ディスカバーカード(アメリカの大手カード会社ディスカバー(Discover Financial Services)社)取扱店でもJCBカードが使えます!アメリカではカード会社のマークを掲示していないお店も多いですが、JCB加盟店はたくさんあります。

もしJCBブランドの表示がなくても、ディスカバーマークがあれば使えるので、スーパーなどでも気軽に利用できますね!

ただし、Discover 加盟店であっても、全ての店舗でも使えるとは限りません。

また、本当は使えるのに Discover が周知徹底していないがために JCB の利用が断られるケースもあるようなので、その点はご注意を。

リーダーに通してもらうことができれば、使えるか使えないかわかるんですけどね。

ESTAの支払いでJCBを使うなら、ディスカバーを選択

また、これに関連した話題なのですが、「JCBカードはESTAの支払いに使えないの?」という質問をよくみかけます。

JCBブランドだけ表示されていないから使えないと勘違いしがちですが、実際は使えます。

ただ、現時点では申請手続きのホームページ上でJCBカードの表示がされていません。

なので、支払い画面でクレジットカードの種類を選ぶとき、「DISCOVER」を選択し、必要な情報を入力してください。

そうすれば問題なくJCBカードをESTAでも利用できます。

海外で使うならやはりVISAやMaster!というイメージを持っている方々はたくさんいると思います。かく言う私もそうでした。

しかし加盟店数ではVISAやMasterにほんの少し劣るものの、JCBも旅行に行く国によっては、VISAやMasterよりも使えるカードに変身します。

その最たる国が、ハワイやグアムといったポピュラーな観光地。

以前私は旅行でハワイ(オアフ島)に行ったことがあるのですが、そのときJCBカードを持っていたおかげで、トロリーに何度も無料で乗ることができました。

トロリーという乗り物は、いわばハワイのバスです。

市内の観光地をぐるぐると回ってくれるので、ハワイに旅行に来た人の多くはこのトロリーを足代わりとして利用します。

しかしこのトロリー、実は一回乗るごとに2ドル払わなければいけないんです。

しかしJCBカードには「トロリーの「ピンクライン」はJCBカードを提示することによって無料で何度も乗車できる」特典が付帯されているので、そのぶんかなりお金を節約できました。

以前、旅行でハワイ(オアフ島)に行ってきたのですが、そのとき「JCBカードを持っててよかったなあ」としみじみ思った出来事がありましたので紹介します。ハワイにはトロリーという市内の観光地をぐるぐると回ってくれるバスのような乗り物があります。ハワイに旅行に来た人...

おもわぬところで活躍してくれるJCBカード。皆さんも旅行に行くときは、ぜひお財布の中に一枚入れておいてください。


日本を代表するJCBカード
海外利用ポイント2倍。スターバックスでポイント10倍。39歳以下限定、年会費無料の JCB CARD W やシックなWEB限定デザインカードが人気。

JCBカード使いこなしノウハウ

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!