楽天SPU攻略法

「買い物するなら、より多くのポイントがほしい!」

キャッシュレス決済がふえ、買い物をすればポイントが貯まるのが当たり前の今、より多くのポイントがもらえるように工夫している方も多いことでしょう。

楽天カードはクレジットカードの中でもポイント還元率の高いカードです。楽天市場を利用しない方でも効率よくポイントを貯めたいならば持っていて損はありません。

もちろん楽天カードを楽天市場で上手く使えば、さらにポイントが貯まります。

そこで今回は、日用品からレジャー用品まで揃う楽天市場でのショッピングで、最大15.5倍のポイントが貯まる「楽天SPU」の仕組みと活用方法を解説します。

楽天市場で最大15.5倍のポイントを獲得できる「楽天SPU」

楽天SPU「Super Point Up Program(スーパーポイントアッププログラム)」とは、楽天のサービスを使えば使うほど楽天市場でポイントが貯まるポイントアッププログラムのことです。

通常、楽天市場では100円の買い物につき1ポイントが貯まります。これに加えて、楽天SPU対象の楽天サービスを利用するとポイント倍率が上がっていきます。一回の買い物につき最大15.5倍のポイントを貯めることが可能です。

楽天カード

楽天市場で楽天カードを使って買い物をすると+2倍のポイントが貯まります。
たとえば10,000円分の買い物をすると、「買い物100ポイント + カード利用加算分200ポイント」で、合計300ポイントが貯まります(ポイント還元率3%)。

当月分の買い物に何倍のポイントが付与されるかは、その月末時点で条件を満たしているかどうかで決まります。

買い物の段階でポイントアップの条件を満たしていなくても、月内に対象サービスを利用して条件を満たせば、その月全体の購入額に対してのポイント倍率がアップします。

そのほか、楽天SPUには次の特徴があります。

  • 全ショップ対象
  • エントリー不要
  • 全会員対象
  • グループサービスを利用すればするほどお得
  • 毎月末日時点の倍率が楽天市場での月初の買い物にまでさかのぼって適用

楽天SPUの対象サービスと達成条件

楽天カードの利用以外にも、楽天にはポイント倍率をアップするためのさまざまな対象サービスがあり、それぞれに達成条件があります。

詳しくは下記の表をご確認ください。
楽天市場での買い物金額に対して、通常ポイントに追加してサービス利用合計倍率のポイントが付きます。

例えば、楽天プレミアムカードは、すべての楽天カードにつく+2倍とプレミアムだけにつく+2倍を合わせて+4倍になります。
さらに楽天市場で買い物するとすべての会員につく+1倍を足すと、合計5倍ということになります。

サービス 倍率 達成条件
楽天モバイル +1倍 対象サービスを契約
楽天モバイル キャリア決済 +0.5倍 Androidのみ。Rakuten UN-LIMIT VIの料金プラン利用で月に2,000円以上の料金支払い時
楽天ひかり +1倍 対象サービスを契約
楽天カード +2倍 種類問わず、すべての楽天カード(ゴールド・プレミアム含む)を利用して楽天市場で買い物
楽天プレミアムカード +2倍 楽天プレミアムカードを利用して楽天市場で買い物
楽天銀行+楽天カード +1倍 楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし
楽天の保険+楽天カード +1倍 「楽天の保険」の保険料を楽天カードでお支払い
楽天でんき +0.5倍 加入&利用
※2021年6月1日(火)より対象外
楽天証券 +1倍 月1回500円以上のポイント投資(投資信託)※楽天ポイントコースへの設定・再設定が必要
楽天トラベル +1倍 対象サービスを月1回5,000円以上ご予約し、対象期間の利用
楽天市場アプリ +0.5倍 楽天市場アプリでの買い物
楽天ブックス +0.5倍 月1回1注文1,000円以上の買い物
楽天Kobo +0.5倍 電子書籍を月1回1注文1,000円以上買い物
楽天Pasha +0.5倍 トクダネ対象商品の購入&レシート申請で、合計100ポイント以上の獲得
Rakuten Fashionアプリ +0.5倍 Rakuten FashionアプリでRakuten Fashion商品を月1回以上買い物
楽天ビューティ +1倍 月1回3,000円以上利用

※2021年2月1日(月)よりNBA Rakutenは対象外
※2021年4月1日(木)より楽天ゴールドカードの+2倍と楽天TV「Rakuten パ・リーグ Special」は対象外

倍率を上げやすいサービスは!?

上に挙げた表の通り、楽天グループのさまざまなサービスを利用すれば、楽天市場での買い物で付与されるポイント倍率は上がっていきます。

しかし、人によってはポイントのためだけに利用する気にはならないサービスもSPUには含まれているでしょう。

そこで対象サービスの中でも汎用的なものを活用して効率よくポイント倍率を上げる2つのパターンを紹介します。

初級者向けパターン「楽天カード」+「楽天市場アプリ」で気軽に倍率アップ

楽天カードを利用して楽天市場で買い物をすれば、通常のポイント+2倍のポイントを獲得できます。

楽天市場で買い物をするために押さえておきたいのが「楽天市場アプリ」です。

「楽天市場アプリ」はスマートフォン・タブレットにダウンロードして、アプリ内で買い物をするだけで通常のポイント+0.5倍のポイントを獲得できます。

サービス 倍率 達成条件
楽天カード +2倍 種類問わず、すべての楽天カードを利用して楽天市場で買い物
楽天市場アプリ +0.5倍 楽天市場アプリでの買い物

この2つだけでもポイントが+2.5倍になります。

中・上級者向けパターン「毎月払う固定費」を楽天サービスにして継続的に大幅アップ

毎月かならず発生する固定費を、楽天グループのサービスを活用して支払うことで、常に高いポイント倍率を維持できます。

倍率を上げやすいのは、次のようなサービスです。
「携帯電話のキャリアに特にこだわりがない」「お得な電力会社への切り替えを考えている」方で、お得にポイントを貯めたいという場合には、それぞれ楽天グループへの切り替えを検討してみましょう。

サービス 倍率 達成条件
楽天モバイル +1倍 対象サービスをご契約
楽天ひかり +1倍 対象サービスをご契約
楽天の保険+楽天カード +1倍 「楽天の保険」の保険料を楽天カードでお支払い

逆に、一部の方をのぞいて、毎月必ず利用するわけではない楽天ビューティや楽天トラベルは、「倍率を上げにくい」サービスと言えるでしょう。

サービス 倍率 達成条件
楽天トラベル +1倍 対象サービスを月1回5,000円以上ご予約し、対象期間の利用
楽天ビューティ +1倍 月1回3,000円以上利用

SPU以外にもポイントを増やす方法がある

楽天ポイントを増やす方法は楽天SPUだけではありません。ここでは、その2つの方法について紹介します。

毎月5と0のつく日は、楽天カード利用でポイントが通常の5倍

毎月、5日・10日・15日・20日・25日・30日に楽天カードを利用して楽天市場で買い物をすれば、ポイントが通常の5倍貯まります。

ただしエントリー不要の楽天SPUとは違い、こちらはエントリーしなければポイントを獲得できません。

内訳は「買い物1倍 + 楽天カード(SPU)2倍 + 5と0のつく日エントリー2倍」。単純にSPUを活用した場合と比べて+2倍のポイントを獲得できます。

ここで注意したいのが、すべて同一のポイントではない点です。たとえば、上記の条件を満たした上で10,000円分の買い物をしたとします。

このうち、買い物によるポイント1倍と楽天カードポイント1倍による200ポイントは、「通常ポイント」として付与されます。一方、楽天カード利用特典1倍と、5と0のつく日エントリー2倍による300ポイントは「期間限定ポイント」として付与されます。

  • 買い物【1倍】(通常ポイント)
  • 楽天カード利用【2倍】(通常ポイント1倍+期間限定ポイント1倍)
  • 5と0のつく日エントリー【2倍】(期間限定ポイント)

通常ポイントに月間獲得上限はありません。それに対し、期間限定ポイントの月間獲得上限は3,000ポイントです(楽天市場の買い物で月30万円分まで)。

高額の買物をしても「ポイントが思っていたよりもすくない」というケースもありますので、念のため頭に入れておきましょう。

  • 通常ポイント……月間獲得上限なし
  • 期間限定ポイント……月間獲得上限3,000ポイントまで

楽天ウェブ検索利用でポイント+2倍(2%)

毎月行われている楽天ウェブ検索のキャンペーンです。

月のはじめにキャンペーンにエントリーをした上で、1日あたり5口、5日間以上利用した月は楽天市場での買い物分のポイントが+2倍(2%)に。ただしこちらも期間限定ポイントです。エントリー時にメルマガ購読が必須ですす。

通常ポイントが貯まる!「もらえるモール」経由でお買物

「もらえるモール」は、楽天ポイントの通常ポイントが貯まるポイントサイト。もらえるモールを経由して楽天市場で買い物をすれば+1%の還元率に。

楽天のサービス以外はRebates(リーベイツ)経由で通常ポイント貯まる

楽天市場以外での買い物は、通常ポイントが貯まる楽天ポイント提携モール「Rebates(リーベイツ)」がオトクです。

ただし「Rebates(リーベイツ)」経由分の付与ポイントは楽天カードを使っても楽天カード以外のクレジットカードを使っても同じです。

「Rebates(リーベイツ)」の魅力は、数多くのショッピングサイトやオンラインサービスと提携しており、ポイント還元率が高いことです。

還元率が10%以上のサイトもあり、さらにそのサイト独自のポイントも付きます。

楽天ポイントカードで着実に貯める

街の楽天ポイント加盟店では、楽天ポイントカードを提示して、コツコツとポイントを貯めましょう。

加盟店によって料率は異なりますが、 たとえば料率1%のお店でカードを提示し、楽天カードで支払えば購入金額に対して計2%の楽天ポイントが貯まります。

家族カード利用でポイントが貯まる

楽天カードの家族カードは、年会費永年無料です。家族カードを利用して買い物すれば通常ポイントが親カードに付き、楽天SPUも適用されます。

ただしポイントを貯めるためにはカード利用状況等が確認できる「楽天e-NAVI」への登録が必要です。

「期間限定ポイント」は月間獲得上限あり

「通常ポイント」は月間獲得上限がありませんが、楽天SPUで貯まる「期間限定ポイント」には月間獲得上限があります。

たとえば、楽天SPUの対象サービスである楽天モバイルと楽天ひかりを契約し、楽天市場で月間50万円分の買い物をした場合、通常ポイントに加えてそれぞれ期間限定ポイントが5,000ポイントずつ(合計10,000ポイント)が付与されます。

50万円以上の買い物をしたとしても、もらえる追加ポイントは10,000ポイントまでです。
これは、対象サービスの上限が次のように設定されているためです。

サービス 倍率 月間獲得上限(ポイントの種類)
楽天モバイル +1倍 上限5,000ポイント(期間限定ポイント)
楽天ひかり +1倍 上限5,000ポイント(期間限定ポイント)

なお、楽天Pashaなど付与されるポイント倍率が0.5%の対象サービスは、それぞれ月100万円分の買い物までポイントが付与されます(上限は同様に5,000ポイント)。

サービス 倍率 月間獲得上限(ポイントの種類)
楽天Pasha +0.5倍 上限5,000ポイント(期間限定ポイント)

SPUで貯まったポイントはどう使うのがお得?

既に解説した通り、楽天ポイントには通常ポイントと期間限定ポイントの2種類があります。

「通常ポイント」楽天カードの支払いに充当

通常ポイントをお得に活用するには、楽天カードの支払いに充当するのがおすすめです。楽天ポイントを充当した支払額に関しても、1%分のポイントが付与されるからです。

通常ポイントのお得な活用法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「期間限定ポイント」楽天ペイの支払いに利用

いっぽうで楽天SPUで貯まる期間限定ポイントは、楽天カードの支払いに充当できません。

そこで、期間限定ポイントの消費には、楽天グループの運営するキャッシュレス決済「楽天ペイ」をおすすめします。

楽天ペイの支払いであれば、期間限定ポイント支払い分も、還元率1%の通常ポイントが付与されます。

楽天ペイは「ポイントをすべて使う」あるいは「一部を使う」設定にしておけば期間限定ポイントが先に使われます。

楽天ペイ加盟店はどんどん増えていて、全国のコンビニエンスストアやドラッグストア、居酒屋やレストラン、書店に百貨店と、さまざまな場所で楽天ペイが使えます。

楽天ペイはネットショップや、オンラインでの映画チケット購入にも使えます。

期間限定ポイントのお得な活用法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「期間限定ポイント」を楽天ポイントカード加盟店で使う

楽天ポイントカード加盟店で楽天ポイント支払いにすると、期間限定ポイントが先に使われます。

なので、「どうしよう、通常ポイントを先に使ってしまった!」なんてことも起きません。

楽天ポイントカード加盟店も多く、くら寿司、マクドナルド、ミスタードーナツなどをはじめとして、さまざまな場所で使えます。

SPUでポイントを貯める基本は、楽天カードを使うこと

前述した通り、楽天市場でポイントをたくさん貯めるには、楽天カードをうまく使いましょう。

そこで、各種楽天カードを利用して楽天市場で買い物した場合に貯まる期間限定ポイントを表にまとめました。

通常ポイントはどの楽天カードでも+1倍、上限なしです。

カードの種類 期間限定ポイント倍率 月間獲得上限
楽天カード・楽天ゴールドカード +1倍 上限5,000ポイント(楽天市場で月50万円購入分まで)
楽天プレミアムカード
楽天ブラックカード
楽天ビジネスカード
+2倍 上限15,000ポイント(楽天市場で月75万円購入分まで)

楽天銀行と楽天の保険は楽天カード利用が必須

なお、楽天SPUの対象サービスである楽天銀行と楽天の保険でポイントを獲得するには、楽天カードの利用が条件となっています。

具体的には、楽天銀行の場合、楽天カード支払い分を楽天銀行で引き落とし設定することで、ポイントが通常+1倍になります。

また、楽天の保険の場合は、保険料を楽天カードで支払うことで通常+1倍のポイントを獲得できます。

このように楽天SPUの活用には、楽天カードは不可欠な存在です。

いっぽうで楽天カード持っていても最大15.5%を達成するのは簡単ではありません。

さらに、仮に15.5%を達成したとしても、月間ポイント獲得上限が設定されているので、それ以上のポイントは受け取れません。

たとえば楽天市場で月に100万円利用したとしても、利用サービスがポイント1倍で5,000ポイント上限だった場合、50万円分まで獲得できます。
つまり単純に「100万円 × 15.5% = 15.5万円分」のポイントを獲得できるわけではありません。

多くポイントを貯めるには利用できるサービスを楽天にまとめること

しかしながら「楽天SPU」とSPU以外のポイントを増やす方法を組み合わせれば、楽天ポイントは貯まりやすく、利用できる機会も多くなります。

自分にとって必要な対象サービスを選定しつつ、効率よくポイントが貯まるように楽天SPUを活用するのがおすすめです。

その上で、楽天SPUだけで通常ポイント+6〜10倍を達成できれば、楽天SPU活用の上級者と言えるでしょう!

 楽天カード

2017年1月17日 作成
2021年4月22日 更新

「楽天カード」は顧客満足度No.1の年会費無料カード

楽天カード楽天市場で一度でも買い物するなら必携のカード。

還元率はいつでもどこでも常時1%、楽天市場でポイント最大16倍も狙える楽天市場のスーパーポイントアッププログラムも実施中! 入会後にエントリーして利用するだけで、ポイントがもらえるキャンペーンも見逃せません。

JCSI調査で12年連続クレジットカード部門の顧客満足度第一位()。カード会員数は2,000万人を突破。その人気は衰え知らずです

期間限定キャンペーン特典はもれなく5,000ポイントプレゼント!

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

中小企業の経営者・個人事業主のための100万マイルの貯め方・使い方はメールマガジンで!


友だち追加キャッシュレスお得情報は「LINE@」で!
(スマホでタップ・クリックするとLINEアプリが開きます)

知って得する楽天カードの使い方

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード