クレジットカード利用時にもらえる「ポイント」は、カード選びの重要な要素のひとつです。ポイントの貯まり方は、カードによって違うので、どのカードが本当にオトクなのかわからなくて困っている方も多いのでは?

そこで本コラムでは、ポイントの価値を正しく理解していただくために、還元率を最大化するポイントとの付き合い方、キャッシュバックや商品交換以外のポイント活用方法について解説します。

ポイントの価値については、各社のプロパーカード※注)をもとに考察していきます。

※)国際ブランドのライセンスを持つ企業、またはカード会社が、どことも提携せずに発行するクレジットカード。
⇔提携カードとは、カードにショッピングモールや銀行、ガソリン会社などの名前がついているのが、カード会社と提携しているカード。名前が書いてあるショッピングモールなどのサービスと国際ブランドのサービスが受けられる。

 

1ポイントの価値はカードの発行会社それぞれで違う

クレジットカードのポイントは、発行会社によって換算タイミングや換算ルールが異なります。

たとえばJCBや三井住友の場合は「1,000円につき1ポイント」。毎月の利用額に応じてもらえるポイント数が決まります。ダイナースやアメックスでは「100円につき1ポイント」。毎回の買い物時にそのつどもらえるポイント数が決まります。

一見100円で1ポイントもらえる前者がお得に感じられますが、ポイントによって「1ポイントが何円分になるか」が違うので注意が必要です。

同じポイントでも何に交換するかで価値が変わる

さらに難しいのが、「A社のポイントは1ポイント◯円分」と一概に言い切れない点です。

というのも1ポイントの価値は必ずしも固定されておらず、「何と交換するのか」によって変動するからです。

たとえばJCBの「Oki Dokiポイント」。1ポイントをTポイントに交換する場合は4ポイント分、つまり4円相当です。いっぽうで現金にキャッシュバックした場合には、3円分にしかなりません。Tポイントに交換した方がお得です。

このようにクレジットカードのポイントは、何に交換するかで価値が変わってきます。

貯めたポイントは、何に交換できる?

貯まったポイントの交換方法は、主に次の5つです。

  • 他のポイントと交換する(Tポイント、楽天ポイントなど)
  • 金券と交換する(商品券、ギフトカードなど)
  • 商品と交換する(食べ物、家電など)
  • 航空会社のマイルと交換する(ANA、JALなど)
  • キャッシュバックする(代金充当)

ポイント交換率でなにに交換するのがオトクなのかがわかる

ポイントをお得に活用するために重要なのが「ポイント交換率」です。

ポイント交換率とは、貯まったポイントを交換する際の、1ポイントあたりの価値を示す数字です。

交換商品の価格÷ポイント数=ポイント交換率

 
たとえば2,000ポイントで販売価格1,000円相当の商品Aと交換可能な場合、その交換率は1,000円÷2,000ポイント=0.5%です。

交換率は、「還元率」とも密接な関係があります。というのも還元率は「カードのポイント付与率×交換率」で算出できるからです。還元率が高いほどお得なクレジットカードということです。

なお真の意味でお得かどうかを見るには「年会費」も計算に含める必要がありますが、ここではあえて年会費を考慮しないことで、ポイントそのものの価値だけを追求していきます。

旅が好き、飛行機移動が多いならマイル交換がオトク

普段、飛行機を利用しなくても、クレジットカードのポイントをマイルに交換して貯めておき、旅行の際に活用している方もいらしゃるでしょう。ここでは、そのマイル交換がお得かどうかを検証します。

たとえば「Oki Dokiポイント」。1ポイントを航空会社のマイレージに交換する場合、JAL・ANAともに3マイルに交換できます。

航空会社のマイルの価値は使い方によって異なりますが、一般にエコノミークラスの特典航空券に換えた場合、1マイルは約2円前後の価値があると言われています。

つまり「Oki Dokiポイント」1ポイント=3マイル=6円前後の価値があるのです。この場合の交換率は6%、他のポイントなどと交換するよりもお得です。

交換率の詳細は、次の表を参考にしてみてください。

 JCB三井住友カードダイナースクラブアメリカン・エキスプレス
ポイント名Oki Dokiポイントワールドプレゼントのポイントダイナースクラブ リワードプログラムのポイントメンバーシップ・リワードのポイント
円換算1ポイント=約3円~約5円1ポイント=約0.3円~約1円
カード例一般カードクラシックカードダイナースクラブカードグリーンカード
貯まり方1,000円につき1ポイント100円につき1ポイント
付与率0.1%1%
換算タイミング毎月の利用分すべてを合計からポイントに換算 ※1,000円未満の端数は切り捨てカード利用1件ごとに換算 ※100円未満の端数は切り捨て
ポイント交換レート例Tポイント
1Oki Dokiポイント=4ポイント
楽天スーパーポイント
1Oki Dokiポイント=4ポイント
dポイント
1Oki Dokiポイント=4ポイント
Amazon
1Oki Dokiポイント=3.5ポイント
nanacoポイント
1Oki Dokiポイント=5ポイント
JCBトラベル
1Oki Dokiポイント=5ポイント
JALマイレージ
1Oki Dokiポイント=3マイル
ANAマイレージ
1Oki Dokiポイント=3マイル
キャッシュバック
1Oki Dokiポイント=3円
Tポイント
ワールドプレゼント1ポイント=4ポイント

楽天ポイント
ワールドプレゼント1ポイント=5ポイント

dポイント
ワールドプレゼント1ポイント=5ポイント

nanacoポイント
ワールドプレゼント1ポイント=4ポイント

キャッシュバック
ワールドプレゼント1ポイント=3円
Tポイント
ダイナースクラブ リワードポイント2,500ポイント=1,000ポイント

楽天ポイント
ダイナースクラブ リワードポイント2,500ポイント=1,000ポイント

ANAマイレージ
ダイナースクラブ リワードポイント1,000ポイント=1,000マイル(登録会員)

ダイナースクラブ
リワードポイント2,000ポイント=1,000マイル(未登録会員)

※ダイナースグローバルマイレージ(6,000円+税)

キャッシュバック
ダイナースクラブ リワードポイント10,000ポイント=3,000円
Tポイント
メンバーシップ・リワード3,000ポイント=1,500ポイント(登録会員) メンバーシップ・リワード3,000ポイント=1,000ポイント(未登録会員)
楽天スーパーポイント
メンバーシップ・リワード3,000ポイント=1,500ポイント(登録会員) メンバーシップ・リワード3,000ポイント=1,000ポイント(未登録会員)
ANAマイレージ
メンバーシップ・リワード1,000ポイント=1,000マイル(登録会員) メンバーシップ・リワード2,000ポイント=1,000マイル(未登録会員) ポイントを支払いに利用
・航空会社で利用した場合 メンバーシップ・リワード1ポイント=1円(登録会員) メンバーシップ・リワード1ポイント=0.3円(未登録会員)
・アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインで利用した場合 メンバーシップ・リワード1ポイント=1円(登録会員) メンバーシップ・リワード1ポイント=0.4円(未登録会員)
・対象店舗で利用した場合 メンバーシップ・リワード2,000ポイント=1,000円分商品券(登録会員) メンバーシップ・リワード3,000ポイント=1,000円分商品券(未登録会員)
・オンライン・ショッピングで利用した場合 メンバーシップ・リワード1ポイント=0.5~1円(登録会員) メンバーシップ・リワード1ポイント=0.3円(未登録会員)
※メンバーシップ・リワード・プラス(5,000円+税)
加算時期原則毎月10日のお支払日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に付与毎月のお支払日が10日の方には、原則お支払い月の前月25日頃に付与。毎月のお支払日が26日の方には、原則お支払い月の当月10日頃に付与。カード利用後、三井住友信託銀行グループが加盟店よりカード利用データを受け付けた時点でポイント加算。カード利用後、アメリカン・エキスプレスが加盟店よりカード利用データを受け付けた時点でポイントが加算。
ポイントの有効期限獲得月より2~5年間(24~60か月)
一般
獲得月より2年間(24か月)
ゴールド
獲得月より3年間(36か月)
JCBゴールドザ・プレミア、プラチナ、JCB ザ・クラス
獲得月より5年間(60か月)
ポイント有効期間は、カードの種類により異なる。

三井住友プラチナカード
ポイント獲得月から4年間

ゴールドカード
ポイント獲得月から3年間

その他のカード
ポイント獲得月から2年間
なし入会日より3年が経過した時点で、第1プログラム年度に獲得したポイントが失効。 ただし、一度でもポイント交換すれば、ポイントの有効期限が無期限になる。
備考各種キャンペーンなどで獲得できるボーナスポイントあり。持っているカードの種類に応じた有効期限。通常の獲得ポイントと別に前年度のお買物累計額や、当年の累計ポイントによって付与されるボーナスポイントがある。対象加盟店でキャンペーン対象期間にカード利用すると付与される期間限定ボーナスポイントがある。ただしキャンペーン対象外のカードあり。ボーナスポイントの貯め方 ・ボーナスポイント・パートナーズの利用 ・友達紹介プログラム ・百貨店ギフトカードを購入するキャンペーン参加 ※クレジットカードの種類により他にもボーナスポイントを獲得する方法が設定されている。
プライスレスなポイント交換・JCB マジカル 2019への応募 ディズニーホテル宿泊とクリスマス時期の東京ディズニーシー(R)完全貸し切りが当たる。
・ディズニーアンバサダーホテル最高級のスイートルームに特別価格で泊まれる(JCBザ・クラスのみ)
・X JAPAN YOSHIKIのポイントでもらえる限定アイテムやアーティスト活動に伴うさまざまな特典がある。

・UNDERGROUND KINGDOM VISAカード

・UNDERGROUND KINGDOM VISAカード VIP

・UNDERGROUND KINGDOM マスターカード

※上記カード所有者のみ対象。
・趣向を凝らしたイベントへの参加

・ダイニングイベント・パーティーへの参加

・ゴルフコンペへの参加など

・プロゴルファーとのラウンドレッスン

・蔦屋家電 デザイン性・機能性に富んだ限定賞品
・メルセデス・ベンツG-Class (限定1台)10,800,000 ポイント
・ジョルジオ アルマーニ オーダースーツ「Made to Measure」 オーダースーツ(50万円相当分)600,000 ポイント
※メンバーシップ・リワード-Amazing参照

各社のポイントには「プライスレス」な交換先もある

このように交換率を計算することでポイントの価値を測ることができます。いっぽうで一概に「いくら分の価値がある」と数値化できないポイント交換先もあります。

たとえばダイナース「リワードポイント」の場合、次のような趣向を凝らした数々のイベントに、ポイントを活用して入場・参加できます。

  • オペラ特別鑑賞会 新国立劇場《蝶々夫人》
  • ベーゼンドルファー 『長楽館』サロンコンサート
  • 会員限定特別企画 2019 祇園祭 後祭観覧とお座敷遊び

※直近のイベントは、ダイナースのイベントカレンダーページまたはダイナースのアプリから確認できます。

同様にアメックスにも次のようなイベントなどと交換できるサービスがあります。

  • Drive to Exciting「走りの浪漫」を体感する McLaren (限定1組)
  • 船上のプライベートコンサート with 工場夜景クルーズ (限定1組)
  • Precious Dinner 名士とのAmazingな晩餐 with 誉田哲也氏 (限定1組)

※直近のイベントは、アメックスのメンバーシップリワードページから確認できます。

ここからはプロパーカードを発行する各社のポイントを比較していきます。

Oki Dokiポイント <JCB>

Oki Dokiポイントの貯め方

JCBカード
JCBカードのポイントは「Oki Dokiポイント」です。JCBカードの毎月の利用合計金額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

またショッピングサイト「Oki Dokiランド」を経由した上でJCBカードを使って買い物をすると、ポイントが通常の2〜20倍貯まります。
「Oki Dokiランド」は,百貨店や家電量販店のオンラインストアのほか、AmazonやYahoo!ショッピングなど、大手ネットショップも参加しています。

この他、セブン-イレブンなど「JCB ORIGINAL SERIES」パートナー店舗で利用すれば、通常よりも多くポイントを貯まります。

Oki Dokiポイントの使い方

他社ポイントへの交換
楽天スーパーポイントやdポイントなど、提携各社のポイントと交換できるほか、JALやANAなど航空系マイルとの交換も可能です。またJCBの発行するチャージ式ギフトカード「JCBプレモカード」へのチャージもできます。

キャッシュバック
申し込みのポイント数から換算した金額が、カード利用金額からマイナスされます。この際の交換レートは、Oki Dokiポイント1ポイントあたり3円。つまり還元率3%です。

金券への交換
nanacoカードやスターバックスカード、ユニクロギフトカードなどのギフトカード、商品券と交換可能です。

商品への交換
家電や飲食料品、レジャー用品など、さまざまな交換用商品が用意されています。詳しくは、「Oki Dokiポイントプログラム」のデジタルカタログを参照ください。

たとえばバルミューダの「ザ・トースター」が5,300ポイントで交換可能。この場合の交換率は約4.39%です。

Oki Doki ポイントプログラムのラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリのOki Doki ポイントプログラムが見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

 

ワールドプレゼントポイント <三井住友>

ワールドプレゼントポイントの貯め方

三井住友カード三井住友カードのポイントは「ワールドプレゼントポイント」です。三井住友カードの毎月の利用合計金額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

ポイントランクは、ステージ「V1」「V2」「V3」の3段階。前年度(2月~翌年1月)に支払った買物累計金額に応じてボーナスポイントも貯まります。

またショッピングサイト「ポイントUPモール」を経由した上で三井住友カードを使って買い物をすると、ポイントが通常の2〜20倍貯まります。

「ポイントUPモール」は、楽天市場やAmazonのほか、じゃらんや一休.com、HISなどの旅行系サイトも数多く参加しています。

この他、電子マネー「iD」の利用すると、クレジットカード利用分と合算して「ワールドプレゼントポイントが貯まります。

ワールドプレゼントポイントの使い方

他社ポイントへの交換
楽天スーパーポイントやTポイント、dポイントなど、提携各社のポイントと交換できます。

航空会社のマイルは、ANAマイルに1ポイント3〜15マイルで交換できます。

アリタリア航空、シンガポール航空、ブリティッシュエアウェイズ、エールフランス、中国東方航空のマイルと1ポイント3マイルで交換可能です。

キャッシュバック
ワールドポイント1ポイントあたり3円分として、利用代金からキャッシュバックできます。また「iD」の利用代金にキャッシュバックする「iDバリュー」にも対応。こちらは1ポイント5円換算です

金券への交換
Quoカードやマックカード、ミスタードーナッツ商品券、図書カードNEXTなどのギフトカード、商品券との交換が可能です。

商品への交換
食器や家電などさまざまな交換用商品のほか、グルメカタログやカタログギフトが用意されています。詳しくは、「ワールドプレゼント」の景品カタログを参照ください。

たとえばRobotの「ルンバ643」が6,000ポイントで交換可能。この場合の交換率は約7.27%です。

ワールドプレゼントのラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリのワールドプレゼントが見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

 

リワードプログラム <ダイナースクラブメンバーシップ・リワード

ダイナースクラブのポイントの貯め方

ダイナースクラブダイナースのポイントプログラム「リワードプログラム」では、毎回のカード利用額100円につき1ポイントが貯まります(電力会社や水道局、ガス会社、公金・税金などの支払いについては200円につき1ポイント)。

またショッピングサイト「ダイナースクラブ ポイントモール」を経由しダイナースカードを使って買い物をすると、各ショップごとに設定されたボーナスポイントが貯まります。

「ダイナースクラブ ポイントモール」は、楽天市場やYahoo!ショッピングなど大手ショッピングサイトのほか、ふるさと納税ができるサイトも参加しています。

ダイナースクラブのポイントの使い方

他社ポイントへの交換
Tポイントや楽天スーパーポイントと交換できます。

航空会社のマイルについては、ANAマイルに交換できますが、ダイナースグローバルマイレージへの登録会員と未登録会員で、交換率は異なります。登録会員の場合は、交換率は1%、未登録会員の場合は0.5%で、登録には6,000円(税抜)が必要です。

キャッシュバック
10,000ポイントをあたり3,000円分として、利用代金からキャッシュバックできます。

金券への交換
Amazonギフト券やスターバックスカードチャージ、JCBギフトカード、アップルiTunesカード、QUOカードなどのギフトカード、商品券との交換が可能です。

商品への交換
各種家電などと交換できます。詳しくは、「クラブ・オンライン」を参照ください(要会員登録)。

たとえばバルミューダの「ザ・トースター」が50,000ポイントで交換可能。この場合の交換率は約0.47%です。

ダイナースクラブ リワードプログラムのラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリのダイナースクラブ リワードプログラムが見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

 

メンバーシップ・リワード <アメリカン・エキスプレス>

アメリカン・エキスプレスのポイントの貯め方

アメリカン・エキスプレスアメリカン・エキスプレスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」では、毎回のカード利用額100円につき1ポイントが貯まります。

さらに「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録後、無料の「ボーナスポイントプログラム」に登録すると、対象加盟店での利用時には100円につき3ポイントが貯まるようです。

アメリカン・エキスプレスのポイントの使い方

他社ポイントへの交換

Tポイントや楽天スーパーポイントと交換できます。また航空会社のマイルについては、ANAマイルと交換できます。

ただし各種「メンバーシップ・リワード・プラス」に未登録の場合、交換率が下がってしまいますので注意しましょう。

金券への交換

「アメリカン・エキスプレス 百貨店ギフトカード」やIKEAギフトカード、モスバーガーで使える「モスカード」などのギフトカード、商品券と交換することが可能です。

商品への交換

各種家電や食料品などと交換できます。詳しくは、アメリカン・エキスプレスのカタログサイトを参照ください(要会員登録)。

たとえばバルミューダの「スチームオーブントースタ ホワイト」が56,500ポイントで交換可能。この場合の交換率は約0.41%です。

メンバーシップ・リワードのラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリのメンバーシップ・リワードが見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

 

1ポイントの価値はポイントの種類や何に交換するかで大きく変わる

ここまで、クレジットカードのポイントの価値についてまとめてきました。効率よくポイントを活用するためには、貯め方だけでなく使い方も重要だということがおわかりいただけたかと思います。

効率的にポイントを活用しようと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

最後に本記事の情報をまとめておきますので、こちらもあわせてご確認ください。

  • ポイントの価値は「1ポイント1円」とは限らず、何に交換するかによって異なる
  • 旅行が好きならマイルに交換したほうがお得
  • 単純に金額に換算できない「プライスレス」な交換選択肢もある
  • ポイント付与率が高いカードでも、交換率が低いものに交換するとお得ではなくなる
クレジットカードや電子マネーの利用、ネットショッピングなどで貯まる「ポイント」。普段なんとなく貯めているものの、「貯め方や使い方などが複雑で、どうしたら一番お得になるのかわからない」方が多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、代表的な4大ネットショ...

クレジットカードを利用すると貯まるポイントやマイレージには「有効期限」があります。永久不滅ポイントのように有効期限がなく、会員である限りずっと貯め続けることのできるポイントもありますが、多くのポイントは数年間の有効期限があり、その期限を過ぎると保持して...

 
還元率とは、利用金額に対して何円分のポイントが返ってくるか、その割合のことです。例えば、100円利用すると1円相当のポイントが返ってくるカードの還元率は1%です。ショッピング、公共料金の支払いを、還元率が高いクレジットカードに集約すれば、みるみるポイントが貯...


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!