楽天が提供する決済アプリ「楽天ペイ」。

楽天市場でのショッピングや楽天カードの利用と同じように、ショッピングで楽天スーパーポイントが貯まります。

なお楽天ペイは、利用手数料無料です。

アプリの利用自体に料金はかかりません。(アプリダウンロード時の通信費などは除く)

楽天ペイとは?

楽天ペイロゴ
楽天ペイは、スマートフォンにアプリをダウンロードして使います。

スマートフォン画面上に表示したバーコードを店舗側が読み取ったり、店舗が用意しているQRコードを読み取って支払いをしたり、自身で決済入力をしたりすることで支払いが完了する決済アプリです。

楽天ペイを利用するメリット

クレジットカードや財布を持ち歩かなくても大丈夫。

スマートフォンにアプリをダウンロードして設定しておけば、コンビニエンスストアなどの提携ショップで支払いができます。

アプリで支払いが完了するので、クレジットカード決済のようにサインをしたり、暗証番号の入力したりする必要はありません。

クレジットカードを人前に出したり、手渡したりする必要もありません。

利用額に応じて楽天スーパーポイントもたまります。

楽天ペイの使い方

楽天ペイでの支払い方法は、お店によって異なります。


・「バーコード表示」
・「QRコード読み取り」
・「セルフ」

の3つの支払方法の中から、その都度、使える支払方法を選んで支払う形になります。

コンビニエンスストアでは、スマホで楽天ペイアプリを開いてバーコードを表示し、レジでスキャンしてもらえば支払い完了です。

セルフの場合、楽天ペイアプリ上でセルフを選び、支払金額を手作業で入力後、支払い完了。

画面上の指定箇所をスライドする必要があります。

どの支払い方法が可能かは、お店によって異なります。

楽天ペイとは、街のお店でスマホのみでお買い物ができるサービスです。楽天ポイントが使える。ポイント二重取りも可能。アプリの決済画面でスライドするだけでお支払い完了。今すぐダウンロードしてお使いください。

楽天ペイはチャージ不要、クレジットカード後払い

楽天ペイでの支払いは、登録したクレジットカードによる後払いです。

事前チャージが不要で、支払い用クレジットカードを登録しておけばいつでも支払いができます。

街で利用する場合、クレジットカードでの支払い回数は、1回払いのみです。

オンライン決済では、店によっては分割払いができる場合もあります。

楽天カード

楽天ペイの支払い用に登録できるクレジットカードは、VisaカードとMastercard、そして楽天カードです。

楽天カードであればどの国際ブランドのカード(JCB,アメックス)でも登録可能です。

また日本国内で発行された国際ブランドがVisaカードかMastercardならば、どの発行会社のカードでも登録できます。

※海外で発行されたカードは対象外。

楽天会員情報に登録したクレジットカードの中から1枚選べます。
(楽天会員に登録できるカードの数は5枚まで)

楽天ペイは、楽天スーパーポイントや楽天キャッシュでの支払いも可能です。

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントも利用可能です。

楽天ペイと相性の良いカード

楽天ペイで支払うと、ショッピング200円ごとに楽天スーパーポイント1ポイントが貯まります。

ポイント還元率は0.5%です。

さらに楽天ペイの決済用クレジットカードのカードポイントも同時に貯めることができます。

いつも使っているカードでポイントを貯めたり、高還元率カードでたくさんのポイントを貯めることもできます。

楽天カード+楽天ペイでポイント還元率1.5%

楽天ペイと楽天カードは、ダブルで楽天スーパーポイントが貯まる、王道の組み合わせ。

楽天カードなら、どの国際ブランドでも楽天ペイの決済用カードとして使えます。

どちらも同じ楽天スーパーポイントが貯まるので、ポイントの種類やクレジットカードをなるべく増やしたくない方におススメの組み合わせです。

楽天カードを楽天ペイ決済用のクレジットカードに選べば、楽天ペイの0.5%ポイントに加え、さらに1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

たとえばショッピングで200円利用したら、ショッピングのポイントが1ポイント、楽天カードをご登録の場合はさらに200円分で2ポイント、合計3ポイント加算。(ポイント還元率1.5%)

楽天カードのみで利用した場合よりもアプリ利用分多くポイントを受け取ることができますので、楽天カードをお持ちの方にはとくに楽天ペイがオススメです。

貯まったポイントは1ポイント1円相当から楽天ペイでの支払いに利用できますが、利用の前に事前にアプリ上で利用設定する必要があります。

設定は使うたびに変更もできますし、毎回ポイントがあればポイントを利用するように設定することも可能です。

楽天ペイの支払い元を楽天カードにしておけば、カード未対応などの決済エラーを心配することなく、安心して使うことができます。

リクルートカードでポイント還元率1.2%


年会費無料のリクルートカードは、いつでもどこでもポイント還元率1.2%です。

国際ブランドがVisaまたはMastercardであれば、楽天ペイの支払い用カードとして登録できます。

リクルートカードは2枚持ちが可能ですので、手持ちの国際ブランドがJCBの場合でも、VisaまたはMastercardで申し込みをして審査に通過すれば追加で持つことができます。

貯まるポイントはリクルートポイントですが、Pontaポイントに1P=1円単位で交換できます。

楽天ペイ利用時のポイント還元率は、【楽天ペイ】楽天スーパーポイント0.5%+【リクルートカード】リクルートポイント1.2%で合計1.7%となります。

リクルートカードのラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリのリクルートカードが見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

楽天ペイの利用上限額

楽天ペイの利用上限額は1回の利用につき最大50万円まで。

ただし登録クレジットカード利用限度額内での利用です。

たとえば登録クレジットカードの利用限度額が30万円までならば、1回の利用で最大30万円までしか利用できません。

また1度に利用できる楽天スーパーポイントは30,000ポイントまでです。

楽天ペイは、店によって利用限度額に上限がある場合もあります。

  

たとえばローソンやファミリーマート、ミニストップは楽天ペイの利用上限額が1回・1日に4,000円までです。

楽天スーパーポイントもしくは楽天キャッシュを利用する場合でも上限額は4,000円までです。

また楽天ペイでは、金券類や支払票の支払いはできません。

楽天ペイ利用には、スマホとネット環境が必要

楽天ペイアプリは、iOS9.0以上、Android5.0以上搭載機種で利用できます。

実際に店舗決済するには、LTEやWi-Fiなどインターネットに接続できる環境がないと利用できません。

※スマホでインターネット接続できていれば、問題ありません。

スマホを失くしたときの楽天ペイ利用停止方法

スマートフォンを紛失したなど、楽天ペイの利用を停止したい場合には、パソコンや他のネット接続環境から楽天会員情報にログインし、楽天IDのパスワードを変更すれば利用を停止できます。

ネット接続ができないなど、パスワードの変更がすぐにできない場合や不正利用の心配があるときは、カスタマーサービスに連絡してください。

楽天ペイで支払いができる街なかのお店

楽天ペイが使えるお店
※2019年1月現在

楽天ペイは、ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップなどのコンビニエンスストア、白木屋、魚民、笑笑、山内農場、千年の宴、和民、はなの舞、忍家、ピザーラなどの飲食店、紳士服の青木、Right onなどのアパレル、メガネスーパー、アート引越しセンターなどで利用できます。

大手チェーンだけではなく街の飲食店や病院・薬局、美容院、小さな個人商店等でも使えるところがあります。

今後も増える可能性がありますので、普段よく利用するお店で使えないかチェックしてみましょう。

お会計で待たない!楽天ポイント二重取り!そして楽天ポイントが使えます!そんな新サービス「楽天ペイ」の使えるお店をご紹介。

楽天ペイはオンラインショッピング決済にも使える

無印良品ネットストアTOHOシネマズフジテレビオンデマンドワタシプラスドミノピザオイシックスバイマ大丸松坂屋オンラインショッピング
楽天ペイ決済が可能なオンラインショップ:無印良品ネットストア、TOHOシネマズ、フジテレビオンデマンド、ワタシプラス、ドミノピザ、オイシックス、バイマ、大丸松坂屋オンラインショッピングほか多数。

楽天ペイは、このように幅広いジャンルのインターネットショッピングで利用可能です。

インターネットショッピングで楽天ペイを利用すれば、個々のネットショップごとにクレジットカード情報を入力する必要はありません。

楽天ペイを利用すれば、楽天IDとパスワードの入力のみで決済可能です。

お支払いごとにクレジットカード番号を入力する手間もかかりませんし、楽天の提携ショップ以外でのお買物でも楽天スーパーポイントが貯まります。

無印料品などのネットショップでの買物、TOHOシネマズやユナイテッドシネマズなど映画館のチケット予約時の決済に、楽天ペイが利用可能です。

インターネットショッピングの場合、クレジットカードの一括払いだけではなく、ポイントでのお支払い、楽天キャッシュでのお支払い、クレジットカードでの分割払いも可能です。

はじめてのQRコード・バーコード決済にオススメ

スマートフォンなどのアプリ決済は年々増えてきていますが、登録に手間がかかります。楽天ペイであれば、すでに利用している楽天会員情報を利用して簡単に登録可能です。


楽天カードを決済用クレジットカードに登録すれば、アプリとクレジットカードで楽天スーパーポイントを貯められます。

楽天ペイならば、貯まった楽天スーパーポイントも使いやすく、すでに貯めているポイントを利用して楽天ペイで支払うこともできます。


・スマートフォンによるバーコード決済やQRコード決済を利用したことがない
・店舗でクレジットカードを利用することに抵抗がある
・インターネットショップで買い物するときにクレジットカード番号を入力したくない

というような方にもオススメの決済アプリです。

楽天ペイと楽天Edyの違いは?


楽天ペイは、スマートフォンに楽天ペイアプリを入れて設定し、QRコードやバーコード表示などで支払います。

楽天Edyは、楽天Edy機能がついた楽天カード、楽天Edyカードまたは、おサイフケータイ機能のついたスマホに楽天Edyアプリを入れて設定し、お店のレジ横などにある専用機にかざして支払いをします。

支払い方が全く異なりますが、他にも違いがありますので比較してみました。

楽天ペイ 楽天Edy
ポイント還元率 0.5%
事前チャージ 不要 必要
残高上限 -(チャージなし) 50,000円
1回のチャージ上限25,000円
利用上限額 登録クレジットカード利用限度額内で1回50万円まで(コンビニは4,000円まで) なし
ネットショッピングでの利用

電子マネー決済、カード決済、コード決済がひとつになる

楽天は現行の「楽天ペイアプリ」をアップデートして、新「楽天ペイアプリ」のリリースを3月18日に予定しています。

楽天は、現行の「楽天ペイアプリ」をアップデートし、楽天が提供している決済手段を統合する。

楽天Edy(FeliCaによる電子マネー決済)や楽天ポイント・楽天キャッシュによる決済、楽天カードなどを紐づけたクレジットカード決済(楽天カード/Visa/Master)、バーコード/QRコード決済、楽天ポイントカード用バーコードを統合。

電子マネー決済、カード決済、コード決済に加え、ポイント決済まで、あらゆる決済機能がアプリに搭載され、ポイントを貯める機能、使う機能がひとつのアプリにまとまり便利になります。

2019年3月19日現在、楽天ペイアプリでは、「コード・QR払い」「送る(楽天キャッシュの送金)」「ポイントカード(バーコード表示)」ができます。

楽天キャッシュで送金可能に

楽天キャッシュは、楽天ペイアプリからクレジットチャージできます。

1か月・1回あたり10万円まで、1000円以上1円単位でチャージすることができ、楽天キャッシュは、他の人へ送金することも可能。

送金上限額は、1か月100万円・1回10万円まで、1円以上1円単位で送金できます。

送金手数料は無料です。

楽天ペイロゴ

「楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える」
アプリのダウンロードはこちらから

楽天ペイ-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ Google Play の Android アプリ

楽天ペイ-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

2019年2月17日 作成
2019年3月20日更新


楽天カードは顧客満足度 No.1!
年会費無料 / 100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3% / ためたポイントは1ポイントから使える


最大5,000ポイントプレゼントキャンペーン!

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!