今、新聞やテレビのニュース、そしてSNSをにぎわしているPayPay。

無条件で20%が還元され、抽選で全額キャッシュバックもある大型キャンペーンの登場とあれば、消費者としては決して見逃せません。

スマホを利用するQRコード決済の中では後発でありながら、国の政策であるキャッシュレス・ビジョンの推進役として大きな役割を果たしそうです。

この記事では、PayPayがどんな決済方法なのかと、PayPayのお得な使い方について解説します。

PayPayとはスマホ決済サービスのひとつ

PayPayは、ヤフーとソフトバンクの共同出資会社であるPayPay株式会社が運営するスマホ決済サービスです。

アプリのダウンロード、支払いなどの利用時に費用はかかりません(通信量に応じたパケット通信料金を除きます)。

支払い限度額は登録カードの本人認証後は25万円(過去30日間)、本人認証前は2万円(過去24時間)・5万円(過去30日間)です。

複数のクレジットカードを登録している場合は、合計金額となります。また、上限金額は変更される場合があります。

利用状況により上限金額の範囲内でも利用できない場合があります。

おサイフケータイ機能なしのスマホでも使える

PayPayのアプリが使えるスマホなら、スマホを契約している会社(キャリア)に関係なく利用でき、スマホにおサイフケータイ機能が付いてなくても使えます。

PayPayアプリからバーコードを表示して会計時にお店にスキャンしてもらったり、お店が提示したバーコードまたはQRコードをスキャンして会計ができます。

3万円以上の買い物には本人確認書類を提示

PayPay決済金額が3万円(税込)以上の場合、本人確認書類の提示が必要です(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、特別永住者証明書、在留カード、健康保険証、学生証のいずれか1点)。

購入できない商品

以下の商品は購入できません。

・金券類(商品券、ギフトカード、プリペイドカードなど)
・切手、はがき、印紙類
・有価証券
・回数券
・保険商品
・地域指定のゴミ袋・ゴミ処理券(取り扱い店舗に限る)
・ファミマのFamiポート取扱い商品・サービス

上限金額

PayPay決済上限は、支払い可能額が50万円まで、残高の上限額が100万円までです。

PayPayは、スマホひとつでカンタン・おトクにお支払いができるアプリです。最短1分で登録完了!

「100億円あげちゃうキャンペーン」は早い者勝ち

2018年12月4日から、大型キャンペーン「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施しています。

登録するだけでPayPay残高500円もらえる

PayPayアプリをダウンロードして、新規アカウント登録すると、PayPay残高500円がもらえます。

登録完了後すぐに500円が追加されます。

100億円がなくなるまで支払額の20%がPayPayボーナス

PayPayで支払いをすると、支払額の20%がPayPayボーナスで還元されるキャンペーンと、40回に1回の確率で支払額の全額がPayPayボーナスで還元されるキャンペーンの2つを、「100億円あげちゃうキャンペーン」(※1)として実施します。

また共同企画として、Yahoo!プレミアム会員、および“ソフトバンク”と“ワイモバイル”のスマホユーザー向けに、全額還元の確率が上がるキャンペーンを実施します。

Yahoo!プレミアム会員は確率が20回に1回(※2)“ソフトバンク”と“ワイモバイル”のスマホユーザーは確率が10回に1回(※3)(※4)となります。

引用:https://image.paypay.ne.jp/pdf/pr20181122_02.pdf

キャンペーン期間中にPayPay加盟店で、PayPay決済で支払うと、利用金額の20%相当のPayPayボーナスが翌月10日前後に付与されます。

ボーナス付与上限は、月50,000円分まで(通常は月5,000円分まで)、つまり決済金額でいうと月間25万円までです。

※オンライン決済サービスでの支払い、Alipay(支付宝)アプリを利用してPayPayのQRコードを読み込み決済した場合はキャンペーン対象外。

開催期間は、2018年12月4日9:00~2019年3月31日23:59。
※期間や付与金額などキャンペーン内容は、変更になる場合もあります

期間内でも還元金額が100億円に達した時点でキャンペーンは終了します。

「100億円あげちゃうキャンペーン」は2018年12月13日23時59分をもって終了しました。

ビックカメラで大きな買い物するのがメリット大

PayPayでクレジット支払いにすると、PayPayボーナス+クレジットカードポイント+お店のポイント(対応店舗のみ)がもらえます。

ビックカメラでPayPay支払いの場合、ビックカメラポイントが8%分付くので合計28%のキャッシュバックです。

たとえばビックカメラで10,000円購入した場合、PayPay20%OFF+ビックカメラ8%ポイント+クレジットカードのポイント(0.5~1.5%) となり、最終支出は下記のようになります。

クレジットカードのポイント還元率0.5%の場合
2000+800+50=2850
10000-2850=7150円
ポイント還元額は2,850円、最終支出は7,150円です。

クレジットカードのポイント還元率1%の場合
2000+800+100=2900
10000-2900=7100円
ポイント還元額は2,900円、最終支出は7,100円です。

クレジットカードのポイント還元率1.5%の場合
2000+800+150=2950
10000-2950=7050円
ポイント還元額は2,950円、最終支出は7,050円です。

※通常のPayPay還元率は0.5%で、PayPayボーナスとして決済翌月の10日前後に付与されます。

どのようにすれば使える?アカウント作成は2通り

最初にPayPayアプリをダウンロード&インストールしましょう。

iPhoneの方はApp Storeから、Androidの方はPlay ストアからダウンロードできます。

「PayPay」で検索すればすぐ出ます。

アカウント作成は最短1分

PayPayの新規アカウントは、「携帯電話番号」「またはYahoo! JAPAN ID」のどちらかで作れます。

どちらで登録してもSMS認証があるので、携帯電話番号の入力は必要です。

携帯電話番号で登録し、あとからYahoo! JAPAN IDを紐付けることも可能です。

PayPayアプリをスマホにダウンロードして開くと、登録画面が表示されます。

アプリをダウンロードしたスマホの携帯電話番号とパスワードを入力すれば、簡単にアカウントが作成できます。

Yahoo! JAPAN IDでPayPayアカウントを作る

この場合、利用規約などを確認、同意してはじめるボタンを押し、Yahoo! JAPAN IDとパスワードを入力します。

「あなたのアカウントのセキュリティ強化のために電話番号を入力してください」と表示されるので、番号を入力。

電話番号を確認してSMSの送信ボタンを押すと、4ケタの番号がSMSで届くので入力します。

これで登録は完了です。

PayPay残高へのチャージはしなくてもOK

PayPayアプリの残高にチャージしたり、クレジットカードを登録すると使えるようになります。

PayPay残高は、1,000円以上1,000円単位でチャージできます。

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカードのみです。

Yahoo! JAPANカードでチャージする場合は、本人認証が必須となっています。
認証後のチャージ上限金額は、過去30日間で25万円が上限です。

Yahoo!カードのラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリのYahoo!カードが見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

Yahoo! JAPANカードをお持ちでない方も心配無用です。

PayPay残高が足りなければ、Yahoo!マネーでの支払い、もしくはカード払いになるので大丈夫です。

登録できるクレジットカード

 

楽天カードリクルートカードREX CARDなど、VisaまたはMastercardマークが付いていればPayPayの支払い用カードとして登録できます。

画面では「クレジットカードの追加」とありますが、デビットカードやプリペイドカードも登録できます(一部登録できないカードもある)。

登録枚数は15枚まで登録できます(編集部調べ)。

クレジットカードは1枚登録すれば使えますが、複数登録しておくとカードを切り替えて使い分けができます。

もちろんここでも還元率の高いカードを登録するのは、いうまでもありません。

クレジットカードは、付帯保険やサービスだけでなくポイント還元率にも注目しましょう。還元率とは、利用金額に対して何円相当のポイントが返ってくるかを示します。例えば、100円利用するごとに1円相当のポイントが返ってくるカードの還元率は1%です。ここに紹介するカー...

デビットは?プリペイドは?

JCBのクレジットカード同様、JCBデビットカードやJCBプリペイドカードも、現在のところ登録できません。

VisaデビットとVisaプリペイドは「クレジットカードの追加」から登録できますが、一部対象外カードもあります。

実際に登録できるか検証してみたところ、「SMBCデビット」「ANA VISAプリペイドカード」は登録できませんでしたが、「楽天銀行デビットカード(Visa)」「JNB Visaデビットカード」「エポスVisaプリペイドカード」は登録できました。(2018年12月現在)

今後、登録できるカードは変更になる可能性も考えられます。

登録できない場合は、「追加することができません」とメッセージが表示されます。まずは利用したいカードを登録してみてください。

Kyashが登録できる

PayPayクレジットカード支払いに、Kyashが登録可能です。

ただし、Kyashは本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないため、PayPayでの決済上限金額は、2万円(過去24時間)・5万円(過去30日間)です。

Kyashは利用金額の2%が残高に還元、Kyashのさらに支払い登録をしたクレジットカードのポイントもつきます。
たとえばクレジットカードのポイント還元率が1%なら、合計3%分もたまります。

ちなみにKyashにも利用限度額があり、限度額を超えるとエラーになります。バーチャルカードは1回3万円、リアルカードは1回5万円が限度額です。

限度額を超える買い物を予定しているなら、PayPayに本人認証済のクレジットカードを登録しておきましょう。

決済上限金額は、過去30日間で25万円になります。

PayPayアプリで、支払い用クレジットカードの登録、切り替え、削除が簡単にできます。

食事会や飲み会で、面倒なお金のやり取りをスムーズにする方法のひとつが「Kyash」を使うことです。Kyashはスマートフォンを通じて送受金ができるアプリ。クレジットカードを登録しておけば、会計時に現金がなくても、立て替えてくれたお友達や幹事さんに支払いができます...

準備ができたら支払いです

支払方法は、PayPay残高(銀行口座またはヤフーカードからチャージ)、Yahoo!マネー、クレジットカードの3つです。

PayPay残高が足りない場合はYahoo!マネーでの支払い、Yahoo!マネー未登録または残高不足の場合は、登録したクレジットカードでの支払いになります。

お店で支払う

支払方法は、“スキャン支払い”と“コード支払い”の2種類があります。

“スキャン支払い”は、店頭に表示しているQRコードをカメラで撮影し、金額を自分で入力する方法です。“コード支払い”はバーコードをレジで提示して読み取ってもらう方法です。

スキャン支払いの方法

レジ払いも、レストランのテーブル支払いも、支払方法は同じです。

  1. レジスタッフ、 テーブル払いの場合は担当スタッフに「PayPayで支払います」と告げる
  2. PayPayアプリを起動し、レジで示されたQRコードを撮影する
  3. 表示された店名を確認する
  4. 金額を自分で入力する
  5. 金額に間違いがないか確認したら、“支払う”を押す
  6. 支払い完了画面をスタッフに見せる
  7. お店側に支払い完了メールが届いたら完了

コード支払いの方法
  1. レジスタッフ、 テーブル払いの場合は担当スタッフに「PayPayで支払います」と告げる
  2. PayPayアプリを起動し、レジスタッフに端末でバーコードを読み取ってもらう

さっそくビックカメラで買い物してみました

ビックカメラでコーヒーメーカーをPayPay払いで購入しました。

価格はAmazonと同額の24,624円です。

さてここから、数々の還元があります。内訳を見てみましょう。

1. ビックカメラのポイントはPayPay払いの場合、通常は8%です。

今回はクリスマスキャンペーン該当商品のため、3%アップの11%。ビックポイント2,709ポイントが付与されます。

2.PayPay「お支払いで20%戻ってくる」キャンペーンにより、PayPay残高に4,924円が還元されます。

3.PayPayにKyashを登録しているので、2%にあたる492円がKyash残高にキャッシュバックされます。

4.Kyashに紐づけているJALカードに246マイルが付与されます。

食事会や飲み会で、面倒なお金のやり取りをスムーズにする方法のひとつが「Kyash」を使うことです。Kyashはスマートフォンを通じて送受金ができるアプリ。クレジットカードを登録しておけば、会計時に現金がなくても、立て替えてくれたお友達や幹事さんに支払いができます...

トータルで8,125円のキャッシュバック+246マイル獲得です。

仮に1マイル1円で計算しても、Amazonより約34%安く買えたことになります。

※購入当時は、PayPay本人認証サービス導入前のため、Kyashで2万円以上の決済が可能でした。

ご利用はお早目に

ビックカメラでPayPay支払いをするときに店員さんに訊いたところ「4人中3人がPayPay払いですね」、またある店員さんは「少なめに見積もって10人中5人がPayPay払い。5時間の間に全額バックが2人出ました」との話でした。(12月5日・6日 ビックカメララゾーナ川崎店にて)

マスメディアの報道もあって、認知度はかなり上がってきているようです。

煽るわけではありませんが、予算が無くなり次第終了してしまうキャンペーンです。

もし年末に購入しようと思っていた商品があるなら、この機会にPayPayアプリを利用してみてはいかがでしょうか。

「100億円あげちゃうキャンペーン」は2018年12月13日23時59分をもって終了しました。

2018年12月9日 作成
2019年1月23日更新


日本を代表するJCBカード
海外利用ポイント2倍。スターバックスでポイント10倍。39歳以下限定、年会費無料の JCB CARD W やシックなWEB限定デザインカードが人気。

ショッピングがもっと楽しくなるカード選び

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!