「三井住友カード (NL)」は、セブン-イレブン、ファミリーマートにローソンとマクドナルドでのタッチ決済で5%還元になる、年会費無料のクレジットカード。

カード情報が印字されていないので、レジでカード情報を取られる心配もなく安心。日々利用している方も多いことでしょう。

しかしどんな素晴らしいクレジットカードにも、残念なところはあります。三井住友カード(NL)も、例外ではありません。

  • 三大コンビニエンスストアおよびマクドナルドとお気に入り店舗3つ以外の還元率は0.5% 
  • 電子マネーへのチャージにポイントが付かない
  • スマホでのタッチ決済は、iPhoneのApple Payのみ。Androidユーザーが5%還元を受けるには、クレジットカードを持ち歩く必要がある
  • カード情報を確認するには、Vアプリを見るか、あらかじめカード情報をメモするなど保存しておく必要がある
  • ポイントキャッシュバックは申し込み後3か月で失効(引落金額が申請したポイント数より少ない場合)
  • 海外旅行保険が利用付帯
  • ETCカード、初年度の利用がないと2年目から有料

などです。そこでもう1枚、三井住友カード(NL)の欠点を補えるカードを作ってみてはいかがでしょうか。

三井住友カード(NL)の大きな欠点は、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンとマクドナルド以外では還元率0.5%であること。

当サイトでは、三大コンビニとマック以外で還元率1%以上のカードの中から3枚を厳選しました。

docomoユーザーとauユーザーはリクルートカード

リクルートカードは基本ポイント還元率が1.2%、年会費無料。還元されるポイントはリクルートポイントです。

リクルートポイントはdポイントかPontaに交換可能。docomoやauのスマホユーザーにぴったりですね。

「え?docomoにはdカードが、auにはau PAYカードがあるでしょ?」
と思った方もいらっしゃるでしょう。しかしdカードもau PAYカードも基本還元率は1%。リクルートカードの基本還元率は1.2%。わずか0.2%ですが、「チリも積もれば山となる」です。

貯まったリクルートポイントはどんどんdポイントやPontaに交換しましょう。

  1. 月々の支払いに充当
  2. d払いやauPAYでの支払いに使う
  3. 機種変更に使う

そのほかさまざまな使い方ができます。

電子マネーチャージでも1.2%還元

リクルートカードは、電子マネーへのチャージでも1.2%還元。ただし以下の電子マネーは、合算で月間3万円までにしか、ポイントがつきません。

  • JCB ⇒ モバイルSuica
  • Mastercard Visa ⇒ 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

リクルートグループでは最大4.2%の還元率

リクルートグループでは最大4.2%の還元率。ポンパレモールやホットペッパー、じゃらんなどの利用が多い方は嬉しいですね。

JCBブランドならETCカード無料

国際ブランドにJCBを選べば、ETCカードの年会費が無料に。ETCカードを申し込む方は、JCBを選びましょう。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

楽天モバイルユーザーは楽天カード

楽天カードは基本還元率1%、年会費無料。楽天モバイルユーザーの方やこれから楽天モバイルに乗り換える方は、ぜひ楽天カードを作ってくださいね。

楽天ポイントカード加盟店で楽天ポイントが貯まる・使える

楽天カードは楽天ポイントカード機能が付いています。楽天カードを街の楽天ポイント加盟店で提示すると、楽天ポイントが貯まります&使えます。

カード利用通知が届く

楽天カードはカードを利用するとカード利用速報メールが、支払いが確定すると確定メールが届きます。不正利用があっても利用速報メールをチェックしていればすぐにわかります。

ENEOSでポイント1.5倍

ENEOSでは、ポイント1.5倍。普段はENEOS以外のガソリンスタンドを使っていて、休日に普段使っている系列のスタンドが出先で見つからない時など、ENEOSで楽天カードが重宝します。

ポイントを楽天グループで使うのはもったいない

楽天市場や楽天ブックスなど、楽天グループで楽天ポイントを使っても、ポイントで支払った分にはポイントがつきません。貯まったポイントは、楽天グループで使うよりも、楽天PAYで使いましょう。楽天PAYならばポイントで支払っても0.5%のポイントが付きます。さらに楽天ポイントカード提示で1.5%の還元率に。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

ソフトバンク、Yahoo!モバイルユーザーはVisa LINE Payクレジットカード

Visa LINE Pay クレジットカード、2022年4月までは2%還元。2022年5月からは還元率1%。年1回以上利用で、翌年年会費無料。利用が無ければ1,375円(税込)の年会費がかかります。

LINEポイントはPayPayボーナスに等価交換できます。ソフトバンクかYahoo!モバイルユーザーにぴったりのカードです。

支払い端末にカードをかざすだけのVisaのタッチ決済搭載。レジスタッフにカード番号を見られることなく支払いができます。カードに触れるのは自分だけなので感染対策にもなりますね。

  • カードの詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら

2枚目選びは携帯キャリアに合わせるとポイントが貯まりやすい

2枚目のクレジットカード、どれがいいか迷ってなかなか決まらなかったら、まずは還元率1%以上のカードを選びましょう。

その次には、どの携帯会社のSIMを使っているかを目安にすると選びやすいですよ。同じポイントが効率よく貯まり、使いやすくなります。管理するポイントがVポイントともうひとつの2つだけになり、ポイントに関するストレスも少なくて済みます。

特に楽天モバイル+楽天カードの組み合わせはオススメです。楽天市場での還元率が+5%。楽天カードと楽天モバイル同時申込のキャンペーンが行われていることも。

2枚持ちに慣れてきたら、3枚目も考えてみましょう。2枚目でも補えきれない欠点を、3枚目で補えます。

 

三井住友カード(NL)2枚目カード比較表

三井住友カード(nl)

リクルートカード

楽天カード
Visa LINE Pay クレジットカード
年会費 永年無料 初年度無料
翌年以降は年一度の利用で無料
基本還元率 0.5 1.2 1
ポイント名 Vポイント リクルートポイント 楽天ポイント LINEポイント
還元率UP法 コンビニ3社+マックで5%
指定3店舗1%
ポンパレモールで4.2%~
じゃらん3.2%~
などリクルートのサービスを利用
楽天市場SPU
楽天ウェブ検索など
イベントにこまめにエントリー
楽天ポイントアップカレンダー活用
ポイント使い道 Vアプリで支払いに充当
振込手数料に充当
景品
マイレージ
Pontaポイントに交換
dポイントに交換
リクルートのネットサービスで利用
楽天PAY
楽天グループ
楽天投資
PayPay残高に交換
LINEコインに交換
LINE Pay支払い
LINE STORE支払い
LINEショッピング
利用通知 あり なし あり
(メール)
あり
(LINEトーク)
公式サイト

リクルートカード
「リクルートカード」は年会費無料カードで業界最高水準の還元率1.2% / Edy チャージでも 1.2%還元 / 「じゃらん」の旅行代にポイントが使える / 100ポイント単位でPontaポイントに交換可能! / Pontaポイントとの相互交換開始でPontaポイント貯める最有力カードに浮上!


中小企業の経営者・個人事業主のための100万マイルの貯め方・使い方はメールマガジンで!


友だち追加キャッシュレスお得情報は「LINE@」で!
(スマホでタップ・クリックするとLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード