クレジットカードの年会費もクレジットカード会社からの請求額に含まれますので、年会費の支払いを拒否し続けますと、そのクレジットカードが使えなくなる恐れがあります。

クレジットカードには、年会費無料のものと年会費有料のものとがあります。

年会費無料のクレジットカードの場合は、当然のことながら、クレジットカード会社からの年会費の請求はありませんので、より気軽にクレジットカードをお作りいただくことができますが、年会費が有料となっているクレジットカードの場合、クレジットカードの年会費をきちんとお支払いただくことがとても大切です。

ゴールドカードなどステイタスの高いクレジットカードだけではなく、一般的なタイプのクレジットカードの中にも年会費が有料となっているものもあります。

クレジットカードの年会費は安いもので1,000円ほど、高いものでは、10万円を超えるものもあります。

こうしたクレジットカードの年会費は、例え、そのクレジットカードを1度も利用することがなくても、申し込みになり、クレジットカードが手元に届き、保有しているだけで、支払いの義務があるものになります。

クレジットカードの年会費の支払いを拒否すると、それが事故情報として信用情報機関に残ってしまうので、お気を付けください。

もし、不要だと思われる年会費の必要なクレジットカードをお持ちの場合は、クレジットカードの年会費の支払いを拒否されたり、無視されたりするのではなく、できるだけ早い段階で退会の手続きをとられることをおすすめ致します。

クレジットカードの年会費もクレジットカードを利用してショッピングやキャッシングをされた場合と同じく、クレジットカード会社からの請求額に含まれるものになります。

クレジットカードの年会費の支払いを拒否されることで、クレジットカード会社からの信用を著しく傷つけてしまいますし、信用情報機関に事故歴が残ることで、新しいクレジットカード作成やローンなどを組まれる際にマイナスに働いてしまいます。

普段使っていないクレジットカードだからという理由であったり、これからも不要なものだからという理由などで、支払いを拒否し続けることのないようにお気を付けください。


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments


クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード