エポスカードの2枚目におすすめの組み合わせ3選

エポスカードは、マルイで年4回の優待期間に10%オフの割引が受けられるカードです。マルイウェブチャネル(ネット通販)でも同じように割引が受けられ、エポスカードで支払えばいつでも送料が無料になる特典もあります。

このカードのメリットは、マルイでお得な特典が受けられるだけでなく、最高500万円の海外旅行傷害保険が自動付帯したり、ネットショッピング用のバーチャルカードが即時発行できることなどがあります。このようなサービスは他の年会費無料カードではなかなかありません。ほかにも、カード利用通知メール、ICチップ搭載など欲しい機能がしっかりついていて、充実した内容になっています。

エポスカードのデメリットについて

そんなエポスカードですが、デメリットもあります。基本ポイント還元率は0.5%で高いとは言えない点やショッピング保険が有料(任意加入)であること、ポイント付与が請求合計金額ではなく支払いごと(200円につき1ポイント)などです。それらをカバーする2枚目におすすめのカードをご紹介します。

エポスカードを持つなら特典充実のゴールドカード取得が良い理由

エポスゴールドカード

エポスカードにはゴールドカードが存在します。条件を満たせばエポスカードと同じ年会費永年無料で持てるにもかかわらず、特典がさらに充実します。そこで、2枚目のカードをピックアップする前に、エポスゴールドカードを持つメリットについて説明します。

例えばエポスカードはポイントに有効期限がありますが、ゴールドカードになると無期限、海外旅行傷害保険は最大500万円から最大1,000万円にアップし、空港ラウンジが無料で使えるようになります。

エポスゴールドカードは招待を待たずに直接申し込み可能

エポスカードを使っているとエポスゴールドカードのインビテーション(招待状)が来ることがありますが、直接ゴールドカードの申し込みができます(エポスカードを持っていなくても可能)。インビテーションでの入会は初年度から年会費永年無料ですが、直接申し込みした場合は1年目の年会費は5,000円(税込)です。ただし年間の利用額が50万円以上で翌年以降永年無料になります。

ご家族の方でエポスプラチナ・ゴールドカードをお持ちの方がいれば、プラチナ・ゴールド会員のご家族からの紹介でも年会費永年無料になります。

年間ボーナスポイントで最大2.5%ポイント還元

ゴールドカードは年間ボーナスポイント制度があり、年に100万円のカード利用で最大10,000ポイント付与されます。つまり普段のカード利用でもポイント還元率がupするということになります。基本ポイント還元率0.5%+年間ボーナスポイント1%で合計1.5%です。

さらに「選べるポイントアップショップ」という特典も付きます。3ショップまでポイント最大3倍(還元率1.5%)になります。年間100万円以上のカード利用があれば+1%の還元率なので、選べるポイントアップショップの利用で合計2.5%の還元率になります。

「選べるポイントアップショップ」に登録できるお店や企業の数はとても多く、例えば「モバイルスイカ」を登録するとモバイルSuicaのチャージで最大2.5%ポイント還元になります。

チャージして使えば支払いごとのポイント付与というデメリットもカバーできる

mixiが発行する6gram(招待制のカード)というVisa/JCB加盟店で使えるプリペイドカードがあります。

「選べるポイントアップショップ」でmixiを登録し、エポスゴールドカードからチャージすると、最大2.5%のポイント還元になり、プラスチックカードを発行すれば実店舗でもプリペイドカードとして使えます。

エポスカードからまとめてチャージすれば、ポイント付与が請求合計金額ではなく支払いごと(200円につき1ポイント)というデメリットもカバーできます。エポスカードからもチャージできますが、還元率は0.5%になります。

エポスゴールドカードに切り替え、申し込みするときの注意点

エポスカードよりエポスゴールドカードのほうが特典が充実していますが、注意点として、エポスカードを持っていてもゴールドカードへのインビテーションは誰にでも必ず来るわけではないこと、ゴールドカードに申し込みをした場合は審査があることがあげられます。また、エポスカードからエポスゴールドカードに切替える場合は、カード番号が変更になります。

補償期間は購入日から180日以内 ショッピング保険が充実のイオンカード

エポスカードイオンカードセレクト

エポスカードには、ショッピング保険が付帯していませんが、有料オプションとして付けることは可能です。
年会費無料でショッピング保険が付帯するカードは複数ありますが、内容的にはイオンカードが充実しています。

エポスカードの【エポスお買い物あんしんサービス】とイオンカードの【エポスお買い物あんしんサービス】2つのショッピング保険を比較しました。エポスカードのショッピング保険に加入を検討されている方は参考にしてみてください。

エポスカード
【エポスお買い物あんしんサービス】
イオンカード・提携カード
【ショッピングセーフティ保険】
サービス料 年間1,000円
対象商品(対象金額以上でも対象外になる商品があります) 保険加入後に日本国内外でエポスカードを使用して購入した物品。損害の額が3,000円を超えた場合 イオン銀行が発行したクレジットカードでクレジット決済により購入した1品5,000円以上の商品
補償期間 購入後90日 購入日から180日以内
年間支払限度額 50万円

エポスゴールドカードなら「選べるポイントアップショップ」でポイント3倍

イオンでの買い物は、イオンカード利用で1%ポイント還元になりますが、エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」にイオンがありますので、登録すればポイントが貯まりやすくなります。イオングループで割引になる日はイオンカードで支払い、それ以外の日は、エポスゴールドカードを使うと良いでしょう。(前述のとおり、エポスカードにはこの特典はありません)

イオンを利用するなら、割引などの特典が受けられるイオンカードは持っていて損なし

イオンカードは、イオングループで割引が受けられる特典があります。エポスカードにショッピング保険が無料付帯していない部分を補うだけでなく、日ごろからWAONをよく利用したりイオンやマックスバリュで買い物をする方であれば持っておいて損はないカードです。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

セゾンパールアメックスはバランスよくエポスカードのデメリットを補うカード

エポスカードセゾンパールアメックス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は1,100円(税込)ですが、年1回(1円以上)の利用で年会費が無料になります。基本のポイント還元率は0.5%で、貯まるポイントは永久不滅ポイントなので、せっかく貯めたポイントが消失する心配がありません。家族カードが4枚(Web同時申し込みは3枚)まで発行できます。

QUICPay(クイックペイ)加盟店で「Apple Pay」「Google Pay」「セゾンQUICPay」のいずれかを使って買い物をすると、利用合計金額(税込)の3%相当(永久不滅ポイント6倍)還元されます。※

※SAISON MILE CLUBにご登録の場合は対象外となります。
※Apple Pay(QUICPay加盟店)での1回あたりのご利用上限金額は店舗により異なります。
※Google Pay およびセゾンQUICPayでの1回あたりのご利用上限金額は20,000円(税込)となります。

  • 家族カードが発行できる
  • QUICPayに限られるがポイント還元率が高い
  • ポイントに期限がない
  • カード請求合計金額 1,000円につき1ポイント

このように、エポスカードのデメリットをカバーするには最適なカードとなります。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

エポスカードとau PAY カードの組み合わせでポイントをひとつにまとめる

エポスカードauPAYカード

au PAY カードは、au IDがあればauユーザー以外でも申し込みができるカードですが、年会費が有料(税込1,375円)です。

au PAY カードに登録しているau IDに紐付くau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅら、UQ mobileの契約がない場合、かつ、KDDI株式会社所定の基準日から1年間カード利用がない場合(※1)、その翌年度は1,250円(税込1,375円)がかかります。※1各種手数料(ETC発行手数料、ご利用明細書送付費用、遅延損害金など)は利用に含みません。

年に1回以上カードを利用するだけでは年会費が無料にならないので、注意が必要です。
auユーザーでスマホ決済au PAYを利用したい方には使いやすいカードです。

エポスポイントをPontaポイントに交換 ポイントを一つにまとめる

エポスポイントは、au PAY カードの利用でたまるPontaポイントに交換できるので、エポスカードとの相性は良いです。エポスポイントから交換する際には、EPOS Netのポイント移行画面で「au電話料金のご請求内訳」に記載されているauご請求コードと、au携帯電話番号の入力が必要になります。

エポスポイント1,000ポイント以上から500ポイント単位で移行でき、ポイント移行まで1~2か月程かかります。

エポスカードからau PAYチャージ・利用で合計1%ポイント還元

エポスカードからもau PAYにチャージできてエポスポイントが貯まり、au PAYの利用でPontaポイントが貯まります。それぞれのポイント還元率は0.5%になります(合計1%)。エポスカードをコンスタントに利用してゴールドカードのインビテーションを狙っている方は、au PAYへのチャージ(月に合計25万円まで)でカード利用金額を増やすことも可能になります。

すでにエポスゴールドカードをお持ちの方であれば、au PAYへのチャージはau PAY カードのほうが還元率が高くおすすめです。au PAY カードからau PAYにチャージでPontaポイント1%還元、 au PAY決済で+0.5%なのでトータル1.5%還元になります。

au PAY スマホ決済とプリペイドカードは残高共有でポイントアップ店でも使いやすい

スマホ決済のau PAYとau PAY プリペイドカードは、残高共有なので管理しやすく、チャージしたau PAYは、au PAY プリペイドカードを作成してMastercardやQUICPayの加盟店で使えば基本還元率0.5%、たとえばセブン-イレブンなどのポイントアップ店では1%のPontaポイントが貯まります。

ただし、au PAY プリペイドカードを作成するには、au(全料金プラン)・UQ mobile(5G対応料金プラン)携帯電話、auひかりなどの契約が登録されたau IDが必要です。契約がなくても、au IDとauじぶん銀行に口座があれば作成できます。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

エポスカードにはない特典やデメリットをカバーするカードを選ぼう

エポスカードは、マルイでお得な特典が受けられるだけでなく、海外旅行傷害保険が自動付帯、ネットショッピング用のーチャルカードが発行可能など、他の年会費無料のクレジットカードではなかなか付帯しないサービスがあります。

エポスカードのショッピング保険は任意加入(有料)なので、なるべくコストをかけたくない方は年会費無料でショッピング保険が付帯するイオンカードが良いでしょう。エポスカードをエポスゴールドカードにすれば、さらにイオンカードとの相性が良くなります。

普段の買い物でQUICPayを使う機会が多いなら、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードで3%ポイント還元になります。ポイントに有効期限がない、家族カードが発行できる、カード請求合計金額 1,000円につき1ポイントという点もエポスカードにはない特徴です。

ポイントを1つにまとめたい方は、エポスカードとau PAY カードの組み合わせが最適です。auの携帯電話を契約している方に限定されますが、エポスポイントをPontaポイントに交換できます。

街でのショッピングは、エポスカードからau PAYにチャージして、au PAYのスマホ決済またはプリペイドカードで支払えば、ポイント付与が請求合計金額ではなく支払いごと(200円につき1ポイント)というエポスカードのデメリットも解消できます。

エポスカード
エポスカード
イオンカード
イオンカード
セゾンパールアメックス
セゾンパールアメックス
au PAY カード
au PAY カード
年会費 無料 無料 初年度無料
1,100円(税込)
年1回(1円)以上のカード利用で翌年度も無料
1,375円(税込)
条件次第で無料
基本ポイント還元率 エポスポイント
0.5%
WAON POINT
0.5%
永久不滅ポイント
0.5%
Pontaポイント
1%
ショッピング保険 付帯しない 付帯する 付帯しない 付帯しない
特典 飲食店・遊園地などの割引優待 イオングループで割引 QUICPay利用で3%還元 au PAYチャージ&利用で1.5%ポイント還元

ご自身のライフスタイルと、それぞれのカードの良いところが生かせる組み合わせで使い分けてみてはいかがでしょうか。


イオンカードは、全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンターでよく買い物をする主婦の方にぴったりのクレジットカードです。


中小企業の経営者・個人事業主のための100万マイルの貯め方・使い方はメールマガジンで!


友だち追加キャッシュレスお得情報は「LINE@」で!
(スマホでタップ・クリックするとLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード