアプリです。

お金を「おくる、もらう、はらう、チャージ、口座に戻す」これらすべて無料で利用できるのが特徴です。

pring(プリン)の登場で、手数料を気にすることなくSNSやスマホでメッセージを送るような感覚で、簡単にお金のやり取りができるようになります。

出金手数料がかからないのがメリット。送金してもらったお金だけでなく、自分の銀行口座から出金する場合も、手数料を払わずに出金できます。

pring(プリン)を利用するには、銀行口座が必要です。

登録できる銀行は2018年6月当初は、みずほ銀行と三井住友銀行だけでしたが、2020年4月現在 pringに対応しているのは、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、auじぶん銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行をはじめ43行に増えています。

pring(プリン)は、アプリ内でお金のやり取りができるだけではなく、相手の方と対面でQRコードを使っての送受金も可能です。

やりとりしたお金はいつでも無料で、銀行口座に戻したり、全国に25,000台以上あるセブン銀行ATMで、現金として引き出すこともできます。

アプリへの入金(チャージ方法)は、利用している銀行口座から直接アプリに入金したり、オートチャージ機能の設定もできます。ただし、クレジットカードからチャージはできません。

アプリを利用していない方とのやり取りは、QRコード・LINE・SNS経由での送金が可能。お金の受け取りには別途pringへの登録が必要です。送金上限が100万と大きいのも特長です(利用者ごとに指定あり)。

pring(プリン)は、スマホ決済サービスとして国内約16,600の全店舗(セルフレジ含む)のファミリーマートで2020年3月31日より利用可能になりました。プリン決済の手順は「お店ではらう」をタップして、画面に表示されたコードを、お店の方に提示し、読み込まれると決済完了と簡単です。


 

気になる割り勘アプリの手数料は…?

お金をやり取りできるアプリ、気になるのが「手数料」です。銀行振込で友人にお金を送るときは、基本的には銀行に「振込手数料」を支払わなければなりません。

しかし割り勘アプリは、お金を送るときや受け取ったときの手数料がかかりません。ただし受け取ったお金を口座から引き出す場合、手数料が必要になる場合があります。

手数料の負担を避けるには、受け取ったお金を出金しないで、そのままアプリ内で使うのがポイント。たとえば別の食事会での支払に使ったり、提携先のネットショップで利用したりすることで、手数料負担を減らせます。

アプリによっては、バーチャルカードやリアルカードを使って「Amazon(アマゾン)」「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」「楽天市場」などショッピングに使えます。

もっとも使いやすいのは、Kyash(キャッシュ)!

これから割り勘アプリを始める方にオススメなのは、ずばりKyash(キャッシュ)です。

幹事さんさえアプリをダウンロードしておけば、本人確認の必要がなく、レシートがなくても集金できます。

電話番号経由でも請求リンクを送信できるので、参加者に「このアプリを入れて」「SNSを交換しよう」とお願いする必要もありません。

飲み会の場で幹事が「これで支払おう!」といえば、参加者も違和感なくキャッシュレス割り勘の世界を味わえます。

受け取ったお金の銀行への出金はできませんが、大手ネットショップやiDが利用できるコンビニエンスストアでも使えるので、不便を感じることは少ないはずです。リアルカードを発行してプリペイドカードとしてVisa加盟店で使うこともできます。

Kyash Card(バーチャル・リアルどちらも)で決済した金額の1%分がKyash残高にキャッシュバックされます(一部対象外あり)。

普段使っているクレジットカードのポイント還元率によっては、直接カードで支払うよりKyash Cardにチャージして決済する方がお得です。

割り勘アプリ初心者は、まずKyash(キャッシュ)を使ってみてから、他のアプリの導入を検討してみましょう。

割り勘アプリを比較すると

上記3つのアプリについて比較表を作成しました。

割り勘アプリ Kyash
(キャッシュ)
LINE Pay
(ライン ペイ)
pring
(プリン)
アプリ利用料
(通信料除く)
無料
レシート 不要
アプリ無しで支払い ×
送金上限金額 1回につき5万円まで
月合計10万円まで
1日10万円まで 1日最大100万円まで
利用者ごとに指定あり
銀行への出金 ×
出金手数料 出金不可 200円(税別) 無料
クレジットカード支払 Visa、Mastercard、
デビット可
・プリペイド不可
不可 不可

 
 

割り勘アプリと相性のいい高還元率カード!


割り勘アプリを有効活用するためには、支払いに利用するクレジットカード選びが重要です。支払った金額分がポイント還元されるので、還元率が高いほどお得だからです。

従来であれば、幹事がまとめてクレジットカード払いをした場合、幹事だけがポイント還元の恩恵にあずかれますが、クレジット支払いできる割り勘アプリを利用すれば、参加者も払った分だけポイントが獲得できます。そのため、高還元率(できれば1%以上)のカードを選ぶと良いでしょう。

ここからは、人気のある高還元率カードを紹介します。

※記事内で紹介した割り勘アプリの中で、クレジット支払いできるのは「Kyash」ですが、利用可能な国際ブランドはVISAとMastercardのみとなっています。

これから新しくカードを申し込む場合はVISA、Mastercardから選べば登録できるスマホ決済アプリが多くて盤石です。

楽天カード

楽天カードは年会費無料で作れて、基本還元率は1.0%。「楽天カードマン」のCMでもおなじみです。新規申し込みでもらえるポイントも見逃せません。

リクルートカード

リクルートカードは基本1.2%の高還元率カード。貯まったポイントは、じゃらんやホットペッパーグルメなどの他、提携のコンビニエンスストアやスーパーでも利用可能です。年会費無料。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは年会費永年無料で、基本還元率は1.0%。さらに入会後半年は驚異の2.0%の還元率となるのが魅力です。iDやQUICPayを搭載していて、普段使いしやすいのもポイント。


 

使い勝手のよい高還元率カード。まだお持ちでない方は、割り勘アプリと合わせて検討してみてください。

2018年6月9日 作成
2020年6月3日更新


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!