贈り物などに利用するギフトカードと言えば、これまで紙のギフト券タイプのものが主流でしたが、最近では、プラスチックのカードタイプのものも見かけるようになりました。紙のギフトカードの場合、お釣りが出ないものもあって、利用額が額面よりも少し多めになりがちです。

そこで、百貨店でも使えるチャージ式のプリペイドカード、「JCBプレモカード」です。プリペイドカードタイプなら利用額を気にせずお使いいただくことができ、額面に満たない場合でもチャージされた金額までお使いいただけます。

百貨店ごとに利用できるカード式のギフトカードはこれまでもありましたが、「JCBプレモカード」は、いくつかの百貨店の中から利用店舗を自由にお選びいただけるカード式のギフトカードで、とても使いやすくなっています。

「JCBプレモカード」は、伊勢丹、岩田屋、遠鉄百貨店、小田急百貨店、高島屋、丸井今井、三越、名鉄百貨店でご利用いただけます。また、エディオンや上新電機といった家電製品を取り扱う電機店や、眼鏡市場でもご利用いただけます。小さなお子さんの入園・入学祝いや、ちょっとしたお返し、ご家族へのプレゼントにも最適ですし、個人情報を預ける必要がなく、クレジットカードではありませんので、クレジットカードに抵抗があるご高齢の方へのプレゼントにも向いています。贈答用として、ラッピング(有料のものあります)をすることもできますし、直接贈り先へ発送することもできるようになっています。

ご実家が遠い方やなかなか帰省できないという方には、母の日や父の日、ご両親のお誕生日のプレゼントとしても使えて便利です。

プリペイドの価格帯は、500円・1,000円・3,000円・5,000円・10,000円・20,000円の6種類が用意されています。贈りたい金額に300円の手数料が加算された金額が販売額となります。

有効期間は、発行時、利用時、チャージ時のうち、遅いものから5年間となっています。チャージは、今のところ、JCBカードでのオンライン決済となっていますので、JCBカードが必要となっていますが、今後チャージ方法の拡大も考えられます。チャージは、1,000円単位で1回あたり29,000円が上限となっています。一度に「JCBプレモカード」に入金しておくことができる金額は50,000円までとなっています。最初の販売時点ではボーナスが付いていませんが、チャージをしていただくことで、1%分のボーナスがつきます。つまり、1,000円のチャージで10円分のボーナスが付くことになりますので、1,010円分のお買物をしていただくことができるようになっています。

「JCBプレモカード」の裏には署名欄がありますので、ご利用時には裏面にご署名いただいてからご利用いただくことになります。カード裏面の認証番号欄は、販売時にはスクラッチとなっていますが、安全のため、認証番号は後日変更いただくことをおすすめします。

チャージ方法に加えて利用いただくことができる店舗も順次拡大中ですし、2014年1月からは一部店舗にてネットショッピングでもご利用いただくことができるようになります。利用できる店舗には、「JCBプレモカード」のロゴマークが表示されています。ネットショッピングでご利用いただくことができるようになれば、ご高齢の方などで、直接ネットショッピングでクレジットカード番号を入力されることに抵抗がある方でもご利用いただきやすくなり、ご家族内でチャージをした状態で渡し、普段使いにしていただくという使い方もできます。

また、「JCBプレモカード」の百貨店で使えるメリットを活かして、プレゼントやお祝い用としてもぜひご活用ください。

Amazonやマクドナルドをはじめ、コンビニ・百貨店・家電量販店・レジャー施設など全国30万店以上で利用できるJCBの新しいギフトカード、JCBプレモカードのご案内です。

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!