RevolutとTransferWiseデビットカード、どちらを選ぶべき?

RevolutとWise(旧TransferWise)デビットカードは、ともに英国発の事前チャージ式カードです。Revolutは、チャレンジャーバンクによるVISAブランドのカード、Wiseデビットカードはフィンテック企業によるMasterCardブランドのカードです。

2つのカードの最大のメリットは、格安で外国に送金ができる点にあります。

スマートフォンひとつで送金できますので、外国への出張や留学、仕事で転勤をしている家族がいる方や仕事先の外国企業に送金する必要がある方、ショッピングなどで簡単に送金がしたいという方でも気軽に始めることができるサービスです。

Revolutは30種類以上の通貨が手数料無料で送金可能

Revolutの送金は月に750,000円まで両替手数料無料です。これを超える場合には0.5%の手数料が必要です。

また、平日は限度額以内であれば両替手数料が無料ですが、休日は利用する通貨や銀行によって両替手数料が発生します。

平日(ロンドン時間の月曜~金曜)に両替を行う場合

Revolutで外国に送金する場合、30種類以上の通貨で、基本的に手数料無料で送金できます。送金先は、海外のRevolutユーザー、海外のローカル銀行口座が可能です。

【Revolutユーザー間の送金】

  • 送金手数料は無料
  • 月に750,000円を超える額は0.5%の手数料

【海外の銀行口座への送金】

  • 月に1回まで無料
  • それ以上は手数料が必要

【常に1%の手数料がかかる通貨】

  • タイバーツ(THB)
  • ウクライナフリヴニャ(UAH)

週末(ロンドン時間の土日)に両替を行う場合

変動をさける目的で既定の固定レートが使用されます。また、全種類の通貨で手数料が1%プラスされます。常に1%の手数料がかかるタイバーツとウクライナフリヴィニャは2%となります。

送金完了までは5日以内

スマートフォンアプリ上から5分程度の入力作業で送金申し込みができますが、実際に送金受付から送金完了までは通貨により、5日以内となります。また、Revolutの口座に保持することができない通貨の場合、実質両替手数料分が上乗せとなります。

Revolutのチャージはデビットカードが必要

Revolutのサービスをすべて利用するためには、デビットカードからのチャージが必要です。デビットカード以外からのチャージ残高は、ショッピングには利用できますが、外国への送金や海外ATMでの引き出しには利用できません

日本国内発行のクレジットカードおよびプリペイドカード、Kyashアプリ(Kyash VISAカード)からもチャージができます。Revolutにポイントプログラムはありませんが、KyashアプリからRevolutにチャージすることでKyashに最大1%のポイントが付与されます。

Wiseは50種類以上の通貨を保有し、70か国以上へ送金可能

Wiseデビットカードで外国に送金する場合、Wiseのマルチカレンシー口座(電子マネー口座)に入金をすることで外国に送金ができます。マルチカレンシー口座では50種類以上の通貨を保有し、70か国以上に送金できます。

Wiseデビットカードの両替レート

Wiseデビットカードの両替レートは、ロイターのリアルタイム為替レートから売買レートの中間であるミッドマーケットレートが適用されています。

ショッピングの際に海外取引手数料はかかりません。1日に両替できる回数は個人アカウントでは24時間で最大15回までです。

Wiseのマルチカレンシー口座へ送金

送金手数料が無料

Wise以外の銀行口座へ送金

送金手数料が必要

送金手数料は、事前にWiseサイトにて確認できます。また、送金に必要な日数および手数料は送金前にサイト上で確認できます。

Wiseデビットカードへのチャージは銀行振込も可能

Wiseデビットカードへのチャージは、デビットカードまたは銀行振り込みになります。チャージ手数料は変動手数料となり、チャージ前にサイト上で確認できます。

送金できる国(通貨)の比較

Revolutで送金できる国(通貨)

  1. AED(アラブ首長国連邦)
  2. AUD(オーストラリア)
  3. BGN(ブルガリア)
  4. CHF(スイス)
  5. CAD(カナダ)
  6. CZK(チェコ)
  7. DKK(デンマーク)
  8. EUR(ユーロ)
  9. GBD(イギリス)
  10. HKD(香港)
  11. HRK(クロアチア)
  12. HUF(ハンガリー)
  13. ILS(イスラエル)
  14. ISK(アイスランド)
  15. JPY(日本)
  16. MAD(マダガスカル)
  17. MXN(メキシコ)
  18. NOK(ノルウェー)
  19. NZD(ニュージーランド)
  20. PLN(ポーランド)
  21. QAR(カタール)
  22. RON(ルーマニア)
  23. RSD(セルビア)
  24. SAR(サウジアラビア)
  25. SEK(スウェーデン)
  26. SGD(シンガポール)
  27. THB(タイ)
  28. TRY(トルコ)
  29. USD(アメリカ)
  30. ZAR(南アフリカ)

ただし、下記の通り一部送金できない国や通貨があります。

  1. アメリカドル建てのキュラソー
  2. ジャージー
  3. ジョージア
  4. バルバドス
  5. マレーシア
  6. モナコ
  7. インド
  8. インドネシア
  9. フィリピン
  10. マレーシア国内以外のインドルピー
  11. インドネシアルピア
  12. フィリピンペソ
  13. マレーシアリンギット建ての送金

Wiseデビットカードで送金できる国(通貨)

【国際送金が可能】

  1. AED
  2. AUD
  3. BGN
  4. BRL(ブラジル)
  5. CAD
  6. CHF
  7. CZK
  8. DKK
  9. EUR
  10. GBD
  11. HKD
  12. HRK
  13. HUF
  14. INR
  15. JPY
  16. MYR
  17. NOK
  18. NZD
  19. PLN
  20. RON
  21. TRY
  22. SEK
  23. SGD
  24. USD

【国内送金が可能】

  1. ARS(アルゼンチン)
  2. BDT(バングラデシュ)
  3. BWP(ボツワナ)
  4. CLP(チリ)
  5. CNY(中国)
  6. COP(コロンビア)
  7. CRC(コスタリカ)
  8. EGP(エジプト)
  9. GEL(ジョージア)
  10. GHS(ガーナ)
  11. IDR(インドネシア)
  12. ILS
  13. KES(ケニア)
  14. KRW(韓国)
  15. LKR(スリランカ)
  16. MAD(モロッコ)
  17. MXN
  18. NGN(ナイジェリア)
  19. NPR(ネパール)
  20. PEN(ペルー)
  21. PHP
  22. PKR(パキスタン)
  23. RUB(ロシア)
  24. THB
  25. UAH(ウクライナ)
  26. UYU(ウルグアイ)
  27. VND(ベトナム)
  28. XOF(西アフリカ)
  29. ZAR
  30. ZMW(ザンビア)

海外ATMからの出金限度額・手数料 比較

Revolut

Revolutには、スタンダード会員とプレミアム会員があります。

スタンダード会員は入会金および月会費無料で、最初にカードの送料が必要です。

月に750,000円まで無料で両替ができ、海外ATMで月に25,000円まで無料で引き出すことができます。

プレミアム会員は月会費980円(税込)で3種類から選べる送料無料のリアルカード、通貨両替の限度額なし、海外ATMで月に50,000円まで無料引出し、ワンタイムバーチャルカードの発行、空港ラウンジの利用、優先カスタマーサポートなどの特典があります。

Wise

Wiseデビットカードを利用して海外ATMから現金を引き出す場合、日本で発行したカードでは月に2回まで無料で海外ATMで現地通貨を引き出すことができます。

無料引き出しの上限額はWiseアプリのアカウントから確認できます。ご利用になるATMによっては独自の手数料や両替手数料等が必要となる場合がありますので、無料で引出しを希望される場合、ATMの画面上での手数料の最終確認が大切です。

RevolutとWiseを利用するメリット・デメリット

Revolutのメリット

  • 無料会員でも1か月に750,000円まで無料で両替ができる
  • デビットカードからのチャージに手数料がかからない

Revolutのデメリット

  • デビットカードからのチャージ以外は外国への送金や海外ATMでの引き出しができない
  • 外国の銀行への送金に時間がかかる
  • マルチカレンシー口座の通貨数が少ない

Wiseデビットカードのメリット

  • 日本在住でも外国の銀行口座(アメリカ、イギリス、オーストラリア、トルコ、ニュージーランド、ポーランド、EU)を持てる
  • 外国の銀行への送金が早い
  • マルチカレンシー口座の通貨数が多い

Wiseのデメリット

  • 格安に設定されているとはいえ、両替手数料や外国の銀行への送金手数料が必要

RevolutとWiseどちらを選ぶべきか

手数料を確認する

RevolutとWiseデビットカードを選ぶ際に最初に確認すべきことは、利用したい外貨が少ない手数料で利用できるのはどちらかを確認することです。

アメリカドルやユーロのようにメジャーな外貨であればほかのポイントから選ぶことができますが、マイナーな外貨の場合、片方しか利用できない場合もあります。

デビットカードでチャージ

Revolutはデビットカードからのチャージしか外貨送金等に使うことができませんので、デビットカードの利用が必要となります。

もしデビットカードをお持ちではなく、作る予定もない場合には、銀行振込でも利用することができるWiseデビットカードがおすすめです。

上記の2点をクリアしている場合、両替手数料が限度額まで無料になるRevolutを選ぶのもいいですし、日本在住でも海外の銀行口座をもてるWiseデビットカードを選ぶのもいいと思います。

送金や海外ATMでの引き出しなど、希望の利用方法に合わせて手数料の少ない方を選ぶことをおすすめします。



スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPG AMEX)
入会でもれなくMarriott Bonvoyゴールド会員 / 貯めたポイントで宿泊 / ポイントは有利にマイルに移行可能 / 有効期限がないポイント / 継続で毎年無料宿泊特典

 スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード


中小企業の経営者・個人事業主のための100万マイルの貯め方・使い方はメールマガジンで!


友だち追加キャッシュレスお得情報は「LINE@」で!
(スマホでタップ・クリックするとLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!