家電製品やゲーム類などを購入するとき、ヨドバシやビックカメラを利用する方は多いかと思われます。

そしてこの両電気店では、現金払いで代金支払った場合ポイントは10%付きますが、クレジットカードで支払った場合、還元率が8%に下がる仕組みになっています。

しかし、間接的にクレジットカードで代金を払、還元率10%のままポイントを得る方法が存在します。

それは、EdyまたはSuicaを利用することです。

たとえば事前にSuicaやEdyにお金をチャージして、それらをレジで利用して代金を支払った場合、ポイントはどのように加算されるでしょうか。

1.SuicaやEdyにクレジットカードからチャージしたとき、ポイントが貯まります
(ポイントが付与されるカードを使った場合)
2.現金と同じようにビックポイント&ヨドバシポイント10%の還元がもらえます。
3.還元率を合計すると“ビックポイント10%+Suica・Edyチャージ分のポイント”になります。

このように、普通にクレジットカードのポイントを加えるよりも、Suicaを介したほうがオトクです。

ビックカメラ店舗ではSuicaチャージ用のATMを設置しているお店もあるので、この方法でポイントを二重取りしちゃいましょう。

支払い方法
ポイント還元率
現金
10%
クレジットカード
8%
Suica、Edy
10%

 
また、ヨドバシカメラではSuica、Edyどちらも使えますが、ビックカメラはSuicaのみ。

Edyでの支払いには対応していません。

そして電子マネーは1枚にチャージできる金額は上限が定められており、Edyは5万円、Suicaは2万円まで。

一度の買い物で複数枚のSuicaを組み合わせて使うことは出来ませんが、Edyの場合は複数枚を使って支払うことが可能です。

ただもっと根本的なことを言ってしまえば、ネットショップを利用することでビックカメラのカードでなくても10%の還元率のままポイントを貰うこともできます。

ネットでの買い物に不慣れな方などは、上記の方法を活用してみてください。

■ 2017年7月1日追記

ビックカメラで nanaco払いもできるようになりました。

※2018年4月16日(月)より、リクルートカードによるnanacoなどの電子マネーチャージ利用分ポイント加算は、利用金額の合算で月間30,000円までになりました。※ビューサンクスポイントは、2018年6月28日にJR東日本グループ共通ポイント「JRE POINT」として生まれ変わりました。...

2010年6月3日 作成
2017年7月1日更新


「ビュー・スイカ」カード
Suica チャージで1.5%のポイント付与 / 500円のデポジット不要でSuicaが作れる / 貯めたポイントはSuicaチャージに変換可 / オートチャージ(Suica・PASMOエリア)にすれば改札で足止めナシ

ショッピングがもっと楽しくなるカード選び

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!