2011年6月1日ご搭乗分より片道分からのJAL国内線特典航空券への交換が可能となりました。

国際線は通常の往復マイルの2分の1のマイル数で利用できます。

JAL国内線特典航空券への交換に必要なマイル数は、往路と復路の2区間では、12,000マイル(JALカード割引は9,500マイル)からとなっていますが、片道分(1区間)でのご利用の場合は、6,000マイル(ディスカウントマイルは5,000マイル)から交換可能となっていますので、特典航空券の往復分の交換にお手持ちのマイル数が足りないといった場合でも、少ないマイル数で特典航空券への交換をしていただくことができるようになりました。

また、設定期間が設けられてはいますが、JALのディスカウントマイルをご利用になられることで、通常の必要マイル数よりも少ないマイルで国内線特典航空券の交換をしていただくこともできるようになっています。

JALディスカウントマイル設定期間中の場合、1区間、JALマイレージバンク会員の方で5,000マイルから国内線特典航空券ご利用いただくことができるようになっています。

ただし、国内線の一部(石垣路線など)ではディスカウントマイルが適応されない場合もありますので、よくご確認いただきたいと思います。

片道の特典航空券への交換お申し込み後に、特典航空券ご利用区間を片道(1区間)から往復(2区間)に変更していただくことができませんので、お気を付けいただきたいと思います。

片道のJAL国内線特典航空券の場合、往復でのご利用に比べて必要マイル数はやや割高となってしまいますが、マイルの有効期限が近いという方や、片道であれば必要マイル数が足りるという方におすすめしたいと思います。

片道分は特典航空券を利用されて、残りの片道分は通常の航空券をご予約されてご旅行にお出かけになっていただくこともできるようになりましたので、なかなか特典航空券までマイルがたまらない、という方もぜひ一度マイルの有効期限が過ぎてしまわれる前にご利用を検討してみていただきたいと思います。

国際線の場合、片道7,500マイル、往復15,000マイルから特典航空券に交換可能です。

2区間以上の旅程で出発から目的地までの間で異なるクラスを利用の場合、旅程中の上位クラスのマイルが必要となります。


旅でもショッピングでもマイルがたまるJALカード
入会搭乗ボーナス / 毎年初回搭乗ボーナス / 搭乗ごとのボーナス / フライトでもお買い物でもマイルがたまる / 家族でマイルを合算可能

マイルのお得な貯め方・使い方 応用編

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第22回 三井住友VISAデビュープラスカード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!