楽天ゴールドカード次に選ぶカード
2021年4月1日より楽天ゴールドカードのサービスが変更になります。現在、楽天ゴールドカードを持っているけれど、そのまま継続して使うか他のカードに変更するか迷っている方のために、どのカードを選べばよいか解説します。

カード特典やポイント還元率などを考慮しても、ほとんどの方にとって年会費無料の楽天カードに切り替えるのが良い方法です。

年会費の損益分岐点を考えると、楽天市場で年間55万円以上買い物する方は楽天プレミアムカードに申込、国内空港ラウンジを年3回以上無料で使いたい方は他社カードへの申込がおすすめです。

カード切り替え時の注意点として、楽天ゴールドカードを解約して別のカードに申し込みをする場合は審査が入ります。

楽天ゴールドカードの変更点と追加されたサービス

【変更】SPUポイント+4倍から+2倍にダウン

今まで上位カードの楽天プレミアムカードと同じだった「スーパーポイントアッププログラム」のポイント還元率が2%も減ります。

年会費無料の楽天カードと同率になりますので、この特典が目当てでカードを利用していた方は、楽天カードに切り替えるのが賢い選択です。

【2021年3月31日まで】
楽天ゴールドカードを利用して楽天市場でお買い物すると「ポイント+4倍

【2021年4月1日以降】
楽天ゴールドカードを利用して楽天市場でお買い物すると「ポイント+2倍

【新しく追加】お誕生月サービスで+1倍

代わりに2021年4月1日から新しく開始する「お誕生月サービス」は、お誕生月に楽天市場・楽天ブックス利用でポイント+1倍(上限2,000ポイント)になります。

ポイント付与の上限が2,000ポイントなので、誕生月に楽天で20万円分買い物しないと年会費分になりません。

楽天ゴールドカードの年会費は2,200円(税込)です。

誕生月に20万円以上買い物をしないなら「楽天カード」

楽天カード

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いは、お誕生月サービスの特典がつくかどうかと国内空港ラウンジが使えるかになります。年会費を支払ってまで、「この2点の特典が必要かどうか」がカードを選ぶ際のポイントになります。

誕生月に20万円以上買い物をしない方やカード利用可能枠が下がっても問題ない方は、楽天カードに切り替えたほうが年会費もかからず、メリット大です。

後で解説しますが、国内空港ラウンジ無料利用特典が欲しい場合は、他社カードの選択肢もあります。

ちなみに楽天カードはアメックスブランドが選べますが、特にメリットはありません。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら
楽天カード 楽天ゴールドカード
年会費 永年無料 2,200円(税込)
ブランド Mastercard / Visa /
JCB / American Express
Mastercard / Visa / JCB
還元率 1%(100円につき1ポイント)
SPU
(スーパーポイント
アッププログラム)
ポイント+2倍
(月間獲得上限5,000ポイント)
ポイント+2倍
(月間獲得上限5,000ポイント)
2021年4月1日から
特典 【2021年4月1日より開始】
お誕生月サービス
(お誕生月に楽天市場・楽天ブックス利用でポイント+1倍)
上限2,000ポイント
国内空港ラウンジ 国内空港ラウンジ年間2回無料
(一部の海外空港ラウンジ含む)
カード付帯保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円
利用可能枠(上限) 最高100万円 最高200万円

楽天市場で年間55万円以上買い物するなら楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、SPUでポイントが+4倍になります。楽天カードと比べて+2%多くポイントが付与されます。年会費は11,000円なので、その分ポイントで返ってくれば実質プラスマイナスゼロになります。楽天市場で55万円買ったときの2%分ポイントバックは11,000ポイントです。

つまり、楽天市場で年間55万円以上買い物をする方は、楽天プレミアムカードを選んだ方が良いです。

楽天プレミアムカードの選べるサービス(楽天e-NAVI登録時に1つ選ぶ)で【楽天市場コース】を選ぶと、毎週火曜日・木曜日楽天市場で+最大1倍になります。この日に買い物をすれば、さらに多くの楽天ポイントを貯めることができます。

楽天ゴールドカードとは違い、国内空港ラウンジ無料利用に回数制限がありません。楽天カードや楽天ゴールドカードには付帯しない国内旅行傷害保険やプライオリティ・パス、楽天ビジネスカードに申込できるなど、年会費はかかりますが特典が充実しています。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら
楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 永年無料 2,200円(税込) 11,000円(税込)
ブランド Mastercard / Visa /
JCB / American Express
Mastercard / Visa / JCB Mastercard / Visa /
JCB / American Express
還元率 1%(100円につき1ポイント)
SPU
(スーパーポイント
アッププログラム)
ポイント+2倍
(月間獲得上限5,000ポイント)
ポイント+2倍
(月間獲得上限5,000ポイント)
2021年4月1日から
ポイント+4倍
(月間獲得上限15,000ポイント)
特典 【2021年4月1日より開始】
お誕生月サービス
(お誕生月に楽天市場・楽天ブックス利用でポイント+1倍)
上限2,000ポイント
お誕生月サービス
(お誕生日月に楽天市場・楽天ブックス利用でポイント+1倍)
上限10,000ポイント

選べるサービス(楽天e-NAVI登録時に1つ選ぶ)
【楽天市場コース】
毎週火曜日・木曜日楽天市場で+最大1倍
【トラベルコース】
楽天トラベルオンライン決済で+最大1倍
手荷物宅配サービス
【エンタメコース】
楽天TVご利用分ポイント+最大1倍
楽天ブックスご利用分ポイント+最大1倍

国内空港ラウンジ 国内空港ラウンジ年間2回無料
(一部の海外空港ラウンジ含む)
国内空港ラウンジ無料
(一部の海外空港ラウンジ含む)
カード付帯保険 【海外旅行傷害保険】最高2,000万円 【海外旅行傷害保険】最高5,000万円
【国内旅行傷害保険】最高5,000万円
【動産総合保険】最高300万円
利用可能枠(上限) 最高100万円 最高200万円 最高300万円

期間限定で年会費の返金対応

2021年1月14日までに楽天ゴールドカードに入会した場合、年会費について返金・請求停止ができます。2021年1月14日から2021年3月31日 23:59までの期間中に楽天e-NAVIへログインし、メッセージボックス「楽天ゴールドカード サービス改定のご案内」を確認して手続きしてください。

楽天カードの切り替え方法

楽天ゴールドカードから楽天カードや楽天プレミアムカードに切り替えたい場合、どのようにすればよいかを下記にて詳しく説明しています。

国内空港ラウンジ無料利用特典 おすすめは「エポスゴールドカード」

エポスゴールドカードは全国19空港ラウンジ無料

エポスゴールドカード
エポスゴールドカードに国内空港ラウンジ無料利用特典が付帯します。全国19空港のラウンジを無料で利用でき、回数制限もありません。エポスゴールドカードに直接申込をすると、年会費5,000円かかりますがエポスカードを使っていてインビテーションから申込をした場合は、1年目から永年無料になります。なお、エポスゴールドカードを年間50万円以上利用した場合も翌年度から永年無料になります。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

イオンゴールドカードは招待制、利用できる空港ラウンジは6空港のみ

イオンゴールドカード
イオンゴールドカードも国内空港ラウンジが無料で使えますが、直接申し込みはできません。まずはイオンカードに申し込み、インビテーションを待つことになります。また、利用できる空港ラウンジも全国で6空港とエポスゴールドカードより少ないです。空港ラウンジを利用するために作るのではなく、イオングループでの特典がメインとなるカードです。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

TRUST CLUB プラチナマスターカードは国内主要32空港ラウンジ無料

TRUST CLUB プラチナマスターカード
TRUST CLUB プラチナマスターカードは、年会費3,300円(税込)で国内の主要32空港ラウンジが無料で使えます。年会費のかかるカードですが、プラチナカードとしてはたいへんリーズナブルです。工夫次第で無料で持てるエポスゴールドカードより利用できる空港ラウンジ数も多くなります。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

利用したい空港ラウンジを確認

利用したい空港ラウンジに対応しているかどうか、カードを申し込む前に確認しておきましょう。
各カード会社の国内空港ラウンジ一覧

楽天ゴールドカード継続?切替?自分に合ったカードの選び方

楽天市場で買い物をするときは、他社カードより楽天カード(ゴールド・プレミアム含)決済が最もポイントが貯まります。

空港ラウンジを利用しない方は、年会費無料の楽天カードへの切り替えがおすすめです。

空港ラウンジも利用したい方は、エポスゴールドカードを年会費無料で持ち、楽天ゴールドカードを楽天カードに切り替えるのがもっとも費用が抑えられる良い方法です。

より多く空港ラウンジを年に3回以上利用する方は、TRUST CLUB プラチナマスターカードと楽天カードの2枚持ちがおすすめです。

楽天市場で年に55万円以上買い物をするヘビーユーザーには楽天プレミアムカードがぴったりです。

2016年12月9日 作成
2021年2月2日更新

「楽天カード」は顧客満足度No.1の年会費無料カード

楽天カード楽天市場で一度でも買い物するなら必携のカード。

還元率はいつでもどこでも常時1%、楽天市場でポイント最大16倍も狙える楽天市場のスーパーポイントアッププログラムも実施中! 入会後にエントリーして利用するだけで、ポイントがもらえるキャンペーンも見逃せません。

JCSI調査で12年連続クレジットカード部門の顧客満足度第一位()。カード会員数は2,000万人を突破。その人気は衰え知らずです

期間限定キャンペーン特典はもれなく5,000ポイントプレゼント!

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を「LINE@」で発信!
(スマホでタッチ・クリックするとLINEアプリが開きます)

知って得する楽天カードの使い方

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!