コンビニエンスストアやスーパーマーケットでは、電子マネーやクレジットカードでの支払いが当たり前になりつつありますね。一方でカフェ業界は少し後れを取っています。人気カフェのスターバックスコーヒー(以下、スターバックス)も、ようやく電子マネーが使える店舗が増えてきたばかり。まだ利用できない店舗も少なくありません。

実はスタ―バックスは、電子マネーを使える店舗はまだ少ないですが、クレジットカードほとんどの店舗で使えます。しっかりものの貴方なら「それなら現金ではなく、ポイントが付くクレジットカードで支払いを…」と考えますよね。

実はレジでクレジットカード払いよりもオトクな方法があります。それは「スターバックスカード」にクレジットカードでオートチャージをして使うこと。この記事では、スターバックスカードの上手な使い方を紹介します。

スターバックスカード+クレジットカードがオトク

スターバックスカードとは、スターバックスの店舗で利用できるチャージ式プリペイドカード。スターバックスでは、直接クレジットカードで支払うよりも、スターバックスカードにチャージして支払うほうがオトクです。

スターバックスでクレジットカードを使う方法は2通り

スターバックスでクレジットカードを利用する方法は、

a.商品の代金をクレジットカードで支払う
b.クレジットカードで「スターバックスカード」にチャージして支払う

のふたつ。オススメはbです。

発行手数料は無料

スターバックスカードの発行料は0円ですが、発行時に1,000円以上のチャージが必要です。1,000円から30,000円まで1円単位でチャージでき、カード内金額の上限は30,000円です。

スターバックスカードを入手したら、必ずMy Starbucksに登録を!

スターバックスカードは、そのままでもレジでチャージを繰り返し使い続けられますが、My Starbucksに登録すれば、スターバックスカードへのオートチャージができます。さらにStarを集めたりワンモアコーヒーサービスを100円で利用したりするために、公式サイトで「My Starbucks」に登録しましょう。

「My Starbucks」に登録すれば、カードを紛失しても残高補償サービスが受けられます。複数のカード残高を1枚のカードにまとめることも可能です。

Web登録で「Star」が貯まる!

スターバックスカード最大のメリットは、スターバックスのポイント「Star」が貯まることです。

スターバックスカードのWeb登録をすると、「Green Star」が税抜50円につきひとつ貯まります。さらに登録後1年以内にGreen Starを250集めると、そこからは同レート(50円につきひとつ)で「Gold Star」が貯まるのです。

Gold Starは150集めると「Reward eTicket」と交換可能です。このチケットは、スターバックスのレジで税抜700円分のクーポンとして利用できます。

また「ワンモアコーヒーサービス(2杯目のドリップコーヒー、1杯目と同じサイズ)」は、通常150円(税抜)のところ100円(税別)で購入可能です。

さらにクレジットカードによるオートチャージでクレジットカードのポイントも貯まります。日常的にスターバックスを利用する方には、スターバックスカード+クレジットカードの組み合わせをオススメします。

スターバックスカードには魅力がいっぱい!

上に挙げた以外にも、スターバックスカードには「持ちたくなる魅力」があります。

「カード」と呼びながら、カード型ではないカードもあります。コーヒーカップ型やきっぷよりも少し大きいミニカード型、キーホルダータイプ、スマホケース型など。デザインが豊富で期間限定のデザインも人気です。過去のカードはコレクターアイテムとなるほど。手書きでオリジナルデザインも作れるので、プレゼントにもピッタリです。

残高の確認や貯まったStarの数を確認できるモバイルアプリ「モバイルスターバックスカード」もあります。モバイルスターバックスカードは出先でスターバックス店舗を探すこともできて便利です。

※iPhone6用モバイルケースタイプのカードも販売していましたが、残念ながらiPhone6以降の機種に対応したケース型スターバックスカードは出ていません。

チャージができるクレジットカードは?オススメはどのカード?

スターバックスカードの利用には、残高を気にする必要のないオートチャージが便利です。ただしスターバックスカードにオートチャージができるのは、国際ブランドがVisa/Mastercard/JCB/AMEX/Dinersのクレジットカードに限られます。

オートチャージは、入金するカード残高と入金額を事前に設定できます。カード残高は1,000円、3,000円、5,000円のいずれかから、入金額は2,000円、3,000円、5,000円、10,000円のいずれかから選択が可能です。

パルコカードがあれば、パルコレジでのチャージがオトク

なおオートチャージよりもレジでのチャージがオトクな場合もあります。パルコ内のスターバックスでは、パルコカードなら5%オフでチャージができます。さらに永久不滅ポイントも貯まるのです。

JCBオリジナルシリーズでのオートチャージなら5%分のポイント還元

パルコ内など特定の店舗へ行く機会がなければ、やはりオートチャージがオススメです。ならばより効率よくオートチャージをしたいですね。

そこで活用したいのが「JCBオリジナルシリーズ」。「スターバックスリワード」登録後に、JCBオリジナルシリーズのクレジットカードを利用してオートチャージをすると、「Oki Dokiポイント」が通常の10倍に。通常の還元率が0.5%なので、還元率10倍=還元率5%です。

JCBオリジナルシリーズとは?

JCBオリジナルシリーズとは、JCBが発行するプロパーカード(自社発行カード)のこと。JCB CARD W/JCB CARD W plus L/JCB一般カード/JCBゴールド/JCBプラチナ/JCB法人カード/、JCBゴールド法人カード/JCBプラチナ法人カード/JCB LINDAなどです。

JCBオリジナルシリーズの魅力は、スターバックスのオートチャージで還元率がアップするだけはありません。セブン-イレブンやAmazonでの利用でポイント3倍、ガソリンスタンドのエッソ・モービル・ゼネラルでの利用ではポイントが2倍になるのです。

利用するほど還元率がアップ、さらに国内・海外旅行傷害保険とショッピングガード保険が自動付帯。さらに本人認証サービスとして、ワンタイムパスワード機能「J/Secure」を取り入れているのでなりすましによる不正利用も防止できます。

39歳以下の男性には「JCB CARD W」がオススメ!

39歳以下の男性であれば迷わずオススメするのが「JCB CARD W」です。JCB CARD Wは、40歳以上は申込対象外。ポイントが常に2倍=還元率1%以上で、年会費は永久無料のクレジットカード。セブン-イレブンやAmazonでの利用で還元率2%、ガソリンスタンドのエッソ・モービル・ゼネラルでの利用では還元率1.5%です。

なお申し込みの際に39歳以下であれば、40歳を過ぎてももそのまま使い続けることが可能です。

 JCB CARD W

39歳以下の女性なら「JCB CARD W plus L」

39歳以下の女性なら「JCB CARD W plus L」をえらびましょう。「JCB CARD W plus L」は、「JCB CARD W」の女性版。「JCB CARD W」にはない女性にうれしいサービスが用意されています。

 

カード会員限定で加入できる団体保険「お守リンダ」は、女性特定がんは月30円から。天災限定傷害は月60円、犯罪被害補償なら月100円。障害入院補償は月390円からとそれぞれ内容を選択可能。手ごろな掛け金で補償を手厚くできます。

中でも犯罪被害補償は、お財布が厳しいひとり暮らしの女性や、仕事でどうしても帰宅時間が遅くなる女性にとってうれしい保険です。ひったくりによる損害や鍵の取り換え、ストーカー被害に遭った時に防犯器具購入代金を補償してもらえるなど、いざというときでも安心です。

「JCB CARD W plus L」と「JCB LINDA」サービスの違いは?

「JCB CARD W plus L」会員だけが入れる女性疾病保険があります。18歳から69歳まで加入でき保険料は月額290円~2,780円です。29歳以下の女性であれば「JCB CARD W plus L」を選びましょう。

 JCB CARD W plus L

40歳以上の女性なら「JCB LINDA」

40歳以上の女性なら「JCB LINDA」がオススメです。「JCB CARD W plus L」とほぼ同様のサービスを受けることができます。

年会費は無料だがデータ維持料は100円。無料にするには?

「JCB LINDA」も年会費は無料です。ただしデータ維持料が月額100円(税別)かかります。データ維持料は、携帯の電話料金または月1万円以上のカ-ド利用で無料になります。

格安SIM、格安スマホはデータ維持料0円の対象外になることもある

格安SIMや格安スマホは、スマホ本体をセット購入した場合、電話料金も機種代金として引き落とされる場合があります。機種代金として引き落とされた場合はデータ維持料0円の対象外です。

 JCB LINDA

さらに上位のサービスを求めるなら「JCBゴールド」を

さらに手厚いサービスを求めるのであれば、上位カードの「JCBゴールド」を目指しましょう。空港でのラウンジサービスや、宿泊・グルメなどの優待サービスを受けられるのが特徴です。付帯する旅行傷害保険の補償額は最高で1億円と、他社のゴールドカードと比較しても抜きんでています。

 

この「「JCBゴールド」で一定の条件を満たせば、さらに上位のプラチナカード的存在である「JCBゴールド ザ・プレミア」、「THE・クラス」への招待が届くのです。

 JCBゴールド

JCB CARD Rはリボ払い手数料がかかる

JCB CARD Rは還元率4倍、つまり還元率2%のリボ払い専用カード。

しかしリボ払いの手数料が初回から発生します。手数料は実質年率 15.00%を締め日翌日から支払日まで日割り計算した金額です。締め日は16日、引落日は10日なので25日あるいは26日分の手数料がかかります。

たとえば4月1日にスターバックスカードへ1万円のオートチャージが行われると、締め日は4月15日、引落日は5月10日です。JCB card Rの実質年率は15%。15%を365で割り25を掛けると、1.02です。支払う金額は10000+102=10102円。これでは、せっかく5%のポイントが還元されても、実際の還元率は4%にもなりませんね。リボ払い専用カードの利用はできるだけ避けたいものです。


 JCB CARD R

JCBオリジナルシリーズ以外のクレジットカードは

JCBオリジナルシリーズ以外にも、スターバックスカードへのチャージでオトクなクレジットカードはあります。

dカードは100円につき4ポイント

ドコモの発行するdカードは、100円分チャージで通常の1ポイント+特典ポイントを3ポイント合計で4ポイント付与。4%の還元率に。


 dカード

ANAカードは100円につき1マイル

ANAカードは、100円分チャージにつき基本マイルにプラス1マイルの付与。基本マイルが200円(税込)=1マイルの場合、200円につき3マイル貯まります。


 ANA Visa ANA JCB ANA AMEX

エポスカードは5,000円につき50ポイント

エポスカードの基本還元率は約0.5%。スターバックスカードへオンライン入金またはオートチャージでポイント2倍の還元率1%。たとえば1,000円チャージで10ポイント貯まります。

貯まったポイントも他のポイントに交換した場合は、1ポイント→0.5円の価値。スターバックスカードにチャージすると500ポイント→500円に。つまりオートチャージで貯めたポイントをスターバックスカードにチャージすれば還元率2%に。


 エポスカード

au WALLETはプリペイドなら200円につき4ポイント、クレジットなら5ポイント

「au WALLET プリペイドカード」は税込200円ごとに4ポイント付与されます(通常1ポイント)。一方で「au WALLET クレジットカード」は、200円(税込)ごとに5ポイント付与(通常2ポイント)と、こちらもオトクです。

スタバでオトクなクレジットカードと還元率

カード名 年会費 基本
還元率
スタバ
還元率
備考
JCBオリジナル 0円~ 0.5% 5% オートチャージでポイント10倍
dカード 1,250円(税別)※1 1% 4% オートチャージでポイント4倍
ANAカード 2,000(税別) 0.4%~ オートチャージで基本マイル+100円につき1マイル
エポスカード 0円 0.25~0.5% 0.5~1% 基本還元率の0.25はマイルに交換した場合。ポイントに交換すれば0.5%
獲得したポイントをスターバックスカードにチャージすれば、さらに還元率2%にUP
パルコカード 0円 0.5%~1% 5%+0.5%~1% レジチャージで5%OFF+永久不滅ポイント

※1 初年度無料、2年目からは年に1回以上の利用で無料
※2 初年度無料

ポイントを直接スターバックスカードにチャージ可能なクレジットカードも

スターバックスカードは、クレジットカードのポイントも直接チャージできます。

dカード

ドコモの「dカード」で貯まる「dポイント」は3,000ポイントを3,000円分としてスターバックスカードにチャージできます。

エポスカード

エポスポイントはスターバックスカードへ500ポイントを500円分としてチャージ可能です。他のポイントやマイルに交換すると、1ポイント約0.25~0.5円の価値にしかなりませんので、スターバックスへのオートチャージがいかにオトクかわかりますね。

au WALLET

「au WALLET ポイント」は500ポイントで500円分チャージできますが、1回につき3,000円分までの制限があります。

セゾンカード

セゾンカードで貯まる「永久不滅ポイント」は、100ポイントを450円分としてチャージできます。

スターバックスで使える電子マネーは?

ここまでスターバックスカードについて紹介してきましたが、最近では交通系電子マネーでが使えるスターバックスの店舗も増えつつあります。
ショッピングモール内にあるスターバックスでは比較的電子マネーでの支払いが可能です。同様に駅構内または駅ビル内の店舗では、Suicaなど交通系の電子マネーはほぼ使えます。

イオンモール内のスターバックスでは、系列の電子マネーである「WAON」が使える一方で、セブン&アイ・ホールディングスが運営するアリオでは、「nanaco」もほかの電子マネーも使えないので注意が必要です。

東京湾に浮かぶSA「海ほたる」にある店舗では、「E-NEXCO pass」や「WAON」が使えます。一方で路面店は電子マネーが使えない店舗がまだまだ多いです。

スターバックス公式サイトには、各店舗でどの電子マネーが使えるか記載されていません。利用したい店舗で利用したい電子マネーが使えるかを確認するには、ショッピングモールに入っている店舗ならモールの公式サイトで、路面店なら電話で聞くとよいでしょう。

空港内店舗の電子マネー対応状況

最後に国内の主要空港にあるスターバックス店舗で、どの電子マネーが使えるかを紹介します。

新千歳空港 楽天Edy/WAON/nanaco/Kitaca/iD/QUICPay/SuicaやPASMOなどの、交通系電子マネー
羽田空港国際線&国内線 楽天Edy
中部国際空港セントレア第2国際ビル 楽天Edy/manaca/iD/QUICPay
関西空港 楽天Edy/WAON/nanaco/Kitaca/iD/QUICPay/SuicaやPASMOなどの交通系電子マネー、銀聯カードも可
長崎空港 楽天Edy
那覇空港 楽天Edy

 

スターバックスカードにJCBオリジナルシリーズでオートチャージしよう!

スターバックスでは現金以外でも支払ができますので、ポイントの貯まらない現金払いはもったいないです。

パルコカードを持っている方は、パルコ内の店舗でスターバックスカードにチャージをするのがオトク。チャージ金額が5%OFFになり、さらに永久不滅ポイントが貯まります。パルコカードを持っていない方やパルコ内のスターバックスへ行く機会がない方は、クレジットカードでオートチャージをしましょう。

スターバックスカードへのオートチャージでもっともポイントが貯まるクレジットカードは、JCBオリジナルシリーズ。通常のポイント還元率は0.5%ですが、スターバックスカードへのオートチャージは10倍の5%ポイント還元率。スターバックスをよく利用する方で、まだJCBオリジナルシリーズ会員でない方は入会を考えてみてはいかがでしょうか?


日本を代表するJCBカード
海外利用ポイント2倍。スターバックスでポイント5倍。39歳以下限定、年会費無料の JCB CARD W やシックなWEB限定デザインカードが人気。

JCBカード使いこなしノウハウ

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!