ダイナースクラブカードに追加で手に入れられるビジネスアカウントカード。

ここではそのビジネスアカウントカードをこれもまた人気の「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンプラチナビジネスAMEX)」と比べてその違いを解説します。

「セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカード」(以下セゾンプラチナビジネスAMEX)も、プラチナクラスカードとして非常に注目度&人気ともに高いカードです。

一般的な収入を持っているなら、正社員、公務員、フリーランスの方でもOK。

25歳以上の社会人の方なら気軽に申し込むことが可能です。

こちらのカードとの比較を通じて、ご自分にとって最良のビジネスカードを手にしてください。

中小企業の経営者に選ばれるいぶし銀のカードを比較

両カードの年会費の差は4,000円

ダイナースクラブカード本会員カード 24,200円(税込)に+2,200円(税込)でビジネスアカウントカードが持てます。

合計26,400円(税込)の年会費となります。

一方、「セゾンプラチナビジネスAMEX」の年会費は22,000円(税込)ですが、年間200万円以上のショッピングの利用で次年度本会員年会費が11,000円(税込)になります(※キャッシング、年会費などは対象外)。

基本の年会費は「ダイナースクラブカード+ビジネスアカウントカード」のほうが4,000円高い計算になります。

しかし、ダイナースクラブカードには「1人分のコース優待&6人以上の利用で2人分の料金無料」の特典がつく「エグゼクティブ ダイニング」をはじめとする、レストラン、料亭、バーなど「食事関連のサービス」が充実しており、一回でも利用すれば差額の元は取れます。

また、Mastercardのプラチナグレードのステータスを備えた「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が年会費無料で付帯します。

空港ラウンジは両カード充実の内容

数だけで見ると500を超える都市、さらには148を超える国々と地域で1300か所以上の空港ラウンジが無料利用できる「プライオリティパス」が付帯するセゾンプラチナビジネスAMEXに軍配が上がります。

セゾンプラチナビジネスAMEXならば、通常429米ドルの年会費が必要な「プレステージ会員」に無料でなれる特典が付きます。

海外旅行を満喫したい方にとっては大変魅力的なビジネスカードと言えます。

両カードの大きな違いはプライオリティパスの有無ですが、ダイナースにはプライオリティパスが無いものの空港ラウンジサービスやカード特典が充実しています。

総数ではプライオリティパスにかないませんが、ダイナースクラブカードの空港ラウンジサービスは、家族会員無料(同伴者は有料、料金は各ラウンジによって異なります)で日本国内ほとんどの空港ラウンジが利用でき、海外のラウンジ含め現在600ヵ所以上で利用できます。

また、ダイナースクラブカードに年会費無料で付帯する「TRUST CLUB プラチナマスターカード」は、空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー(LoungeKey)」が無料で利用できます。

「ラウンジ・キー(LoungeKey)」は、世界1,000ヵ所以上のラウンジが利用できる空港ラウンジサービスです。

本会員・家族会員ともに年会費・利用料は無料、同伴者一名まで無料となっています。

海外旅行傷害保険は両カードともに最高1億円

海外旅行傷害保険については、ダイナースクラブカード、セゾンプラチナビジネスAMEXともに最高1億円の高額保障。

一方国内旅行保険はダイナースが1億円、セゾンプラチナビジネスAMEXは最高5,000万円です。

金額的な安心感で言えばダイナースクラブ+ビジネスアカウントカードが有利でしょう。

どちらもポイントに有効期限なし

ダイナースクラブのダイナースクラブ リワードポイント、そしてセゾンの永久不滅ポイントは、嬉しいことに共に有効期限はありません。

この点は利用者想いの計らいとして、両カードとも好印象です。

 
ダイナースクラブ+ビジネスアカウントカード

セゾンプラチナビジネスAMEX
初年度年会費 26,200円(税込) 22,000円(税込)
年会費 26,200円(税込) 22,000円(税込)
ポイント ダイナースクラブリワードポイント
100円利用=1ポイント
永久不滅ポイント
1,000円利用=1ポイント
ポイント有効期限 有効期限無し
マイル移行 ダイナースグローバルマイレージ(年間参加料6,6000円/税込) セゾンマイルクラブ加入時(無料)
ショッピング1,000円=10マイル
追加カード 年会費5,500円
(税込/持てるのは家族のみ)
年会費3,300円
(税込/最大4枚)
ビジネス向けサービス
申し込み資格 年齢27歳以上、ダイナースクラブ会員 25歳以上の社会人の方
ショッピング保険 最高500万円 最高300万円
海外旅行障害保険
障害死亡・後遺障害
自動付帯分:最高5,000万円
利用条件分:最高5,000万円
自動付帯
最高1億円
(疾病治療300万円)
国内旅行傷害保険
死亡・後遺障害
最高1億円 自動付帯
最高5,000万円
プライオリティパス プレステージ会員
(無料)
プライオリティパス同伴者 1名につき2,200円(税込)
空港ラウンジ 国内外600ヵ所以上 31ヶ所の国内空港+ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジ
エアポート送迎サービス タクシー1台を片道分無料
(条件あり)
特別料金で利用可能
手荷物無料宅配サービス 帰国時に手荷物1個無料宅配 1個につき300円割引(期間限定)
エグゼクティブダイニング

 

マイル移行はJALマイルにこだわるならセゾンプラチナビジネスAMEX一択

頻繁にどの航空会社を利用するのかによっても異なります。

セゾンプラチナビジネスAMEXはJALマイルに特化すれば最強です。

なぜならセゾンマイルクラブに登録したセゾンプラチナビジネスAMEXで1,000円分の買い物をすると、10マイル+0.5ポイントをダブルで貰える計算になり、還元率は1.125% とJALカードにも引けをとらない数字だから(ただし、年間の交換上限は15万マイルまで)。

 
ダイナースは複数の航空会社へのマイル移行に対応しています。

ダイナースのマイル移行サービスを利用するには、ダイナースグローバルマイレージへの参加が必要です。

つまり、ダイナースでマイル移行したい場合は、カード年会費の他にグローバルマイレージ年間参加料 6,600円(税込)が別途必要です。

1年ごとに自動更新され、マイル移行の有無に関わらず年間参加料は毎年請求されます。

なお、ダイナースクラブ プレミアムカード会員については参加料無料です。


ダイナースクラブのマイル移行先5社の中から、好きなマイレージに移行できます。

マイル移行先 アライアンス 移行レート
スターアライアンス 全日空(ANAマイレージクラブ) 1,000ポイント= 1,000マイル
ユナイテッド航空(マイレージプラス) 2,000ポイント= 1,000マイル
スカイチーム アリタリア-イタリア航空(クラブ・ミッレミリア)
大韓航空(スカイパス)
デルタ航空(スカイマイル)
ワンワールド 該当なし

以下はダイナースの移行先航空会社のアライアンス図です。

d-shiwake02

移行レートはANA以外は半減

  • 「ANAマイレージクラブ」1,000ポイント= 1,000マイル
  • 「デルタスカイマイル」「マイレージプラス」「クラブ・ミッレミリア」「スカイパス」2,000ポイント=1,000マイル

ANA以外の航空会社への移行はマイル還元率が0.5%になるので、これらのマイルに移行したい場合は他のカードを選んだ方がよさそうです(たとえばSPG AMEX)。

移行マイル数には年間上限がある

  • 「ANAマイレージクラブ」年間4万マイルまで(集計期間12/21~翌年12/20)
  • 「デルタスカイマイル」14万マイルまで(集計期間2月1日~翌年1月31日)
  • 「マイレージプラス」「クラブ・ミッレミリア」「スカイパス」12万マイルまで(集計期間2月1日~翌年1月31日)

【改定履歴】
2018年12月21日から、ANAマイレージクラブの年間移行マイル数上限が8万マイルから4万マイルに改定されました。

2020年2月1日から、ANA以外の4社について「移行レート」と「年間移行マイル数の上限」が変更になりました。

ダイナースグローバルマイレージ対象外カード

ANAダイナースカード、JALダイナースカード、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード、MileagePlus ダイナースクラブファースト、MileagePlus ダイナースクラブカード、一部コーポレートカード、および付帯カード(家族カード、ビジネス・アカウントカード)では参加できません。

ANAはポイントからマイルへの以降。それ以外は提携航空会社のマイルが貯められます。

黒いプレミアムカードが欲しいならダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード+ビジネスアカウントカード、セゾンプラチナビジネスAMEX、ともに拮抗した魅力を備えたカードです。

例えば「法人決済でJALマイル貯めたい」ということであれば、セゾンプラチナビジネスAMEXの利用が有利です。

セゾンプラチナビジネスAMEXでは、セゾンマイルクラブ(SAISON MILE CLUB)の利用を通じて、効率的にJALマイルを貯めるためのサービスが整っています。

一方、ダイナースクラブカードは上位に位置するダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションが来る可能性を持っています。

本カードの決済だけではなく、ビジネスアカウントカードの経費決済分まで実績として評価されるのでプレミアムカードへの近道になります。

ワンランク上のステータスを持ったカードを将来的に持ちたいのであれば、やはりダイナースクラブカード+ビジネスアカウントカードの組み合わせがおすすめです。

セゾンプラチナビジネスAMEXはそれより上のランクのカードはないのですから。

 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

 ダイナースクラブカード

2016年7月22日 作成
2021年4月5日更新


信頼とステータスのブランド、ダイナースクラブカード
対象レストランで会員を含む2名様以上で所定のコース料理をご利用いただくと1名様分の料金が無料になるエグゼクティブ ダイニング / 空港ラウンジサービス / 国内海外旅行保険最高1億円


メルマガクレジットカードを活用したポイントの貯め方・使い方はメールマガジンで!
ポイント、マイルが最も貯まるカードを知りたい方、無駄なカードをリストラして年会費を節約したい方、新着記事をもれなく読みたい方はご購読ください。

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード