毎月かならず支払いをしなければいけない公共料金。電気代にガス代、水道代、携帯電話やNTT、NHKの料金、こういった月々の請求のお支払い方法はどうされていますか?

クレジットカードのポイントを効率よくためていただくために、こうした毎月かならず必要となるお支払いはできるだけクレジットカード払いへと変更されることをおすすめいたします。

こうしたお支払いは毎月かならず請求のあるものになりますので、クレジットカード会社側もこうした支払いに自社のクレジットカードを利用してもらおうといろいろなキャンペーンを行っています。たとえば、新規に公共料金の支払いを自社のクレジットカード払いへと変更された方が特典として、ポイントを付与されたり、キャッシュバックを受けることができるものがあります。

公共料金の支払いは口座振替?それともカード払い?

毎日の生活にかかせない電気料金。東京電力や関西電力などでは、口座振替を利用されている方に口座振替割引を実施しています。これは、口座振替で料金をお支払いになることで、受けることができる割引制度になりますので、お支払方法をクレジットカード払いにされた場合は受けることができない割引となります。しかし、クレジットカードでお支払いをされることで、その分のポイントを貯めていただくことができますので、どちらがお得なのか、ご家庭の電気料金と合わせてご検討いただくことをおすすめいたします。

電気料金をクレジットカード払いにしていただくためには、管轄の電力会社に申込書を請求していただくか、ご利用になりたいクレジットカード会社のサイト等からお手続きをしていただく必要があります。電力会社が発行しているクレジットカードによっては電気料金のお支払いなど一部公共料金のお支払いの場合、ポイント率がアップするものもあるようです。

ガス料金では、プロパンガスをご利用の場合は、まだまだクレジットカード払いに対応している会社は少ないようですが、中には、クレジットカード払いをご利用いただくことができる会社もありますので、管轄のガス会社に確認をしてみていただきたいと思います。都市ガスをご利用の場合には、クレジットカードをご利用いただくことができる会社が多くなっています。

ガス料金をクレジットカード払いにしていただくためには、管轄のガス会社に申込書を請求していただくか、インターネット上からお手続きをとっていただくことになります。ガス会社によっては、携帯電話からでもクレジットカード払いへの変更のお手続きをしていただくことができる会社もあります。ご利用いただくことができるクレジットカードのブランドはガス会社によって異なりますので、その点もよくご確認されるとよいでしょう。

水道料金の場合、管轄の水道局によってクレジットカード払いをしていただくことができるかどうか異なりますし、今のところクレジットカード払いを利用していただくことができる水道局はあまりありません。しかし、東京都水道局など一部クレジットカード払いに対応している水道局もありますので、一度管轄の水道局に確認されるのもおすすめです。

東京都水道局では、クレジットカード払いをしていただくためには、申込書をお取り寄せいただき、事前に郵送によるお申込みが必要となります。また、継続的なお支払い、かつお支払方法は1回払いのみとなり、口座振替による割引は適用されませんのでお気を付けいただきたいと思います。

NTTの電話料金のお支払いもNTT東日本、NTT西日本ともにクレジットカードでお支払いいただくことができるようになっています。お申込みはそれぞれ、申込書での申込みのほかにインターネットからの申込みもしていただくことができるようになっています。

NHKの放送受信料のお支払い方法もクレジットカードでお支払いをしていただくことができるようになっています。お申込み方法はインターネット上からのお申込みのほかに、申込書でのお申込みもしていただくことができるようになっています。

こうした公共料金のお支払いでは、申込書によるお申込みの場合、書類を個々の会社から郵送していただく方法、ご自宅でインターネットを利用されて申込書をダウンロードしてご利用いただく方法がありますが、公共料金によっては、これに加えて窓口で申込書を配布している場合もあります。

また、クレジットカードによる公共料金のお支払いの場合、多くが継続的なクレジットカード払いのご利用となり、お支払方法はそれぞれ1回払いとなるようですので、この点も事前にご確認いただきたいと思います。

こうした公共料金を継続的にではなく、1回のみや時によってクレジットカード払いにしたい、という方には、払込票によるコンビニ払いで、ファミリーマートが提供しているファミマTカードをご利用いただくこともおすすめです。ファミマTカードでは、電気料金、ガス料金、水道料金、電話料金などの払込票のお支払いをクレジットカード払いでしていただくことができるようになっています。ご利用いただくことができるかどうかは、払込票や自治体、会社によって異なりますので、ご利用をご予定の場合には、一度ファミリーマート店舗やホームページでご確認いただくことをおすすめいたします。

毎月支払う公共料金ですから、お支払方法をお選びいただき、効率よくクレジットカードのポイントをおためいただければと思います。

公共料金の支払いはクレジットカードで

公共料金は、私たちの生活にとって必要な電気、ガス、水道、電話等があります。これらの支払いは基本的に毎月発生するものです。

例えばこんな経験はありませんか? 電話料金を払い忘れて、電話が止められてしまったこと。コンビニ払いにしていると、そんなついうっかりも起こります。口座振替にしているから安心という人もいるでしょう。確かに銀行口座から引き落としされるようにしておけばうっかりは防げます。

しかし、毎月支払う公共料金をクレジットカードで支払うようにすれば、支払いのために銀行窓口やコンビニに出向く必要がなくなるだけでなく、勝手にポイントがたまります。現金払いや口座振替にないメリットです。

毎月支払う公共料金の金額をすべて合計すると、1人暮らしでもゆうに1万円は超えます。4人家族なら月数万は下らないでしょう。それらをクレジットカード払いに切り替えるだけで、自動的にポイントをためることができるのです。つまり買い物をしなくてもポイントがたまるというわけです。

今日からコンビニ払いや口座振替で支払うのはやめて、還元率の高いクレジットカードに支払いを集中させ、ポイントやキャッシュバックを目一杯受け取ってください。

公共料金の支払いにおすすめのクレジットカード

REXカードREXカードはポイントの還元率が1.25%還元という超お得なクレジットカードです。通常のクレジットカードの還元率の2倍を超えます。この還元率の高さは驚異的です。しかも年会費が無料です。

  • 業界最高水準のポイント還元率1.25%
  • 入会後にどさっとキャッシュバック特典
  • かんたんに無料になる
  • ネットショッピングでさらに高還元
  • 「価格.com安心支払い」利用は1.5%還元に
  • 海外旅行保険が「自動付帯」

 

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

楽天カード楽天市場でショッピングをする方に必携のカードです。還元率は常時1%、公共料金の支払いでも1%のポイントが貯まります。楽天市場なら4%!入会してエントリーして利用すれば、ポイントがもらえるキャンペーンも見逃せません。

  • ためたポイントは1ポイントから無駄なく使える
  • 年会費永年無料
  • 楽天市場でポイント4倍(4%)
  • 楽天市場以外でも100円で1ポイントの常時1%還元
  • ENEOSとJOMOでポイントが2倍(2%)

 

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

Orico card iBOrico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は2つの電子マネー「iD」と「QUICPay」を搭載した便利な一枚です。iD と QUICPay で主要なコンビニの支払いをカバーでき、小額決済でも気兼ねなく使え、入会後6ヶ月間はポイント還元率は2倍(2%)まで上がります。しかも年会費無料です。

  • 年会費永年無料
  • いつでもどこでも100円で1ポイントの常時1%還元
  • 入会後6ヵ月間はポイント2倍!
  • オリコモール経由で通販サイトにアクセスで0.5~15%加算
  • さらに THE POINT は特別加算0.5%
  • ためたポイントは500ポイントから使える

 

  • 公式サイトはこちら
  • カードの詳細はこちら

クレジット払いより口座振替が得する場合もあるので確認を

支払いの手間が省ける利便性やポイントの付与を期待して公共料金をクレジットカード払いにしている方は多いと思います。現金払いより、ポイントの付与されるクレジットカードで支払ったほうが確実にお得なわけですが、しかし必ずしもそうとは言い切れないケースがあることはご存じですか?

たとえば電気料金。東京電力や関西電力などの電力会社が、預金口座から自動的に引き落とす「口座振替」の契約者向けに月52.5円の割引をしています。このためカード払いと口座振替のどちらが得なのかは、月々の電気料金と利用するカードの還元率次第で決まります。

もし還元率1%のクレジットカードで支払っているなら、月々の電気料金が5,000円を超える場合はクレジットカードで支払う方がお得で、それ以下の場合は口座振替で払った方がお得ということになります。自治体によっては水道料金でも52.5円の割引を適用している所もあります。

なので、公共料金の支払いに利用しようと考えているクレジットカードの還元率を確認してみて、口座振替と比べてどちらがお得なのか、確認することをおすすめします。

皆さんは、電気料金をどういった方法でお支払いしていますでしょうか。最近では、一昔前に比べて様々な方法で電気料金を支払うことができるようになっています。支払い方法の簡素化などの利便性だけでなく、節約効果も期待できるというのですから嬉しい限りです。その中の...
個人事業主の方や学生の方など、国民年金保険料を支払っているという方も多いですよね。みなさまはその国民年金保険料、お支払いはどのようにされていますか?2008年2月の厚生労働省の政令改正により、国民年金保険料の支払いにクレジットカードを利用することができること...
毎月支払う生活費のひとつに生命保険料がありますよね。生命保険は種類もプランもさまざまですが、必要な保険をたしていくと、それなりの金額になります。もしもの場合に備えてかける生命保険もクレジットカード払いにすることができれば、ポイントで還元を受けることがで...
毎月の支払いの中でも大きな割合を占める家賃。現金で払っている方が多いと思いますが、家賃をクレジットカード払いにできれば毎月銀行に行く手間が省けますし、口座振替払いの場合は手数料がかかる場合もあります。なにより毎月家賃分のカードのポイント(or マイル)がもら...
「年賀はがき」は郵便局などで、現金で買う方がほとんどでしょう。しかし郵便局では電子マネーやクレジットカードが使えません。コンビニエンスストアでも葉書や切手は買えますが葉書や切手を買うのに電子マネーは使えません。しかし実は、この年賀はがきをクレジットカー...
ジェフグルメカードという全国共通お食事券をご存じですか?ジェフグルメカードは、ガスト、ロイヤルホスト等のファミリーレストランや吉野家、モスバーガー等のファーストフード店をはじめ全国有名外食店35,000店舗で使用できる額面500円の金券です。(使えるお店)クレジッ...

カード払いができる税金の種類や自治体も拡大

国民年金保険料は2008年3月分の保険料からクレジットカード払いが可能になっています。自治体の間でも住民税や水道料金など行政が取り扱う公的料金(公金)の支払い方法に、クレジットカードの使用を認める動きが広まっています。

平成29年1月4日から「国税クレジットカードお支払サイト」で申告所得税、法人税、消費税、贈与税、酒税など、ほぼすべての税目でクレジットカード払いができるようになりました。

源泉所得税及び復興特別所得税の告知分以外(申告分)も平成29年6月からの開始が予定されており、カード払いの対象になる税金は増え続けています。

都道府県別 支払いサイト一覧 (自動車税・軽自動車税・固定資産税・住民税・個人事業税・不動産取得税)

なお、一般的なクレジットカードの還元率は0.5%が普通です。還元率の高いクレジットカードに支払いを集中させて、ポイントやキャッシュバックを目一杯受け取ってください。

国税がインターネットで納付できるようになりました。クレジットカードで各種税金の支払いができる「国税クレジットカードお支払いサイト」は、GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)とトヨタファイナンスが提携して生まれた決済処理サービスです。サービス開始は2017年1月4...
毎年4月1日の時点で自動車を保有しているとかかってくる自動車税。4月下旬から5月上旬にかけて自動車税の納付書が郵送で届きます。自動車税の納付期限は毎年5月末日です。みなさんはどんな方法で自動車税を払っていますか?自動車税の税額は、自家用乗用車で29,500円から11...
セブン-イレブンで利用できるnanaco。そのnanacoを使って、数万円かかる税金類を払えば、そのぶんポイントが付与されるのでとてもお得です。クレジットカードでnanacoチャージ(入金)をしてそのnanacoを使うことにより、クレジットカードのポイントがそのぶん付与されます。...
WAONで税金や公共料金が支払えるのをご存じですか?収納代行とはコンビニエンスストアなどで支払えるバーコードのついた紙による支払いのことです。「コンビニ払い」とも言いますね。電気料金やガス料金、電話料金に水道料金、クレジット、通信販売、保険料金、NHK(受信料)...