インターネットショッピングを利用された経験のある方は「セキュリティコードの入力」を求められたことはありませんか?ネット上でのクレジットカード決済では多くの場合、クレジットカード番号に加えて「セキュリティコードの入力」が必要になります。

セキュリティコードはどこに書かれているものでしょうか?

VISA、JCB、Diners Club、Mastercardなどのカードをお持ちの方は、カードの裏面を見てください。皆さんが自筆で名前を書く署名欄の右隣に、3つの数字があるはず。これが「セキュリティコード」です。「4桁+3桁」の数字が書かれている場合は、右側の3桁の数字がセキュリティコードです。アメリカン・エキスプレス(American Express)だけは例外的に、カードの表側に記載されています。カード番号の右上側の「4桁の数字」がセキュリティコードです。

偽造がわかるセキュリティコードの仕組み

CVV(Card Verification Value) は、1991年からVISAインターナショナルが導入し始めた偽造カードをチェックするための特殊なチェックデジット(符号暗号桁)。カードのエンボス面には出てこないもので、磁気テープの中にエンコードしてあります(CVV1)。売上伝票からカード番号などのデータを盗んでカードを偽造した場合、サインパネルにプリントされているCVVの特殊番号(CVV2)が磁気テープに入力されていないため、CAT(信用照会端末機)でオーソリゼーション(信用承認)を求めると偽造カードであることがわかる仕組みになっています。

正式名称は、VISAではCard Verification Value (CVV1/CVV2)、マスターカードではCard Verification Code (CVC1/CVC2) 、JCBは Card Authentication Value (CAV)、DinersはCVV、AmexはCID。 これらは同じ仕組みのものです。

「セキュリティコード」は、不用意に人へ教えてはいけません。セキュリティコードはカードを見た本人しか知りようがない、クレジットカードの現物を持っていることの証です。「クレジットカード番号」が知られるだけでなく、「セキュリティコード」と共に2つの番号が同時に流出すると、不正利用される危険性が高くなります。「セキュリティコード」は文字通り「クレジットカードのセキュリティを担う番号」なのです。

参考文献


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments


クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード