多くの店が発行しているポイントカードは、お得に買い物ができるアイテムとして愛用している方も多いことでしょう。

いっぽうでポイントカードのデメリットは、財布の中でかさばることです。

財布がパンパンになっている方も多いのでは?

そこで便利なのが、スマホにポイントカードを入れる方法です。

今回は、スマホでポイントカードを利用する方法やメリット・デメリットなどを紹介していきます。

この記事の内容(もくじ)

スマホでポイントカードを利用する、2つの方法とは?

スマホ上でポイントカードを利用するには、以下の2つの方法があります。

【1】スマホにポイントカードのアプリを入れて、バーコードを提示する。

【2】ショップのスマホサイトから会員ページにログインして、バーコードを提示する。

2の方法は買い物するたびにログインしなければなりませんが、【1】の方法はログインの手間が省けるため、【1】の方式のみを採用するお店が多くなりつつあります。

ポイントカードは4つのタイプに分類できる

スマホアプリは便利ですが、すべてのポイントカードが対応しているわけではありません。

ここでは、ポイントカードの種類について、4つのタイプに分けて押さえておきましょう。

プラスチック製のポイントカードのみ利用できる

プラスチック製ポイントカードのみでポイントが貯まるタイプです。

たとえばWAONポイントの公式アプリは、ポイント数と利用履歴の確認ができます。

しかしこのアプリだけでは、お店でポイントを使ったり貯めたりできません。

smart WAONアプリ – Google Play の Android アプリ

smart WAONアプリ- iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

プラスチック製のポイントカードをアプリに登録して利用できる

プラスチック製ポイントカードをそのまま使えると同時に、アプリに登録しても使えるタイプです。

たとえばPontaカードは、カードの情報をアプリに登録すれば、店舗でもスマホでポイントを使ったり貯めたりできます。

ただしアプリを利用するにはまずポイントカードを手にいれる必要があります。



Pontaカード ポイントアプリ – Google Play の Android アプリ

Pontaカード ポイントアプリ iTunes App Storeで配信中、iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ アプリ

プラスチック製のポイントカードなしで利用できる


アプリをインストールして情報を登録すれば、スマホだけでポイントを使ったり貯めたりできます。

楽天スーパーポイントやdポイントのアプリがこのタイプです。

楽天ポイントカード アプリ – Google Play の Android アプリ

楽天ポイントカード アプリ- iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

dポイントクラブ – Google Play の Android アプリ

iTunes App Store で配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ dポイントクラブ アプリ

アプリのみ利用できる

そもそもプラスチック製のポイントカードを発行していないタイプです。2018年6月よりサービスを開始した、セブンマイルプログラムなどがこれに当たります。


セブン-イレブンアプリ – Google Play の Android アプリ

セブン-イレブンアプリ-iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

ポイントカードをスマホに入れる方法

ポイントカードをスマホに入れるには、専用のアプリをインストールする必要があります。

プリはAndroid版とiOS版の両方が用意されていることが多く、スマホであればほとんどの場合は利用可能です。

Androidの方は「Playストア」から、iOSの方は「App Store」からダウンロードしましょう。

アプリ自体はすぐにインストールできますが、利用するには会員登録後のログインが必要なアプリが一般的です。

ポイントカードをスマホに入れるメリット

ポイントカードアプリをスマホに入れることで、カードを持ち歩く必要がなくなり、財布の中身がかさばらず軽くなります。

また買い物をするときにポイントカードを忘れたとしても、スマホさえ持って入ればポイントを貯めることができます。

たとえばSuicaなどのスマホ決済とポイントカードアプリを併用すれば、財布やカードを持っていなくても、スマホ一台あれば従来通り、ポイントを利用した買い物が楽しめます。


Suicaアプリ – Google Play の Android アプリ

Suicaアプリ- iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

ポイントカードをスマホに入れるデメリット

一方でスマホにポイントカードを集約するデメリットもあります。

スマホの電池が切れてしまうと、当然ポイントカードのアプリを利用することができなくなってしまいます。

アプリの更新などで再度ログインが必要になることもあります。

いざ会計で使おうとした時に手間取ることもありますので、事前にログインできているかチェックしておくのが無難です。

また、プラスチック製のポイントカードでポイントが貯まる店であれば、アプリでも利用できる場合が多いものの、店舗によっては対応していないこともあるので注意が必要です。

そのほか、たくさんの種類のアプリを入れすぎるとスマホ自体の容量を圧迫し、動作が重くなってしまったり、アプリを追加できなくなったりすることもあることを覚えておきましょう。

スマホを忘れたり、バッテリー切れで電源が入らない、そんな時は?

アプリの提示ができなくても、電話番号などの会員情報を伝えればポイントが貯まるお店もあります。

あきらめずにレジスタッフに確認しましょう。

スマホに入るポイントカードアプリ

同じポイントであっても、利用できるアプリは1種類ではありません。

ポイントカードのアプリは、下記の2タイプに分けられます。

【1】ポイントカードの公式アプリ(Tポイントアプリ、Pontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリなど)

【2】ポイントが貯まる提携店などの公式アプリ(ローソンアプリなど)

【1】について、ポイントの種類とポイントアプリ対応店を表にまとめました。

ポイント名 アプリ名 対応店
Ponta
Pontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリ
ローソン、ローソンストア100、セガ、ルートインホテルズ、大戸屋、KFC、AOKIなど
Tポイント
Tポイント(公式)
ファミリーマート、サークルK・サンクス、TSUTAYA、蔦屋書店、ガスト、バーミヤン、ドラッグユタカなど
楽天スーパーポイント
楽天ポイントカードアプリ
マクドナルド、ミスタードーナツ、ポプラ、FUTATA、くら寿司、PRONTO、ビックカメラなど
dポイント
dポイントクラブ
ローソン、ローソンストア100、マクドナルド、タワーレコード、AOKI、ジョーシン、ノジマ、丸善・ジュンク堂書店など

 

【2】の提携店公式アプリですが、たとえばローソンのアプリではPontaやdポイントを利用できます。

また、ファミリーマートのアプリではTポイントが利用可能です。

ファミリーマートアプリ – Google Play の Android アプリ

ファミリーマートアプリ – iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad用アプリ

ポイントカードの公式アプリではなく、提携店公式アプリを利用するメリットとしては、クーポンの発行など、提携店独自の特典が付く場合があることが挙げられます。

店舗独自のポイントカードアプリもある

大手チェーンストアの場合、そのお店でしか使えない独自のポイントカードアプリをリリースしていることがあります。

たとえば無印良品にはMUJI passportがあります。

MUJI passport – Google Play の Android アプリ

MUJI passport- iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

ユニクロはUNIQLOアプリ

ユニクロアプリ – Google Play の Android アプリ

ユニクロアプリ- iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

GUはGUアプリ

ジーユーアプリ – Google Play の Android アプリ

ジーユーアプリ- iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

それぞれ独自アプリを採用しています。


またアパレルメーカーのワールドは、WORLD Premium Clubアプリを発行しています。

WORLD Premium Clubアプリがつかえるのは、UNTITLEDやTAKEO KIKUCHI、HusHusHなど、ワールドが運営するブランド店です。


ワールド プレミアムクラブ – Google Play の Android アプリ

ワールド プレミアムクラブ iTunes App Store で配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

かざすだけでポイントが貯まるアプリが便利

Android限定ですが、バーコードを表示して読み取ってもらう方式ではなく、おサイフケータイのようにかざすだけでポイントが貯まるアプリもあります。

対応店舗がまだ少なく、iPhoneでは利用できないなど注意点はあるものの、バーコードを表示する手間がない分、使いやすいアプリです。

この機能を搭載しているのは、
ローソンアプリ(モバイルPontaまたはモバイルdポイントカード)

Tポイントアプリ(利用可能店舗:TSUTAYA、蔦屋書店、カメラのキタムラ)
Tポイント – Google Play の Android アプリ

Tポイント iTunes App Store で配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

dポイントクラブアプリ(利用可能店舗:ローソン、ローソンストア100、ペッパーランチなど)などです。

スマホに入らないポイントカード

公式アプリがリリースされているからといって、必ずしもそのアプリにポイントカードが入るわけではありません。

たとえば上で挙げたWAONサービスアプリは、WAONポイントの保有数と利用履歴の確認はできますが、ポイント利用に関する機能は搭載しておらず、使ったり貯めたりできません。

アプリをダウンロードする際には、そのアプリ上でポイントカードを利用できるかどうか、事前に確認しましょう。

ポイントカードまとめアプリ利用上の注意点

ポイントカードアプリは便利ですが、やはりアプリをダウンロードしすぎると、財布と同様、スマホの中身が整理しづらくなってしまいます。

最近では、複数のポイントカードをまとめられるアプリも出てきました。

たとえばマツモトキヨシの公式ページでも紹介されているスマホサイフ。

マツモトキヨシポイントカード、シダックスクラブカード、ワッツスタンプカード、Tカードを登録でき、マクドナルドやガストのクーポンも利用できます。

またAndroid限定ですが、三井住友カードiD、QUICPay、楽天Edyなどの電子マネーもまとめて登録可能です。

なおこのアプリはTポイントの運営元である、カルチュア・コンビニエンス・クラブが発行しています。

まとめアプリはとても便利ですが、中には公式の許可を受けずにサービスを提供しているものもあります。

その時点では使えているアプリでも、公式の動きによっては、将来的に貯まったポイントが無くなってしまうなどの可能性もあるのです。

非公式なアプリは避け、利用する場合はあくまでも自己責任で行いましょう。

スマホサイフ – Google Play の Android アプリ

スマホサイフ- iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad 用アプリ

ポイントカードアプリ Q&A

ここからは、ポイントカードアプリを利用する上で気になる疑問に、Q&A形式でお答えします。

ポイントカードアプリに登録すると、プラスチック製のポイントカードは使えなくなる?

ほとんどの場合は、アプリ登録後もプラスチック製のポイントカードが利用できます。カードを忘れた際はアプリを使うことも可能です。

 

※ABCマートやグラニフなど、アプリ登録後はポイントカードが使えなくなる店もあります。

ABCマートアプリ – Google Play の Android アプリ

ABCマートアプリ – iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad用アプリ

Design Tshirts Store graniph(グラニフ)アプリ – Google Play の Android アプリ

Design Tshirts Store graniph(グラニフ)アプリ – iTunes App Storeで配信中 iPhone、iPod touch、iPad用アプリ

※グラニフではスマホを忘れたりバッテリーが切れたりしても大丈夫。

グラニフネットショップの会員であれば、お店のレジで登録電話番号と誕生日を店員に伝えるだけでポイントが貯まります。

ポイントカードがアプリに対応しているか調べるにはどうしたらいい?

AndroidであればPlayストア、iOSであればApp Storeで、「Tポイント」、「ローソン」と入力して検索してみましょう。

対応しているアプリであれば、ポイントカードの利用方法が書かれています。

スマホを機種変更などで買い替えた場合、アプリのポイントはどうなる?

多くの場合ポイントはアプリそのものに付いているのではありません。

登録された情報に紐付いて貯まったポイントをアプリで表示させているのです。

なので新しいスマホからアプリにログインすればポイントが引き続き使えます。

ただしポイント以外の登録データは引継ぎできないこともあるので事前に確認が必要です。

代表的なアプリの機種変更の設定と注意点は、以下の通りです。

アプリ名 設定と注意点
Pontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリ 新しいスマホにアプリをインストールし、ログインすると再度利用可能。ただし、クーポンのお気に入りデータの引継ぎはできません。
Tポイント(公式) 簡単ログインの設定をしている場合は、設定解除をします。その後、アプリを新しいスマホにダウンロードして登録すれば引き続き使えます。
楽天ポイントカードアプリ ポイントは、楽天会員情報に紐づけられているため、アプリを新しいスマホにインストールし、同じ楽天会員IDでログインすれば利用再開できます。
dポイントクラブ 新しいスマホにアプリをインストールし、ログインすると再度利用できます。

 

なお、いずれの場合でも不正利用など防止のため、機種変更前にはアプリからログアウトし、ブラウザに保存されているパスワードは消しておきましょう。

提携店公式アプリは、他の提携店でも利用できる?

 
たとえば、ローソンの公式アプリに登録したPontaポイントのバーコードは、他の提携店(マクドナルドやKFCなど)でも利用できます。

なお楽天ポイントに関しては、楽天ポイントカードのアプリだけでなく、楽天市場や楽天Edy、楽天ペイ、楽天トラベルのアプリからも同じバーコードを表示でき、どのアプリからでも同じポイントを利用できます。

アプリでのポイントの貯め方・使い方は?

利用方法は、プラスチック製のポイントカードと変わりません。

対応している店舗で会計の前に「ポイントを貯める/使う」と伝えてバーコードを表示するだけです。

ポイントカードが使えるお店なら、アプリも利用できる?

基本的には利用できますが、お店によっては使えない場合もあります。

その場で店員に確認するか、事前にポイントカードのホームページをチェックしておきましょう。

アプリのみのポイントカード

先に紹介した通り、セブンマイルプログラムにはプラスチック製のポイントカードはなく、アプリでのみプログラムを利用できます。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーの店舗、セブン&アイグループの総合通販サイト「オムニ7」を利用すると、アプリにマイルが貯まります。

利用するには、セブン-イレブンアプリまたはイトーヨーカドーアプリのダウンロードと会員登録が必要です。

アプリにログインできたら、他のポイントカードアプリと同様、会計時にアプリを開いて会員コード(バーコード)を提示し、スキャンしてもらうことでポイントを使ったり貯めたりできます。

なお、効率のいい使い方として、アプリにnanacoカードを登録して、nanaco(電子マネー)で支払うと、バーコードをスキャンしてもらう手間なくnanacoの残高やポイントの残高が確認できます。

さらにnanacoのポイントに加えてセブンマイルも貯まります。

アプリ以外でスマホにポイントを入れる方法

アプリを利用せず、ウェブサイトから会員ページにログインしてバーコードを表示する方法もあります。

この場合、アプリをダウンロードする必要がないので、スマホの容量を気にする必要はありません。

たとえばビックカメラの場合、スマホサイトのメニューからログインし、会員メニューの「お店でポイントを使う」をタップするとバーコードが表示されます。

これでビックポイントを店舗で利用できます。

またグローバルワークやローリーズファーム、ニコアンドなど25ブランドの直営WEBストアである.st(ドットエスティ)も、マイページからログインしてバーコードを表示できます。

店舗とWebのポイントは共通なので、どちらで購入してもポイントが貯まります。

一方で、アプリを利用しないデメリットは、ログインパスワードを忘れるとバーコードを表示できないことや、対応しているお店がアプリほど多くないことなどです。

おさいふスッキリ&クーポンでオトク、スマホアプリでポイント管理

ポイントカードを登録できるスマホアプリは、バーコードを表示させてレジでスキャンしてもらう使い方がメインです。

それ以外にも、ショップで使えるクーポンや、セールの情報などが受け取れます。

プラスチック製ポイントカードが必要なくなることで財布の中身もスッキリ。

よく買い物をするお店のポイントカードアプリは、迷わずスマホに入れておきましょう。

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!