ホーム > ダイナースクラブカード > ダイナースクラブカード 直撃インタビュー

第18回 ダイナースクラブカード

世界初のクレジットカードとして誕生した国際ブランド「ダイナースクラブカード」は、伝統と格式を持ったエグゼクティブなカードです。年会費無料が当たり前の時代に、2万2000円(税抜)ということもあり、憧れのカードというイメージがありました。しかし、入会の目安としては、「年齢27歳以上の方」だけで、年会費が安いと感じるほどサービスが充実。さらに個人企業主向けに「ダイナースクラブ ビジネスカード」も登場し、時代とともに身近になってきたダイナースクラブカード。その使い勝手とサービスの魅力をインタビューしました。

<三井住友トラストクラブ株式会社 コンシューマープロダクトストラテジー部 ダイナースクラブカードチームヘッド 加納 伸昭氏>
(取材日:2015年7月 取材・構成:クレジットカードDB編集長 大澤日出男)

いつか持ちたい憧れのダイナースクラブ

——世界初のクレジットカードということですが、誕生の歴史を教えてください。

加納 1950年、ニューヨークのレストランで食事を終えたアメリカの実業家マクナマラが財布を忘れてきたことがきっかけで、ツケで食事ができるクラブを思いつきました。そこで友人の弁護士シュナイダーに相談し、二人で1万ドルずつ出し合い、カードがあればどの店でも食事ができる会員制クラブを、世界で初めてつくりました。クラブの名前は“食事をする人”という意味の「ダイナース」としました

——その他にも世界で初めてのことがあるとか?

加納 「プラスチックカードの導入」、「ご利用代金の口座引き落とし」、さらに「キャッシングサービス」も世界で先駆けて当社が行いました。そういう意味でクレジットカード会社の老舗中の老舗だと自負しております

——入会審査が厳しいと思われていますが、これはいかがですか?

加納 いつか持ちたい憧れのカード、そんなクレジットカードでありたいと思っています。審査が厳しく、敷居が高いといったイメージだけが一人歩きしてしまっている感があり、とても残念です。まずはお申込みいただければと思います

——高級店、専門店だけでなく、身近なお店でも使えるお店が増えてきていますね?

加納 ダイナースクラブは、高級店からもちろんコンビニ、スーパーマーケット、ファミレスでもお使いになれます。国内加盟店も増えておりますし、いつでもどこでも使えるお客様重視のカードになっています

——加盟店でもダイナースのステッカーを貼っていないお店もあるんですか?

加納 中には加盟店の都合で当社のステッカーを貼っていないお店もあります。決してカードが使えないことではありませんので、遠慮なくカードをご提示ください。例えば、東京ディズニーランドでもお使いになれますので、ぜひ、ご利用ください。

入会の目安「27歳以上の方」

——入会の目安が「年齢27歳以上の方」になった理由は?

加納 以前は「年齢33歳以上、勤続10年以上の役職者、または自営10年以上、自家保有」という入会基準を設けておりました。しかし、転職されてキャリアアップするビジネスマンも多く、勤続年数、役職、自家保有で審査する時代ではなくなりました

——「ご利用額に一律の制限なし」とありますが、これは?

加納 ダイナースクラブの会員の皆さまには、ご利用可能枠に一律の制限を設けておりません。中には、一戸建て、マンション、高級外車、絵画など、百万単位、千万単位、中には億単位の高額の買い物をダイナースクラブカードで一括決済される会員もいらっしゃいます。また、ポイント制度も充実いたしました。それがモチベーションとなっているカード会員の方もいるようです。

——昨年、年会費の値上げがありましたが、これは時代に合わせた値上げですか?

加納 昨年15年ぶりに年会費を改定しました。長年、年会費を据え置きにしたままサービスの向上に努めてまいりましたが、新しい年会費に見合うサービスはご提供していると自負しております。今後、クラブとしてさらなる進化に取り組むため、サービスや優待の充実に努めてまいります

多彩な優待サービス

——まず、グルメに関してどんなサービスがあるのでしょうか?

加納 先ほどお話ししたようにダイナース(食事をする人)という意味があるように、グルメに関しては他社の追随を許さない充実したサービスをご提供しています。その一例ですが、ご利用いただける人気の優待サービス「エグゼクティブ ダイニング」は対象のレストランで所定のコースメニューを2名以上でご利用いただくと1名様分が無料になるサービスです。

——トラベル系のサービスも強化されているとか?

加納 年会費改定で、特にトラベル系のサービスを強化しました。無料でご利用になれる空港ラウンジが550ヶ所(国内ラウンジ50ヶ所)となっています。「プレミアムカード」は550ヶ所に加えて「プライオリティパス」の120か国700ヶ所も使え、旅行の際の心強いパートナーになっています。例えば、直行便がなくトランジットで空港に何時間も待たなくてはならない場合も、ダイナースクラブカードを持っていれば、多くの空港でラウンジが使えますので、こちらも会員の皆さまから好評をいただいています

——グルメ、トラベルの他に、どんな優待サービスがありますか?

加納 憧れの名門ゴルフ場、一見さんお断りの料亭をダイナースクラブが会員の皆さまに代わってご予約するほか、コンサート、イベント、舞台のチケットの手配など、どの面でも会員の皆さまに満足していただけるよう各種サービスをご提供しています。年会費(2万2,000円)に見合った多彩な優待サービスをご用意していますので、ライフスタイルに合わせて活用いただけばと思っています。

個人カードのように手軽に使える「ビジネスカード」

——「ダイナースクラブ ビジネスカード」は、いつから始まったのですか?

加納 2012年4月に発行が始まった新しいカードです。日本で一番多い、個人事業主、中小企業オーナーの方々のニーズにお応えするために誕生しました。アーティスト、カメラマン、デザイナー、作家などのフリーランスの方々や起業家の方など、どんどんビジネスの場で活用していただきたいカードです。

——「法人カード」として使える個人カードということですか?

加納 はい、法人カードのように使える個人カードとお考えください。通常、法人カードは法人の審査がありますが、ビジネスカードは個人の審査でご入会いただけますし、引き落とし口座に法人口座を設定していただくことが可能です。カードのお支払い内容をビジネス利用として決済することが可能なカードなのです。とてもユニークで画期的なカードと言えます。

——どんなメリットがありますか?

加納 通常、個人のクレジットカードの利用分は個人口座からのお引落しとなり、税務署に申告するときには、これは個人、これは仕事とマーカーで色分けして、税理士に提出されています。しかしビジネスカードは法人口座からお引落しができて、「これが経費です」と、ビジネスカードの明細書をポンと税務署に提出できます。またクレジットカードの表に会社名の刻印ができるのが魅力です。

——従業員に持たせることができる?

加納 通常の個人カードでは、家族カードのように従業員に付帯カードを持たせることができませんでした。「ダイナースクラブ ビジネスカード」は、従業員の方にもお持ちいただけるので、例えば、これまで現金で立替え払いをしていた手間が省けるようになります。しかも追加カードの年会費、発行手数料も無料で、従業員のカード利用で貯まったポイントも、社長のカードに貯まります。どんどんポイントがたまる、というわけです。

——無料で利用できる「銀座サロン」とは?

加納 銀座にあるダイヤモンド経営者倶楽部メンバー専用ラウンジの「銀座サロン」を、「ダイナースクラブ ビジネスカード」会員の方は、カードのご提示でご入室・ご利用が可能です。一日に何度でもご利用いただけ、お飲み物と一緒に、ダイヤモンド社の新刊書籍や雑誌をご覧いただけます。ここを商談や待ち合わせ場所などにご利用になっている方も多いですよ。

——その他、どんなサービスが受けられますか?

加納 「クラウド会計ソフト freee(フリー)」を「ダイナースクラブ ビジネスカード」会員の方は、初年度有料プランが通常より2ヵ月お得になります。この会計ソフトは、クレジットカードのご利用分を簡単にこのクラウド型の会計ソフトにデータ移行ができます。会計処理が驚くほど楽で、帳簿づけ、青色申告や決算書の作成も簡単にできます。一般の会計ソフトと違って、クラウド型なので、外出先のPCやスマートフォンでも内容を確認できたり、処理できたりするのが魅力ですね。

——リボ払い、キャッシングサービス、カードローンができる?

加納 先ほどもお話ししたように、「ダイナースクラブ ビジネスカード」は、リボ払い、キャッシングサービス、カードローンサービスを受けることができるカードです。中小企業は、キャッシュフローが一番重要ですが、一時的に入用になった現金をカードでキャッシングして調達したり、月々の支払いの凸凹をなくすためにリボ払いにするとか、資金の平準化のために、活用されている方が多いです。

——ダイナースクラブカードの追加カードにビジネスアカウントカードがありますが、ビジネスカードとの違いは?

加納 名前は似ていますが、まったくニーズが違います。「ビジネスカード」は従業員にクレジットカードが発行できたり、銀座サロン、リボ払い、会計ソフトを利用できるなど、企業オーナー向けのサービスを充実させたカードです。いっぽうの「ビジネスアカウントカード」には、このようなサービスが一切ありません。カードオーナー本人がメインカードの利用とご自身のビジネス利用を分けて、カード利用したい場合に役立つのが「ビジネスアカウントカード」です。

ダイナースクラブカードの中では最上位の「プレミアムカード」

——「プレミアムカード」について教えてください。

加納 2002年にダイナースクラブの最上位のカードとして発行しました。このカードはインビテーション制を取っており、招待状が届いた会員の方にのみお持ちいただけます。年会費13万円(税抜)。カード会員の方のより充実するよう、会員限定のサービスを数多くご提供しているカードです。また、ポイントも、より充実しました。ダイナースクラブカードの2倍、リボ払いにすると3倍のポイントがたまります。またマイルにすると、よくお使いいただく方なら、あっという間に海外旅行ができるほどマイルがたまります。

——「コンシェルジュ」はどのように使えるサービスですか?

銀座ラウンジ加納 ダイナースクラブプレミアムカードに付帯するサービスが「コンシェルジュ」です。例えば、海外旅行で「レストランの予約をしてほしい」とか、「タクシーがつかまらないので困っている」といったご要望にもお応えしています。また、お客様のご要望をおおまかにお伝えいただきましたら、それに沿ったご提案もいたします。秘書のように「コンシェルジュサービス」をお使いいただきたいと思っています。コンシェルジュサービスの他、アルマーニ銀座タワーにある「銀座ラウンジ」もプレミアムカードの会員さまのみお使いいただけるサービスです。ドリンクでくつろげるラウンジで、会員さま同士の交流の場にもなっています。

——ダイナースクラブは、交流の場をとても大事にしていますね。

加納 「ダイナースクラブ」と名乗っているように、クレジットカードを利用するというより、「クラブ」のメンバーになっていただき、私共のご提供するサービスを楽しんでいただきたいと考えています。自分の人生をより豊かにしたい、充実させたい、そういう方に、私どものサービスを最大限に利用していただく。すると、それまでの人生では味わうことのなかった特別な体験をしていただくことができます。そういった意味で私どもはダイナースクラブを“ライフスタイルカード”と位置づけています。20代、30代の若い世代の方にも、ぜひこのクラブのメンバーになっていただき、一流のサービス、一流のマナー、そしてステータスの世界を知って欲しいと思っています。ぜひ、私たちの「クラブ」にご入会ください、お待ちしております!

——ありがとうございました。

(文中敬称略)

 ダイナースクラブカード

ホーム > ダイナースクラブカード > ダイナースクラブカード 直撃インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカード会社直撃インタビュー

2億6千万枚のクレカライフ

  • ユーザーインタビュー 旅行作家 中山茂大さん
  • ユーザーインタビュー 写真家 柴田秀一郎さん
  • ユーザーインタビュー サイクリスト 舘浩道さん

特徴・機能別クレジットカード

  • スピード発行のクレジットカード。お急ぎの方へ!最短即日発行のカードも
  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
ダイナースクラブカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加